多額債務者

同族会社を2社経営しています。 まず、A社の代表取締役は私本人、筆...多額債務者

不動産について質問です。
婿養子に入り、ローンを組んでマイホームを建てました、離婚して家のローンは嫁側が払ってくれてますが、両方の名義がまだ私のままです、いくらお願いしても、名義変更してもらえません、今付き合ってる彼女とは結婚も考えています、どうすればいいのか、誰か良いアドバイスをお願いします。

してくれ無いのでは無く、出来無いと思われます。
所有者名義は金融機関や保証会社の承認、承諾があれば可能ですが、債務者名義は金融機関の抵当権があるので、簡単には変更できません。
変更するには住宅ローンの完済か、他行で別債務者を立てて借り換えするかしか方法はありません。
また、借り換えで債務者を変更するのは非常に難しく、また、多額の贈与税や譲渡税がかかります。
相手に売却という手もありますが、個人間の売買は金融機関は嫌がりますので、仲介に宅建業者にはいってもらうかですが、手数料をとられます。

2017/3/22 18:51:23

法律のプロの回答を希望します。
多額の債務で自己破産した母が亡くなりました。
相続放棄をすべきか?自己破産=債務消滅それとも自己破産=単なる弁済不要ですか?後者なら時効消滅まで相続人が債務を負うのでは?自己破産時の債権者が相続発生をじっと待っていて、母死亡による相続放棄期限経過後に相続人=私に対して債務履行請求→差し押さえをするのではないかと危惧しております。
自己破産者死亡時に相続放棄が必要か否か専門家の回答をお願いします。

亡くなられたお母様の自己破産の内容によります。
お母様が自己破産によって全て免責を得たのなら、債務はお母様の代で返済の義務は消滅しているので、あなたに弁済の義務は存在しません。
自己破産の場合は特定の事情がない場合には債務は全て免責されるので、あなた様に債務履行請求される事態はほとんどあり得ないと思っていいです。
しかし、念のためお母様の自己破産決定の文書にはきちんと目を通しておいて下さい。

2013/6/16 23:24:02

娘として、両親の事で悩んでいます。
母は父の名義でクレジットカードを作り、買い物やキャッシングを沢山していました。
総額は550万円もありました。
元々母がそのようなことをしていたのが薄々わかったので父にこのクレジットカードは父が作ったものかと聞くと、父は全くクレジットカードを作ったこともなく、持ったこともないとのことでした。
母にどうしてこんなことをしたんだと聞いたら、お金が足りないからと言いましたが、購入した明細記録等は、宝石やバッグ、食器類等個人的な物ばかりです。
母は昔、個人経営で店を20年近くやっていたことがありました。
バブル崩壊後から段々店も傾き初め、仕入れ先へ払うお金や維持費が苦しくなったのか、銀行二件と消費者金融5件と信販系3件など総額2000万円近くあったそうです。
そのうち銀行は二件で150万円は父の名義で借りていました。
それは父も一緒に付いていって母のためにしてあげたと聞きましたが、信販や消費者金融は母名義で借りていて苦しくなったのか、父に相談してきたそうです。
それで店をたたみ家を売り親戚に1100万円借りて返済したそうです。
家はローンも残っていたのでローン返済を入れたら全てお金はなくなりました。
この時、父名義の銀行のローンは残っていたそうです。
そして親戚と銀行は返済をしていく条件で話し合っていたそうですが、親戚には全て返済をしたものの、銀行の方は一円も減っていなかったのです。
25年以上、銀行は減っていないどころか勝手に父名義でクレジットカードを作っていた総額が550万円になっていたのです。
定年になり払うのは困難だと切羽詰まったのか母は勝手に行政司法書士事務所へ相談に言っていました。
勿論、父名義で勝手にしていたものも金額を全く知らない父が名義人になるので、申し込みは父がしなくてはいけませんでした。
破産は父に傷がつきます。
そこで任意整理にしたそうです。
任意整理では銀行は減りませんでした。
一括で二件返済し、銀行一件、カード会社、信販全部で210万?位になりました。
クレジットカードはリボ払いだったところは減らないとのことでした。
それで5年かけて月36300円位返済していくことになりました。
この時、母は一件、言ってくれてないクレジットカードがあったのです。
それが最近発覚したのですが、それは利息がつくので月12900円をリボで払っていました。
何故、それを残していたのか聞くと、最近までETCカードの利用期限があったからと言うことでした。
すると全部で月5万円の支払いになります。
今、父母は家賃が85000円するところへ住んでおり、父は定年後も五年間働かせてもらえるので給料は月23万円、年金よりは全然よいそうです。
それで月5万円の支払いもあり保険や病院、生活をしています。
引っ越しをしたいのですがまとまったお金がありません。
お世話になった行政司法書士事務所へ一件残っていたことを電話で話すと、残りが少ないから報酬25000円払っていただく分を考えても、利息がを考えたらトントンだとゆうことで借金自体はショッピングでリボとなると減らないし、月の返済額を減らせても年数は伸びるだけでといわれ、このまま維持して払う状態になりました。
こんなときに母が老人ホームへ入りたいと言い出し離婚したいといってきたのです。
私は母に来年の6月まで支払いがあるのでしょう?母がしたことなのに母は支払わず逃げるのはズルい。
母は2ヶ月に一度三万少しの年金があります。
そこから一件くらい自分で支払いなさいといったんです。
母は手切れ金慰謝料として支払いは父にしてもらうと言いました。
間にひどい話も入っているのですが、私は父があまりに可哀想で母に我慢がならなくなりました。
クレジットカードを作るとき、母は父名義で自分が書いて作っていると思います。
筆跡で父ではないことや買い物履歴で父じゃないこともわかるはずです。
母に全て支払い義務を移行してはもらえないものでしょうか?母が許せません。

