多額債務者

僕は100万円以上の多額の借金をしています。そして現在どのクレジ...多額債務者

築40年以上の区分マンションが気に入ってしまい、自宅用に購入したいと思っています。
自分は会社経営者で、借り入れ希望額は3500?4000万円程度なのですが、住宅ローンを使うことはできるでしょうか?住宅ローンを利用したいのですが、下記のような点で困っています。
◎自分が会社経営者(オーナー)である◎築古のマンションであるため、地方銀行は利用できない◎返済負担率を減らすために、今ある他の借り入れを全額(1100万円程度)返済予定なのですが、そうすると頭金が5%程度になってしまうある程度、節税対策をしているため所得は600万円(配偶者が別途300万円)です。
ペアローンを組むのもOKだと思っており、審査用の利率4%で計算したところ「頭金5%、返済負担率25%以下」にすることは可能だということがわかりました。
返済負担率はそこまで高くないので「これなら行けるのでは?」と個人的には思っているのですが、不動産会社の担当者様いわく、「銀行の担当者は難色を示している」らしいので、どうしたものかと思っています。
(実際に審査をするのはその担当者ではないのですが、会社経営者であることと、築古であることがネックだと言われているそうです。
)会社の決算は3年連続黒字で、尚且つ毎年増益となっています。
一応500万円ほどの借り入れがありますが、資金には余裕があるため、繰り上げ返済しようと思えばいつでも完済できる状態になっています。
一般論として、こういった状況で住宅ローンは借りられるものでしょうか?また、もし借りられないとしたら、他にどんな方法が考えられますか?物件に長期修繕計画が無いかもしれないようで、フラット35は使えない可能性があるとのことで、現時点で代替案として提示されているのは、スルガ銀行の利率4%程度のローンなのですが正直な所そこまで利率の高い商品は使いたくないと思っております。
補足x613m8emさん、north_shore461さんご回答ありがとうございます。
まずフラット35は、築古物件では難しいと思ったほうが良いとのことで承知いたしました。
万が一ダメだった場合、新築で気に入る物件がないかどうかも検討してみたいと思います。
メインバンクは首都圏のある地銀になるのですが、不動産関連には及び腰なようで、望み薄かと思っていました。
ダメ元で聞いてみます。
スルガ銀行などを使う場合は、「現在ある借り入れを完済せずにそのぶん頭金を増やす」という事を考えていますが、その場合で頭金4割(2800万円程度の借り入れ)くらいになります。
ただ利率4%で5年間借り入れ…となると、利子負担は5年で500万円くらいでしょうか?せっかく物件が割安に変えたとしても、利子負担でそこまで割高になってしまうのは許容しがたいというのが正直なところです。
せめて頭金4割、利率2?2.5%程度で借りられたら…と感じています。
その辺りをメインバンクにも相談してみます。
ありがとうございます。

こんにちは。
一般的な住宅ローンについての説明となりますが、ご存知と思いますが自営業者、個人事業主に対する銀行の融資スタンスは大変シビアです。
これは過少申告等を説明してもあまり変わりません。
自営業の最大のデメリットは「収入の不安定」です。
債務者が怪我や病気等で入院しても収入が保証されていれば別ですが。
そのため住宅ローンを組む場合は保証会社の保証を受けにくいですね。
そのときはプロパー融資を組むことになりますが、銀行もリスクは消したい。
そこで銀行が打つ手は一つしかありません。
それは「担保の保全」です。
万一自営業者がコケても売却して充分な保全ができる必要があります。
その為には、例えば物件価格の半額程度しか融資しません。
この辺は銀行との話し合いで決まりますのでしっかり詰めてください。
話が前後しますが、自営業者の場合は住宅ローンとプロパー融資がありますが、自己資金が少ない場合住宅ローンは保証会社が保証しない可能性が大きいです。
自己資金が少ない場合、プロパー融資も多額融資は見込めません。
でもまあ上記は一般例であって、交渉にてある程度は条件が変わるでしょう。
私の結論ですが、住宅ローンもプロパー融資もダメな場合はスルガで組んではいかがでしょう。
そして5年間は借り換えができませんので5年間しっかり払います。
その間にお金を貯めて、適正な申告をして、5年過ぎて借り換えてはいかがでしょう。
但し5年後に絶対銀行が融資するとは限りませんけど、5年でダメなら7年でも払う。
要はそこまでしてでもそのマンションが欲しいのかどうかでしょうね。
ご健闘を祈ります。

2014/1/17 15:15:56

工場移転に伴う現在建屋の解体費用は営業外費用になりますか?

