融資利率

銀行が貸出の際に設定する利率について質問です。 銀行は事業性融資を...融資利率

消費者金融に詳しい方、よろしくお願いします。
アイ◯ルから50万円融資していただいています。
請求元金7187円利息5813円計13000円の毎月返済です。
契約利率は18パーセントです。
今まで返済しては借り入れしての繰り返しで元金が減りませんでした。
それを改善するために、毎月の余ったお金を必ず返済に回すように今日から始めたのですが…月始めに13000円返済しました。
そのときに借り入れ可能額は14000円になりました。
そして今日15000円返済しました。
借り入れ可能額が27000円になりました。
14000円+15000円で29000円でないのはなぜですか?

今日返済した15000円には、利息分が含まれていますので、15000円返済しても、借り入れ可能額が15000円増えません月初めに13000円返済して、借り入れ可能額が、14000円なったとのことですが、その14000円については理解されたうえで、借り入れ可能額が29000円になっていないのがおかしいと思われたのですか

2016/4/11 22:51:24

いいえ、今まで月に13000円返済しては借り入れの繰り返しだったために、月に2回返済するのが今日で初めてだったため、昨日までの借り入れ可能額と今日返済した額がプラスされた額が今日からの借り入れ可能額だと思っていました。>

大阪市の新婚家庭住宅ローン利子補給の条件についてホームページ上の条件を見ると固定金利のみで、変動金利は対象外になっていると思います。
趣旨がよく分からないのですが、なぜなのでしょうか?

詳しいことは大阪市に聞かないとわかりませんが・・・・。
あくまでも「利子補給」を目的とした制度だからではないでしょうか。
今の変動金利だと住宅ローン控除を考慮すると、実質的には金利は0%。
つまり、補給すべき利子がない。
実際、融資利率が年1.1%以上となっていますから、住宅ローン控除を意識した可能性はあるでしょう。
それに、変動金利は資金的な余裕がある人が組むべき金利タイプ。
補給なんてしなくても大丈夫の人です!!

2014/3/30 07:22:44

先日仮審査が通り、先ほど労金の勤労者福祉資金融資制度というやつの120万で利率が2.1%というやつの本審査を申し込みました。
仮審査大丈夫ということは、信用情報機関も確認済みということですよね?これで本審査落ちることあるんでしょうか?WOWOWの視聴料金滞納したことあるんですが、関係ありますかね?

仮審査の段階で信用情報機関へはあなたの情報は照会済みです。
Wow wowの視聴料金はクレジットとは全く関係ありませんので大丈夫です。

2014/6/20 08:07:42

ありがとうございます。仮審査通れば大体大丈夫なものですか?>

主人がアコムでお金を借りていることがわかりました。
下の写真が昨日時点のものです。
今月のはじめには次回ご返済金額 27000円 (期限平成29年1月4日)ご利用可能金額 586円合計 916441円貸付金残高 899414円お利息 16811円となっていました。
ご利用可能金額が増えたのは何故ですか?明細を見ると、毎月借りて、そのお金を返している状態?なようです。
今月は5万円借りて4万円返していました。
その入金時の明細は↓お取引金額 40000利息15.000 遅廷利率20.000その他充当 632利息 手数料 17698利息 手数料 残高 0元金 リボ残充当 21670元金 リボ残高 927744合計 927744です。
アコムのことは全然わからないのですが、どんどん借りている額がたまっている状態ですか?

借りて返してを繰り返して融資可能額が増えたんですねキチンと返すけどまた借りるからアコムで信用がついたわけです。
リボ払い方式なんで終わりは中々見えませんよ

2017/1/10 10:51:42

元利定額リボルビング返済について。
標記の件について伺います。
親がローンカードで30万円を借りました。
融資利率15%返済期間2年8ヶ月32回払い返済金額合計362742円リボルビング払いと分割払いとはどう違うのでしょうか?よく借金でリボルビング払いにすると、なかなか元金が減らないということで、かなり危険を感じるのですが…

