融資利率

今回の東日本大震災で津波被害を受けました。平成17年にJF共済の地震...融資利率

硬い投資って何ですか?(2012年6月)まぁ~これだけは硬いであろうと思われる投資は何でしょうか?ファンド・証券・出資・融資どんなジャンルでも構いません。

今は投資や株ではなく元本保証の利率が高い定期預金でも預ける方が無難です。
色々な金融機関の預金金利を探してみてはいかがですか 銀行によっては年1%の利息が付くのもあるし、2週間預金で利率が0.2%もあります。

2012/6/2 11:00:16

AIIBバスはいつ発車するんですか。
豪快に崖から転落する事故のニュースは今か今日かと、ずっと待っているんですけどねぇwwwwwwwwwww

「AIIBは格付けなし」でスタート。
信じられません。
あまりにも異常です。
開発銀行は通常、融資資金を調達するために債券を発行するがその利率は格付けで決まります。
格付けなしの債権というのは通常「ジャンク債」と呼ばれまともな投資家は買いません。
ということはどこかの国に中国が押し付ける事になりそうです。
あっ。
韓国だ。
つまり運転手(中国)が乗客(韓国)にナイフ突き付けて「燃料代を出せ」と言っているバス。

2015/12/17 16:35:05

安い(お得な)フラット35のローン商品はありますか?私はマンションの購入を考えているものです。
1900万円のマンションの購入に際し、フラット35の借り入れを実施しようと思っています。
そこでフラット35をいろいろと調べたのですが、SBIフラット35やりそな銀行フラット35などいろいろと種類があることがわかりました。
調べた感じだと、りそな銀行さんのフラット35が「手数料がお借入金額の1.80%」となっており、SBIの2.1%よりも安くなっているように見えます。
そこで皆さんに質問です。
・もっと手数料が安い。
・もっと利率が低い。
・融資条件がゆるい。
といったフラット35があれば、是非ともお教えください。
ちなみに当方が必要としている融資条件は・お借入金額は所要資金の100%にて可能・繰上返済時の手数料は不要・年収400万円以上の場合の融資額は年収の35%以内といったものです。
報酬は500枚とさせていただきます。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

フラットは機構の審査だけでなく申込先独自の審査を行う所もあるようです。
いわゆる仮審査を行っている所もありますよね。
私の勤務する銀行(地銀)であれば機構の本審査のみです。
・手数料は31500円・金利は、ノンバンクのSBIさんより高い。
・融資条件は機構の基準のみ融資条件については貴方の希望する件で機構で決まっています①借入金額は売買契約書の100%融資②繰上げ手数料無料(一ヶ月以上前までに申し出をし約定返済日に返済)③400万円以上は35%の返済比率利率が低い所は手数料を多く取る傾向です。
融資条件は、機構で決まってるので、これを変える事は出来ません。
反対に独自のバーを設け、厳しくしている場合はあります。
特に借り入れ金額は今までは80%や90%だったのが100%融資が出来るようになりました。
でもあくまでも売買契約書に基づいたものであり諸費用は含まれません。
以前から、フラットに力を入れているみ○ほ銀行であれば手数料は31500円金利は2月は2.82%融資条件は機構の基準り○な銀行の場合手数料を1.8%にして金利を低くするタイプと手数料は3万円?にして金利を2.82%位にするタイプがありますよね。
ようは手数料として多く払うか金利で払うかです

2010/2/14 07:20:38

新築注文住宅を建てる予定です。
住宅ローンの利率はローン実行日のものが適用され、家が建ち、抵当権の設定を行ってからでないとローンは実行されないと聞いたのですが、家を建てる前の段階でお金を借りふことは出来ないのでしょうか?来月のローン利率をつかいたいと考えているのですが、家が建つのが早くても11月らしいです。

建築する会社の規模や信用状況、また、融資を受ける相談者側の属性にもよりますが、分割実行が可能な都市銀行や地方銀行、信用金庫は存在します。
住宅営業が知っていることなので、確認されるとよいでしょう。

2016/7/1 09:36:17

過払い金の、引き直し計算の利率について100万円以上は15%となっていますが、利息を含めた完済額が100万円を超えていたら15%で計算しても宜しいのでしょうか? それとも、現在の残高が100万円を越えたらですか?因みに、現在の残高が986924円 ご利用限度額990000円(18%に利率が下げられた時に100万円が99万円にされました)取引が18年程あるのですが、取引履歴を見ると1度も100万円を超えずに90万円以上を減ったり増えたりしておりますが、利息を含めた完済額は常に100万円を超えていました。
あと、100万円以上の15%というのは、残高が減っていっても最後まで15%で計算しても宜しいのでしょうか?

