融資利率

諸費用込みで住宅ローンを組むこととなりました。 しかしながら、不動...融資利率

イオンカードのキャッシングの実質年率について現在、母親名義のイオンマスターカードで30万円借りており実質年率が18.0%なのですが父親名義のイオンJCBカードのほうにはキャッシングの実質年率9.8%と記載されています。
これは、単純に父親名義のカードで借りたほうが金利が安く済むと考えてよいのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

そうなります。
9.8%はかなり好条件です(枠が相当大きいのかな?)。
www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/use/cashing.htmlキャッシングサービスご利用条件■ご融資額:1万円~300万円(ご利用可能枠内でご利用いただけます)■ご融資利率:実質年率 7.8%~18.0%(遅延損害金/実質年率20.0%)

2014/12/7 18:03:22

教育ローンについてお尋ねします。
国の教育ローンと企業の教育ローンの違いについて、国と企業という違いのほか、内容についての違いをお教えください。
よろしくお願いします。

融資条件(利率や返済方法、融資金額など)も違いがあるでしょう。

2015/2/15 07:24:10

セゾンカードキャッシングの過払い請求についてです。
取引履歴を取り寄せたところ、融資利率が24%から18%になったのは平成15年4月3日からと記載されていました。
キャッシング利用履歴と取引履歴があっていないところもありました。
セゾンの融資利率が変わったのは2007年からだと思いますが、同じように、融資利率が変わった日がそれ以前であると回答された方はいらっしゃいますか。
正直、くじけそうです。

おそらく弁護士か司法書士に相談して過払い請求に該当しなかったか、請求金額が恐ろしく少ないのと違いますか?まだ相談してなければそちらへ

2015/12/31 01:27:31

住宅ローンについてです。
3月29日が融資実行日なのですが、4月に入ると利率が0.1%以上下がるみたいです。
あと2日遅れるだけで金利がこんなに違うなんてなんか悔しいしです。
4月からの適用の利率に下げてくれって頼んで、下げてくれる事ってないのでしょうか?ローン組む時に既にわかってて担当者は何も言ってくれなかったのかと思うと悲しいです。

確かに悔しいと思います。
でも、それを言っていたら、いつまでも家は買えません。
来月はもっと下がる、と待ち続けた結果、金利が上がってしまったということもあり言えます。

2016/3/28 16:46:27

信用保証協会付融資メリットについておしえてください。

メリット:保証料を払うことにより銀行から融資がうけやすくなる。
デメリット:返済が遅れると銀行から信用保証協会に債権がうつり、残金に14%もの利息がかかる。
これは銀行のカードローンよりはるかに高利率である。

2017/9/2 00:48:43

ファミマTカードのポケットカードでキャシング、ショッピングローンをしてましたが、りそな銀行のキャッシングで全額払いしたのですが、りそなの方が金利が低かったと思うのですが、詳しい方教えてください!!ちなみに30万円分借りて支払いました!

融資利率には、範囲があり人それぞれ違いますので、確認したほうが、良いと思いますが、微妙に、ポケットカードのほうが、低いかもしれません。

2015/4/1 12:23:31

昨日佐賀銀行のATMを使用してましたらカードローンの申し込みの画面がでましてそこから申し込みの手続きをしましたらすぐに50万円までの借り入れができる様になりました。
これは審査に合格したということでしょうか?補足銀行のキャッシュカードで借りる事ができるので消費者金融とはちがうのでしょうか?よろしくお願いいたします。

おきがるポケットローンwww.sagabank.co.jp/loansimu/life_oki_p.htmlご融資利率 年利 14.9%(固定金利) らくらくローンwww.sagabank.co.jp/loansimu/life_rakuraku.htmlご融資利率 年利3.9%~12.0%(固定金利) のいずれかと思いますが、おきがるポケットローンであれば消費者金融の金利と代わりありませんので注意してください。
申し込み条件は口座開設時の資料で確認されていると思いますので、融資金利に注意してください。

2012/11/18 10:13:53

創業補助金や以下のような 貸付は本当に、企業した時にこんなに多大な金額を借り入れできるものなんでしょうか?「女性、若者/シニア起業家支援資金(新企業育成貸付)」などのご融資を通じて、事業開始後おおむね7年以内の女性の方、35歳未満か55歳以上の方のお手伝いをさせていただいております。
詳しくは、支店の窓口までお問い合わせください。
女性、若者/シニア起業家支援資金の概要ご利用いただける方 女性または35歳未満か55歳以上の方であって、 新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方資金の使いみち 新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金融資限度額 7200万円(うち運転資金4800万円)利率(年) 運転資金及び設備資金(土地取得資金を除きます。
)[特利A]技術・ノウハウ等に新規性がみられる方(注)の運転資金及び設備資金(土地取得資金を除きます。
)[特利B]土地取得資金[基準利率]ご返済期間 設備資金 20年以内<うち据置期間2年以内>運転資金 7年以内<うち据置期間2年以内>担保・保証人 お客さまのご希望を伺いながらご相談させていただきます。

