留置権

Xは自己が所有する機会をZに賃貸し、Zはその利用を開始した。その後本...留置権

コインロッカーでのトラブルの相談です。
数週間程前に駅前のコインロッカーを利用しました。
8時間100円等の民間業者が運営している、コインロッカーです。
そこの規約には1400円の料金になった場合は荷物を回収し、倉庫に保管すると書いてありました。
しかし、自分の不注意で1400円以上になってたみたいで、回収をされてしましました。
そこで、業者に確認したところ、2300円の料金になっていたので、回収し、倉庫に保管してあるので取りに来てくださいとのこと。
私の認識では、2300円を払えばいいと思っていたのですが、どうも違うみたいで、約款に小さく回収した際は別途保管料が発生すると書いてあったみたいで、2300円とは別に、保管料等で6000円を徴収するといってきました。
はじめは、仕方ない方と思ったのですが、向こうの業者がとても高圧的な態度で接してきたので、言い合いになってしまいました。
利用料の2300円は払いますが、残りの保管料は払いたくありません。
いろいろ調べたところ、私の荷物を勝手に回収し、お金を払わない限りは返さないというのは、窃盗あるいは占有離脱物横領等の罪になるのではないですか。
あるいは、遺失物として警察に届けをしなければいけないんではないでしょうか。
窃盗罪というのは飛躍しすぎですが、〔占有離脱物横領〕遺失物、漂流物その他占有を離れた他人のものを横領したものと条文に書かれています。
つまり、私の荷物を勝手に回収し、お金を払わなければ返さないというのは占有離脱物横領になるのではないですか。
このまま泣き寝入りはしたくないので、相手の業者に一矢報いる方法を教えてください。

この場合には、業者に留置権(民法295条)あると考えられるため、その占有は正当なものであり、窃盗罪及び占有離脱物横領罪は成立しないと考えられます。
今回のように約款でもめることは結構ありますが、保管料6000円というのは高いように感じられますが、法外な価格とは言い難い料金設定だと思います。
なので、残念ながら払う必要があると思います。

2016/2/12 21:26:53

-留置権

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験