多額債務者

弁護士さんや裁判所、検事さん、消費者金融、銀行など、法律に詳しい...多額債務者

【至急・500枚】個人再生・自己破産と離婚について閲覧ありがとうございます。
今回ご質問、ご相談させていただきたいのは、個人再生と自己破産の違い、そして、主たる家計支持者である父の自己破産による母や子への影響、また母が父と離婚した場合と離婚しない場合では影響が変わるのかについてです。
身内の恥で大変恐縮なのですが、私の父が銀行や信金、消費者金融、親戚等の知人から多額の借金を背負い、本人が自己申告した額だけでも総額が2000万円ほどになります。
以前から何度も借金額を過少申告されているので、これ以上の額に膨らんでいる可能性もあります。
また、住宅ローンもまだ1000万円ほど残っています。
住宅ローンについては今まで滞りなく返済していますが、こんなに借金を隠していたとは母も私も全く知らず、こんな大金を返済する能力はないので父に自己破産を勧めています。
しかし、父本人は、「個人再生をすれば家を手放さなくて良い」と言い張り、個人再生をしようとしています。
しかし、ネットで個人再生について調べたところ、父は、個人再生をする人の借金額の相場以上の借金を抱えているように思いました。
また、現在住んでいる住宅ですが、古い郊外の一軒家で、子供も私1人であることから、そうまでしてこの家を保持する理由はないと思います。
更に、父は恐らく家よりも自分の所有する車を手放したくないがために個人再生をしようとしているのではないかと思います。
車に関しては、父とは別に母が自分名義の車を所持しているため、車を手放したところで母や私は生活に困りません。
上述の借金額や住宅、車に関しての情報を鑑みていただくと、私の父は自己破産と個人再生のどちらを申請するべきなのでしょうか。
次に、自己破産等による妻や子への影響についての質問です。
個人再生や自己破産に関しては、申請した本人の財産のみを参照し、その妻や子に関しては関係がないと理解しています。
ここで疑問なのですが、所謂「財産隠し」をすると、自己破産等をしても免責が認められず、ブラックリスト入りして財産も回収されるのに負債は残ると聞きました。
この「財産隠し」とは、どの程度の金額、また、自己破産等の申請よりどのくらい前のものが適用されるのでしょうか。
私本人が現在大学生なのですが、その学費や僅かばかりの貯蓄、生活費等は全て母名義の口座に入っています。
しかし、この母名義の口座は、母の給与だけで構成されているわけではなく、父名義の口座に振り込まれた父の給与から毎月の給料日に一度下ろしたあと預け直されたお金が大半を占めています。
この場合、これらの行為は「財産隠し」となり、母の口座も没収、尚且つ免責も認められないという最悪の事態になってしまうのでしょうか。
最後に、離婚についての質問です。
質問が多くなり大変申し訳ありません。
母は、「私の方が年下であの人には持病があるから、私の方が長生きして生命保険等を貰えるはずだから、このまま何も得をせず離婚をするのは悔しい。
」と主張していますが、私個人は、「これ以上父に振り回されるのは嫌だし、今後生命保険等で得をする可能性があるにしてもそれ以上に損をする可能性の方が高いから一刻も早く離婚して母だけでも他人になった方が良い。
」と考えています。
もし、父と母が離婚をすることになった場合、自己破産等の申請をする前に離婚をするのと、自己破産等の申請をした後に離婚をするのでは、母や子(両親が離婚した場合、私は母方の戸籍に入るか分籍する予定です)への影響は変わるのでしょうか。
例えば、先ほどの今までの母の行動が「財産隠し」に当たるのかどうかなどは離婚によって変わってくるのでしょうか。
質問が大変長く、また多くなり誠に申し訳ございませんが、法律に関して右も左も分からず大変困っております。
皆様のお力添えをいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

個人再生は債務の5分の1+車や退職金、保険の解約返戻金など残す財産分は債務に+になりますからかなりの返済が残る可能性が有ります。
財産隠しについて、お母様や貴方の口座も調査の対象になります、自己破産は残せる財産を厳密に調査します。
保険は解約返戻金が20万円以上あれば解約して破産財団に組み込まれ返済に充てられます。
自己破産前に離婚する場合財産隠しの偽装離婚と見られる可能性が有りますから、破産の後が良いです。
ちょっと考えが甘いですね。

