多額債務者

債務整理って一体全体なんなんですか?誰か教えて下さい。 できたら詳...多額債務者

提訴手続き開始の通知 ≪追跡監視**********@softbank.ne.jp≫この度,貴殿(*************@softbank.ne.jp)に記録された通信未払い料金について,管理元,及び,提携機関から,民事事件として訴状の提出が行われ,訴訟手続きが開始される事をご通知いたします. 尚,裁判後の措置として,裁判所による執行証書の交付後,給料差押え,及び,動産物,不動産の差し押さえを,裁判所執行官の立会いのもとで,強制的に履行させていただきますのでご了承下さい. 電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。
2017年4月10日現在 未納金総額 (【74***0円】 ) ※個人情報に配慮し一部非表示※ ※遅延金等を含む つきましては、未納分及び延滞損害金をお支払頂く様本状にて勧告とし、貴殿に穏便に問題解決する意思がある場合は、当方にて合意清算(和解契約)の手続きを行えるよう手配致しましたのでご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ■合意契約解除(和解手続き)申請方法■ 本通知確認後、速やかに本状より解約の申請を行った場合は、利用者の意思を尊重し、発生している未納金および損害金の支払いが免除され、登録情報の削除が行えます。
当方での代行手続きにより該当コンテンツの解約処理完了時に本状および貴殿の個人情報は削除され、当該請求が停止および免除となります。
完了時、希望する場合にはデータ消去証明書等を発行します。
合意解約によりコンテンツ管理元との債権債務が解消され、貴殿との和解が成立します。
---申請の手続き方法--- 合意解除の手続き申請は、このメールに[和解清算合意]と記載し、直接返信して下さい。
※本人確認の為必ず受信されたアドレスから返信を行って下さい。
※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。
尚、このまま和解手続き、および支払い意思の連絡、いずれかのご返答が確認できなかった場合は債権回収三次団体への委託処分となります。
債権回収三次団体は国からの認可を受け、合法的な強制処分を執行できる機関となります。
1.ご口座及び給与の差押え 2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分 3.自宅への訪問及びご自宅のポスト及びドア等への督促状の貼り付け 4.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求 を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。
このような事態にならないよう貴殿の速やかな対応をお願い致します。
※ご自宅訪問の際は財産物の強制没収と売却が行われます。
(テレビやパソコン、携帯電話など生活必需品以外の全ての財産物を強制売却致します) 上記のように、手続きを拒否した場合認可団体へ債権が委託され日常生活に支障をきたし、更に親族や知人にまで多大な迷惑がかかる事となります。
貴殿の速やかな対応が予期せぬトラブルを防ぎ、これ以上の請求の発生を防ぐ唯一の手段となりますのでご対応の程、お願い致します。
6732024-------------------このようなメールが来ました。
警察につきだしてやりたい!

数打ちゃ当たる!の詐欺ですね。
うちも送信されて来ましたよ!法的手段に出るならメールでなく自宅に書留で送付が普通でしょう。
暇人には無視ですね?

2017/5/3 21:31:08

借金がある人が引越す時に名前を変えるのは借金逃れなのでしょうか?離婚している親の別の名前をわざわざ地方から首都圏に引っ越す際に、取り替える人がいます。
その人は借金を抱えておりますし、多額のローンもあるようです。
借金を踏み倒す気がするのですが・・・

今はどうかは分かりませんが昔はよく使われた手法です本名で多重債務者となりどこからも借りれないブラック状態となっても婚姻をしたり養子縁組などで名字が変わるとまっさらな状態になるので借りれる場合があります。
後は住民票をそのままにして同居人などの居候という形にして住んでいる場所を隠すという方法もあります。
この場合、貸金業者は、居候という形なので賃貸名義がその相手でないと債権調査が苦戦する場合があるそうです。

2010/5/31 23:30:20

相続・自己破産の事で質問です。
主人が亡くなりました。
会社を経営していたのですが多額の借金がありました(銀行・サラ金・知人) サラ金は借り入れ時病気だったため団信は適用されません。
会社の借り入れの連帯保証人でもあります。
私名義でもローンが組んでありました。
(400万ほど)会社もかなりの赤字ですので債務整理することになりました。
 資産は建物のみ(土地は借地)住公が団信(こちらは20年前に加入なのでOK)で終わりました。
 預貯金はなし。
子供はふたり、主人の兄弟がふたりです。
 始めは相続放棄を考えていて相談していたのですが、私自身の借金もあるので自己破産しようと思うですが、それなら相続放棄せず全部私だけが相続してその後それらすべてを私が自己破産できるのでしょうか?? 子供はどうなるのでしょうか??補足たくさんのご回答ありがとうございます。
 参考になります。
 補足質問ですが相続放棄すると共済金なども受け取れないのでしょうか? 保険金はもともと相続人の物だから受け取れるという人と法定相続人だから放棄したらその権利も放棄すると書いてあるとこがあるのですが・・・それが(700万位)ないと会社を破産させることもできないのですが・・ 一番いい方法を教えて下さい。
 