通常1円単位での融資はありませんので、限度額100万の場合一発で100万借り入れるか、返済を一度もせずに100万まで借入するかしないと、残高か100万以上になることはありません。
一度下がった利率は返済によって、残高が減っても利率を上げる必要はありません。

2013/10/24 11:14:37

1月22日、ECBが量的緩和を発表したことにより急なユーロ安になりましたがなぜユーロ安になったのかわかりやすく教えてください!

景気を刺激する政策としては、政策金利の引き下げとこの量的緩和が代表的です。
政策金利の引き下げがまず行われますが、これは中央銀行が市中銀行にお金を融通するときの金利のことで、まず金利が下がれば市中銀行はお金を融通しやすくなり、また市中銀行から企業や個人への融資の利率も原則下がりますし、預金金利も下がりますので、市中に出回るお金の量が増えます。
この結果、お金を融通しやすくなり雇用が増えたりする、というのを狙って景気を刺激しようとするものです。
ただし、日本や欧州は政策金利を下げられないところまで下げている(ほぼ0、ECBは0.05%)ため、別の景気刺激策がとられます。
これが量的緩和で、具体的には市中銀行が保有する債券などを中央銀行が買い取ることにより市中銀行へ現金を融通、結果として市中に流通するお金の量が増え、景気の刺激策となります。
代表的なものとしては、アメリカのFRBが最近まで行っていたQE123があります。
簡単に言えば、街中に流れるお金の量が増えるため、その通貨は通貨安になるということです。
物の流通量が価格と関係があるように、市中に大量のお金が流れていればその通貨は通貨安になります。
今回は、ECBの量的緩和発表によりユーロの価値は下がると予想されるため、ユーロ安になっているのです。

2015/1/24 11:53:45

金銭貸借の利率について質問です。
自分の経営している会社(役員 自分1人)から自分自身(役員に「金銭消費貸借契約書」を結び、金銭を借りたとします。
平成21年4月 から300万円 年2.5%の割合とすると、平成24年3月には幾ら返済すると完済となるのでしょうか。
といいますのも、平成21年4月からは10ー20万円の返済を毎月しており、平成24年2月(今月)で元金300万の返済はできました。
しかし、金利分が幾らなのか分からず、このような質問をさせて頂きました。
お力添えを御願いします。

個人への融資なら日割り計算でしょ。
2.5%÷365日が一日あたりの利率(閏年なら366日で割る)。
それに元本残高をかけて利息を計算する。
300万借りて、10日後に20万円返済するなら、300万円×2.5%×10日÷365日=205円が利息20万円のうち、205円が利息で残りの199,795円が元金の返済(ただしこれは片端入れ)。
翌日からの利息の計算では、300万円-199,795円を元金として利息を計算しなければならない。
「平成21年4月からは10ー20万円の返済を毎月」がいつであったかが大事。
個人経営で、経営者本人が融資を受けるなら資本の減少でよさそうな。
そうもいかないか。

2012/2/14 21:42:22

不思議?」と、ワクワクしながらシミュレーションしました。
いつ繰上げ返済するかどうかは別にして、11年目~4.4%、21年目~5.4%の利率と仮に設定し①は「0.4%優遇」なので、11年目~4%、21年目~5%②は「1.2%優遇」なので、11年目~3.2%、21年目~4.2% で計算したところ、25年間の総返済額は、ほとんど同じ、1万円ほどの違いしかないのです。
私の試算が間違っているのでしょうか?それとも、金融機関の作戦なのでしょうか?数学またはローンの利率に詳しい方、どなたか御教授お願いいたします。
補足「元利金等でしょうか?」の御質問を受けて・・はい、そうです。
元金は2220万円で計算。
各年数ごとの返済額は、1.7%⇒0.4%優遇の①は1~10年:1123万円⇒11~20年:1297万円⇒21~25年:665万円 で、合計3086万円全期間1.2%優遇の ②は1~10年:1189万円⇒11~20年:1254万円⇒21~25年:643万円 で、合計3087万円でも・・不思議ですよね・・まだ「計算間違い?」と思う気持ちが ちょっぴりあります。

