元金均等返済

住宅ローン、元金均等について教えてください。 最初の返済額に余裕あ...元金均等返済

excel関数でローンの計算をさせる方法を教えてください。
元金均等でこていですが、フラット35なので金利が10年で変わります。
最初の10年で金利が1%で次の年から1.9%に変わります。
繰り上げ返済したときにどれくらい違うのか計算したいと、思っています

Excelでできますが、簡単ではないですよ。
ネットでシミュレーションすれば簡単ですし、期間短縮か月額軽減かが選べるのですぐ出来ますけど、EXCELにこだわるのですか?「住宅ローン 繰上返済 シミュレーション」などで検索すればすぐ出ます。

2015/4/21 16:07:40

すみません。
元金均等返済と元利均等返済の違いを分かりやすく、教えてください。
一般的には住宅ローンはどちらを使用するんですか?

計算はほかの方に任せてw一般的に元利均等は個人で使われる場合が多く、元金均等返済は法人で使う場合が多いです。
理由としては、元利均等は毎月32540円といった感じで、月々の返済額が同じなので返済計画が立てやすい。
元金均等は最初の頃は支払金額が多く、後は小さくなるのですが、毎月の元金分の返済額だけは50000円とか固定なわけで、現在の借入残高の計算・確認に便利なのです。

2008/10/22 22:37:06

住宅ローンの繰上げ返済について質問です。
借入額 4300万返済年数 35年金利 変動1.675%返済方式 元利均等毎月返済額 約135000円繰り上げ金 年間100万~300万まで手数料0上記のローンを20年で完済できるようにするには、毎年いくらの繰り上げ返済が必要になりますか!?よろしくお願いします。

元金4300万円のうち、毎月13万5千円を20年間支払うことで返済できる元金は、13万5千円×{ 1-1÷(1+1.675%÷12ヶ月)^(20年×12ヶ月) }÷(1.675%÷12ヶ月)=27515318円残りの元金4300万円-27515318円=15484682円を毎年1回、20年間の繰上げ返済で返済するとしたら、15484682円×{ (1+1.675%÷12ヶ月)^12ヶ月-1 }×(1+1.675%÷12ヶ月)^(12ヶ月×20年)÷{ (1+1.675%÷12ヶ月)^(12ヶ月×20年) -1 } =918712円毎年、約92万円の繰上げ返済が必要となります。
住宅ローン減税との兼ね合いもあると思いますけど。

2017/1/24 00:57:53

住宅ローンの繰り上げ返済ですが、だいたい幾らくらいからしますか?

各人の考え方、繰り上げ返済の手数料、返済方法(元金均等か元利均等か)によって異なると思います。
繰り上げ返済は重要ですが、ある程度の現金も手元にあった方が良いです。
(どのくらいの現金、というのも、各人によって異なります)

2012/11/2 08:13:35

住宅ロ-ンですが、3千万を固定金利1.5%で借りた場合、3千万円に対しての1.5%の金利を毎年払うんでしょうか?例えば3千万円に対しての1.5%の金利は45万円で、30年契約として45万*30年で1千3百50万を払うことでしょうか?それとも45万円を30年かけて払うんでしょうか?また仮に、金利がもったいないから知人から3千万円を借りて金利なしで毎月元金だけ返済するということは可能でしょうか?こういった契約は個人契約ですか?また知人から3千万円を借りたら贈与税といいますか?はらはないといけないんでしょうか?詳しくお願いします。

【ひとこと】あなたは 30百万円を借りる立場にありますか?質問に「真実味」がまったくないのですが。
【回答】借入の返済は契約内容によります。
が、一般的には、毎日の借入金残高に利率を掛けて365(or360)で割ったものを累積して払います。
例えば年1回の元金・金利後払いとすると。
1年目に30000000円×1.5%÷365×365=450000円の利息支払いと1000000円の元金を返済をしたとすると(合計1450000円の支払い)2年目は、29000000円×1.5%÷365×365=435000円の利息支払いと1000000円の元金を返済・・・・これが元金均等の返済で30年で完済となります。
元利均等だと、毎年約1249176円の返済で30年で完済になります。
知人が30百万円貸してくれた場合、金利が無ければ、贈与と認定されるリスクがありますが、一般的には、毎年利息相当分が贈与となります。
知人から借りるときも、低い金利で消費貸借契約を結んでおく方が無難です。

2010/10/6 18:18:02

住宅ローンの支払い方法について質問します。
現在、新築引き渡しを控えて住宅ローンの検討をしています。
借り入れは1900万円(太陽光含む)。
10年固定で1.3%の35年です。
元利均等だと毎月56000円程の支払いかと思います。
ただ、太陽光を10.8kw載せており全量買取が20年なので、年間少なく見積もっても40万を越える売電収入が見込めます。
だとしたら、元金均等にして支払い金額が大きい最初の20年にその売電収入を充てれば自己負担は22000円くらいになって、尚且つ20年後の返済額も元利均等よりも少なくなるのではと思い始めました。
これって危険ですかね?