会社の状況次第であり、詳細が分からないので絶対にこれという正解はありません。
会社の規模、業績、今回解体するする工場の重要性等々により変わってきます。
基本的には、特別損失になるのが一般的です。
特別損益として計上する根拠は臨時かつ巨額が要件です。
通常工場移転という事象は日常的ではなく非日常であり、通常解体は多額になるのが一般的だからです。
金額が僅少であれば、営業外費用でもいいと思います。
この僅少というのは、明確な金額基準があるわけではありません。
質問者様の会社が上場会社や上場会社の子会社等で会計士の監査を受けているような会社であれば話は変わります。
資産除去債務を計上しているのであれば、既に解体費用相当額はオンバランスされているので、金額によっては営業費用として処理されてしまいます。
金額や状況により営業外費用や特別損失とすることもできるので、状況を確認し合理的な方法を選択してください。
会計士の監査が入っているのであれば、状況を整理したうえで相談するのが一番です。

2015/5/19 14:12:32

やっぱり半沢直樹の引当金がわかりませんdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311281192...↑にて2000億程度融資している会社1500社の内無作為に100社を抽出して100億円の引当金の積み増しが必要になると、その15倍の1,500億円の引き当て積み増し要で、一旦納得したのですが、2,000億程度の貸出先が1,500社もあれば、その銀行は大口だけでも300兆円の貸出があることになります。
三菱東京UFJ銀行でも貸出総額約70兆円程度です。
やっぱり、納得できなくなってしまいました。
銀行の会計に詳しい方、お助けを・・・

正しいかどうかを論ずることには無理があるようには思いますが、一応書いてみます。
貸倒引当金は、個別評価貸倒引当金と一括評価貸倒引当金というものがあります。
(税務で意味するものとは異なります。
)個別貸倒引当金は、1件ごとの債務者の状況に応じて引き当てるもので、破綻懸念先、実質破綻先、破綻先に対して計上します。
たとえば、伊勢島ホテル。
無担保の融資があって、実質破綻先ならその金額は個別貸倒引当金を計上します。
でも、これだけで1500億円ということはありえないでしょう。
だって、伊勢島に、無担保で1500億円を貸したことになりますから。
正常な運転資金(無担保)と仮定しても、それほど多額になるはずはありません。
一括評価貸倒引当金は、実績率をというのを算出して、債権額に乗じて計算します。
実績率の説明は割愛しますので、別途お調べください。
伊勢島は正常先と考えられますので、正常先から実質破綻先になることにより、個別貸倒引当金が計上になります。
これにより実績率が上昇し、正常先債権×実積率で計算した金額プラス個別貸倒引当金の総額が、1500億円という計算になります。
たとえば、正常先融資額が50兆円実績率が0.3%上昇したと仮定すると、1500億円になるという机上の計算は成り立つのでは。
個別貸倒引当金もあるから、実積率は0.3%よりも低いはずですが。
実績率がそんなに上昇するというのも無理があるとは思いますので、上記のことなんて関係なしに、具体的な根拠のない設定上の仮説という考え方でもいいのでは。

2013/9/3 07:44:30

法律のことが全く分からないので教えて下さい。
父が10年前に名義貸しをしており、多額な返済を背負うことになってしまいました。
父は年金暮らしで月々の返済をする余裕がなく私が何度か支払いをしてきましたが、それも限界が…。
なので私は自己破産をするべきではないかと親に話しているのですが親は家も全てなくなってしまうは先祖に申し訳ないと言い、自己破産を受け入れてくれません。
自己破産しても所有している家がなくならない方法はないのでしょうか?家の名義を譲渡すると大丈夫という話を聞いたことがありますが、どうなのでしょうか?もし、譲渡できるとしたら いくらくらいかかるのでしょうか?法律に対し無知のため どなたか助言していただけると助かります。

自己破産を前提とした譲渡は、財産隠しで悪質と取られます。
悪質と取られた場合、自己破産はしても債務が残るということにもなりかねません。
諦めが大事です。
なお、お父さんが自己破産をする場合、その債務の保証人はどなたになっていますか?債務は保証人のほうにも催促が行くようになり、保証人も自己破産をしなければならなくなる場合もあります。
そこのところをよく確認してください。
また、自己破産すれば、破産者の財産はすべて債務者で分配されることになります。
破産するにもお父さんのしていた仕事によってある程度お金が必要になることもあります。
まずはお父さんと一緒にお住まいの地域で行われている無料法律相談にお出かけください。