この融資での「ミソ」は、、「おおむね起業7年目まで」と云う件です。
僕自身も複数の企業を経営していますが、借入金もありますが、「無担保、無保証」と云う条件で借り入れています。
詳しくは書きませんが、年利も1%以下です。
自分で称賛している訳では有りませんが、おそらく、、「過去の実績と未来の予測」それによって借り入れの条件が異なると感じます。
質問者さんはクレジットカードを利用していますか?利用金額が少ないなら、分かりにくいかも知れませんが、、知らないうちに、カード限度額の枠が大きくなっていたり、グレードの高いカードへの切り替えの案内、インビテーション?が届いた経験は有りませんか?これはカードの利用状況等によって、クレジット会社が判断して行うものです。
話が脱線しましたが、、融資限度額 7200万円(うち運転資金4800万円)と書いています。
運転資金の方が大きいですね??と云う事は、あまり成功していない事業者、それも、創業間もない事業者を救済する様な性格だと感じます。
おそらく?公庫等の融資ではないでしょうか?担保、保証人、は相談とも有ります。
ハッキリ言って、担保、保証人は「拒否してください」本当の意味で最後の切り札に置いておいてください。
先ほど書いたように、現在の業績や未来の業績次第かも?知れませんが、融資額5000万円程度までなら、地銀等、支店長クラスの決済でも融資可能な金額です。
利子の問題も有りますが、担保、保証人も含めて再検討してください。
業績次第で無担保無保証も可能です。

2017/6/28 06:41:59

大変に参考になります ありがとうございます!>

4900万の物件を買い、3600万を某銀行から、3月末に融資を実行します。
利率は1.28%(固定15年)です。
この状況ですが、住宅ローン控除と繰り上げ返済、どちらを優先していくべきでしょうか?収入については手取りで720万、年額25万程度昇給します。
貯蓄はそれなりにあります返済について何かアドバイスがあればおしえてください

住宅ローン控除は、他の控除と異なりローン残高の1%が支払った所得税から直接還付されるという大変有難いものです。
例えば、年末に3000万円のローン残高があれば、その1%の30万円が還付されます。
反対に、繰り上げ返済の効果は、繰り上げ返済した額の利息支払いが減るだけです。
仮に100万円を初年度に繰り上げ返済したとすると、(100万円×1.28%)×14年=17.92万円、17万9千2百円のお得です。
従って、両者を比較して、年末のローン残高の1%が、繰り上げ返済による利息の軽減額を上回る間は繰り上げ返済はしない方が有利となります。
それを下回るか、10年を過ぎて控除が無くなったなら、さっさと繰り上げ返済することです。
私は今まで、一戸建てとマンションを購入し合わせて4300万円を借りた経験がありますが、控除がある間はそのままで、10年が過ぎた後はせっせと繰り上げ返済を実行しています。
おかげで一戸建ては一昨年に完済し、マンションも1年以内に完済する予定です。

2015/3/8 19:20:30

ありがとうございます
結局の所どうなのかなと思っています。
(よくわからないというのが正直なところです)
35年で組んでいますが、やろうと思えば、20年未満で完済できるのです・・早くて17年、遅くとも20年で完済を考えています。また、初めから1000万程度の繰り上げ返済も可能です。
どうしたらいいものでしょう?
1.28%の利息で、1%を超えているので、繰り上げが優先かなと思ってしまいますが・・どうなんでしょうか?>

諸費用込みで住宅ローンを組むこととなりました。
しかしながら、不動産屋さんが出した融資利率の計算方法がいまいちわかりません(>_<)銀行の金利に疾病保障金利が上乗せまではわかるのですが、仲介手数料など諸費用分をどう計算するのでしょうか?誰か教えてください!

不動産屋でローン付けすると、ローン仲介手数料や紹介手数料という訳のわからないお金を5~10万円ほど請求される事があります。
自分で銀行に行けばそんな費用は掛からないし、注文住宅会社では営業がお客様のローン付けしてもそんな費用を要求する会社はほとんどありませんから、ご注意ください。
本来必要なのは1.ローン手数料・・・3~5万円ほど(フラット等は借入額の2%などの場合あり)2.保証料・・・借入額や属性などによる。
(金利に上乗せする場合もあり。
)3.団信保険料・・・銀行ローンの場合0円が多い(フラットは任意加入)4.その他・・・印紙代や登記費用や火災保険料等仲介手数料や諸費用分というのがよく分かりませんので正しい名称を教えていただければ計算方法をお伝えする事が出来るかも知れません。
ただし、保証料はお客様の属性により保証会社が判断するものなので、借入額に対してのおおまかな金額・計算法しかお伝え出来ません。

2016/10/31 08:13:34

回答ありがとうございます。
内訳は印紙代1万円、①登録費用②抵当権設定費用③司法書士手数料で40万円、表示登記9万円、固定資産税.都市計画税5万円、仲介手数料1224720円。
ローン事務手数料108000円、金銭消費賃借契約書印紙代2万円、保証料0円、火災保険25万円、保証事務手数料32400円。
トータル2185120円です。
なお、仲介手数料は売主物件ではないので、3580万円の戸建てに対しかかるようです。>

-融資利率

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験