2017/9/30 22:43:46

考えが甘いとのお言葉、大変身に沁みました。
私名義の口座は私自身のアルバイトによる給与振込にしか使われてないため調査されたところで問題はないです。
財産隠しについては、私にも母にも決して財産隠しをしようという意図はなかったのですが、こんなに多額の借金が父に存在していることを知ったのが一昨日のことで(以前の借金は15年前で完済済みと父から説明されていた)、そのため今月の給与まで父の給与振込用口座から母名義の生活費のための口座等に移し替えてしまったのです。「財産隠しをする意図がなかった」ということを証明するのは大変難しいのだろうなとは素人でも容易に想像できますが、母名義の口座も返済に充てられてしまう場合、免責が確定したあとに離婚が成立しても、母や私は生活することができないと思います。
やはり、借金という普通の人間はしない恥ずべきことをした人間と一度でも家族になった者には生きていく価値はないのでしょうか。>

債務整理(実質破産)に入った人が、借金を返さずに直前にに多額の現金を動かした事実を知りました。
裁判で取り戻したいのですが、第三者破産をかけた場合、その動いた金員は債権者全員で分けることはわかっていますが、裁判を起こした者が実質的には優先弁済を受けられるような文言をどこかで見たような気がします。
誰か知っていたら教えてください。
補足実は相手方が任意整理で弁護士を入れて来たので、貸金請求の裁判を起こしているのです。
その債権債務の内容が双方食い違うということで、裁判が長引いています。
相手方は現在資産を持っていないのですが、債務整理に入った直後、私との裁判の直前に多額のお金を動かしたのです。

任意整理なら隠し財産差押えは早い者勝ちです。
破産の場合、管財人が選任されているなら否認権行使の話ですから取り戻しは管財人が行います。
裁判を起こした者というのは何の裁判を想定していますか?第三者で破産申し立てするなら申し立て時点でその隠し財産のことを申述しなくてはいけません。
また、破産になったら優先弁済と言うのは、当該訴訟費用を除いて実際上、特にはありません。
訴訟費用は共益債権の一種として優先的に弁済はしてもらえるでしょうが、そのことですか?補足貸金請求で係争中なら先ずそれに勝訴して債権を確定されることです。
この貸金請求をしたから優先的に弁済が受けられると言うことは残念ながらないと思います。
但し、勝訴して且つ仮執行宣言付の判決が取れれば、それを元にさっさと差し押さえが可能です。
訴訟直前に多額のお金を動かしたと言うことですが、それを否認するのは破産手続き上の管財人でないと難しいと思います。
悪意の立証が可能なだけの証拠はそろえられますか?

2009/11/29 16:35:03

お金に困ってて支援してくれるとのことでAn-gelというサイトを利用しました口座番号を伝えたあとから手続きのために請求されることがありいくらか払いましたが、まだ請求され怖くなって無視していました。
無視して2日後にこんなメールが来ました。
簡易裁判所決定通達書と共に支払催促を発行いたします。
支払催促制度とは民事訴訟法382条で定められたものです。
支払督促を申立てて2週間以内に債務者からの支払いの異議もなければ、30日以内に強制執行(差し押さえ等)の手続きに入らせて頂きます。
債務者が強制執行を止めさせるためには、裁判所に執行停止の申立てをして、保証金を供託した上で、執行停止の決定を得る必要があります。
尚、期日内に債務者からの異議申立てがあった場合には、支払督促事件は通常訴訟に移行します。
このままの状態が続けば会員【●●●●●】の下記損害は免れません。
●遅延損害による多額請求●社会的信用の損失●本籍地、実家、および勤め先への連絡●銀行・クレジットカード会社へのブラックリスト登録●個人資産の差し押さえ●日常生活における経済的困難なお、当窓口は東京第二弁護士会所属、運営会社顧問弁護士に連絡の上、この先裁判となった場合も、ご事情を考慮することなく然るべき法的手段を行使させて頂きますそこには送ってしまった口座番号とフルネームが書かれていました。
どうしたらいいんでしょうか…?

