融資利率

アメリカの利上げについて。 経済学初心者です。 昨年12月、アメリカ...融資利率

事業資金の借入れに関してです。
飲食店の開業を計画し、今資金面も準備中です。
借りれ希望額は約1千万円。
自己資金は200万円です。
担保はありませんが、連帯保証人が2人いてそのうち1人は年収1千万以上。
資産は本人名義で約6千万の人です。
この条件で貸し付けしてくれる金融機関はありますでしょうか?いろんなところに相談していますが、広く知識のある方や経験のある方の御意見を伺いたいです。

国民生活金融公庫が行っているマル経融資があります。
運転資金として5年以内の返済で融資利率1.25%、担保・保証人不要です。
融資限度額は550万円です。
商工会議所の推薦状が必要なので、6ヶ月たたないと(商工会に入って)無理ですが、中の担当者が早めに推薦状を書いてくれる可能性もあります。
これが一番良いですが、都内でしたら各区役所にも融資制度それぞれありますよ。
都下でなければ、県・市の役所でもそれぞれありますので一番に相談下さい。
後銀行よりも信金信組のほうが相談に乗ってくれると思いますので、金融機関ならそちらが良いと思います。

2005/4/21 14:39:31

現在アットローンで借入金残高約2287000 毎月返済50000内元金充当約27000 利息約22000 の内訳になっています これは過払い金対象になるのでしょうか?また過払い請求とは法的手続きになるのでしょうか 金融会社から圧力などはくらわないのか心配です 宜しくお願い致します

100万以上の融資で利息制限法上限利率は年利15%です。
約定返済日が毎月同日だとすれば返済期間は30日、31日、28日、29日のいずれかという事になります。
仮に最大金利の15%で最大返済日数の31日で計算した場合、228万7千円×15%÷365日×31日=29135円が利息。
質問はそれよりも低い利率である事が明らかだから現時点の契約金利では過払い発生はありません。

2015/4/18 18:06:28

圧力?あるよ。
法定利息で貸付しているが計算で分かるのに、存在しない過払い請求のために取引履歴の開示請求するような人はこの先債務不履行の可能性が高いと判断されて新規利用停止措置はするでしょう。そして更新時には更新もしないでしょう。
無駄な恫喝なんぞしませんよ。自社資金の回収をするだけです。>

先日マイカーローンの融資を受けたのですが、銀行の融資の方が利率を勘違いして書類を作ってしまっていたのです。
なんか頼りない人だったのですが、もしかしたら書類をつくり直ししなくてはならないそうです。
そういった場合また審査し直しですか?もし審査し直しの場合、利率があがることで落ちることがあれば、融資してもらったお金はどうするのでしょう?お金はもうありません。

向こうの間違いによる作り直しですから、再与信はないでしょう。
利率が上がって与信レベルが上がるとは考えづらいので、問題ないと思います。
また、万一落ちる様な事態になっても、こちらに落ち度はないので融資されたお金を一括返済する必要はなく、地道に返済すればOKです。

2008/2/27 22:32:26

アイフルのコンビニATMの利用明細票なのですがどなたか詳しく教えてください。
以下の通りです。
[お取引会社からのご連絡]契約年月日 14-12-9お取引金額 10000円ATM利用手数料 108円お取引後残高 686088円借付利率(年率) 18.000%ご利用可能額 303000円次回返済期日 12-12-29次回返済金額 18000円返済方法 元利定額リボルビング方式最終返済予定日 19-09-27返済回数 58回遅延損害金(年率) 20.000%各回の返済期日 毎月27日 返済各回の返済金額 18000円総返済予定額 1027695円

今借りてるお金(借金)が12月9日の10000を足して¥686088。
MAX¥1000000の借り入れ可能の為あと¥303000融資可能。
差額は前回の返済日からの残金(借金)の利息。
次回の返済額は¥18000で分割払いにすると58カ月リボ払い(4年10カ月)。
利息が18%だから利息込みで支払い総額は¥1027695になる。
法廷金利だけどリボ払いで¥18000だったら元金は¥5000位しか返せてない。
利息が高いから¥50000位返していかないと借金へらないよ。
返済して借りての繰り返し?早くかえさないと利息が…。

2015/3/12 23:41:28

証書貸付の問題で解き方がわからなく、困っております。
《融資条件》借入金額 3000000円利率 年2.4%貸付日 平成28年8月18日措置期間 平成28年12月18日最終期限 平成33年12月18日元金の返済方法毎年6月18日、12月18日に元金均等償還利息の支払方法元金の返済日に後払い(月割)(1)平成29年12月18日の償還元利金はいくらか?・元金の計算式と答え・利息の計算式と答え(2)債務者より平成30年9月18日付で金額繰上償還の申し出があったので認めることとした。
平成30年9月18日に受け取る繰上償還元金、繰上償還利息はそれぞれいくらか?なお、これまでの延滞元利金はないものとする。
・繰上償還元金の計算式と答え・繰上償還利息の計算式と答えわかる方、教えていただけると大変助かります。
よろしくお願いします。

