元金均等返済

住宅ローンで質問です。 変動金利で考えていますが、どのローンも条項...元金均等返済

Nissenマジカルクラブカードでショッピングでの利用で、192000円ほどの返済に、完済まで金利が11万もかかるそうです。
最近テレビや広告でよく目にする過払いに、該当はするのでしょうか?こんなもんなんでしょうか?今、月々5000円支払いになってますが、金利と元本が半額ずつという感じです。

元利均等リボ払いで買い物なんかするからです。
分割払いなら返済回数分の金利確定で元金との合計を均等割りで返済で済むけれど、リボ払いは利用枠内なら何回でも買い物が出来る。
1商品1契約の分割払いなら2つの商品を買えば2契約で支払いも二重。
リボ払いなら残高スライドはするけれど基本的に月払いは何回買っても定額払いで返済回数が増えるだけ。
要はキャッシングと同じ返済方法だから利息も大きい。
残高×年利÷365日×返済日数=発生利息と言う具合に毎月利息が発生するのです。
過払いとは無担保の現金融資に対して利息制限法で定められた法定利息以上を取っていた場合に発生するものです。
ショッピングは商品の立替払いで担保だから該当しない、可能性はゼロ。

2014/10/18 15:14:12

この考えは無謀でしょうか?現在中古住宅の購入を検討しており、価格が2400万位になる予定。
自己資金300万ですが手元には150万位は残したいので150万(自己資金)。
ローン借り入れが修繕等を含め2500万位になりそうです。
家族構成は4人家族 自分は32歳で年収税込み540万、但し、今年は450万程度に減少予定。
妻は専業主婦、子供3歳、0歳です。
住信SBIネット銀行の35年固定(金利2.62%)で元金均等返済を行おうと思います。
最初は月11万弱ほどの支払いになりますが、年々減っていく元金均等なので最初のうちに苦労をして払い終わろうかと考えています。
勿論、住宅ローン控除(全額)、ボーナス分(年6万)を繰り越し返済に充て、繰上げ返済も考えております。
ただ、中古住宅という事も有り(築15年)、修繕費や、増改築費、等が掛かるであろうし、子供たちの教育費等、その他の出費にも耐えられるかが心配です。
因みに子供はもう予定はありません。
皆様の厳しいご意見を聞かせていただければと思います。
この考えは甘いのでしょうか?

返済は元利均等にすることをお勧めします。
税込年収540万円で月11万円の返済は結構きついですよ。
できるだけ長く返済する方法を考えるべきです。
勤め先にもよりますが、40前後になればあなたの給料も増えますし、子供も手が離れるので奥様もパートに出られるようになり、今よりは余裕が出来るはずです。
あなたが重視すべきは、比較的家計収支の厳しい30代をどう乗り切るかというテーマです。
繰り上げ返済する際も、期間を変えずに月々の金額を減らす方式にしてください。
繰り上げ返済したら、翌月から月々の払いが減り、ゆとりを実感できますので、さらに倹約して月々の払いを減らそうという意欲が湧きます。
これが期間短縮だと、返しても返しても負担感は変わらず、気分的に滅入ってしまいます。
築15年の中古住宅ですが、築30年を過ぎた頃から、外壁、屋根、キッチンなどの傷みが目立つようになります。
住宅ローンを残したままリフォームローンを重ねるのはきついので、それまでに300万円ほどのリフォーム資金を貯蓄で準備しましょう。
幸いにしてリフォームの要がなければ、そのまま教育資金に充当すれば良いでしょう。
住宅ローンは、普通のサラリーマンが低利・長期、つまり有利な条件で資金調達できる唯一の方法といっても過言ではありません。
この特典を大いに活用してください。

2009/6/15 23:22:45

元利均等返済、元金均等返済とありますが、だいたいの人は元利均等返済を選ぶと聞きます。
2000万円を10年で元利ではなく元金均等返済をあえて選ぶと、はたして最初どのくらいの額を支払う計算になるのでしょうか。
適当に例を挙げてご教示願います。

2000万÷120が、元金分年利5%、翌月が31日有るとして2000万×0.05÷365×31が初回金利です以降は(2000万-返した金額)×0.05÷365×翌月日数が各月の金利です

2005/2/3 11:20:06

繰上げ返済を計画しています(50万円)。
住宅ローンと太陽光発電ローンどちらを繰り上げ返済したほうが得策なのででしょうか?住宅ローン 変動金利(1.175%)太陽光ローン 固定金利(3・1%)元金は住宅ローン約2000万円、太陽光ローンは約150万円です。

複数のローンのどちらに繰上返済したらいいかは、元金残高、残回数、金利と繰上返済する額をもとに計算して優劣を判断しなければならない。
質問の情報だけでは、ちょっと判断できない。
金利が高い方へという者がよくいるが、そう言えるのは他の条件がすべて同じときの話であって一概には言えないんだよ。
、元金残高が極端に違うローン同士を考えれば分かるよね。
そういうのは、元利均等返済(元利均等返済でも構わんが)の理屈を正しく分かっていない者の話。

2012/2/13 01:29:45

現在、SBIネット銀行で住宅ローンをくんでいます。
元利均等なのですが元金均等に変更はできるのでしょうか??