新手の詐欺ではないですか?大体金銭支援してくれるといいながら入金が必要なんておかしいじゃないですか?貴方はお金が必要なのに逆に支払った訳ですよね?で、払えと言われてる。
物を購入した訳でもないのですから詐欺としか思えません。

2014/9/29 11:39:57

私の母が多額の債務により自殺しました。
現在母は発見が早かったため、ICUにおりますが意識は戻っております。
自殺という事で、色々部屋などなにかきっかけになることを探しておりましたら。
クレジット、ローンなど4社ほどで約250万円債務があり、平成26年12月頃あたりから車ローンを差し引いて約3ヶ月あまりで110万ほど使っていたようです。
目立った生活をしていたわけでもなく、電化製品等の高額なものを買っていた訳でもない。
おかしいと思いつつ、再度部屋で手がかりになるようなものをと探しておりましたら、宗教団体に入会していたことがわかりました。
団体は、顕正会です。
実は15年ほど前に母が1度勧誘に訪れ、私は断り、母にもお金がかからないなんてありえないとやめるよう進め、数ヶ月後にはやめたと聞いていたので、すでに脱退していたと思っていたのですが、やめておらず15年ずっと信仰していたようです。
さらに家族(私以外)が数回集まりに参加させられ、書面に名前等を書いた覚えがあると聞きました。
少なからずとも団体にお金を使っていただろうとおもいます。
クレジットの明細に明らかにおかしい部分が多々あるためです。
簡単なものでこちら地区でないガソリンスタンドで同一の日にちに3回給油で使っている。
それも金額がすべて異なり、軽自動車の母の車では一度に給油できない量の請求額である。
調べれば調べるほど怪しい団体であり、私たち家族としては小さい子供いるのでやめてほしいのですが、心の問題でもあり、やめることや心のケアの方法、顕正会脱退者などなんでもいいのでアドバイスなどありましたら教えてほしいです。
お恥ずかしい話、自分の中でもパニック状態です。
今にも紹介者(顕正会)へ殴り込みに行きたい気持ちです。
文面がおかしいですが、何か顕正会について、宗教団体への脱退、脱退するに至るまでに家族はどうするべきかなど、、、なんでもいいですアドバイスお願い致します。
ちなみに、濁しながら母には脱退してほしい旨、今までこのような事態に陥るまで気づいてあげられなかったことへの謝罪や今後は何かあれば家族を頼ってほしいとは伝えてあります。
また、債務については弁護士と相談を行うこととなっております。
よろしくお願い致します。

15年は長いですね・・・その宗教の勧誘はかなりしつこいですし、みんな目が行っちゃってるからなぁ。
宗教にはまる原因が何かあったんでしょうね。
それ探りません?その原因が取り除かれて落ち着けばいいけど。
謝罪では意味がないと思いますよ。
だいたい家族間の問題が原因ってこと多いと思うんですよ。
まぁ借金自体は大した金額じゃないからなんとかなると思うけど。
今後のことを考えると、宗教と手を切る1番の問題を掴んで解消させることが何よりも重要ですよね。
質問文見ると、なんで宗教にはまったのか理由がまったく思い当たらない感じに見えますしね。
体が元気になったら別の趣味を持たせるとか。
登山とか多いですよね。
時間余っている人がはまりやすいと思うんです。
あと友達少ない人。

2015/6/10 11:00:11

ご回答大変ありがとうございます。
ご察しのとおり家族の問題とおもいます。
親の夫婦間の問題(離婚しています)、
私ら子がなかなか実家に訪ねることを
しなかったり、介護もあったりと、母には
肉体的、精神的にも負担があったとおもいます。
ICUで少し話ができる状態で少し話ましたが、
上記だけではないですが、自分の中にためていた
のは確かのように思えるようなことは言っており
ました。
私自身、親の親だから介護等もかってするだろう、
離婚したのがわるい、私だって忙しい等々、子供
となんらかわりない考えで今まで過ごしてきたし、
真剣に考えていなかった、話も聞かなかったと
思い、謝罪という形、遅いかもしれないがこれから
のことを話しました。
頷いているだけであった為、どう思っているとまで
はわかりませんでしたが・・・・
家族であって家族ないような感じではあったとおもいます。>