リボルビング払いでも、分割払いでも、元利均等返済の場合、利率、借入額、返済期間、毎月の返済額の4つの項目のうち3つの項目が決まれば、残りの1つが算出される関係になっています。
分割払いにも色々なケースがあると思いますが、多くの場合、(1)利率が予め金融機関によって決まっており、(2)実際のショッピングにより借入額が決まり、(3)返済期間を利用者が選択したり、金融機関が決定したりして、(4)それらの条件から毎月の返済額が決まります。
同じくリボルビング払いの場合、(1)利率が予め金融機関によって決まっており、(2)実際のショッピングにより借入額が決まり、(3)毎月の返済額が一万円とか、二万円とか事前に利用者が選択したり、金融機関側が決めて、(4)それらの条件から返済期間が決まります。
ご提示のケースでざっくりと月単位で計算すると、30万円の借入れで、年利率15%(月利1.25%=15%÷12ヶ月)、32回の返済ということは、毎月の返済額は11500円程度だと思います(というか返済額を11500円程度にしたので、返済回数が32回になったのだと思います)。
その場合、最初の返済のうち、利息分は3750円(=300000×1.25%)で、元金返済分は7750円(=11500円-3750円)となります。
二回目以降の返済では、それ以前の返済により借入残が減ってますので、利息の支払分も減り(3750円から段々と減ってゆく)、その分、元金返済の割合が増えてゆきます(7750円から段々と増えていく)。
リボ払いの場合、返済の途中で追加のショッピングをすると借入残が増え、利息分が毎月の返済額を上回り、元金を返済できない状態が発生する可能性があります。
例えば、借入残が20万円まで減った状態で、追加で80万円借り、借入残が100万となった場合、その月の利息は100万円×1.25%=12500円となり、毎月の返済額11500円を上回ってしまいます。
そうすると元金を返済できないどころか、未支払い利息まで発生してしまいます。
そうなるといくら返済回数を増やしても無駄です。
その場合は毎月の返済額を15000円などに増額すればいいのですが、それを怠ると、借りている元金も減らせず、未払利息もどんどん増えてゆくという最悪の事態になってしまいます。
まぁ、通常はそうなりそうになったら金融機関側がなんらかの制限をしたり、事前に警告したりすると思いますが。
分割払いの場合、追加のショッピングで借入残が増えたら、その時点で毎月の返済額を増やすことが多いので、リボ払いのような酷い状態になることはほとんどないと思います。

2010/10/27 22:37:06

セゾンカードのキャッシングで25万円をリボ払いで借りた場合、月々いくらくらいの返済になりますか?あと支払い総額はいくらになりますか?わかる方いたらお願いしますm(__)m

ご利用希望金額 250000円 ご融資利率(実質年率) 18.0% ご返済方式 定額リボルビング方式 お支払コース 標準コース ご利用予定日 2009年03月03日 計算結果お支払い回数 29回 初回のお支払い日 2009年05月07日 初回のお支払い金額 15000円最終回のお支払い日 2011年09月05日 最終回のお支払い金額 4005円 お支払い総額 309005円 うちお利息合計 59005円 お支払い回数 お支払い日 お支払い額 うちお利息 1 2009年05月07日 15000円 7622円 2 2009年06月04日 15000円 3698円 3 2009年07月06日 15000円 3412円 4 2009年08月04日 15000円 3350円 5 2009年09月04日 15000円 3172円 6 2009年10月05日 10000円 2895円 7 2009年11月04日 10000円 2883円 8 2009年12月04日 10000円 2685円9 2010年01月04日 10000円 2663円 10 2010年02月04日 10000円 2551円 11 2010年03月04日 10000円 2202円 12 2010年04月05日 10000円 2319円 13 2010年05月06日 10000円 2131円 14 2010年06月04日 10000円 2082円 15 2010年07月05日 10000円 1898円 16 2010年08月04日 10000円 1838円 17 2010年09月06日 10000円 1713円 18 2010年10月04日 10000円 1536円 19 2010年11月04日 10000円 1458円 20 2010年12月06日 10000円 1285円 21 2011年01月04日 10000円 1195円 22 2011年02月04日 10000円 1060円 23 2011年03月04日 10000円 835円 24 2011年04月04日 10000円 784円 25 2011年05月06日 10000円 623円 26 2011年06月06日 10000円 501円 27 2011年07月04日 10000円 345円 28 2011年08月04日 10000円 209円 29 2011年09月05日 4005円 60円

2009/3/3 22:31:54

証書貸付についての問題融資条件、6000000円利率、年2.4%貸付日、平成29年、8月18日据置期間、平成29年12月18日最終期限、平成34年12月18日元金の返済方法、毎年6月18日、12月18日に、元金均等償還利息の支払方法、元金の返済日に後払い〔月割)〔1)平成30年12月18日の、償還元利金はいくらか?元金と利息の計算式と答え教えてください大至急よろしくお願いします

平成30年6月18日支払い額元金800000円+8000000円*0.024*304日/365日=959912円平成30年12月18日支払い額元金800000円+7200000円*0.024*183日*/365日=886636円(片端入れで計算)

2017/8/9 14:25:24

800万円を600万円に
80万円を60万円に
959,912円を719,934円に
886,636円を664,977円に
7,200,000円を5,400,000円に
以上訂正をお願いします。>

