融資利率

利息の計算を教えて下さい。融資額¥10,000,000- 利率3.100% 融資期...融資利率

オリコ ゴールドuptyカードに対しての過払い金請求についてご質問させて下さい 先日 You tubeの広告でオリコのショッピングローンに対しても過払い金の請求が出来るような事を目にしました 私は10年前くらいからオリコのuptyカードでショッピングしていまして 残債20万円を超えない程度に使って来ました 去年ずっと20万円近くあった残債を一括で払い今はほとんど残債がない状態です このような使い方をしていた私でも過払い金の請求は出来るのでしょうか? お詳しい方どうかお知恵をお貸し下さい

利息制限法が適用されるのは金銭消費貸借契約で貸金、つまりキャッシングなどの現金融資だけです。
ショッピングは立替払いであって購入品は完済まで担保ですから無担保融資のキャッシングとは別な法律。
例え年利100%の利息でも過払いの対象とはなりません。
もしも客観的に見て暴利な利息でカード契約をしているというのなら消費者契約法に則って無効申立てをする事が出来ますが現実的にカードの約定利率がそんな事は有り得ません。

2014/8/18 10:39:06

エポスカードについての質問です。
カード初心者なのですが、この間キャッシュカードが欲しくなりシダックスエポスカードVISAに申し込みました。
入会費と年会費が永年無料とのことで申し込んだのですが、翌月から1万200円の請求が来ていて支払いました。
やはり使っていなくとも別途で手数料を取られてしまうのでしょうか?また、頻繁に使わない場合は損でしょうか?登録内容は以下の通りです。
ショッピング利用可能枠20万うちリボ・分割・ボーナス払い20万キャッシング利用可能枠0万ショッピング手数料率15.00%・リボお支払コース:標準コースキャッシング融資利率18.00%・リボお支払コース:新標準コースご回答お願いいたします。
補足ご回答ありがとうございます。
その他ご利用分・手数料等の欄にご利用場所:エポスカードご利用金額:247290円支払区分:24回払い今回回数:3回目お支払金額:10200円となっておりました。

>翌月から1万200円の請求が来ていて支払いました。
明細請求書にどこからいつ使ったのか書いてあったはずです。
「年会費」と書いてあったのでしょうか?247290円の24回払いの支払と書いているわけで、25万近い買い物をしてませんか? エポスカードでの分割ですから高い確率でマルイでの利用になります。
24回払いですから、当然、分割払いの手数料はかかりますよ。

2013/3/3 15:25:49

銀行融資の際の提出書類融資を依頼する際に銀行から、他の取引銀行の利率や返済予定表や通帳のコピーの提出を求められました。
他行との取引内容情報を勝手に別の銀行に提出してもいいものでしょうか?

まったく問題ないでしょう。
他の銀行の利率や返済予定表を提示するかどうかはあなた自身の判断で開示することができる問題で、その銀行に制限を加えられる話ではありません。

2007/1/23 00:32:59

セゾンカードで一昨日19万借りました。
リボ払い(月に1万ずつ)。
たとえば日曜日にリボ払いにしているのに、全額返すと、19万+いくら払えばいいのでしょうか?年率は18%です。
セゾンカードに詳しい方至急確実な解答お願いします。
補足ありがとうございます。
日曜日に返しても、+38000円払わないとだめなんですか?

ごめんなさい。
ちょっと勘違いしてました。
3/16(日)に返済するのであれば、3/12~3/16の5日間。
190000円×0.18÷365×5日=468.493円。
ATMもしくは、セゾンカウンターで返済すれば、468円前後の利息になると思います。
セゾンのサイトで計算してみました。
(最後まで繰り上げ返済しなかった場合)ご利用希望金額 190000円 ご融資利率(実質年率) 18.0% ご返済方式 定額リボルビング方式 お支払コース 標準コース ご利用予定日 2008年03月12日 計算結果お支払い回数 23回 初回のお支払い日 2008年05月07日 初回のお支払い金額 10000円 最終回のお支払い日 2010年03月04日 最終回のお支払い金額 8244円 お支払い総額 228244円 うちお利息合計 38244円