妻が友人に名義を貸して、消費者金融に多額の借金があることが発覚しました。
裁判所から支払督促がきて発覚したのですが、妻の話によるとまだ数件あるようです。
このことをその友人に問いだ出すと、「弁護士に債務整理を依頼してあるから大丈夫」「支払督促もその過程で送られるものなので心配ない」などと適当なこと言って妻を言いくるめてしまいます。
私はその友人の言っていることは嘘だと思っているので、自分で弁護士に債務整理を依頼しようと妻に言っているのですが、妻は親友なので信じると私の言うことは一切聞かず、話になりません。
実際に本人以外からの依頼で弁護士が動くことがあるのでしょうか?弁護士が間に入っているのに本人に裁判所から支払督促などが届くことがあるのでしょうか?妻の目を覚まさせるためにも心強い回答お願いします。

まずは認識を改めなくてはいけないのは、名義を貸したと言うのは間違えです。
正しくは奥さんがお金を借りてそのお金を友人に貸している状態です。
ですのでその友達が弁護士を使って債務整理をしているのは本当だとしても奥様の借金には全く関係ないです。
裁判所から支払い催促が来ている状況だと早急に弁護士に相談する事を強くお勧めします。
友達からお金が返ってくる可能性もかなり低いと思いますので場合によっては民事だけではなく刑事での対応も視野に入れた方がいいかもしれません。

2011/8/19 14:21:02

強制執行を実行する予定をしています。
預金・動産のどちらかを考えていますが、どちらにせよ空振りするとは思っています。
金額はたいしたことないのですが、被告は支払いに一切応じず、裁判すら欠席する始末でした。
弁護士・警察等に相談、協力の依頼をしましたが、弁護士は、こんな金額ではやってられない! と、一人でやれ!と言われ、警察は、個人情報の一点張りで、被告等の情報は教えられない。
と・・・裁判所・警察・弁護士(法テラス含む)は、何のためにあるのか分からなくなります。
私(原告)としては、被告に対して金銭が戻る見込みがなければ、精神的なダメージを与えたいと考えています。
こうなると動産執行の方が精神的なダメージを与えられるでしょうか。
もっと良い方法があればご教授願います。
補足皆様、ご回答ありがとうございます。
少額訴訟ですので内容等の詳細は書けませんが、区民事務所から裁判所・執行官とも分からない事は一人でやっていますので、相手は嫌になるでしょうが何でも確認して聞きまくっています。
被告の住民票も今の段階では取得できないようで、近々裁判所に行ってどちらかに申請する予定でいます。
被告の逃げ得は許し難いもであり、知り合いの議員にも相談したりしていますが、法改正とか難しいようです。
今はできる限りのことをやる予定です。

裁判での判決「仮執行宣言」での強制執行ですね!私は複数回に強制執行を断行していますが、弁護士は強制執行は素人で無知ですから、金額が多額でも債権の回収には関与(受任)しません。
もし、弁護士に依頼しましても請求書の作成と内容証明郵便の作成で送付するだけです。
それでは相手債務者が支払わないのは裁判の経過(被告の欠席での判決)で明白ですし、弁護士の能力を考えますと受任しないのは当然でしょう。
・・・金目当てで請け負う弁護士もいますが。
さて、質問者さんの債権の回収ですが、1、裁判所にて判決文を持参して「執行文(無料)」を取得する。
2、裁判所執行官に「どのような強制執行を断行するのか」を打ち合わせする。
・・・銀行口座か?動産か?*銀行の口座を差し押さえする場合は相手の支店名・口座番号を知る事が必要です。
*動産を差し押さえする場合は債務者の生活(自動車・ゴルフ・PC・家族構成等)を知る必要が有ります。
3、執行文・判決文を持参して債務者の「戸籍の附表か住民票を市役所にて取得する。
・・・拒まれても裁判所の指示ですと言う。
4、相手が借家の場合(多くの場合は借家)は家主に自宅動産の差し押さえと家賃の差し押さえを断行する事を伝えて、鍵の提供を要求する。
・・・強制執行で鍵の破損も有る事を伝える。
ここまでを債権者(質問者さん)が自身でする必要があります。
*だれの債権ですか?裁判所・弁護士・警察を頼る考えが間違いで考え方が甘いです。
・・・債権回収は質問者さんの問題です。
金額的には銀行口座への執行費用の方が安い(1万円前後)ですが、相手債務者への精神的負担は動産執行(一人暮らしで3万円~の予納金)の方がダメージが大きいでしょう。
執行官は大声で「裁判所からの執行です」と周辺に聞こえる様に言いますし、家主へ知れます。
・・・住めなくなる。
まずは、裁判所へ執行文『債権者の魔法アイテム』を申請して取得しましょう。
画像:執行文・・・なぜか私は複数枚数を取得しています。