2010/5/31 23:05:27

ペテロの葬列についてペテロの葬列では、犯人から賠償金が後で送られてきますが、この賠償金の所有が争われた場合、各被害者は問題なく所有を主張できるのでしょうか?できるだけ、法的根拠に基づいてご教授お願いできませんか?よろしくお願いいたします。

ドラマが放送途中なので、多額のお金の出所など判断に影響する謎がありますが現状判明している事実と、お金の元々の所有者は犯人であると仮定して考えてました。
不法行為に対しての慰謝料は民法709条に規定があること、それを当事者で契約の内容、方式など自由に決めていいという原則に基づき、有効な法律行為が行われたと判断し、所有権は、被害者にあると思います。
質問の当事者の片方が死亡している状況で誰と所有権を争うのか不明なので、 以下に被害者に所有権はないと判断できるかを検討してみました。
1、犯行中の犯人の口約束に法的効果があるかどうか? 口約束は法律上効果を認められています。
一般には犯行時の犯人は興奮状態であり、また人質も冷静な判断ができない可能性が高いため、意思表示の合致は無かったともとれますが、後に約束どおりの送金があったことから計画にもとづいての発言だった事がわかります、慰謝料の額を人質が希望して了承していた事も踏まえると、瑕疵ある意思表示があると見受けられませんでした。
よって慰謝料の受け渡しの口約束は成立してるものと思われます。
また、犯行後に現実に金銭の受け渡しをし追認行為も完了しているので、心裡留保を理由に無効を主張することもできないと思います。
2、受け取ったお金を警察が没収できるか? 犯罪を手助けするような発言も、行動もしていませんので、犯罪行為の報酬とは言えないので捜査、裁判に利用するため一時的に預けることはあったとしても没収されることはありません。
3、約束した本人以外がした送金を慰謝料債務の履行と判断できるか? 被害者全員に大金が送られてきてる事と、約束の件も考慮して、慰謝料以外の目的のお金だと判断する理由は見つかりません。
民法474条で、債務の弁済は第三者ができると規定しています。
仮に利害関係の無い第三者の弁済でも、通説では債務者の同意があれば可能です。
事前にお金を渡されて住所氏名を知らされているのだから同意があったとみなすのは問題ないでしょう。
不法行為での慰謝料を受け渡しは通常行われる行為でありますが、今回特別な事情といえば、 それを犯行中に口約束をしている、額が高額であること、約束した犯人死亡があげれます。
口約束をする行為と時期については犯行に影響を与えるものではありませんでしたし、私的自治の原則から、法律上問題ある行為は見受けられませんでした。
高額な慰謝料に関しては公序良俗違反の可能性はあるかもしれませんが、本人が自分のお金を双方の意思に基づいて受け渡しする事は契約自由の原則から問題ないと思います。
(いわくつきのお金なら別ですが) 当事者死亡についても、3で説明したとおりです。
ドラマですから、通常考えにくい事実がわかってくるでしょうし結果も変わることがあることはご了承ください。

2014/7/28 19:56:45

こんにちは。
大変な力作ありがとうございました。
ちなみに、公序良俗違反についてお聞きしたいです。
慰謝料を支払う約束をして人質になってもらうという契約は、同様のマネをする輩が発生しないように社会秩序維持の観点から公序良俗違反無効と判断される可能性はありますかね??>

連帯保証人と保証人の違いは?主人の父にアパート建設の為に4000万円の保証人になってくれと頼まれました。
保証人って連帯保証人のことなのでしょうか?ただ保証人とだけ聞いたのですが保証人と連帯保証人の違いは何ですか?父ももうすぐ60歳です。
その年での多額のローンも不安ですがもしも死亡した場合などどうなるのでしょうか?