2008/3/14 21:48:32

イオンの引き直し計算について質問させてください。
今日取引履歴が届きました。
一度完済がありますが、取引は2003年12月から2008年12月で、融資利率:25.6%:2007年3月11日以降18.0%2008年2月21日以降14.8%と記載されていますが、この場合どういった引き直し計算をすれば良いのでしょうか。
取引開始した日から2007年3月10日までの引き直しをしてみたらいいのでしょうか。
どうぞ宜しくお願いします。
※いつもお世話になっている方が同じなので、これは質問ではありませんが、今OMCからの引き直し計算後の連絡待ちです。
この方法と同じでいいのでしょうか。
何度も質問させていただいていますが、少しづつ前に進んでいこうと思っています。
過払いが出ていたり減額になっているととても嬉しいですし、ここでご教授頂いてることにとても感謝しています。
私は多重債務者ですが、今二件目の引き直しをしようと思っていたのですが、疑問がでてしまったので、またご質問させていただきました。
補足何度もすみません。
ありがとうございます。
私は名古屋式?te_71levinさんが以前他の方の回答に添付していましたソフトを利用しています。
そのソフトは366日・・・などと最初からありますがそれを変更?してということでしょうか?今からやってみます!また宜しくお願いします

2003年12月から今日(一番最後の取引日及び金額)を引き直し計算上に履歴どおり並べてください。
「取引開始した日から2007年3月10日までの引き直しをしてみたらいいのでしょうか。
」というところから利息制限法上限利率以下なので戸惑っているのではないかと思います。
しかしよく考えてください。
2007年3月10日で既に元金は減少しています。
同じ利率であっても元本が少なければ発生する利息は少ないのです。
なお2008年2月20日以前で過払いになっていないならば21日以降は14.8%で計算してください。
利息制限法上限利率というのは借り手に不利にならないように定められた法律ですので、同意があった上での利率変更ですから堂々と制限法上限利率「未満」でいいのです。
余談ですが最近のわたしの回答でも出したことありますが、任意和解でゼロ金利和解と10%金利和解でで支払っていた数案件にて和解時に過払いではなかったため、和解後の利率を採用し引き直した金額で、争いも無く和解できた(当然18%で引き直した金額とは雲泥の差)ことがありました。
普通の契約変更ではなく支払い困難で和解したのですから返還請求において争点にしてこなかったことに驚きました>私は多重債務者ですが・・・私も多重債務者でした。
それが一転して「多重債権者」でした。
債権者になるためにはみなし弁済を否定し利息制限法超過利率に「NO」を突きつける必要がありました。
そして私がこの利用時に本人請求者は皆無(もしかしていたかも?)でしたので毎日検索しブログを探し同じように本人請求している人を探し、「この人もがんばってるなぁ」と思いながら勉強したものです。
その私が今では回答する立場です。
どんどん利用してください。
がんばってる人に応援は惜しみません

2008/12/24 23:23:41

クレジットカードのキャッシングって何?というか、それぞれどう違うの?僕がATMで手数料かかって預金を引き出してるのを見て、先輩に、「そのキャッシュカードは、クレジットカード機能付きなんでしょ?預金を下ろすんじゃなくて融資にしてしまえば、翌日までに返済すれば利子なしで出来るから、そのほうがいいよ」と言われました。
え?クレカで融資してくれるの?と思いました。
僕は今まで、「クレジットカードの現金化」というグレーゾーンがあることを除けば、「クレジットカードはショッピングに使うもの」と思っていました。
が、調べると、「ショッピング枠」というのと「キャッシング枠」というのがあるようです。
先輩が言っていたのは「キャッシング枠」のことなのでしょうか?色々調べていくと知らない用語が次々に出てきました。
次の理解で合っていますか?●ローン→借金をかっこよく言った言葉。
家や車を買う時の分割払いの事。
●借金→消費者金融や闇金や親や友達からお金を借りる事。
融資とも言う。
●カードローン→銀行系のカードで銀行から借りる借金のこと●クレジットカードのショッピング枠→一般的に「クレジットカードを使う」と言った時に指すのはこれ●クレジットカードのキャッシング枠→先輩が言った、クレカで借金する方法●クレジットカードの現金化→キャッシング枠とはまた異なるちなみに、クレジットカードを契約した時に、「キャッシング枠」なんて設定した覚えがないのですが、自動的についてるものなのですか

クレカの現金化はカード会社の定める規約に違反しているのでブラックです。
グレーではありません。
その他は借りられる金額、利率、審査の内容に違いあれど全て借金であり同じです。
野球(日本プロ野球)とベースボール(メジャー)が同じだが規模やレベルが違うのと同じと思えばいいでしょう。

2013/4/22 18:31:51

証書貸付の一括返済時の利息計算についておはようございます。
融資期間21.8.27~27.7.31の証書貸付の一括返済をする際の最終利息の計算方法を教えてください。
例融資日 21.8.27最終期限 27.7.31残高 100000000.利率 1.9%一括返済予定日 24.5.1よろしくお願いします。