>母は手切れ金慰謝料として支払いは父にしてもらうと言いました。
お母さんは何を考えているんでしょうね?離婚したいと言い出した方がなぜ手切れ金慰謝料をもらえるんですか?あなたの文章を読む限りお父さんに借金関係のことについて間違った行動は全くないように見えますし、離婚するんであればお母さんが手切れ金慰謝料として結構な金額を払う方の立場ですが。
まさか、いまどき「離婚は女にとって傷だから事情はどうあれ慰謝料もらうのは女」とか考えているんでしょうか。
いいんじゃないですか、離婚すれば。
ガッチリ裁判やって、いままでの話を裁判長に全部ぶちまけて多額の債務(お母さんから見て)を確定し「プロ」の方たちに追い込んでいただきましょうよ。
最終的に「命」で「支払う」しかないかも知れませんね・・・知ったことか。

2017/10/1 13:47:08

今、日本の借金が800兆以上あると言います。
そして毎秒増えていると、その借金はどこに対してしているのですか?実際返せない額なのに普通、国家が終ってしまうじゃないですか?おしえていただけませんか。

多額債務者が新たにあちこちから借金しては返済してつないで行く。
このために意図的に低金利を日銀と結託している日本だからこそ出来るワザ。
意図的に低金利にされているものだから預金者は本来受け取れる妥当な利子をも国家にかすめ取られているようなもの。
ですからすでに国民も国家借金の返済に巻き込まれていますよ。
そこに増税だのと圧政で来たらダブル、トリプルで国民はいたぶられることになる。

2008/5/14 15:34:12

住宅ローン審査について。
主人の信用情報に問題がある場合について。
名義を母親にして(50歳会社員勤続年数10年以上ローン無し事故歴なし)、主人が連帯債務者として借りるのも無理でしょうか?母親に問題なくとも主人に事故歴があれば無理でしょうか?年齢的に厳しいですかね。

