多額債務者

似たような質問すみません。多額の借金がある彼氏の父親が亡くなった...多額債務者

平成28年10月に2年契約で賃借契約をした店舗が平成29年1月に競売になりました。
新オーナーの意向は、リフォームして賃料を値上げして再契約をするか、現在の家賃を支払いながら6か月後に退去するか、即退去するかの3択と言われました。
当方の希望は、旧契約満了まで現在の賃料を払い、更新時に再契約を検討したいのですが折り合いません。
今回の対処を教えてもらいたいのですが①即退去の場合、元の契約がまだ約1年半残っているのに無条件で退去しなければいけないですか?賃借人の権利は保護されないのでしょうか②即退去の場合、開業準備で投資した設備、内装リフォーム費用が回収できず損失となりますが、引っ越し代の名目で請求できますか?③6か月後に退去する場合、新オーナーと賃借契約がないのに元契約の家賃を払わないといけませんか?④平成28年10月の賃借契約の段階で旧オーナーは競売になるのを予測(予知)していた可能性があります。
というのは28年7月に裁判所の執行官が評価人同行で債権者と面談、調査、写真撮影をしているからです。
その場合、半分詐欺のようなものなので投資額の損害賠償請求をしたいと思います。
それほど多額の損害ではないので簡易か少額簡易裁判になると思いますが勝算はあるでしょうか?近々に新オーナー代理人(不動産屋)と2回目の折衝を予定しています。
ご指導よろしくお願いします。

こういうものの権利関係は、どちらが勝っているかということだけです。
1は、賃借人の権利よりも抵当権者の権利の方が勝っている(前に契約している)ので、法的に保護されるのは抵当権に基づき競売で落札した買受人側です。
2は、新オーナーに対して買い取り請求権はありません。
建物に固定したビルトイン設備は建物の一部としてオーナーに所有権があると判断される可能性があります。
固定されていない動産はあなたの所有物なので退去の際は自分の費用で撤去するよう求められます。
3は、半年間の猶予中に支払うのは他人の家を占有していることで払う家賃相当の損害賠償金です。
家賃ではないので賃貸契約はせずとも新オーナーは請求する権利があります。
払わないなら半年の猶予は取り消されてしまい即刻明渡命令がでます。
4は、いくら請求権があろうと、「ローンは払えないけれど賠償金なら払える債務者」というのは矛盾していますから無駄な考えです。
不動産屋が媒介しているのなら重説義務を怠ったとして賠償義務を負いますが、そのような事情なら契約時点ですでに競売差押登記がされていますから、そんな物件を不動産屋が扱うはずがありませんので、直接契約だったのでしょう?「近々に新オーナー代理人(不動産屋)と2回目の折衝を予定しています。
ご指導よろしくお願いします。
」は、前の契約期間くらいまで同額家賃で借りていたいなどという交渉は難しいと思います。
私も競売に個人で参加していますが、そういう希望には一切耳を貸さないようにしています。
少しでも妥協すると、ずっと居座ることが許されたという誤ったシグナルが届いてしまい、あとがやっかいになりますし、その間に、明渡命令に基づいて簡単にできる強制執行期間を過ぎてしまいます。
「違法に居座る趣旨」と誤解されたら強制執行を覚悟され交渉を打ち切られます。
ですから相手も相談に乗れるような条件を出すといいのではないでしょうか。
半年の猶予を放棄してすぐに退去する代わりに、引っ越し代を出してほしいという交換条件で交渉をするなら、相手も相談に乗れる余地はあると思います。
強制執行はそれなりに無駄な費用がかかりますので、早めの自主退去は願ってもないことで、その半分くらいの退去費用なら、出しても良いと考えるはずです。

2017/3/24 16:07:34

離婚調停にて多額の慰謝料を要求されそうなのですが。これは成立してしまうのでしょうか?他の状況は前の質問の状態です。

断固拒否すれば調停成立はしません。
調停不調とし審判へ移行されます。
法的根拠のある証拠等が認められれば幾らかの慰謝料支払い命令が降りる可能性もありますが、金額については債務者の資力次第になりますので要求通りの金額の支払い命令が降りる事はほとんどありません。

2009/10/29 17:55:26

債務整理相談です。
司法書士への債務整理の相談について。
債務整理について司法書士さんに相談しようと思っています。
私は社会人になってから借金を300万作ってしまいました。
毎回借金の返済に給料の半分が飛んでいる状態です。
正直生活も限界に来ている中、仕事も社内の人間関係がうまくいかず、先日仕事を辞めてしまいました。
現状は親の仕送りと、まだ借金の枠があった為、借りては返しての繰り返しです。
仕事は今面接に行っている最中ですが、前職、前々職ともに1年で辞めてしまっているのでなかなかきまりません。
もう限界まで来て、友人に相談したところ、債務整理の話を教えてもらいました。
自己破産や任意整理の話を教えて貰ったのですがよく分かりません。
私みたいな場合は、債務整理がそもそもできるのでしょうか?あと弁護士さんと司法書士さんに相談するのはなにが違うのでしょうか?