下の方と重複するかも知れませんが、保証人と連帯保証人の違いです。
保証人は、債務者のかわりにお金を返せと言われた時、先に債務者のほうに催促してくれ(催告の抗弁権)、と主張でき、又債務者にはまだ財産があるから強制執行はそちらからやって欲しい(検索の抗弁権)、と主張できます。
しかし、連帯保証人はこういう主張が出来ません。
例え債務者に財産があっても、督促されればこちらが先に返さなければならないのです。
これは恐ろしい事で、この契約を結んだために苦しんでる方を私は仕事上何人も見て来ています。
資産状況等考えてお決めになられて下さい。
相続ですが、額が決まっていますので保証人、連帯保証人の債務は相続されます。
ですので弁済後も資産があれば相続すればいいですが、そうでなければ相続放棄になるでしょう。
もしくは期限を定めて契約されるのかも知れませんので、伺ってみては如何でしょうか。

2009/2/17 18:41:46

多額な債務がある主人の父が亡くなったときの、相続放棄についてです主人の父は、多額な借金があり、3年前、法律事務所に自己破産の手続きに行きました。
主人の妹夫婦が父を法律事務所に連れて行き、自己破産の手続きをしてくれたのですが、その後、主人と妹がお金のことでもめて、1年前から父とも妹とも音信普通になっています。
主人の母は10年前に病死しています。
〔もめた原因は、母の保険金を使って家を建て、父の手続きに掛かるお金を請求されたからです〕先日、自己破産の免責がおりたのか気になり、裁判所に問い合わせたところ、申し立てはまだされていないとの事でした。
土地、建物の名義が父だったため、管財人を付けなければいけないし、競売にかけて売れなければ、手続きが進まないので時間がかかると、2年前、妹から聞きました。
先日、父の名義だった土地、建物の謄本を取って確認したら、1年前に銀行が担保にしていたので差押えて競売にかけ、売買が成立したようで、現在は父から所有者が変更になっていました。
質問なのですが、なぜ法律事務所に自己破産の手続き頼んでいるのに、3年も過ぎていて父名義の財産も無くなったのに、申し立てがまだなのでしょうか??また現在、父は以前の家に住民票を残したまま、アパートに一人暮らしです。
何処に住んでいるのかわかりませんし、連絡先もわかりません。
〔主人の妹は教えてくれませんでした〕この状態で、父が自己破産の免責が下りないまま、死亡したらかなりの借金があるので、そのときは3ヶ月以内に相続放棄の手続きをしたいのですが、父の死を妹から知らされない場合、どうやって調べればいいのでしょうか??父の戸籍を度々取得して確認するしかないのでしょうか??父の死を知ってから3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすればよい、となってますが、死後1~2年後に知った場合は、今まで知らなかったと、どのように証明すれば良いのでしょうか??今後がとても不安な毎日です。
アドバイス、宜しくお願いします

質問者さんのご説明では、現在のお父様の借金額が不明ですね。
不動産を処分した時に全額完済したという可能性はありませんか?(なんだか妹夫婦の存在が不気味ですね。
なにか事実を隠蔽してなければよいのですが)仮に、現在でもお父様に多額の未払い借金があるとします。
お父様がお亡くなりになり債権者がそのことを知れば、すかさず相続人に請求をするはずですから、質問者さんが想定するようなことは考えにくいです。
(しかし父親の死を兄に教えず葬式に兄を呼ばないのですか?その妹は)また、消費者金融のような銀行以外の貸金業者は、債務者が無資力の場合、意外とあっさり回収をあきらめる場合が多いです。
いやらしいくらいしつこいのは銀行屋です(笑)最後に、この問題についてはご主人におまかせすればよいのでは?と私は思うのですが、なにかご事情があるのでしょうか。

2009/4/22 19:11:36

無断で家を購入した夫と別居したい。
補足をしようとして間違えて削除してしまったので再度質問します。
回答くださった方申し訳ありません。
長文&愚痴です。
交際3年、結婚して半年過ぎで共働きです。
子供はいません。
結婚してすぐ私が病気を患い2ヶ月ほど入院しました。
現在は完治して復職しているのですが、私の入院中に夫が私に一切の相談なく家を購入していました。
退院して連れて行かれて唖然。
立地は最悪で、傾斜のきつい坂の頂上(全長200mくらい)、家のすぐ裏は竹林。
ムカデなどの虫やヘビなどの爬虫類に加え、極めつけには玄関前に狸の群れ?まで出る始末。
今まではお互いの会社の丁度中間くらいの場所だったので自転車で1時間ほどだったのですが、新しい家は夫の会社からは自転車でも10分、私の会社へは2時間かかります。
会社からは月に5000円までしか交通費が出ないためあまり電車は使いたくありません。
その上「毎月20万円の返済だから俺とお前で10万ずつね」と言われて払う羽目になった挙げ句、虫の駆除や庭の管理等一切合切やりません。
夫は月収約30万円、私は約20万円です。
都内ではありませんが、南関東の都市部なのに最寄りの駅まで徒歩30分かかり、近くに駐輪場もありません。
局地的な田舎地帯です。
夫は車で通勤しているのに送ってもくれず、こんな不便極まりないところで暮らして高いお金払わされるくらいなら、会社の近くにアパートでも借りたほうがマシなのでは…とすら思ってしまいます。
こういう理由で別居したいというのは私の我が儘なんでしょうか?補足補足欄ではちょっと書ききれないので、もうひとつ投稿させていただきますので、よろしければそちらも見てください。