(1)あなたが相続放棄をしても、主人の住公以外の団信無しの銀行借入、サラ金、知人からの債務は子供二人に半分づつ相続されてしまいます。
(最高裁判例昭和34年6月19日は、『債務者が死亡し、相続人が数人ある場合に、被相続人の金銭債務その他の可分債務は、法律上当然分割され、各共同相続人がその相続分に応じてこれを承継するものと解すべきである』としています。
)子供二人が相続放棄をすれば良いのですが、子らが未成年なら、あなたが一緒に相続放棄をしないと、「利益相反行為」(民法826条)にあたり、家庭裁判所に申請して子に一人づつ「特別代理人」を選任してもらい、その特別代理人から子の相続放棄を行う必要があると裁判所で言われると思いますから、確認して下さい。
(家庭裁判所が、「マイナスの資産のほうが多いから、実質的に「利益相反」に該当せず、特別代理人を選任しなくてもいいですよ」と言ってくれればラッキーですが。
)(親権者と同じ立場である後見人についての最高裁判例昭和53年2月24日参照 → www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiS... )特別代理人選任の手間を回避するには、あなたと2人の子が皆で相続放棄をし(この場合は、特別代理人は不要です)、それから3ヶ月以内に主人の兄弟が相続放棄をするという手続になります。
(2)然る後に自己破産をすれば、あなた名義の借入債務も、保証債務も免責されるでしょう。
(ただし、自己破産は、裁判所に予納金(費用の前払い金)を納める必要があり、タダでは出来ません。
)(3)建物の価値(土地の更地価格の4割~8割に相当する「借地権」の価格も遺産に含みます)と、借金の総額、今後借金をあなたが(分割ででも)返していけるかどうかを良く考えて、「借金は払えないし、もう、建物(借地権)は諦める」というのなら、上記の手続をとればよいでしょう。
(家を借地権付きで売って、借金を返し、いくらか手元にお金が残るかも知れません。
しかし、借地権付きの古い建物は、なかなか買い手がつきにくい事は事実です。
)(4)なお、「私名義で組んであったローン」は、あなたの印鑑証明書を「貸し手」が握っているはずで、なかなか貸付無効の判決は得がたいです。
(5)上記を踏まえた上で、一度早急に(相続放棄は3ヶ月以内で、ご主人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を全部取り寄せる必要もあるので、悠長に構えてはいられません)弁護士さんと相談され、方針を決められると良いと思います。
(6)なお、「限定承認」は、複雑怪奇な手段であり、弁護士に(安くない)報酬を払って財産管理人として手続してもらわないと素人では対処不能です。
(知れたる債権者に通知をし、知れない債権者のために公告をし、借地権付の家を自ら換価のための競売申立をして売却し、その他の遺産も売却するなどして、現金に換え、債権者に公平に弁済しなければなりません。
 これらは、裁判所がやってくれる訳ではなく、弁護士を頼まないとすると、全部自分でするのです。

2007/7/19 14:36:11

他人名義で借金できるの?自分の家に自由に出入りしていた彼氏が多重債務者と知りました。
返済は順調とはいえません。
多額です。
別れたのですが、まさか私の名前でお金借りたりしていないか心配です。

彼氏が貴方の名前で借りることは難しいでしょう。
消費者金融業者の場合、電話で申し込みをして、身分証をFAXすれば借りてる可能性はありますが、男の人が女の名前の身分証をFAXすれば、業者側が本人ではないと考え、融資はしません。
元彼が貴方の身分証を盗み、誰か女の人にお願いして申し込みをすれば借りれるかもしれませんが、協力してる人というのはあまりいないでしょうね。
心配ならJICC(ttp://www.jicc.co.jp/)にあなたの情報を開示してみてください。
(ここに消費者金融業者の借入情報があつまっています)

2010/3/6 18:15:29

連帯保証人。
主たる人の債務を保証して債務者と同じ債務を有する保証人。
村社会の日本独特の制度です。
アメリカでは主たる債務者が死亡又は債務超過で破産した場合や行方不明などの場合債務はチャラになります。
つまりこの制度法律その物が変なのです。
人質制度と私は呼んでいますが皆さんどう思いますか?。
保証料で対応する不動産屋さんが増えていて方や保証するとして多額の料金を取る業者が後を絶ちません。
苦しんでいる方が多いと思いますし弁護士は鼻歌混じりで儲けているのです。
さてどうでしょう。
補足加筆します。
実際借りてない物や金銭の責任をその責任の能力のない人が全部負う事の問題を問うてます。
リースなら保険が掛かっているのが当たり前でこれは良いと思うのです。
どんな不測の事態になってもそう言う体系でなければ自殺等の悲劇はなくなりません。
まぁ。
保証人は仕方がないにしても連帯して全ての責務を負う制度文化の事そのものが問題かと、、。
日本ではモーゲージはなじまないのでしょうかね。