2017/9/1 09:45:09

詳細ありがとうございます。
見えない部分が分かって良かったです。
住民票も無理矢理取得するようにします。
以前、区民事務所に連絡した時は渋っていましたが、裁判所の書類があれば・・・ の話がありましたので、書類を持って取得しようと思います。
警察にも逃げられたらどうするんですか? と、問い詰めたことがありますので、確実的な事をする予定です。>

連帯保証で多額の債務を被ってしまい、今後自己破産をしようと考えているのですが、外の人に聞きますと破産するにもお金がかかると聞きました、お金がなくて破産をしたいのですが無理でしょうか

それは2人の知人としてとどまったが法定料金は両方とも前もって準備されたと言われています。
破産宣告が受け取られる場合、事態は、以来、負債が義務を免除されるかどうか知りませんか、それは状況に関して話さざるをえず、友達と関係詞からお金を個々に借りざるをえません?コートに前もって払われるお金などが必要であるので、さらに、真実の無一文の人の破綻は不可能です。
さらに、自己破産申告をするドキュメントの生成のすべて、あるいは債権者への受理は、独力で行われるでしょう。
以来事態は、個人破産とそれに入る場合、実行が少しの金銭を残すことを知りませんか。
ですか。
私は、責任からの免除の決定容器がない限り、それは破産宣告の後に義務を別々に免除されないと思いました?

2014/3/29 01:31:42

会社が債務不履行で倒産したらその債務は誰かが引き継ぐのでしょうか?先日、個人事業を法人化しようと従業員7名に、少し出資して役員にならないかと聞いたら、そのうちの一人の従業員に「もし、会社が多額の債務を負って倒産したら、役員が債務を請け負う事になるのですか?」と質問されました。
会社が銀行などから借金をするには、そもそも、保証人がいるのか?いらないのか?自動的に代表取締役社長が保証人になるなどの決まりがあるのか?会社が負債を抱えて倒産したら、その負債はどうなるのですか?倒産後、代表取締役社長や、役員が債務の負担をしないようにするにはどうしたらいいのですか?個人と法人の借金の仕方の違いなんかもあれば教えてください。
補足企業時、資本金を銀行に預け入れる際に何ヶ月かその資本金は、使えないと耳にしたのですが、正確には何ヶ月ですか?

●会社が債務不履行で倒産したらその債務は誰かが引き継ぐのでしょうか?保証人がいる場合は保証人。
破産した場合は破産管財人。
●会社が多額の債務を負って倒産したら、役員が債務を請け負う事になるのですか?法人会社役員はその代表者も含めて債務を請け負う必要はありません。
(合名会社、合資会社を除く)●会社が銀行などから借金をするには、そもそも、保証人がいるのか?必ず必要とは決まっていないのですが・・・現実的には必ず必要になっています。
●自動的に代表取締役社長が保証人になるなどの決まりがあるのか?そんな決まりは無いですが、中小企業の場合は代表取締役社長の連帯保証契約は必ず要求されますね。
●会社が負債を抱えて倒産したら、その負債はどうなるのですか?会社資産の整理をして、足りない部分は保証人からもらいます。
連帯保証契約を結んでいれば、会社整理をする前にとられます。
●倒産後、代表取締役社長や、役員が債務の負担をしないようにするにはどうしたらいいのですか?代表者でない血縁者以外の役員は、連帯保証契約を求められない場合が多いので負担しなくてもいいです。
代表取締役社長が連帯保証契約をしないには、お金持ちの他人を自分の代わりに契約させるしかないですね。
(でもそんな人なんかいないよ)後は会社資産を十分にもって、その資産の範囲内での借り入れであれば、連帯保証しなくてもよくなります。
●個人と法人の借金の仕方の違い法人は、法律上人とみなすと言うことなので、違いはありませんが、小規模の場合は必ず連帯保証を求められるのが違いですかね。
●企業時、資本金を銀行に預け入れる際に何ヶ月かその資本金は、使えないと耳にしたのですが昔は出資金の残高証明をとるのに1ヶ月か~3ヶ月ぐらい預金させる場合があったのですが、現在は1日あれば大丈夫です。