拝見しました。
主様の入院中にご主人が家を勝手に購入されたということは、家、土地の名義はご主人ですよね?主様が納得されていないのに、主様のお給料からローンの半額を支払う必要はないと思います。
また、主様が知らないところで住宅ローンを組まれていたのなら、ローン債務はご主人一人にかかってくるものです。
もし、連帯保証人や共同債務者となっている場合は主様にも返済義務がかかってきます。
離婚についてですが、本当に主様が住宅購入について全くご存じなく、退院後連れて行かれてびっくり!というような場合、離婚できるのではないでしょうか?多額の借金は立派な離婚事由になり得ます。
つまり、ご主人が勝手に住宅ローンを組んだ=何千万円もの借金を突然作ってきた、と同じ意味に思えるのですが。
ただ、主様は、離婚ではなく別居と質問されています。
例えば、仕事のある平日は、仕事場の近くの部屋を借りて生活し、週末にはご主人の家に帰るという生活ということでしょうか?それは、ご主人が了承すれば、可能だと思いますし、主様のわがままでもなんでもないと思いますよ。
当然の主張だと思います。
ただ、主様のご主人のようなタイプの男性は、別居は受け入れないのではないでしょうか?どこまでも自分本位で、主様の気持ちをわかってくれるかどうか、疑問です。
でも、話してみないことにはわかりませんので、ご主人ととことん話し合われたらいかがでしょうか?それでも話し合いにならないようなら、弁護士に相談することをお勧めします。
?もう一つの投稿を拝見しました?連帯保証人については、ご存じなかったのですね?知らないうちに署名欄に、主様のお名前が記入されており、押印されていたのですね?契約書に押印となると、その印鑑は、実印ですよね。
ご主人が勝手に持ち出したということは考えられませんか?どちらにせよ、主様自身が署名・押印していないなら、連帯保証人を設定した銀行に確認しましょう。
もちろん、契約書のコピーは必ず取っておいてください。
銀行では、どのような経緯で契約を結んだのか、連帯保証人欄の記載は誰が行ったのか、本人が署名していないのにどうして契約したのかを質問してみましょう。
もし、これらのことを一人で行うことが不安なら、弁護士にすべてを相談し、一緒に銀行に行ってもらうことが出来ます。
弁護士に相談に行く際には、①夫が住宅購入をした日付がわかるもの。
(自分自身は入院中で何も知らされていなかったことを証明する必要あり)②契約書の写し。
(自分自身が署名・押印したものでないことを確認するためと、契約内容の確認のため)③不動産登記簿謄本。
(法律事務所でも取得してくれますが、話がスムーズになるため、なるべく持っていった方がよい。
不動産の名義がどのようになっているのか確認するため)とにかく、今すぐに銀行に上記のことを確認し、連帯保証人から外してもらう必要があります。
その手続きをしていなければ、追認といって、連帯保証人になることを承諾したものと見なされる恐れがあります。
その手続きがうまくいけば、主様が連帯保証人の責任はなくなると思います。
銀行は、口がうまいので、丸め込まれる可能性がありますので、弁護士に相談してください。

2012/7/30 21:12:02

経済について質問です。
世の中に出回るお札の量が増えると、インフレが起きる。
現在国は多額の借金を抱えている=国債を発行しまくっている。
国債を発行する=日銀がお札を印刷する。
ということは世の中に出回るお札の量は増え続けていて、昔よりもものの値段がめっちゃ上がってるんですか??