**主たる債務者が死亡又は・・・・・債務超過で破産した場合・・・・・・債務はチャラ・・・・・・** 文化の違う外国の事情です、そのまま日本に適用はできないでしょう。
日本は民法で、原則として貸借は決済させることになっており、当然のことと思います。
債権者の権利を担保するものがなかったら、物の売買とか賃貸借、金の賃貸借などをする人は居なくなるでしょう。
補足:日本でも法的処置が終えても債務があればチャラにはなります、債権者の正当な権利を正当に保護する、民法の基本ではないでしょうか。
余談:リース物件は全てに付保はされていません、残存期間のある付保無しリース物件は違約金が生じます。

2010/7/31 11:15:36

まもなく債務整理になりそうです。
数年前に、住宅ローンを水増しして組みました。
当時は、よくやることだから大丈夫ですよ。
と。
最近、調べたら「ふかす」というようで、買主が裁かれると書いてありました。
仮に自己破産した場合、無理なローンが原因なので、不動産屋も裁かれたりはしないのでしょうか?発覚は銀行からでしょうか。
自己破産してから、ふかしの行為を通報したほうがいいのでしょうか?

住宅ローンの水増しは数年前であっても「よくやること」ではありません。
このケースでは、貴方は主犯。
虚偽の資料によって銀行から多額の融資を引き出した。
ということで詐欺に該当します。
その過程で虚偽の書類を出しているので有印私文書偽造及び行使などにもあたります。
一方不動産屋は「教唆」にしかなりません。
なぜなら、詐欺によって得られたお金は貴方の財布に入っているわけで、ローンの申し込みや契約は貴方が主導して行うものですから、勝手にやったと言われたらあなたの負けです。
結局のところ、あなたが詐欺を行って美味しい思いをしたんですよ。
それを、人のせいにしても仕方ありません。
水増ししてきた場合ですが、銀行が出入り禁止にします。
その際に、業者側が自己判断で解雇などにする場合がありますが、告訴されたりしたケースはありません。
一方、詐欺を行った契約者が告訴され、有罪になるケースはたくさんあります。

2018/2/13 18:58:25

そうなんですね。無知で情けないです。当時は、もちろん水増しとは言われず。取り返しがつきませんね。>

賃貸住宅の契約について私は仕事も決まらないし私名義にされ父が経営して居る店も売り上げが殆ど無く借金だらけです。
それでも、家賃が払えず滞納状態で今月出て行かなければならりません。
生活保護を受けたいのですが父は車を取られる事も生活改善も嫌だとわがままを言って居て埒があきません。
なので私だけ別なところに住み生活保護を受け様と思ってます。
ですが住所が無いと受けられない事は判ってます。
そこで質問です!生活保護を受けるのを前提で賃貸契約して住宅に住んだ方は居ますか?居たら方法を教えてください。
補足仕事は水商売しかした事が無く働いて居た時は僅かな期間ですが賃料に持って行かれ私が使えるのは仕事へ行く交通費、食事代のみです店は名義貸しなだけで一切ノータッチ&店の賃料等も滞納してます健康は腫瘍の手術をしなければならないのに通院出来るお金が無く放置だし、生理も毎月嘔吐、下痢で動けなくなる状態で仕事は休んでます市役所には生活保護の資料を貰いに行ってますが現在は父が世帯主なので私だけは無理と言われました

青森の宅建業者の者です。
現実的に、生活保護を受給する前提で賃貸住宅を借りた方はいらっしゃいます。
方法としては、市役所担当部署に相談しながら進めていくだけの事ですが...あなたは"私名義経営店の売上悪化"・"多額債務"・"現居住地の賃料滞納"と言う状況だけでしょうか?これは生活保護需給には至れないと思われます。
記載文ではあなたに関する情報が足りないので何とも言えませんが...年齢的にもまだお若い方だと見えますが、健康状態的に何か問題はありますか?『とても働けるような身体状態ではない』と言った状態でなければ、働いて何とかしなさいと役所側から言われるだけだと思います。
年金を受給するような年齢でもないのであれば、高度身体障害者であるか、癌等の病を患って臓器を摘出していて体力が極端に無いと言った状態でなければ生活保護需給には至れないと思いますよ。
まずは、あなたが生活保護を受給できるか否かを判明させてからでないと、どこの不動産屋さんも相談には乗ってくれないと思います。
★★★補足を拝見しました★★★健康状態もあまりよくないようですね。
お父様と生計が同じであれば生活保護は受給できませんね。
良くも悪くもヤル気満々のお父様のようですから。
生計を分離しなければなりませんね。
借金もあなたの名義のようですから、自己破産する旨を市役所で相談してみてはいかがでしょうか。
ご友人から賃貸住宅契約に必要な費用を貸していただき、まずは格安のお部屋を借り、お父様と生計を分離すべきですね。
勿論、お部屋を借りる際は不動産屋さんに一部始終を告げるべきです。
文面を見た限り、生計さえ分離できれば生活保護需給要件は備える事が可能だと思います。
ご相談の順序が逆になってしまいますが、こうでもしなければあなたの今後は相当暗くなると思いますよ。