それで住宅ローン借りれたとして、夫にはその不動産に何の権利も発生しません。
義母から相続も出来ません。
多額の贈与税が発生し、家を失い破綻する見本ケースです。

2017/6/28 14:55:40

債務整理(個人再生)においての保有財産について数年前、仕事・家庭環境へのストレスから自暴自棄になってしまい、酒やギャンブルにおぼれ消費者金融から370万円もの借金をつくってしまいました。
返済は不可能となり、司法書士の先生を頼り、個人再生の手続きを行っているところです。
取り立てが止まってから改心し、地道に家計簿をつけ、自分なりの財務改善計画を作ったりしたおかげで1年ほどで借金370万円から貯金100万円ほどまでに復活しました。
まだ再生委員らの審査中なのでまだ免責にはなっておりません。
この場合(小規模個人再生)において、100万円は没収されてしまうのでしょうか?今後も1か月に10万円近くの貯金はできると思います。
(理由は転職し、大幅に給与が上昇したのと、年金暮らしの父と同居し、父から家賃を貰い始めたからです)借金を作っておきながら厚かましいとは存じますが、再生中に作り上げた財産は守ることができるのでしょうか?また、個人再生が認められない、任意整理にしなさい・・など裁定が下ることはあるのでしょうか?無知な質問ですが、よろしくお願い致します。
30代男、独身、世帯年収730万円、父と二人暮らしです。
自分名義の分譲マンションに暮らしております。

個人再生手続きにおいて、資産処分という概念がありませんので、没収の心配は不要です。
債権者への支払停止後、多額の預貯金が形成されたとしても、そのことで再生手続きが認められないことはありません。
ただし、資産の額は最低弁済額に影響します。
最低弁済額は、負債の一定割合の額と資産の比較によって決まります。
負債370万円の場合、負債100万円~500万円のケースが適用され、100万円か資産のどちらか大きい額が最低弁済額となります。
資産が預貯金の100万円だけならいいのですが、生命保険の解約返戻金計算額や、現時点での退職金計算額の8分の1相当額も資産としてカウントされます。
持ち家の分譲マンションの時価と住宅ローン残高と差額があれば、それも資産です(時価>住宅ローン残高)。
これらを合計し、100万円を超えると、その額が最低弁済額です(Max370万円)。
預貯金の100万円やその他の資産の換金の必要はないけれど、返済額が増えるという構図ですね。
他の質問も併せて拝見しますと、まだ申立てされていない状態とお見受けします。
住宅ローンとは別に毎月10万円の余資があるなら、個人再生手続きに固執せずとも、3年での任意整理も可能です(頭金100万円、270万円÷36ヶ月=7万5000円/月)。
個人再生手続きであれば、依頼する弁護士への報酬が30万円~40万円程度、東京地裁のように個人再生委員がつくとさらに15万円はかかり、かつ時間もかかります。
これらを総合的に勘案できる弁護士に相談するべきです。

2014/1/6 16:24:51

親の借金について70歳近い父親が自営業をしています。
経営が上手くいかず多額の借金があるそうです。
母や娘の私は連帯保証人などにはなっておりません。
困った父で借金について会社についてなど今後の事をあまり話したがりません。
父はこちらが聞くまでは何にも話さず裁判所からの催告書が届き娘の私が借金に気付きました。
母にも何にも相談しないタイプの人です。
私は父と仲が悪いので母になんとか聞いてもらったら多額の借金がある。
返せる額ではないので踏み倒すしかない、会社もこれから倒産になると言っています。
今は20年前くらいに購入したマンションに住んでいます。
まだ1500万くらいローンも残っているので差し押さえても差押えたほうが損をするので差押えられることはないと言っています。
マンションは父が亡くなった場合ローンがチャラになる団体信用保険に入っています。
今後は年金とどこかに雇ってもらい細々と働いてマンションのローンを返しながら生活するつもりだと言っています。
はたして借金は踏み倒すことができるものなんでしょうか?少し調べたら借金の時効は5?10年ですが時効はそう簡単には成立せずなかなか難しいと書いてありました。
父は弁護士に相談しているみたいなのですが、私は父の考えが甘いのではないかと、とても不安です。
私自身も弁護士に相談に行きたいのですが父があまり借金や会社について話したがらず情報不足で困っています。