あたりまえですが元金均等の方が総返済額は少なくなります。
なので、太陽光の有無にかかわらずまず元金均等を検討しましょう。
元金均等だと65800円/月くらいからスタートですね。
56000円と比べて約1万UPです。
お小遣い節約とかなんとかでなんとかなりそうな差ですか?この時点でなんとなかるかなぁと感じたなら元金返済でGO!じゃないでしょうか。
元金均等の場合、最初の1年の返済額は786000円くらいのようです。
元金均等なのでどんどんへっていきます。
売電収入は普通に見積もって45万くらいでしょうね。
他にボーナス(あるかどうかわかりませんが)とか臨時収入ありますか?なくても、年33万返済が20年。
余裕ですね。
余裕すぎるので繰り上げ返済もできちゃいます。
繰り上げ返済なしだとしても、残りの15年は54000円~45000円/月。
今より給料があがっている(がんばる前提)のと、売電も0になるわけではないことを考えると元金均等がよさそう。
もう1ついいことを教えます。
消費税あがれば買取単価は37.8円→38.8円→39.6円とあがります。
10kw以上は「36+税」という契約だからです。
がんばって10kw以上にしてよかったですね。
39.6円だと47万/年くらいになります。
適当につかわせてもらった計算サイトwww.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kariire.html

2013/12/17 01:51:28

家探しの際メリット・デメリットを教えてください・アパート・マンション・戸建て(借家)・戸建て(中古)あなたは今の住居はどうやって探しましたか?住み心地はいかがですか?・ネットの不動産情報・不動産屋に直線聞く・知り合いに聞く・親の家を継いだ

回答いたします。
練馬で建築と不動産業をやっています。
まず大事なのは、いくらまで借金できるかということです。
例えば、すみたい街から探すのはやめたほうがいいです。
資金の手当てが先なのです。
そこから逆算して買えるエリアを選定します。
その時に大事なのは家以外にかかる諸経費を除いて計算します。
戸建てを買う場合、新築か中古かあるいは自分で土地を探して家を建てるのか?建売か売り建てと言いますが、土地を買う場合、測量してあるか又自分で測量するのか?家を買うと測量費、所有権登記費、登録免許税、固定資産税、都市計画税、不動産取得税等々かかります。
さらに保証料や印紙代もかかります。
自己資金は購入資金の25%以上は用意しておかないと購入できません。
あと大事なのは返済方法です。
金利ばかり特集する本が非常に多いですが、これは間違いです。
返済方法はデフレ時代なので元金均等返済を選択すべきです。
元利均等返済は35年もの長い間一定の返済額を謳っていますが、ほとんど利子が先払いなのです。
元金を返済しない方法なのでなかなか減りません。
元金均等返済は元菌も一定ずつ返済するので、将来が楽になります。
その商品を所有している金融機関が住宅金融支援機構のフラット35です。
目に見えないところが1番大事なのです。
マンションか戸建かアパートかシェアハウスかは形が違うだけです。
ご自分の収入から逆算しましょう。
年収の5倍制限といって例えば\10000000あれば\50000000までの物件ということになりますが、実は税込年収に落とし穴があります。
必ず所得税込みで計算すると足りなくなります。
税金抜きで計算するべきなのです。
その準備が整ってからネットや不動産業者に行けばまず間違いなく35年後まで返済し完済できます。
業者の話を鵜呑みにしないことです。

2017/10/28 14:06:56

3000万の住宅ローンを組んだ場合の理想の返済金額例は?年数も 一般的な収入と考えて

30年ローンで元金均等法式での返済。
最低年収600万ですが、現実的は800万以上ほしいです。
で、今後も給料上がる職種で、20代後半で、お子様これから生まれます。
そうでしたら、問題ないかなと。
金利3%として、初回は約16万の返済。
最終回は約83000円の返済。
です。
子供が小さいうちは返済額多く、おかねがいるころには返済額が少なくなっていってますよね。
子供18歳のころには返済額は約12万円。
給料上がっているし、ローン額も下がっている。
羨まし生活設計だわ。
年収600万で、3000万のローンを組もうという時点で、将来の生活が苦しくなるとおもいます。
一般的な年収と考えると600万程度かと思います。
ですが、35年返済で金利2%として、月10万円。
それに維持費などかかることを考えると、お子さんのられると苦しいかなあと思います。

2011/4/14 15:28:08

ローンの金利車のローンなのですが、計算ができないので教えて下さい。
借入額 1200000円分割手数料 117180円分割回数 36回ボーナス 年2回 120000円この場合、金利は何%になるのでしょうか?もうすぐ完済なのですが、忘れてしまって(^_^;)あと、繰り上げ返済をすると少しお金は戻ってるのでしょうか?