私も借金を2年で250万作り、債務整理相談をしたことがあります。
私の場合は返済を始めはしていたのですが、だんだんと返済が遅れてしまい、毎日取り立ての電話が来るようになりました。
そこで、知り合いに債務整理をした司法書士さんを紹介して頂き、相談しました。
ホームページ載せておきます。
www.saimu-saimu.com/ その司法書士さんは数多くの債務整理相談を受けており、何よりも先生の事務所で働いている事務員さんも、私のように多重債務があり債務整理経験がある人なので私を馬鹿にすることもなく逆に気持ちを理解してくれました。
その先生から、まず私の場合は過払い金の返還はまず厳しいという点、支払いが滞ってしまっている点、また年収の問題で、自己破産を選ぶことになりました。
それと私が借りていた某金融会社の場合は、任意整理の場合全額返金をしなければいけない会社で、任意整理に応じないところというのもあり自己破産を選択しました。
「任意整理」とは、裁判所を通さずに先生が債権者に和解交渉を行う手続きのことです。
本来、利息の率は法律で上限が決められています。
しかし、多くの金融会社は法律で定められた利率より高く設定している会社がほとんどで高く設定しているということは、当然法的には支払わなくてもよかった額を利息として支払っているということになりますので、正当な利率であれば現在の残高はいくらになるのか計算をし直して先生が代理人となって和解交渉を行うことが、任意整理というものです。
但し、将来にわたり一定額の支払いをしなければなりませんので、定期的かつ安定的な収入のある方でなくてはなりません「自己破産」は高価な財産は手続きの中で処分し、法律にのっとって借金を0円にしてもらう手続きです。
裁判所を通して行われますが司法書士さんの場合と弁護士さんの場合の違いは裁判所に直接話が出来るか出来ないかの違いです。
弁護士さんは直接話は出来ますが司法書士さんは資料作成などの手続きをしてもらえますが直接裁判所に行かなくてはなりません。
ただその分、費用は弁護士さんは高いので私は司法書士さんに相談することをオススメします。
ただ自己破産をするにあたって出来ない場合もあります。
それは免責が下りない場合で免責が下りない例として、・借金の原因がギャンブルや過度な浪費・返済できない事がわかってて多額の借金をした・裁判所で借金の理由を聞かれて嘘をついたなどがあります。
その他、状況によって免責を受けられるかは変わってきますので、先生に一度相談されてみてはいかがでしょうか?私が相談した先生は債務整理相談に特化してやっている先生ですので、もしよければ一度サイトをみてご興味があったら相談してみて下さい。
きっといい答えが導けると思いますよ。

2011/6/22 13:09:19

ある人に多額のお金を貸していますが、わずかずつしか返済してくれませんこの先 完済してくれるとは思えませんその人の土地には、抵当権がうたれていますその土地に借地権を設定する事はできますか?借地権を設定した場合 こちらに得はありますか?その他 回収する方法 又は対抗策があればお願いします

順位の劣る抵当権なら設定できます。
また、通常はめったにないのですが、抵当権者の合意で抵当権順位の変更登記もできます。
借地権の設定も、土地所有者の合意があればできますが、抵当権に劣れば抵当権実行の際に抹消されます。
抵当権に唯一対抗できるのが留置権ですので、何らかの債務名義作って、土地に対して留置できる名目を考えてはいかがでしょうか? ただ、この場合、土地の造成費等直接土地に関する債権債務関係でないと行けないのですが。

2017/4/28 16:32:23

回答ありがとうございます。弁護士に相談し その旨伝えてみます。>

子供の浪費やギャンブルによる借金を肩代わりされた方に質問です。
それは何故ですか?肩代わりすることで、痛みを知らないまま改心出来ず、また同じ事を繰り返してしまう不安より、借金で首がまわらない子供の現状をただ救いたかったのですか?その後、改心されましたか?