詳しい話を聞かないとわかりませんが、>差し押さえても差押えたほうが損をするので差押えられることはない↑と言っているということは、所謂「無剰余」になっているということでしょう。
一般論で言えば無剰余化している不動産を売却する必要はないので、住み続けることは法律上・理論上は可能ではあります。
ただし、年齢的な問題や残債などを考えると、事業債務が期限の利益を喪失した場合、「返済能力に疑義有り」との理由で住宅ローンも連動して期限の利益を喪失して、債権者が早期の債権回収に入る可能性を否定できません。
※↑:住宅ローンの約定書の期限の利益喪失事項を要確認また、事業借入と住宅ローンがどの金融機関からの借入なのかにもよる踏み倒しが一般的に可能か?と聞かれたら可能だと答えます。
ただし、弁護士に相談をしているのであれば、通常は弁護士が踏み倒しの方法を教えるということは……99%有り得ません。
弁護士はそのような状態の場合は破産を勧めるはずです。
もしくは勉強熱心な弁護士の場合は第2会社方式再生などを今後の選択肢として提示する可能性はありますが、踏み倒しを教えることはないでしょう。
つまり、弁護士には一般論の相談だけして、踏み倒しに関しては独学でやろうとしている可能性があります。
それはちょっと危険なのでちゃんと知識のある人のアドバイスが必要ですね。
ただし、私が思うのは、奥さん(お母様)も質問者さんも連帯保証人になっていないのであれば、そこまで気にしなくていいんじゃないでしょうか?闇金とか変なところに借りていない限りは、御両名に弊害・支障はほぼないですよ。
もしかしたらマンションに住めなくなる可能性がある程度です。
こういう話をするのはどうかと思いますが、お父様がお亡くなりになった後に、相続放棄をすれば、完全に質問者さんへのデメリットはありません。

2018/6/19 13:02:12

特定遺贈の長所特定遺贈の長所として、「債務は指定がない限り負担する義務はない」と書かれているものを見つけました。
もし、遺贈者に多額の借金がある場合はどうなるのですか?

負債は相続人が相続します。

2015/1/2 06:53:17

相続人にしてみれば、プラスの財産が減るってことですか?>

現在債務整理中です。
主人名義の家が補修工事で多額のお金が必要になりました。
主人は銀行に借入できるのでしょうか15年前主人に内緒で消費者金融に借入してしまい、今年3月までに8社500万近くになりとても返済が苦しくなり債務整理をお願いしました。
先週主人の名義の家のベランダが修理しなければいけない状態になり、100万以上かかるといわれました。
そのため銀行から借り入れしようと言い出しました。
私が債務整理中でも主人は銀行からお金を借りることができるでしょうか?もしできなければ何かよい方法がありましたら教えてください。
とても困っています。

債務整理経験者です。
ご主人が貴方の債務整理の現状を知らないものとして回答させていただきます。
前の方がおっしゃっているように、債務整理の段階で借金の使い道を聞かれたとき、「生活費等」と答えていた場合、おそらくご主人の銀行からの借り入れは難しいでしょう。
そこで質問ですが、「とても困っている」のは、・ご主人が銀行からお金を借りることができるかどうか?なのか、・ご主人に債務整理しているのがバレてしまうからのどちらでしょうか??私も500万近くの借金をしたダラシない人間ですが、過払い請求と任意整理で2年で返済しました。
「返済できっこない」とは到底思いませんが、しかし、完済できたのは、家族の支えがあったからこそです。
1人で借金と戦うのはとても強い心が必要です。
1人だと誘惑に負けそうになるときもありますが、勇気を持って家族に打ち明けたとき、家族が支えになってくれるはずです。
「その勇気が出せない、知られたくない、だから債務整理していることも内緒」では、精神的に借金を膨らませているときとなんら変わらない生活が続くだけじゃないですか?「内緒で借金してしまった」→「内緒で整理してチャラにしよう」では、また同じことを繰り返してしまいますよ。
私が妻に借金の事実を打ち明けたとき、帰って来た答えは「別れ」ではなく、「今まで内緒にされていたことが悔しい。
なんでもっと早く打ち明けてくれなかったの?なんで1人で抱え込んでたの??」でした。
家族にとって、1番悲しいのは「借金をした事実」ではなく、「心底困っている現状を隠される」ことなんじゃないでしょうか。
「悩みを打ち明けてくれない=自分は信用されていない」と思わせてしまうことなんじゃないでしょうか?家族を信じましょう。
そして打ち明けましょう。
そうすれば、この「ご主人の借り入れ問題」が解決するだけでなく、隠し事による後ろめたい毎日からも開放され、人生が開け、明るく楽しい毎日が送れることと思います。