元金2220万円、25年返済、元利金等割、融資を2008年1月1日、返済開始日を2月1日、以降毎月1日の返済、公休日は返済日繰り下げ(土・日・祝は明け返済)と仮定して二つのプランを質問者様の想定する金利で計算してみました。
1 は返済総額3081万4802円、2 は返済総額3082万8977円…ちょっと数字は違いますが、ほとんど差がない、という結論は同じですね。
ちなみに1億円を借りて同じ条件でシミュレーションしても、1と2で総返済額が63819円しか違いませんでした。
私のシミュレーションでは・・・月々の返済金額は10年目まで1は93556円(ただし初回は95433円)、2は99034円(ただし初回は101393円)10年目の残高は 1は1459万0552円、2は1490万5087円 でした。
11年目から20年目の返済金額は1は107924円、2は104371円20年目の残高は 1は586万0214円、2は577万9874円21年目から最後までの返済金額は1は110589円、2は106967円でした。
返済総額に差がない=銀行にとっては金利分がほぼ同じ=銀行が損をしない・・・となるように計算されているんでしょうね。
自分なら1のプランを利用して、最初の10年で返済に平行して貯蓄して、条件見直しのときにできるだけ多くの繰上げ返済をするかなぁ~。
安い金利の金は返さない、高い金利の金は借りないのがいいかなぁ~なんて思っていますんで。

2007/12/18 15:14:05

証書貸付の計算方法について教えて下さい。
融資金額 240000000円/現在残高 230115571円融資日 17年4月5日/最終返済期限 47年4月25日/利率3.125%返済日/返済元金/融資残高/利息/返済元利金19.4.25 427313 229688258 599259 102657219.5.25 428426 229259832 598146 102657219.6.25 429542 228830290 597030 1026572元金と利息はどのように計算されているのでしょうか?(この情報だけで計算出来ますか?)計算方法を教えて下さい。

H19.5.25利息 229.688258円*0.03125/12=598146円初回は4/5から4/25まで利用日数20日間、以後は30日間ないし31日間(2月を除いて)単純に30年間元利金等払い計算式は240000、000*0.03125/12*(1+0.03125/12)^360/[(1+0.03125/12)^360-1]≒1.028000円

2007/6/10 11:29:16

今回の東日本大震災で津波被害を受けました。
平成17年にJF共済の地震保険も加入しました。
我が家は 全損でしたが 保険は 25% しかおりませんでした。
津波も大ショックなのに 二重のショックでした。
昨年 保険法が 改正になり 地震保険は 政府の後ろだてが みんなに 有るものだと 思ってました…が 共済は 別だとわかったからです。
沿岸地域で 暮らして 居る人たちが こんな 大災害で 矛盾した保険を 入れられていたかと分かり 怒りが収まりません。
此は 私のわがままでしょうか… 教えて下さい。
補足JF共済 は JA共済と違います。
全国の漁協で 取り扱いしてるんです。
だから いつまでも納得いかないんです。

大変失礼いたしました。
訂正します。
全国共済水産業協同組合連合会(JF共済)の生活総合共済・くらしは、住宅や家財などを、火災災害を中心に、風害、水害、地震などの自然災害から幅広く守るための共済で、決められた期間の間、掛け金を払い込んでいく満期式となっています。
よって、満期時には、満期共済金が支払われるようになっているため、掛け捨てタイプではありません。
JF共水連は、総資産の約94%を将来の共済金の支払いに必要な責任準備金として積み立て、異常災害などに備えるため、責任準備金のなかに異常危険準備金として、毎年積み立てているほか、海外へも再保険をだして巨大災害リスクに備えています。
質問者さんが納得できないとあれば、勧誘時に十分な説明がなかったようですね。
「JFおよびJF共水連では、組合員・利用者の皆さまに対し、商品内容や当該商品のリスク内容など重要な事項を十分に理解していただくよう努めます」、とありますが違っていたということでしようか。
地震保険とは、保険金で建物を再築するのではなく、生活再建の足掛かりにするということが主旨の制度です。
損害保険会社の地震保険でも、津波被害に遭い満足のいく補償が受けられるわけではないのです。
そのため、国では被災者生活再建支援制度を導入しました。
他にも以下の支援がありますのでご活用下さい。
被災者生活再建支援制度基礎支援金、全壊等100万円加算支援金、建設・購入200万円、補修100万円、賃借50万円。
全壊世帯は(1)+(2)合計300万円、大規模半壊(建設購入の場合)は250万円の支援金がでます。
国からの災害援護資金貸付限度額350万円、利率 年3% 据置3年以内(特別5年)で据置期間中は無利子。
銀行の特別貸付融資限度1000万円以内、融資利率年1.850%(固定)、担保保証人不要。
それから、税制改正されて、被災者の方は被災額に応じて所得税、住民税が還付されます。
最寄りの税務署へご相談下さい。
対象となる税金所得税、住民税は2010年分の納税済みか、今後納める予定の税金が上限。
津波被害を受けた家の固定資産税、車を買い替える際の自動車所得税、重量税も免除。
必要な書類被害を受けた家や車などの金額、所得時期。
市町村から発行された罹災証明書。
確定申告の控え、源泉徴収票など証明証書がなければ税務署へ相談して下さい。

2011/8/30 23:35:14

-融資利率

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験