繰上返済手数料

【住宅ローン(固定金利)の繰上返済時の「未払利息」について教えて...繰上返済手数料

三井住友カードキャッシングについて。
クレカで10万キャッシングしたいのですが、返済方法は一括でコンビニでもできますか?また、買い物と一緒に請求が来るのですか?それと利子は返済する時と一緒に払うのですか?

キャッシングリボはショッピングと同じ日にちで返済することも出来るし、コンビニや銀行振込で繰上返済することも出来ます。
キャッシングリボはショッピングリボと違って借りている日数だけ手数料が掛かります。
臨時返済は三井住友カードに連絡する必要があります。
利息は後払いの時と、同時に返済出来る時があります。
www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_hensai.jsp

2016/12/27 15:53:29

住宅ローン審査を行なうにあたり質問があります。
公務員(教員)をしております。
妻も私も住宅ローンを組むにあたり全期間固定金利を選択したい希望です。
定年までに小まめな繰上返済も視野に入れてますので繰上返済手数料がかからない銀行で全期間固定金利が最も有利な銀行をアドバイスお願いします。
大事な点ですが事情があって1年前に私は父の銀行借入200万円の連帯保証人になっています。
このまま私が父の連帯保証人になっていては住宅ローン審査は通らないでしょうか?

住宅ローン審査では、既に連帯保証人になっていると否決される可能性がともて高いですので注意が必要です。
Yahooで専門家登録して頂いているゼロシステムズの田中と申します。
>大事な点ですが事情があって1年前に私は父の銀行借入200万円の連帯保証人になっています。
>このまま私が父の連帯保証人になっていては住宅ローン審査は通らないでしょうか? お父様の連帯保証人になっているのであれば、連帯保証人を外して頂かなければ基本的に住宅ローン審査で否決になる可能性が高いです。
しかし、連帯保証人を外してもらうには、他の人を連帯保証人になってもらうか、借入を完済するかしか選択肢は御座いません。
通常、無条件に連帯保証人を外してもらうことは不可能です。
200万円をご質問者さまが立て替えてお父様の借入を完済するのが無難だと思います。
しかし、200万円の大金を立て替えるというのは、これから住宅購入を検討しているご質問者さまにとって難しいかもしれません。
そこで、私が考えたのは、ご質問者さまは、公務員で教員をされているとのことですので、公務員共済を利用して200万円を借入して、お父様の借入を完済するというのは如何でしょうか?公務員共済は、退職金担保の借入ですので個人信用情報に反映されませんので、住宅ローン審査にも影響されません。
公務員共済については、以下をご参照ください。
www.0systems.com/koumuin-kyousai-menu.htmlご質問者さまがお父様の借入200万円を完済して、今後、お父様が、ご質問者さまに分割で返済するというのは如何でしょうか?>妻も私も住宅ローンを組むにあたり全期間固定金利を選択したい希望です。
>定年までに小まめな繰上返済も視野に入れてますので繰上返済手数料がかからない銀行で全期間固定金利が最も有利な銀行をアドバイスお願いします。
住宅ローン利用する場合は、全期間固定金利をお奨めしています。
全期間固定金利で最も有利な金融機関の一つが、みずほ銀行です。
また、フラット35も同等に低いです。
一般的にネット銀行系方が金利が低いと思われていますが、全期間固定金利に限っては、みずほ銀行またはフラット35が有利と言えます。
住宅ローン審査や金利については、以下をご参照ください。
www.residential-estate.com/score/また、近年、ほとんどの金融機関では、返済途中の一部繰上返済手数料が無料です。
最後に、住宅ローン審査が通ることと、住宅ローンの返済をし続けられることは、別問題だと思います。
住宅ローンを組む場合は、余裕を持った返済計画にすることをお奨めいたします。
お役に立てれば幸いで御座います。

2017/12/1 13:50:49

只今住宅ローンがあり、繰上返済した方がよいか、貯金をした方がよいか、減税が適用されているため、10年待ってから繰上返済した方がよいのか…など思案しております。
二年前に新築を購入しました。
(主人名義)22年ローン。
10年固定1.9%月々6万、賞与20万。
主人の年収は、約750万。
ちなみに、繰上返済の手数料はかかりません。
ご回答、宜しくお願いいたします。
補足詳しく回答して下さり、ありがとうございます。
繰上返済額についてですが、年間150万円程を考えております。
繰上返済は、一年でも早くした方が良いのでしょうか。