2009/8/5 11:34:11

同族会社を2社経営しています。
まず、A社の代表取締役は私本人、筆頭株主96%は父親です。
そしてB者の代表取締役は私の嫁で、私は取締役で、筆頭株主は私です。
最近、親の過去の負債が原因で親子関係に亀裂8/1付けで完全に会社を分けようということになりました。
しかし、この6月にA社私名義で某信用組合から2800万の融資を受け不動産の購入をしました。
毎月の返済は30万です。
そのA社名義の建物で、B社がデイサービスをA社から月30万の賃貸で経営するという流れで購入しました。
ところが不仲が原因で完全に会社を分けようということになり私達夫婦はB社を経営していくことになりました。
問題はA社私名義で私の個人の保証も含まれた融資契約があるのに、私がA社を社長を退任できるのか問題でした。
私の立場から、個人の保証がある融資契約を残しA社を去るなど有り得ない事でしたが、先日、私の知らない間に父親が社長に就任してました。
まずここで一つ、そのような融資契約があるにも関わらず、勝手に私をA社から出すことは可能なのでしょうか?それを信用金庫が勝手に了承し、父親と物語を描くことなどできるのでしょうか?もし、私の個人保証が残ったままであれば、A社が支払いを止めれば私が払うということになるのですか?私の退任が私の知らない間に父親と信用金庫によって勝手に描かれたのであれば許しがたい行為です。
もし、可能なら訴えを起こしたいのですが可能でしょうか?また、月30万での賃貸契約も、A社とB社が同族で繋がっていたからこそ、財布が一つだったからこそ有り得た話なのですが、契約期間10年過ぎれば融資も完済となり、その間、B社がコツコツ払った家賃により、A社は何の痛みもなく不動産を取得することになるのではないのでしょうか?10年過ぎで、A社(父親)が出て行けと言えばB社の事業は終わるのでは?まして父親に何かあり、A社の株が他の家族や他人に譲渡などされると一体何のための10年だったのか分からなくなるのではと今、ものすごく不安です。
例えば、父親に何かあった場合や10年支払い後の不安を解消する念書など書かせる方法はあるのでしょうか?気がつけばこんな状況になっており、もし最悪のシナリオを父親が描いているとしたら・・・。
ちなみにその物件は私たち夫婦のB社への出資で現在改装中、9/1事業開始予定です。
さらに親子の関係はかなり冷え込んでおり、父親と私が話を落ち着いてする状況は不可能に近いです。
ちなみに父親により15年前に知らぬ間に2500万もの保証協会の借金の債務者にされてしまってます。
正直、親子だからとやられたい放題な状況と、この世は本人がいなくても親の権限で子はどのようにでもされてしまうのでしょうか・・何か良い方法はないでしょうか?補足ちなみに15年前の債務の会社は倒産し、父親は自己破産済です。
母親と兄、伯父と私で合計2億ほどの借金を背負わされて、当の本人は一抜けし、偉そうに暮らしてます。
現在、私の債務分は毎月5000円のみ父親が返済してますが、何の解決にもなってません。
その話をすると耳をふさぎ「今はおさまっているやないか!」とわけのわからん返事です。
家族に借金を背負わせ、自分は少しづつ返している気分になって、悠々暮らしている父親が許せないというのが根本にあります。
それと一人やくざも噛んでおり、今は弁護士が間に入って毎月10万父親が払ってますが、父親に何かあった場合どうなることか分かりません。
会社を完全に分ける一番の意図は、うちの家族にその火の粉が飛んでこないようにするためです。