こんばんは。
元利均等の住宅ローンを元金均等に変更する事は当然可能です。
しかし、借入している残高にもよりますが、元金均等方式は借入残高を返済回数で割って均等に計算し、利息を加算しますので、当初数年間は相当に返済金額が高くなります。
ですから、通常は会社員などの給与所得者のほぼ100%近くは元利均等方式を選択します。
ちなみに、支払総額は元金均等方式の方が元金への返済ピッチが速い分、元利均等方式より少なくすみますね。

2011/4/19 19:24:34

毎月の返済額のうちの金利と元金を割り出すにはどういう計算式をしたらいいんでしょうか?たとえば50万円借りていて、毎月15000円ずつ返していて金利が18%の場合の毎月の金利と元金の割り出し方を教えてください。

利息後払いとして前月末残 × 18% ÷ 12 = 利息15000 - 利息 = 元金利息前払いで元利均等はない

2017/11/12 19:47:19

固定金利で銀行から借りると毎月の返済額は同じですか?

固定金利で借り入れしても、返済方法が元利均等返済か元金均等返済かで違いが有りますよ。
毎月の返済額を同じにするには、元利均等返済で申し込みする事です。

2016/6/22 08:47:53

証書貸付についての質問です。
①借入金額 10000000円②利率 年2.4%③貸付日 H.27.9.18④据置期限 H.27.12.18⑤最終期限 H.32.12.18⑥元金の返済方法 毎年6月18日、12月18日に元金均等償還⑦利息の支払方法 元金の返済日に後払い(月割り)以上の融資条件の場合、H.28.12.18の償還元利金はいくらになりますか?「元金」と「利息」それぞれの計算式を教えていただきたいです。
得意な方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

金利は、「元本×利息計算期間×利率」で計算されます。
まず「元金」の返済額は、28年6月に始まって32年12月に終わり、毎年6月と12月に返すのですから返済回数は10回なので、1回あたりは100万円です。
(据置期限が27年12月18日とあるので、第1回目の返済は28年6月18日と解釈しています)次に利息ですが、第1回目の返済日が28年6月18日なので、この日に(後利なので)借り入れた27年9月18日から28年6月18日までの利息を支払うことになります。
そして、この場合の計算元本は(一度も返済していないのですから)1000万円です。
10000000円×275日÷365日×2.4%になります。
※「月割り」とありますので、それは後で説明します。
2回目の返済は28年12月18日なので、次の利息計算期間は28年6月19日(6月18日分は1回目の計算に入っている)から28年12月18日までで、元本は100万円減らして900万円です。
9000000円×183日÷365日×2.4%になります。
以下、同じ理屈です。
※日数計算では休日を考慮していません。
「月割り」についてこれを「月利」と解釈すると、利息計算は上に説明したような「日数」に「年利」を掛けて365日で割るのでなく、予め「年利2.4%」を「月利0.2%」として計算します。
この場合の日数は「月数」になります。
初回は10000000円×9(月)×0.2%です。
2回目は9000000円×6(月)×0.2%です。
念のため据置期限27年12月18日というのが引っ掛かります。
返済回数が11回なのかも知れません。
あるいは、一旦そこで「利払い」だけが発生するのかも知れません。

2015/8/4 11:45:17

キャッシングの返済方法についてです元金均等と元利均等払いの違いはわかるのですが、元利均等払いとリボルビング払いって何か違うんですか?毎月一定額を払って、内訳が変化するっていう点で同じのような気がするのですが。

リボルビング払いは、ショッピングの分割払いの1つの方法として生まれてきたものと認識しています。
当初、クレジットカードのショッピングでの支払い方法といえば、無金利の一括、二活払い、ボーナス一括、その他金利のかかる分割払いというのが主流でした。
ですが、分割払いのし過ぎで毎月の返済に困る方が増え、社会問題化したことがありました。
そこで、予めショッピングの枠を設け、その範囲内であれば繰り返し枠を使うことができますよ、返済額は利用額に応じて1万円だったり2万円だったりと比較的少ない返済額でいいですよ、というのがリボルビング払いの売りとなっています。
一方、元利均等払いというのは、住宅ローンや車のローンのように、契約時に借入金額と借入期間、毎月返済額を予め決めて、借主は最終返済日までこつこつ返済を続けていくものです(利息の支払い方法が異なるだけで元金均等返済も考え方は同様です)。
リボルビング払いは、たとえて言えばカードローンのようなものです。
質問者さんがカードローンの仕組みをご存じであればてっとりばやいのですが、その仕組みは前述したとおりです。
また、リボルビング払いというのは、基本的には返済期限が設けられていない(年齢制限等はあるかもしれませんが)点でも、元利均等返済とは異なっています。

2011/8/18 19:34:09

住宅ローンで質問です。
変動金利で考えていますが、どのローンも条項が色々あり、迷ってしまいます。
その中で、イオン銀行か労金に絞りました。
どちらが長期的にお得なのでしょうか?まず両方とも元利均等返済であり、元金均等返済ではないと思います。
次に、イオン銀行はイオンで買い物をするとずっと5パーセントオフというメリットがあり、生協の方が健康にはいいのかもしれませんが、週4で3千円の買い物を35年したら100万ぐらいの得です。
それから、繰上げ返済手数料ですが、イオン銀行は50万からなら無料、労金は完全無料です。
他に団体信用生命保険等、色々な細かな条項があります。
結局、あまり変わらないのでしょうか?

金利だけで言えば、最大優遇を受けた場合イオン銀行の方が得ですね。
イオン銀行の金利にガン保障(ガンと診断されたらローン免責)を付けて、労金より0.4%高い感じです。
質問者様の現時点での年齢でいつまで払わないといけないか等を考慮してオプション等は付けるか決めて下さい。
どちらも審査を通っているようでしたら単純に金利の安い方をオススメします。
ただしオプションを付けるなら金融機関によってかなり条件が変わるので注意が必要です。

2017/8/8 07:12:01

-元金均等返済

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験