2012/1/4 18:03:02

主人が、多額の負債(保証人)を持って居ますが。
住宅ローンを組みたいと思っています。
もし仮に、主人が自己破産しても自宅に住みつずけることは、大丈夫なのでしょうか?私は、一切(保証人)等にはなって居ません

保証人といってもいろいろあります。
が、一般的に保証人になった場合、その主債務者が返済困難な場合、保証人はその全財産をもって、その返済をしなければなりません。
したがって、当然自宅も財産ですから、最悪の場合は手放さなければならないでしょう。
それくらい、保証人というのは重いものなのですよ、よく理解して、保証人になったのでしょうかね?自己破産というのは文字通り、自己破産です。
全財産を手放す必要がありますので、当然自宅も手放す必要があります。
ただ、ここからは専門的な話ですが、それじゃあまずいだろうという話になっていて、住宅ローン特則というものを用いれば、自宅と住宅ローンだけは除いて自己破産をするっていう裏技があります。
これを使えば、自宅だけは失わずに自己破産は可能ではありますが・・・まずは、保証人から外れることを説得してみるのが一番いいと思いますがね・・・ご参考になればさいわいです

2010/1/18 16:42:40

夫は個人民事再生手続き中です。
土地、建物は二分の一づつの所有ですが、私(妻)の名義に書き換えれますか?自己破産になったら私(妻)名義の二分の一所有についてもとられてしまうのですか?

解説は置いておき、まずは質問にストレートに答えます。
夫が個人再生手続中であっても、共有している不動産の所有権につき、夫の持ち分全てを質問者様(妻)に移転し、単独の所有にすることは可能です。
また、夫が破産手続きの開始を申立て、手続の開始が決定された場合(=破産法改正以前の言い方では破産宣告された場合)でも、そのことのみで妻の不動産の持ち分に影響を与えることはありません(ただし、他の理由で処分を免れ得ないことはあります。
後述します)。
「名義を書き換える」と簡単におっしゃいますが、不動産は高価なものです。
常に代価はどうするのかを念頭に置かなければなりません。
基本的には名義変更は相応の金銭の授受が伴って行われます(=売買)。
金銭の授受無く名義変更の手続をすることもできますが、それは贈与です。
贈与税の対象となり、新たに名義を得た者に支払の義務が生じます。
このあたりを何も考えずに夫から妻に名義変更をし、後から税務署に捕捉されると、多額の贈与税の支払義務が降りかかってきます。
対象の不動産は、住宅ローンを組んでお金を借りて建てたり買ったりしたもので、住宅ローンの銀行の抵当権が設定されていませんでしょうか?共有の不動産の場合、借りている本人だけでなく、共有者の同意を得て、土地建物全てに抵当権を設定されるるとともに、共有者がその土地建物だけに限定した物上(ぶつじょう)保証人になっていることがほとんどです。
ですから、夫が破産手続きを申し立てると、早晩その土地建物を手放さなければなりません。
また、住宅ローンを借りた当時、夫だけでなく、質問者様(妻)の収入も合算して計算し住宅ローンを借り入れていると、質問者様(妻)が連帯債務者になっている可能性もあります。
こうなると夫が支払えないと質問者様(妻)が支払わなければなりません。
いずれも法務局からその土地建物の全部事項証明書(昔風の言い方では土地の登記簿謄本)を取り寄せ、債務者や抵当権についての記載を確認すれば一目瞭然です。

2012/6/25 16:25:58

債務整理って一体全体なんなんですか?誰か教えて下さい。
できたら詳しく・・・。

 『債務整理』とは、多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに、合法的に債務者を再生させるいくつかの方法のことです。
一般に個人消費者の『債務整理』の方法には次の4つがあります。
それぞれの個性をつかみ、適した方法を選択してください。
どうぞ↓www.saimuseiri.net/

2004/10/13 22:55:30

-多額債務者

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験