貴方は父親の会社の雇われ社長だったのですね。
貴方が社長(代表権者という前提で書きます。
)時代に信用組合から借り入れをした2800万円については、A社の借入として成立していますから、貴方が退任されても構いません。
有効です。
こう言った融資関係があったとしても、貴方を解任する事に問題ありません。
基本的にはA社が責任を持って返済して行く事になります。
おかしなことになれば別の問題が生じるかもしれません。
・・・>責任追及B社に信用が無かったから、A社が信用組合から融資を受けたのでしょう?それをB社の賃貸料30万円を そのままA社が返済しているのですから、A社には何のメリットも無いじゃないですか。
ただのトンネル或は身代わりで融資を受けただけの事じゃないですか。
出来る事ならB社が直接融資を受けるべきだったのですよ。
今からでも遅くないと思います。
B社が別の金融機関から残額の融資を受けて、A社に繰り上げで賃料を払いこんで完済すれば良いのですよ。
しかしながら貴方のB社にはその事が出来ないのでしょう?コツコツと10年払い続けた家賃で A社は何の痛みも無く不動産を取得する事になるのですか?そんなオカシナことを言うべきじゃないですよ。
A社には何のメリットも無い賃貸借関係でしょう?仮に10年持ったとしても、10年も経った施設は陳腐な評価しか出来ません。
それを撤去して更地化するには多額の資金が必要です。
10年間手数料も無くツーツーで賃貸する契約なんてことは考えられませんね。
多分脱税で摘発でしょう。
保証協会の債務者の件も同じようなことで、同族会社に見られる節税対策や資金繰りは結果的に変な人間関係になったら終わりを迎えると言う事でしょうかね。
この件に関しては株主、親会社が強いと言う事を見せつけられましたね。
<補足>「親の権限で子供はどのようにでもされてしまうのでしょうか・・、何か良い方法は無いでしょうか?」会社法など勉強して頂きたいですね。
法的には親子の関係など無視されます。
関係があるとすれば、相続等の関係でしょうね。
法人はすべからく資本の論理で動きます。
対策とすれば資金調達して繰り上げ償還することでしょうね。
貴方が債務保証していると言う信用保証協会の件については、A社が責任を持って返済する事になります。
A社が返済できない時は、倒産する時です。
直接的に貴方に影響を及ぼす事は無いでしょう。
保証料を頂く事も出来ないことではないですが・・・・<補足を受けて>「父親に何かあった場合、どうなる事か分かりません、・・・・火の粉が飛んで来ない様にするためです。
」 と云う事ならば、現在のお父さんの資産状況を精密に調査することが先決ですね。
会社は法人ですから、関係する役員(経営者)の責任で処理する事になります。
”もしもの事”が発生して会社を維持できない事になったら、倒産ですね。
経営者は負債に対しても責任を持たなければならないですから、危うい会社で、お母さんやあなた方兄弟が役員に就任しているのであれば、退任すると言うのも一つの方法。
その上で、個人的な親子関係にあっては、個人の財産の相続と言う手続きがあります。
ヨゴレが絡んでいるとした場合、どんな事になってるのか詳細は分かりませんが、もしお父さん個人の資産と負債とを比較して負債が多い様だったら、もしもの事が発生して(お亡くなりになって)から3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄」の手続きをして、お父さんの借り入れに対する責任を回避できます。
但し 資産の相続も出来ませんので、予めご承知置きを!! 出来る事なら上手く話し合いをして、お父さんの資産については早い時期にお子さん方に生前贈与しておいた方がう良さそうですね。

2013/7/31 16:55:09

-多額債務者

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験