残債や繰上返済の金額、所得税の控除額がどの程度か不明なため正確な回答はできませんが、おそらく繰上返済をしたほうが得だと思います。
考え方はこうです。
年収750万円であれば、住宅ローン減税の恩恵を丸々受けられると思いますので、減税額は残債の1%。
仮に3000万円の残債があるとすれば、30万円の減税です。
それに対して、例えば500万円の繰上返済を考えているとすれば、その部分の金利は1.9%で約10万円となります。
一方、住宅ローン減税は2500万円の1%で25万円で、合わせて35万円となり、繰上返済をしたほうがトクになります。
では、どのような場合、返済しないほうが得になるかと言えば。
例えば、変動金利で借り入れをしているケースを考えます。
現在、金利1%以下の商品があります。
このようなケースで、仮に500万円を繰上返済を考えているとしたら、①繰上返済しない場合=30万円の減税。
②繰上返済した場合=25万円の減税+500万円に対する金利1%(5万円)=約30万円で同額となります。
が、500万円の余剰資金を預貯金などで運用した利息が発生するのでその分トクということになります。
ケースバイケースですが、現在、変動金利が減税率の1%を下回っているので、返済しないほうがトクになるケースがあります。
※補足年内での繰上返済を考えているのであれば、利息は1ヶ月分ですからしないほうがトクです。
年が明けてから繰上返済をしてくださいね。
※補足2繰上返済をお考えなら、早いほうが金利分トクですね。
ただし、住宅ローン減税は12月31日の残債を基準に額が決まるので、年が明けてから返済したほうがよいですね。
たとえば12月中に150万円返済すると、1ヶ月分の金利2000円程度が節約できるのに対して、減税額は150万円の1%で1.5万円損することになります。
1月に繰上返済すれば、減税の恩恵が受けられます。

2011/12/21 10:50:24

現在、ローンを組んでいる方のご意見を聞きたいです。
私は40歳で妻(無職)と1歳の子ども(後々もう1人子どもを考えています。
)の三人家族です。
25年2500万円の住宅ローンを組もうと思っていて、変動、10年固定、フラット35(金利プランA)で悩んでいます。
今のところ、①10年固定にして10年後に住宅取得控除で帰ってきたお金を使って一部繰上返済する。
②同一金融機関で再度10年固定にするか、他金融機関に借り換えるか金利の状況や手数料を比較して判断する。
と考えています。
私の考え方は甘いですか?(素人考えでスイマセン…)皆様はどのような考えでどのようにローンを組みましたか?ちなみに、妻は10年後までは無職で、その後パートに出る予定で、10年固定を考えているのは、金融機関の方が金利を結構頑張ってくれるからです。
補足10年固定だと一年間の返済額は所得(手取り)の20%ぐらいになります。

自分の話ですが、半年ほど前に「上昇か横ばいにこそなれ、これ以上は下がるまい」と思ったので全期間固定にしました(…それでも10年前の変動プライム金利より安かったというのもあります)現在の変動金利との差(おおかた0.6~1.0%ぐらいですかね)をどの程度許容できるか、に尽きると思いますよ増えない安心を買うなら全期間固定、最安を狙っていくなら変動金利あとスレチですけど、個人的にはどうせ繰上返済するつもりなら、可能な限り長期間で組んでおくのをお勧めします(保証料なんかの兼ね合いもありますけどね)縮めるのは簡単ですが、後で伸ばすのは至難なのがローン期間

2018/7/10 23:57:32

ありがとうございます。
素人で申し訳ないのですか、
長期間にするメリットがわからないので教えてください。
長い分、利息も多く払わないといけないのではないですか?>

計算が苦手なのでお聞きします。
住宅ローン返済で繰り上げ返済する場合、例えば残金が500万くらいで毎年100万ずつ5年かけて返すのと5年後に500万一度に返すのと、同じ時期に返すとしたら金利の支払いは同じですか?トータルでは大体同じ金額支払ったことになりますか?金利も変動なしとして、細かい手数料やら毎月の返済分もありますが、わかりやすく大体の例えの金額です。