6.1%位だと思います、元利金均等か元金均等で戻る金額は変ります、元利金均等だと返済の残りが少なければ殆んど戻りません

2015/7/28 19:03:22

住宅ローン、元金均等について教えてください。
最初の返済額に余裕あるようなら、元金均等で借りて問題ないでしょうか。
住宅ローンの金利が予想外に低くなったため、2100万円を35年間、当初10年固定で元金均等で借りようと思っています。
繰り上げ返済手数料もかかるため、ローン控除を10年満了してから、繰り上げも考えています。
元金均等を選択するにあたり、注意すべきことがあれば教えてください。
補足早速ありがとうございます。
昨年所得は夫330万円、妻320万円でした。
夫は製造業で残業に左右される為、過去最低でしたが、今後は下限400万円は切らないと思います。
妻は産休中ということもあり、世帯収入に余裕があるわけではありませんが、定期預金など合わせて、あと700万円ほどあり、また金利1.3%で計算した場合賃貸料と変わらないため、元金均等でいこうかという話になりました。

補足に対する回答です。
まず、「また金利1.3%で計算した場合賃貸料と変わらないため、元金均等でいこうかという話になりました。
」の表現の中の「賃貸料」とは何でしょう?・・・。
それから、ローン利率の記載がありませんので利息の計算は推測で行います。
所得は最低でも合算すれば約650万円になりますが、ご主人の収入は今後400万円は切らないとは言われていますけど、確証は無い見たいですね。
後は、奥さんの所得なんですが、これは詳しく記載がないから何とも判断しずらいですね。
でも、余剰資金(定期預金)が700万円あるならば、実質の融資金は1400万円という事で考えて良いと言う事ですよね。
そして、この定期預金の700万円が繰り上げ返済財源となる訳でしょうから・・・。
そうなると、自己資金として幾らかこの700万円から使われるって事は考えられていないのでしょうかね・・・。
余り愚だ愚だ言ってしまうとわかられなくなってしまいますから、率直に言いますね。
私だったら、この定期預金700万円の幾らかでも自己資金として使われ2100万円の融資申込希望金額を減額したなら元金均等返済でも間違いなく大丈夫ではないかと思います。
今現在でシミレーションしてみると、住宅ローン支払(元金均等返済) = 21000000 ÷ 120カ月(10年) = 175,000円融資利息(推測)は2.0%(多めで計算) = 21000000 ÷ 2.0% × 31日 ÷ 365日 = 約35671円(これは当初利息です)※ 元金均等返済になれば、元金が減ればそれにより上記の融資利息算出式により計算が可能です。
と言う事は、元金 175000 + 利息 35671 = 約 210671円 が当初の支払金額になります。
次に返済比率ですが、 ご主人所得 = 3300000 奥さん所得 = 3200000 合算所得 = 6500000円毎月の融資返済金平均を 210000円でシミレーションすれば、210000円 × 12カ月 = 2528052 円 となり返済比率 = 2528052円 ÷ 合算所得 6500000 = 38.9% になります。
後は、生活費、他の債務の有無等の記載が無い為、これ以上正確な計算が出来ませんが、殆ど元金均等返済でも問題はないという結論に到ります。
でも、本当の判断は、上記の生活費、他の債務等の毎月の支払総額を含めた上でないと正確な数字が出ませんのでご了承ください。
それか、その生活費等の費用を算出されて上記の計算式に含めて計算してみて下さい。
この数値が上がれば上がるだけ返済に負担がかかると考えて下さいね。
これで回答になりましたでしょうか?・・・。
説明不足で本当に申し訳ございませんでした。
無事に住宅ローンが組まれる事を願っております。
要は所得に対しての返済及びその他の生活費用等の支払いが可能か?・・・っていう事になりますね。
所得金額等の記載が無い為シミレーションして計算出来ませんので何とも言えませんが、所得金額が安定しているなら元金均等返済でも問題はないと考えます。
でも将来的に考えて安定した所得が見込めるか?・・・って言う事を再度検討される事をお薦めします。
私ならば長期返済になる為に正確な計算をしたうえで判断し絶対に無理の無い返済方法をお薦めするとは思いますが、余りにも情報の記載が無さ過ぎる為回答のしようがありません。

2010/11/22 12:05:10

-元金均等返済

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験