子供が、犯した過ちを正しい方向へと導いてあげるのは親として当然の事なので、ギャンブルや遊びで作った借金などの肩代わりは仕方がない事なのかも知れないですねただ…肩代わりする前にどんな形でもいいので、その貸したお金を少しづつでも親に返す約束(躾)をする事が、とても大切だと思います。
借りた物は、必ず返す!これが、人間としての最低限の道徳心ですそして、働いて1万円を稼ぐのが、どれほど大変な事かまずは、その事を分かってもらった方がいいですね世間知らずの子供が、ギャンブルで、簡単にお金を稼ぎ増やすとか(現実的に無理な行為です)安易な考えを持ってしまうとつい感情に身を任せてギャンブルに依存してしまうかと思います気がつけば、投資した金額を取り戻す為に借金をしてしまうのは、典型的な若者の過ちだと思います出来れば未然に防げれば、一番いいかと思いますが子供は、必ず親の目を盗んで悪い事をしてしまうものです今の時代、若い年齢で仕事をしていれば、消費者金融で簡単にお金を貸してくれるかと思います(パソコン・携帯から簡単に契約から振込み手続きが出来ます)しかし…簡単にお金を貸してくれると言う事はその時点で金銭感覚が麻痺してしまうものです。
これが、多額の借金への落とし穴となりますまして、その借りたお金でギャンブルをしたら・・・多重債務者へとなり最悪の場合は、自己破産と言うケースになります極論を言えば、一度、人生の底を見せてあげるのも一つのやり方(教育)かも知れませんがそれだと、精神的な負担が大きいので精神が弱い子供の場合、最悪、自殺と言うケースもあるのでそれだけは、避けたいですね子供への教育方針や躾の仕方は、その親によりいろいろあるかと思いますがまずは、未然に防ぐ為にも日頃から出来る限り子供と会話をする事が、何よりも大切ですね(無関心で放置は、けして駄目です)どんな会話でも構わないので子供の心の声(メッセージ)を聞く事が、大切だと思います古い考えかも知れませんがとにかく一生懸命働いて、苦労して汗を流してお金を稼ぐ!子供にお金の大切を教えるならこれ以外には、無いかと私は思いますよ~

2017/6/13 23:16:21

子供が、犯した過ちを
正しい方向へと導いてあげるのは
親として当然の事↑分かります。正しい方向へ導く=肩代わり↑わかりません。少しずつ親に返す…少しずつ?私は子供を雁字搦めにするつもりはありませんが、働いて働いて少しでも早く完済できるよう少し無理させたいです。少しずつゆっくりでは、本人何が苦しいのでしょう?少々苦しい思いをさせないと、自分が犯した失敗がその程度のものになりませんか?借りたものは必ず返す!当然です。最悪の場合、自己破産?最悪でも何でもない気がします。当分の間お金を借りられなくなるだけです。最悪とは、同じ過ちを繰り返し誰にも相手にされなくなることしゃないでしょうか。精神的負担、当然のことです。負けないように励まし見守り続ける事が絶対条件ですが。それで、肩代わりされて子供さんは改心されましたか?>

私の主人は、一年前に知り合いの保証人になった為に民事再生をし、借金を背負いました。
以前元会社の先輩にお金を貸したのですが、その人が今度、民事再生をすることになり、詳しい返済は司法書士に聞いてくれと白を切る一方です。
貸したお金は多額で、司法書士にも相談したのですが、また本人と話して連絡しますと言い、連絡がないままです。
まだ民事再生の手続きは完了してないそうです。
お金が戻って来る方法はありませんか?子供が生まれたばかりだし、借金はあるし、困っています。
助けて下さい。

非合法なやり方ならありますが、合法な手段では難しいと思います。
裁判で勝訴しても債務者に支払う能力がなければ一円も入ってきません。
(無い袖は振れない)ということです。
現実はそのようなことが多いです。
非合法な手段はここで述べることができないので、自分で調べてください。