最近の事ですが、親が所有の賃貸マンションを売りました。
築25年のマンションで1ルームが18戸、2DKが5戸、1戸はもともと2DKで事務所に改造してありました。
仲介に入った不動産屋から「改造した事務所は新築の時と同じにもとに戻すように」と言われました。
契約書には何も書いていないのですが、自己所有だったマンションでも売る時はもとに戻さなくてはいけないのでしょうか?中古マンションなので現状渡しかと思ってました。
よろしくお願いします。

建築確認済証があった物件だったのでしょうね。
用途変更で現状が確認済証、登記簿と相違しているので元に戻して申請書通りに直してもらえないでしょうかという話でしょう。
都銀などでは建築確認済証がなければ融資しないとこもあるのでそういった対策でしょうね。
低金利で融資を受けるための条件だとは思います。
現状のままでは違う融資先を探さなければいけない。
融資利率が変わるなどといった理由だと思います。
売却金額が満足いくものなら協力すればいいでしょうし、満足いかないものならできませんと断ればいいじゃないでしょうか?ただ、現状のままで同じような金額で売却できるのかということは、物件を見てみないと何とも言い難いですが(・・;)

2015/11/24 14:26:54

回答ありがとうございました!>

後期高齢者の借金について後期高齢者の親がいます。
○○信用金庫のような金融機関で借金はできるのでしょうか?年金は月15万円ほど受給しており現在月に3万円くらいの収入があります。
自営業なので、通帳の記録はなく領収書が証明になります。
詳しい方回答よろしくお願いします。

ある○○信用金庫の記載。
フリーローンでの場合です。
お使いみち ご自由です(事業性資金もOK) ご利用いただける方 ?満20歳以上、完済時満75歳以下の個人の方?安定継続した収入のある方(パート、アルバイト、年金収入の方もOK!)?専業主婦の方でも、世帯収入があればOK!?当金庫の営業地域内に居住または勤務されている方?保証会社((株)クレディセゾン)の保証が得られる方※審査の結果、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
ご融資金額 10万円以上300万円以内(1万円単位) ご融資期間 6ヶ月以上7年(84ヶ月)以内 ご返済方法 毎月5000円以上元利均等定額返済方式 申込金額の50%以内の元金についてボーナス併用返済も可能。
ご融資利率 ?固定金利 年8.00%(保証料込)~年13.80%(保証料込) 保証会社の審査により年8.00%でお取扱いできない場合は、 年10.00%・年13.00%・年13.80%タイプで同時審査させていただきます。
担保・保証人 (株)クレディセゾンが保証しますので不要です。
ご回答 原則、当日中にご回答いたします。
ただし、お申込が土日・祝日および午後4時以降の場合は、翌営業日の受付となります。
手数料等 本申込の場合、事務手数料、印紙代が別途必要となります。

2015/8/18 10:45:36

親は76歳の後期高齢者なので
該当しないということでしょうか?>

銀行が貸出の際に設定する利率について質問です。
銀行は事業性融資を行う際、利率を個々に設定していると思いますが、一般的に業況の悪い先に貸す時ほど利率が高くなりますよね?素人目には、利率を高くすればする程返済の負担は大きくなり、回収のリスクが高まるので、悪い先にに利率を高く設定して融資を行うのはリスキーな気がするのですが、そのようにするのは何故なのでしょう?

銀行では、融資先を業績や担保条件、経営者の資産などのチェックポイントで審査し、すべての企業を「格付」して、その格付ランク別に「金利設定などの取引条件」のガイドラインを設定しています。
ランクの基準は「安全性」です、融資した貸出金の回収リスクを主に考えたものであり、企業の将来性などはあまりポイントが高くありません。
当然、格付の高い企業には金利をはじめ、好条件での対応が許されますが、低格付の企業への金利等の条件はかなり厳しいです。
格付の高い企業には、確かに他行との競争もあるので市場原理で低金利にせざるを得ない面もありますが、低格付先への金利設定が高いのと同様に、競争原理だけでなく、金利差は回収リスク料と考えた方が分かりやすいです。
リスクが低い企業には、競争がなくても結構低い金利で対応しています。
上記のガイドラインが、「不良債権を発生させない」、と言う観点からリスク度に応じた対応をすることを前提に設定されているからです。
なお、一番最初の回答者の方が、「業況の良い会社は、協会保証などの保証を付けているので安全」、との意見でしたが、協会保証付きの融資は、業況に良い会社はほとんど利用しません、金利に加えて保証料負担もあるので高コストの借入になるからです。
保証協会の保証を利用するのは、「低格付」の企業が、保証という担保がなければリスクが高いので融資を受けられないために利用しているのです。

2011/12/7 10:51:25

-融資利率

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験