今はコンピュータで自動計算されるので銀行員も解りません。
学校で習った計算式で解けば解けます。
職員室へ行きましょう。

2016/9/7 21:26:14

クレジットカードを作ろうと思います。
会費無料のクレジットカードでお得なカードを教えて下さい。
ポイント還元や融資利率や海外旅行保障など比較してたら自分に合うカードが迷宮入りに、、、。
カードの使用頻度は低いです。
現金を所持していない場合に急遽使用する程度で年4~5回です。
SUICAカード、VIASOカード、楽天カード、を候補に絞りましたが、、、。
詳しい人が居たら教えて欲しいです。

年会費無料だとおすすめは以下の三つです。
・ポケットカードwww.pocketcard.co.jp/home.shtml請求額が1%オフになるので、現金で支払うよりもお得です。
あまり使わないならポイントがたまることもあまりないので、ポイントサービスより現金値引きのほうがお得ということで一押しです。
・セゾンカードwww.saisoncard.co.jp/元祖永久不滅ポイントで、たまにしか使わなくても確実にポイントがたまります。
近所に西友があればカード会員の優待割引なども頻繁に行っています・ViewSuicaリボカードwww.jreast.co.jp/card/rev/index.htmlリボ払いは金利がかかるので、毎月の支払額を多めに設定しておく必要があります。
Suicaへのチャージをするならこのカードです。
チャージやきっぷの購入には1.5%のポイントがつきます。
また、融資金利といっているのでキャッシングを使うおつもりなら、JRの主要駅にViewAllteというATMがあり、借り入れ・返済とも可能なので便利です。
キャッシングは借入日から日割りで金利が発生しますので、深夜にタクシーに乗るためにキャッシングして、翌日の昼休みなどに銀行からお金を下ろし、帰りの駅で返済というのが理想系です。
\10000を一日借りた場合で、金利は\5となり、自分の口座から時間外手数料や他行手数料を支払うより安く済みます。

2008/6/19 16:17:49

生命保険の貸付金についてお聞きします。
生命保険の貸付金の返済方法は一般の融資同様、月額払いで返していくのでしょうか?それとも銀行のマイナス口座の様に、元本返済の時期は任意なのでしょうか?

基本的には、返済したいときに、返済したい金額だけを生保カードで入金すれば良いかと思います。
あるいは振込用紙を送ってもらい、同じように返済したい分だけ入金すれば良いと思います。
次回からは、振込用紙が送付されてきますので、また返済したい金額だけ入金すれば良いです。
全然返済が出来ない場合には、最終的には、満期時などの時、あるいは解約時などの解約返戻金から差引相殺されることで返済となります。
ただ、借入時の利率がいくらかわかりませんが、あなたが契約された予定利率よりは、必ず高く設定されているはずですので、余り金額が膨らまないうちに、少しづつでも返済をされた方が良いとは思います。

2017/6/9 10:35:59

不動産への出資とテナントのお話です最初にお話しすると、まず私はあまり出資などの話について詳しくありません。
建築などの話は一般の人よりは知識がある程度です。
質問の内容は「出資」「家賃」についてです。
話が複雑ですが、私の勤めている会社で今おあるプロジュクトに参加するかどうか検討しています。
内容は今後建設されるビルの所有会社への出資とそのビルへのテナントとしての入居を検討しています。
当社の関わり方及び全体の流れは下記のとおりです。
1.新築でビルを建設するに当たりビルを建築・所有するためだけの「特定目的会社」が設立されます。
2.その特定目的会社へ当社が「出資」をする予定です。
3.さらにそのビルへ当社の子会社が「テナント」として入居する予定です。
(全フロアを借り切る予定)4.したがって当社ではビルへの「出資会社」の一つになるとともに、子会社が「テナント」で借りるということになります。
通常であればテナントは「ビルのオーナー会社」へテナント賃料を支払います。
今回も当然、テナント賃料を「特定目的会社」へ支払うことになります。
親会社が「ビルオーナー」であれば「子会社」が「親会社」へ賃料を払うことで親会社はテナント賃料で借入金の返済などに充てていくことになると思います。
ところが今回はオーナーが「特定目的会社」ですので家賃の支払先は「親会社」ではなく、「特定目的会社」となります。
親会社からすると出資をすすものの出資金の回収が「子会社からのテナント料」で賄えなくなります。
事実上は出資に伴う「配当金」でしか回収ができなくなります。
仮に・・の話でいくと「ビルの総建築コスト:10億、出資金額:3億、配当利率:1%、テナント賃料:3600万」とした場合、親会社は「特定目的会社」へ出資をするメリットはるのでしょうか?また、出資金額の回収の考え方は基本的に「配当金のみ」ということになるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
補足テナント賃料は概算でしかありませんが、子会社がテナントとして借り切った場合そのビルで「商業」を展開する予定です。
オフィスビルではありません。
商業ではある程度利益が見込める予定です。
今回の焦点は「親会社」が出資し、出資に対するリターンは「配当金」でしかないということでしょうか?ご指摘の通り、配当金だけでしか回収できなのであればメリットが全くないとなりますが、その他メリットが何かあるのでしょうか?