手数料は置いておくとして、100万でも50万でも、たとえ1万でも少しでも早く返済した方が支払う利息のトータルは少なくなります。
だから毎年100万繰り上げる方が5年後にまとめて500万返すよりもお得です。
ただし、金利が1%以下で住宅ローン控除としてローン残高に対する全額が戻ってくるなら「払う金利分ぐらい戻るので慌てて返済する必要もない」と言えます。
また、繰上返済する金額が少なくそれによって減らせる利息が数万円なのに繰上返済手数料が3万も5万もするなら、やはりある程度の金額をまとめて繰り上げた方がお得です。
逆にネットで1円から繰上返済できて、かつ繰上返済手数料がタダ!などと言う場合は、こまめにちょこちょこ返すのもいいということです。

2014/12/31 14:42:03

海外でよくクレジットカードのキャッシングをしています。
ただ、利用明細を見ると、返済まで50日を超えていたりします。
なぜこんな長期にわたって決済されていないのでしょう?何か設定があるのですか?できれば即日返済したいくらいなのですが、何か方法があったら教えてください。
補足海外在住で移動も多いので、日本に国際電話はあまりかけたくありません。
デビッドカードを作ると解決になりますかね?

クレジットカードのキャッシングは繰上返済するのが一番です。
カード会社によっては、ネットで繰上返済手続可能で、かつ振込手数料も無料なので、まずこれを調べてみましょう。
海外滞在が長いのなら、キャッシング用にそういうカードを作った方が得です。
できない場合は、電話で申し込み、振込手数料自己負担となります。
国際電話は、Skypeでかければ格安です。
海外どこからでも日本の一般回線へは、2.3セント/分+接続料 4.9セントですから、5分かけて20円しません。
振込は、ネットバンキングで一定の条件を満たせば他行あて振込も無料になるものがいくつかあります。
なお、デビットカードは為替手数料(換算レートに含まれている)が4%以上と高いので、やめておきましょう。
クレジットカードのキャッシングで、50日後返済でも 50÷365×18%=2.47%なので、デビットカードよりまだましです。

2016/10/26 14:32:44

国際キャッシュカードを勧めている方もいますが、これもレートの悪さではデビットカードと同じです。プリペイドカードも同じ。
さらに、これらはカード発行会社が徴収するATM手数料(216円/回ほど)もあったりします。
すでにクレジットカードを持っていて使われているのですから、国際キャッシュカード/デビットカード/プリペイドカードへの変更は損になるだけです。
繰上返済する方法を考えましょう。>

楽天カードのリボ払い6月分だけリボ払いにして、7月は残額を一気に引き落としてもらう事もできますか?

6月に払える金額でリボ設定をして、7月になったら、使った金額以上にリボ設定を上げてしまえば良いと思います。
繰上返済しても、振込手数料だけ余分に掛かって、次の引落日の分までの料金は取られてしまうようですから。
リボの変更可能な日にちの確認を行ってください。

2015/5/27 08:18:46

住宅ローン控除についてH23年12月に住宅を3500万で購入。
年収700万①手持ち1000万をH24年1月に繰上返済(手数料1万)②手持ち1000万を使い、H23年12月に2500万のローン控除額と銀行利息を踏まえ、どちらが得ですか?

税金35万円以上収めてれば控除額の差は23年末残高の差の1%=約10万円です。
銀行利息の差はローン開始日と繰上げ返済日と金利によりますが、利息と控除額しか踏まえないならば、どう転んだって①が得なのは明らかでしょう。
ただし、実際の損得を比較するには、ローンを組むための諸費用も計算に入れる必要があります。
諸費用は当然借り入れ先やローンによっても異なります。

2013/2/21 03:40:03

海外ATMでキャッシングしたときに「ATM手数料0円」「海外事務手数料0円」「年利低め」上記の条件に近いカードはありますでしょうか??