2009/3/7 00:27:18

障害者施設の元職員がおこした事件を見てで知っている施設の非常識な職員を避難したら庇う人もいますが、そもそも支援をしてお金貰う人が支援もしないで自分勝手にやりたい放題している人を雇っている施設にも問題があるのでは?ガラスのような心をもっている人には耐えられないそうです。
役所もちゃんとした支援が行われているか確認すべきだと思いませんか?

施設の警備には多額の費用が費用なので行政に資金援助して貰えれば楽ですが、どこの行政も債務があるので簡単にはならないです

2016/7/31 13:20:25

弁護士さんや裁判所、検事さん、消費者金融、銀行など、法律に詳しい方に質問です。
「真面目になれ」「自分の責任だ」「自業自得」など、質問に関係ないコメントは要らないです。
私の質問に詳しくお答え頂けるか方のみに質問です。
自分の責任なのはわかっていますが、多額の借金をしてしまいました。
只今、改姓、改名手続き中です。
住んでいる場所とは違う住所に住民票をおいています。
改姓、改姓後、戸籍上改姓改姓の名前になります。
そして改姓改名後、住所変更をするつもりですが、改姓改名をしても転居先の住所変更はバレますでしょうか?戸籍も改姓改名後手続きが終わり次第、移します。
消費者金融や銀行、クレジットカード会社など、借金をしてしまった所に改姓改名をした事実はバレますでしょうか?戸籍も改姓改名後に移しますが、これらもバレますでしょうか?改姓改名後、結婚も予定しています。
どうか、かなり詳しい方、回答をお願い致します。

質問者さんの指名した職業ではありませんが債権の回収を個人で複数回数に経験して現在も、「夜逃げ」の状態の債務者から合法的(かなり灰色?)に調査しています。
1、戸籍の上で改姓・改名した場合に債権者にバレるのか?戸籍簿謄本の入手は比較的に簡単に調査できます。
また、改姓・改名しましても戸籍の附表を市役所に申請して取得しますと簡単に情報が入手できます。
婚姻しまして養子縁組をしましても戸籍の附表には記載されます。
2、住民票の住所が債権者にバレるのか?債務者の住民票は市役所に申請しましても個人情報保護で入手は基本的に債権者はできません。
その場合は債務者へ債権未払いによる損害賠償請求事件として裁判を提起します。
債務者が住所を移転してましても戸籍の附表と賃借金契約書の住所で訴訟をします。
当然に債務者の欠席裁判となり判決が出ますが、判決文で裁判所にて執行文を取得して市役所へ住民票を取得します。
住民票を移転しましても住民票には、「転出届」が記載されていまして転出先の新しい住所がわかります。
裁判をしなくても、借用書(契約書)が完備していますと、法務局所属の公証人が作成した公正証書で裁判所にて執行文を取得して市役所に申請する事は可能です。
*弁護士は債権回収については職務外ですので無知で素人です。
*裁判所執行官は債権回収については債権者にアドバイスします。
*消費者金融・金融機関は債権回収の部署がありますし、最終的に回収が困難な場合は専門の機関(業者)に依頼します。
結論:改姓・改名して住所を変更しましても戸籍の附表(簡単に入手が可能)で債務者の住所がわかります。
住民票の移転を繰り返し債務者がしましても、執行文から住民票の移転届(転出届)を追跡して最終的な住所を調べます。
画像:裁判所の執行文・・・これで債務者の追及が可能です。

2017/5/21 07:14:10

-多額債務者

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験