2010/1/21 02:28:16

大学2年生の女ですニュースを見て悲しい気持ちでいっぱいです(´;ω;`)(´;ω;`)大学入学して以来、経済の講義を受けるたびに、SONY、SHARPや東芝(今特に話題ですよね)などの業績がどんどん悪くなっているのだ、ということを痛感させられ、毎回毎回悲しい気持ちになります私が小学校のころ(2000年代初頭)は社会の授業で「素晴らしい日本の技術!」「世界に名を誇る大企業ばかり」「白物家電はやっぱりMade in Japan」と教えられ、社会科見学でソニーの工場にも行きました。
しかし今日の大学生、一人暮らしの友達の白物家電は中韓国の聞いたことのない名前の企業のものばかり。
スマホもSAMSUNGユーザーが多く、日本はアジア各国にどんどん抜かれていっているのだな、と日々の暮らしからも感じます私が大人になっていくにつれ、日本の各企業は苦しい時代を迎えてしまいました。
地元が長崎なのですが、戦前から長崎の経済を支えてきた三菱重工も造船事業の規模を縮小する、と昨年発表され、あの長崎造船所も終わりか…と思うと涙が出そうです今から日本は極度の高齢化社会を迎え、私たちは親の世代を支えなければなりません。
高度経済成長期、日本を大きくしてくれた沢山の人々のおかげで今日の私たちの世代はいます。
しかし現実では私たちの世代は高齢者のみなさんの生活を支えることは不可能、恩返しはできないのではないかと思います。
どうしてこんなに日本は弱くなってしまったのでしょうか(´;ω;`)(´;ω;`)大学生の私には何ができるでしょうか(´;ω;`)教えてください(´;ω;`)

「祇園精舎の鐘の声・・・・・盛者必衰の理を表す」とはこの世の真理をよく突いてます。
ただ、企業の寿命は10年と言われるほど、このグローバル化・IT化が進んだ世の中で、一概に日本が弱くなったというのは極論かもしれません。
現在の日本において時価総額最大で名実ともにトップ企業なのはトヨタ自動車ですが、戦前までの日本最大企業はカネボウという会社でした(現:花王の子会社)。
カネボウはかつては紡績で栄華を極め、化粧品、食品、薬品、住宅にも事業を展開する超大企業でしたが、時代の波にうまく乗れず、改革を怠り、現在の東芝と同じように粉飾決算を繰り返し多額の債務を抱え、最終的には分離(現:カネカ)・他会社に買収(現:カネボウ化粧品)されました。
東芝、シャープは経営陣の間違った判断によって取り返しがつかないところまで行きましたが、かつて危機を迎えたソニーは幾度となる経営改革によって復活傾向にあります。
また、バブル崩壊による金融危機を迎えた金融機関も、度重なる合併・M&Aによって世界で戦えるメガバンク、メガ損保などの誕生により日本企業は稼ぐ力を見出しました。
要するにどんな会社であろうと、現状に甘え改革を怠ればすぐに無くなる運命ですし、一方で常に変革の意識を持っていれば世界でも通用する企業になれるというわけです。
大学生のあなたができることは、常に現状に満足しないで、新しいことに挑戦し続けることです。
サークル活動に専念するのも良いですが、影で英語を努力したり、ビジネスコンテストに出場したりと色々挑戦すれば自ずと自分にあった会社が見えて来ると思います。

2017/2/17 18:34:28

企業整理に詳しい方教えて下さい 次記の場合廃業できますか 破産ですか? 代表取締役(100%出資の有限会社)が死亡会社は5年前より代表者より多額の借入金が有り 銀行他からの借入金は0 退職した社員に貸付金も有リース契約も4年残っています 会社継承者もいない もし廃業できるのでしたら誰が 何所へどういう手続きをしたらいいのか教えて下さい