まず、この手の話の大前提として「日本政府に債務はあるが、国にはない」ということを覚えておいてください(今回の話とはズレますが、とても大切なことです)経済主体でいえば国=政府+民間です。
国=政府ではありません。
国の借金とは他国から借りたものであり、日本のように日本政府が日本国内から借りているものは国の借金とは呼びません。
夫が妻から借りている金を「家の借金」とは呼ばないのと同じです2点ありますが、まずは国債発行=日銀の増刷、ではありません。
日銀が増刷するのは金融緩和するときで、この場合市場から国債を引き受けるために金を刷ります(輪転機を回すわけではなくデータをいじるだけです)しかし日銀が金融緩和をしない場合、国債は単純に民間の銀行が買うだけです。
ここで動くのは預金者の預金、つまりすでにこの世に存在していた金ですから全体の金の総量は増えませんもう一点、世の中に出回るお金、というのは市場をめぐっているお金、のことです。
金の総量を表しているのではありませんどいうことかといえば「金を刷っただけでインフレになるわけではない」ということです。
その金が市場に出回ってはじめてインフレが発生する条件の「片方」を満たしますインフレというのは仕組みは簡単です。
全体の供給より需要がオーバーすればモノ不足となり、値上がりがはじまります。
これがインフレです増刷によるインフレというのは、その金が市場に流れ民間の可処分所得を増やし、みんなが余分に金を使う=需要が増える、ことによって発生します。
増刷が直接的にインフレを生む、というのは間違いで、ワンクッションはさまりますたとえば増刷した金が企業の手元にきたとして、それを給与アップという形で社員に還元したなら可処分所得増となり市場に流れてインフレになることが予想されます。
しかしたとえば企業がケチって内部留保に走り、投資も給与アップもしなかったら?その金は市場に流れず金庫にしまいこまれるだけで、これでは需要が増えませんからインフレもしません日本の場合、金融緩和で増えた金はまず市中銀行の懐に入ります。
しかしこれが市場に流れていくには、企業が銀行から借りてくれないとどうしよつもありません。
しかし現実は企業は借りるどころかむしろ貸してくる始末で、増やした金は市場に流れていきません。
これではインフレしませんよまた、需要の増加はあくまでインフレの片方の条件にすぎません。
インフレは「需要が供給を超えることで品不足となり値上がりする」なので、供給を越えない限りはインフレとはなりません日本のように供給インフラが過度に発達した国だと、多くのものは圧倒的な供給過剰の状態にあります。
コンビニの廃棄弁当がどれくらいあるかを見ればよくわかると思います。
たとえば1日5個作る弁当が3個売れてるとして、需要が増えて5個売れるようになってもまだインフレはしませんしかも日本の場合生産余力を残して、減産してこんなものです。
工場をフル稼働させれば8個作れるのであれば、8個以上売れるまでまともに値上がりなんかしないわけです。
現状はそれだけ需要がない、足りてないってことを示してますハイパーインフレになる!とか言ってる人はここのところが全く理解できてなくて、インフレってのは市場の需給バランスで必然的に発生するものなのです。
モノが余ってるのに値上がりなんかするわけないでしょ?あなたがコンビニの人だとして、増刷のニュースを聞いたからって廃棄の出るような弁当の値段を吊り上げますか?どう考えても余計に売れなくなるだけだから、そんなことしないでしょ?でも値上がり=インフレです、値上がりしないってことはインフレしないってことです。
ハイパーインフレは空爆などで供給が壊滅的に足りなくなるから発生するもので、モノ余りで発生した例はありません土地や貴金属は供給が増やせないものなので、簡単に需要オーバーとなり値上がりします。
金があるからってコンビニ弁当を10個も20個も買わないでしょ?そのお金は際限なく値上がりを受け止められるこれらの現物資産に集中投資されます。
それがバブルです

2017/3/2 00:20:03

すごい分かりやすかったです!3つ質問なんですが、①国債を発行して得た政府が得たお金は、どのように使われるのですか?②なぜ借金を増やしてまで国債を発行するのですか?(企業に渡しても内部留保するなら、ほっとけばいいのでは?)③「輪転機を回すわけではなくデータをいじる」とはどういうことですか?>

僕は100万円以上の多額の借金をしています。
そして現在どのクレジットカードも作れない状態なのですが、それでもお金を借りる方法があると聞きました。
どうやら国の金融機関ならブラックでも貸してくれるそうなのですが、それは一体?どうすれば借りれるのでしょう?

ないよ国?目的は?然るべき理由があってならイロイロあるけど多重債務者の生活費に金貸すような窓口はないねそういう時は債務整理をすすめられて終わるよ

2011/8/7 17:26:34

-多額債務者

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験