例示された条件だけでは計算は出来ません。
前回の利息支払がいつだったのか?ということと、それが「前利」だったのか「後利」だったのかという条件が必要です。
例えば毎月末に利息だけの支払いを続けていたとします。
3月末日が休日なので4月2日が利払い日だとして、その利息計算期間が24.4.3~24.5.1まで(「前利」)だとすると、一括返済時には未払いの利息はありませんので元金のみを返せばよいことになります。
利息計算期間が24.3.1~24.4.2まで(「後利」)だとすると24.4.3~24.5.1までの利息を精算しないといけなくなります。
その場合の計算は100000000円×1.9%×29日(24.4.3~24.5.1)÷365日=150958円となります。

2012/3/15 10:52:08

個人間での無利息の融資は、利息相当額を贈与とみなされるのでしょうか?個人間の貸し借りでは原則無利息。
商業融資の場合は原則有利息。
(ただし契約夜変更は可能。
)利息あり契約で利率の定めのないときの法定利率は5分・・・と理解していたので、無利息の融資はとくに問題ないと考えていたのですが、私のした先の質問に回答をいただいた中で無利息の融資は利息相当額の贈与とみなされる・・・というのがありました。
これって本当なのでしょうか・・・?回答いただいた方に聞くことができれば良いのですが、すでに補足してしまった後なのでそれもできず、新たに質問させていただきました。

以前回答したものです。
無利息、無返済という内容から、親子間等の取引という解釈からです(。


すみません)民法上無利息融資も金銭消費貸借契約を結ぶことも可能ですが税法上は、親子間等の無利息の金銭消費貸借契約については、借主はこの利息相当分の経済的利益を受けたとして下記の場合を除いて贈与税の対象となります。
① 資力喪失時に行われた場合無利息貸付が、借主が資力を喪失し債務の弁済をすることが困難である場合、借主の扶養義務者から債務の弁済に充てるために行われた場合② 受益金額が少額である場合貸付金額の多少、貸付期間の長短等から総合的に判断して借主が受ける利息相当額が少額であると認められる時③ 課税上弊害がない場合・租税回避の意図がある・無利息の借入金を本来の借入目的以外に流用する上記以外の行為で、その行為を容認して贈与税の課税を行わなかったら課税の公平が維時できない場合前回の質問の場合の利息は、租税回避の意図に完全に引っ掛かりますが(贈与目的の場合と書いてるわけですから)。
通常の場合は②に該当し、課税の弊害がないと判断されます。
他人の場合は融資時点から7年の時効が成立した時点で(贈与目的でも)贈与税を回避したものと考えて良いと思われます。
前回の回答で「税務署に嗅ぎつけられたら」という表現をしたのはこのためです。

2007/11/12 21:17:23

銀行融資の審査についてお聞きします。
クレジットカード(3枚)でキャッシングをめいいっぱいしていると、銀行融資はして貰えないものなのでしょうか?今現在のキャッシング総額は100万円くらいだそうです。
・この夏、以前信用金庫様より車のローンを組ませて頂いて、その支払いが完済したとのこと。
・今度あらたに車の買い換えを考えているとのこと。
・延滞は1~2日遅れることはあったけどちゃんと支払っていたとのこと。
・ローンを組んだ時もキャッシングはしていた(金額は不明)しかしながら、キャッシングをしている為に審査が下りないのでは…と不安らしいのです。
その方が欲しい車は350万くらいらしいです。
私が無知なため、詳しい方、教えて頂ければ嬉しいです。

詳しい事情はわかりませんが、クレジットカードでキャッシングを100万円程度している状態で信用金庫の自動車ローンを関西されたということですよね・・・。
通常であれば、担保があり利率の低い自動車ローンは早期返済せず、クレジットカードなど高利な無担保借入を優先して返済するのですが・・・。
また、1~2日の遅れはちゃんと支払いをしていたことになりません・・・。
新たに組む350万円のローンですが、当然クレジットカードの借入は影響を及ぼしてくるかと思います。
契約者の年収も関係してきますが、3件で100万円ということですので金額より件数が致命的かと思います。
自動車ローンは担保がありますので、350万円でも通る可能性はありますが保証人を付ける様に言われる可能性はあります。

2009/10/7 13:59:03

利息の計算を教えて下さい。
融資額¥10000000- 利率3.100% 融資期間120月 1回目の返済 元金¥83000利息¥26110 → どのように計算すれば利息¥26110-が出るのですか?

¥10000000 - ¥83000 = ¥9917000¥9917000 × 3.1% = ¥307427¥307427 ÷ 365日 = ¥842.26¥842.26 × 31日 = ¥26110

2007/11/15 10:58:00

-融資利率

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験