親会社は3億円出資して年間1%の配当を受け取るのですか?じゃあ元本を回収するのに100年かかる訳ですね。
ビル全体で見ても最低でも30年。
住宅ローン並みですね。
長くても10年で回収できなければ旨い話ではありません。
ところで子会社のテナント料は、当然に転貸による賃料で賄う計画だと思いますが、この点こそが一番のポイントではありませんか?内輪の金のやり取りはともかく、外から確実にお金が入ってくるのかどうか?何故、この視点からの疑問は生じないのでしょうか?確実な見込みがある?「補足に対して」収入と言う意味では「配当」のみと考えるべきです。
メリットと言うと不動産を取得する上での特例などがありますが、これは事業の目的とはならないでしょう。
お話を伺う限りでは、特定目的会社に出資参加すると言うより、御社が商業ビルを建築取得するにあたって、建築資金の一部を他から調達し、ビルの運営は子会社に委ねる。
と言う風に見えます。
私なら銀行から融資を引き出し、ビルを御社で単独取得し、運営を子会社に任せるという方式を考えます。
「配当」のみだから旨みがないのではなく、配当のみで10年程度で投下資本を回収できるという全体であればです。
つまり、今回のお話は御社の立場からは順序が逆ではないのかな?「受け身」の筈が、商業ビルの運営(運用)は一人で背負う。
御社は出資を誘われているというより「利用されている」としか見えないのですが?「従的立場」を標榜しながら、「事業主体」であるというチグハグな感じがします。
だから親会社の投資資金の回収云々よりも、ビルの運営の方に私は目が行ってしまいます。
その収益を源泉に「幾らの配当が可能で、何年で元が取り戻せる」という話ではないでしょうか?ご質問の趣旨から外れた余計なお世話になってしまいましたが、失礼をお詫びします。

2014/5/30 19:31:14

会社(法人)が子会社にお金を貸す時の利子率はどうやって決めるんですか??通達とかあるの?助けて~。

あくまで民事ですから、非常識な利率でない限り任意です。
法令で決まっているのも上限や下限であってその範囲内であれば問題はありません。
100%の子会社であれば利率ゼロでも通用します。
銀行とか公的融資の利率を参考に子会社である事を割り引いて決めるのが一般的でしょうか。

2009/11/19 11:06:45

アメリカの利上げについて。
経済学初心者です。
昨年12月、アメリカが短期金利(FF金利)の誘導目標を「0~0.25%」から「0.25~0.5%」に引き上げると発表しましたが、「誘導目標」というのがよく分かりません。
長期金利(10年物国債金利など)は、今回の日本のように国債の需要が高まれば自然に金利が下がっていく仕組みは理解出来るのですが、短期金利(銀行間融資)はどのような仕組みで決まるのでしょうか?例えば、中央銀行が「0.5%にしなさい」という感じで決定するのか。
それとも、長期金利と同じように市場原理が働いて自然に決まっていくのか。
お詳しい方、中学生でも分かるレベルで教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

通常、中央銀行は買いオペ・売りオペを行い、インターバンク市場の資金を増減させることにより、インターバンク金利を政策金利に誘導します。
インターバンク市場の資金である準備預金は中央銀行だけが供給出来るので、基本的に中央銀行はインターバンク金利を任意に決めることが出来ます。
しかし現在の米国のように超過準備が大量に積み上がった状況で、売りオペを大量に行って資金回収をして金利を上げようとすれば、国債価格の暴落が起きてしまいます。
そこで米国の今回の利上げは、超過準備に対する付利率を0.5%に上げることにより行われました。
すると銀行はインターバンク市場で0.5%以下では資金運用をしなくなるので、インターバンク金利は政策金利の0.5%に近づくことになります。

2016/2/15 03:59:41

-融資利率

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験