代表者とリース会社以外に借入金がないとすれば、すべての資産を処分してリース債務及びなくなった代表者からの借入金返済に充て そのうえで廃業することで十分だと思います。
この場合 株式および貸付金等の相続の問題が絡みますので弁護士の方を交えて、法的な手続きを進められるのが良いと思います。
また決算確定と税務処理がありますので税理士の方もご参加いただくのが良いと思います。
有限会社を廃業するとしての一般的手続きは以下の通りです。
1.社員総会=株主総会にて解散決議、清算人選任決議をします。
→株式の譲渡制限があっても相続時は例外措置と成りますので制限されません=ご親族で相続され株主となります。
2.官報公告の申込、および、債権者へ通知する。
→通常の公告です。
外部の負債がなければ形式的なものです。
3.税務署、県(都)税事務所、市役所に対しては、廃業届を提出します。
→税務署に対しては解散確定決算を行い申告書を提出します。
4.解散時の財産目録等の作成。
→会社の貸借対照表に基づき資産台帳を作成します。
5.解散、及び、清算人=代表者就任の登記を申請する(株主総会決議後2週間以内)。
→法務局に申請します6.精算業務(債権の取り立て、債務の支払、残余財産の分配等7.精算結了社員総会=株主総会を開催し、株主に対する配当を決めて精算社員総会議事録を作成し、法務局で手続きします。
清算確定決算を行い申告書を提出することになります。
8.清算結了登記の申請(解散決議から2ヶ月以上経過していること)→法務局で、閉鎖事項全部証明書を3通もらいます。
9.税務署、県税事務所、市役所に精算の届出をします。
→解散確定では、通常の決算と同様の処理をするので利益がでていれば税金を納めることになります。
次に清算確定では残っている資産・負債を清算していく作業が必要となります。
この場合、資産-負債で財産が残った場合に税金が課税されることになります。
費用的には、必ずかかる費用として、以下の通りです。
①解散、清算人就任登記の登録免許税39,000円②官報掲載料として、30,000円前後(行数によって異なります)③清算結了登記の登録免許税2,000円

2010/10/26 20:19:28

民事再生開始とはどういう意味ですか?分かりやすくご説明お願いします

法人の民事再生手続きもありますが、おそらく知りたいのは個人再生手続のことだと思いますので、この説明をします。
個人再生手続とは、債務(借入金等)が多額になり、全額の返済が困難な状況にある債務者が、給与等の安定した収入によって債務の一部を分割して返済する計画をたて(原則3年間)、その後いくつかの手続を経てその計画が裁判所により認められれば、計画通りの返済をすることにより、残りの債務が免除される手続です。
個人再生手続をとることにより、サラ金業者・信販業者等の債権者への返済が減額されます(多くの場合は5分の1程度。
最低100万円)。
また、持ち家があり、住宅ローンを支払っている場合は、手続きにおいて再生計画をたてる際に住宅に関する特則を付けることができれば、他の債権者とは切り離して金融機関にこれまでどおりのローンを支払いうことにより持ち家を所有し続けることができます。
個人再生手続きの開始を裁判所に申立て、内容を審査のうえ、手続きを始めましょうということになると、裁判所は手続きの開始を決定します。
ご質問の「民事再生開始」は、このことを指しているのでしょう。

2015/8/20 09:41:41

似たような質問すみません。
多額の借金がある彼氏の父親が亡くなった場合、相続拒否みたいなのをしたら払わなくて済むのでしょうか?あと、例外としてヤミ金みたいなところなどは相続拒否などはムリですか?張本人の父親が他界しても保証人(母親)になってたら払わないといけないのでしょうか?もし保証人(母親)が払える能力がないなら息子が払わなくてはいけないのでしょうか?また父親しか把握してない借金なら誰も知らないままで相続拒否してないとそのまま受け継いでしまうのですか?つまり借りてた張本人が他界してもその家族が借金を受け継いでしまい(保証人であるとか家族であるとかで)チャラにはなることは難しいですか?

「多額の借金がある彼氏の父親が亡くなった場合、相続拒否みたいなのをしたら払わなくて済むのでしょうか?」⇒支払わなくてかまいません。
法律用語では相続放棄と言いますが、相続放棄をすれば借金を相続する必要はありません。
「例外としてヤミ金みたいなところなどは相続拒否などはムリですか?」⇒ヤミ金でも例外はありません。
法律上の弁済義務はありません。
ただしヤミ金が法律を守って取立てを止めてくれるかまではわかりません。
「張本人の父親が他界しても保証人(母親)になってたら払わないといけないのでしょうか?」⇒お母様は主たる債務者としての立場(お金を借りている立場)は相続放棄によって免れますが、これと保証債務とは別の問題です。
よって保証人として債務を弁済する義務を引き続き負います。
「もし保証人(母親)が払える能力がないなら息子が払わなくてはいけないのでしょうか?」⇒お母様の保証人としてしての立場は彼氏さんとは関係ありません。
よって彼氏さんは替わりに弁済する義務はありません。
「また父親しか把握してない借金なら誰も知らないままで相続拒否してないとそのまま受け継いでしまうのですか?」⇒そうです。
以上をまとめると彼氏さんのお父様に万が一のことがあれば、相続放棄をすれば各相続人は借金を弁済する義務を免れますが、お母様は引き続き保証人として借金を弁済する義務を負い続けます。

2012/1/15 17:56:52

-多額債務者

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験