>「ATM手数料0円」海外ATM利用時にATM利用手数料を徴収しないカード会社note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n173274>「海外事務手数料0円」日本で発行されているクレジットカードなら0円が普通です(0円以外のカードはまだきいたことない)。
>「年利低め」105BESTIOや三菱東京UFJ-VISAゴールド等は低めだと思うけど。
私は海外キャッシング用にはセディナ(OMC)Jiyu(MasterCard)を確保していますけど(MasterCardは換算レート良い事が多い、OMCカードだとPay-easyで繰上返済可能、Jiyuだと年会費無料)。

2015/4/5 08:38:13

【住宅ローン(固定金利)の繰上返済時の「未払利息」について教えてください】全期間固定金利2.65%で住宅ローンを借り入れているものです。
毎月43000円程度、ボーナス月53000円程度の返済をしています。
私の借りている銀行では、10万円から手数料無料で繰上返済ができます。
貯めて一気に繰上返済するより少しずつでも早く返していったほうが利息の節約になると思い(微々たるものでしょうが)、10万たまったところでちょこちょこ返済しています。
今回質問したいのは、固定金利・ボーナス返済併用時に発生する「未払利息」についてです。
過去の質問を読み、「金利が後払いであること」「そのためボーナス返済月以外の月に返済すると未払利息が発生すること」ということが書いてあるところまではみたのですが、悲しいかな、それを読んでもなぜこのようなお金が発生するのかさっぱりわかりません(泣)そこで、住宅ローンに詳しい方がいらっしゃいましたら以下の点をわかりやすく解説していただけるととてもありがたいです。
・「金利の後払い」とはどういうことか・ボーナス返済月以外に返済すると、なぜ未払利息が発生するのか(理由は上記の通りだと思うのですが、全くの初心者にもわかるように説明していただけると助かります。
)・未払利息が発生しないように(つまりボーナス返済月に合わせて)返済した方が得なのか(つまり未払利息を払っていることは損なことなのか)疑問は以上3点です。
ここまで調べているのに、わからなすぎですみません。
どうぞよろしくお願いします。

基本的な情報が不足していますので、完全に正しいかどうかは難しいですが・・・。
まず利息後払い方式からご説明します。
これは一般的な計算方法ですので、そのようにご理解ください。
例えば2000万円を1月に借りたとします。
借りた瞬間に利息が計上された返済を求められるような、闇金融のような手法は通常の住宅ローンでは採用されません。
翌月の2月が初回の返済になりますよね。
この場合、その2月の返済の中に利息の支払いが含まれますが、これは1月に借りた元本2000万円に対する利息を2月に支払うことになり、これが後払いです。
以降の返済も、その2月の返済で少し減った元本に対する利息を3月に支払うことになります。
次にボーナス払いのことを説明していきます。
上記の毎月返済していく場合のルールは、前月の残元本に対する利息精算を1ヵ月ごとに行っていく約定ですが、ボーナス払いのときは、それを半年ごとに精算していく約定となるわけです。
例えば1月にボーナス払いの返済があった場合、1月時残元本に対する利息の精算は7月に行うというルールです。
このとき、例えば中間の4月に繰上返済を行う場合、どういう事務処理になるか。
おそらくはここで「未払利息」勘定にするという話ではないかと思います。
ここでより具体的に、例えばボーナス払い元本が1000万円であり、1.2%で借りていると仮定します。
年利1.2%であれば、月当たり0.1%の金利負担があるということですから、毎月10000円、これを半年ごとに精算しますから、次のボーナス払いのときに60000円の利息を払う約定であったということになります。
そして3ヶ月しか経過していない状況で、あなた様は10万円の繰上返済をされた。
繰上返済はすべて元本に充当されますので、残元本は990万円となり、残りの3か月分については9900円の利息負担をすればよいことになります。
この場合、先に月当たり10000円の利息がかかっていて、3ヶ月経過によって30000円分の利息があったわけですが、繰上返済時にはその精算をしていないわけですよね?半年ごとに後払い計算の利息の精算と、元本への返済というのがルールなんですが、経過利息はそのまま残して、元本だけ返済するというルール外の手続きがなされたことになるわけで、精算しなかった利息が発生してしまったわけです。
これを未払い利息として表現することにしますよ、といっているんだと思います。
仮定の話に戻れば、繰上返済前の10000円×3か月分が未払い利息扱いとなり繰上返済後の9900円×3か月分の合計59700円を、次のボーナス返済時に精算することになるわけですから、結果としてはきちんと繰上返済による利息軽減がなされています。
このお話で言う「未払い利息」とは、あくまで勘定種別による表現の問題と捉えてよろしいかと思いますよ。

2012/2/28 15:35:00

-繰上返済手数料

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験