日本信用情報機構

日本学生支援機構の奨学金についてなんですが、 連帯保証人、保証人に...日本信用情報機構

消費者金融業から電話来て、それでも支払わないと日本信用情報登録機構に載るんですか?補足支払い額が足りなくても電話きますか?

そもそも、JICC(日本信用情報機構)には貴方の借入情報は記載されてます。
契約日、借入額、、入金日、次回入金日等です。
支払日から3ヶ月で長期延滞がつきますが、それ以前に他社から借入しようと思っても、上記の次回入金日で未入金がわかりますので、ご注意を。
もちろん支払い額が足りなくても電話きますよ。
契約内容にもよりますが、支払額が足りないと立派な債務不履行です。

2013/3/19 15:02:55

日本信用情報登録機構に延滞利息が載っているうちは正当な金融業からは借金できませんか?また、しっかり収入ある人でないと借金不可能ですか?

日本信用情報登録機構においての情報が完全に削除されるのを待たれたとしても、消費者金融会社やクレジット会社などにおいて、質問者自身の氏名、生年月日だけを入力し検索すれば、ブラックリストに載っていた記録と載ったことの全ての履歴は、いつでも表示される仕組みとなっております。
消費者金融などの全てとは言いませんが。

2013/4/1 10:00:04

日本学生支援機構の奨学金の申し込み書類の確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書についての質問なんですが、電話番号の欄は携帯電話を所有していない場合は白紙でも大丈夫なのでしょうか?わかる方よろしくお願いします。

家の電話があれば書きましょう。

2016/6/23 17:25:50

家の電話も今はなくて…。すみません言葉が足りなかったんですが、父親は携帯電話を所有しているのですが、母親は携帯電話を所有していないのでその場合は母親の電話の欄は空白でも大丈夫でしょうか?もしよろしければ教えていただきたいです。何度もすみません。>

信用情報は、シーアイシー、シーシービーどちらか一方だけ開示請求すればすべての借り入れなどが見れますか?

クレジットカードやローンなど利用している会社によっては重複している場合もあります。
銀行利用がないのであれく信販系であればCIC、消費者金融系ならJICCだけでも問題と思いますが、2社もしくは3社全て開示請求すれば間違いないです。
全国銀行個人信用情報センター(略称「KSC」)www.zenginkyo.or.jp/pcic/銀行と同視される金融機関、政府関係金融機関またはこれに準じるもの、信用保証協会、銀行系クレジットカード会社などが加盟してます。
株式会社シー・アイ・シー(略称「CIC」)www.cic.co.jp/各クレジットカード発行企業(含む信販会社)と、信用保証会社、自動車や機械等のローン・リース会社、小売店などと、一部の消費金融会社・銀行・労働金庫などが加盟してます。
株式会社日本信用情報機構( 略称:JICC)www.jicc.co.jp/index.html株式会社シーシービーと株式会社テラネットが合併専業と商工ローン会社が主な会員で、大手の会社以外にも中小の金融会社(いわゆる街金融など)も、法人格の貸金業登録など一定の条件を満たせば会員となり信用情報を利用が出来てます。
※ 専業とは消費者金融専門の業者の略称です。

2011/8/12 00:04:20

CICと日本信用情報機構の結果が違うんです。
昨年の今頃CICから取り寄せた信用情報は延滞した契約が全部載ってきてたんですが、最近請求して今日受け取った日本信用情報機構からの結果は【該当なし】という紙1枚だけでした。
どういうことなんでしょう?2社では持っている情報がちがうのでしょうか?

CICとJICCでは加盟している企業・組織も違いますし、記録される形式も違います。
CICはクレジット・信販系が中心、JICCは主に消費者金融が中心ですが、一部の企業は双方に重複加盟しています。
あなたの場合は、契約先がCICへ登録していてJICCには情報アップしていなかったか、登録期間が終了して情報が抹消されたかのどちらかです。

2011/4/11 22:06:22

日本年金機構が、保険料の免除申請者の信用情報などを信用情報機関に問い合わせるといった事はするものなのでしょうか?リストラにあってから住宅ローンやらで経済的に逼迫している親戚の者が昨年からの国民年金保険料免除が【期間延長不承認】の通知が来たそうなのですが、本人は「5月にクレジットカードを作ったのが原因かなぁ」と感じているそうですが、日本年金機構が免除申請者の信用情報を信用情報機関に照会したりするものなのでしょうか?

保険料免除は、もっと単純な話本人、配偶者、世帯主の前年の所得のみで判断します。
その人の 個人の信用情報は不要です。
市役所から、本人、配偶者、世帯主の所得を収集するだけです。
クレジットカードはまったく関係ありません。

2015/7/27 18:10:04

信用情報についてです。
教えてください。
現在、九州労金にて180万円のローンを組んでいます。
現在三年経過し、ローン残高が80万弱です。
これ以外にローンはありません。
支払い遅れた事は今まで一度もありません。
ETCカードが欲しかった為クレジットカードを申し込みましたが、審査に毎回落ちます。
そこで、日本信用情報機構(JICC)に情報開示を依頼しました。
開示書は綺麗なもので、遅延情報等、悪影響のある情報は載っていませんでした。
ただし、ひとつ引っかかる情報が記載されていました。
それは勤務先情報です。
今働いている勤務先では無く、以前の勤務先が記載されておりました。
労金でローンを組んだ際に、当時働いていたA社の労働組合を通してローンを組んだ為、サラッとローンは通りました。
その後すぐA社を退職し、労金に勤務先の変更があったことを伝えずに、現在B社で働いており、ローン支払いを行っています。
クレジットカードを申し込みした時に、当然B社を勤務先欄に記入するのですが、信用情報機構に登録されている勤務先はA社、しかし、申し込み書に記載するのは現在働いているB社。
登録情報と現在の勤務先が違う、これが原因でクレジット審査に通らないのでしょうか?ちなみに年収300万、勤続年数2年半です。
困り果てています。


以下は過去7年間に該当する場合、信用会社ではブラックまたはグレーの顧客と判断されます。
①割賦払い契約で携帯電話本体の支払いの遅延歴などがある人。
(7年間は支払い遅延者として扱われます。
)②何度も申し込みをしている人。
(申し込み履歴も過去6カ月は履歴として残ります。
)③ETCカードだけが目的であれば、デビットカードのように無審査でETCカードを発行する事は可能です。
ちなみに裏技でブラックやグレーをスーパーホワイトにする方法も存在します。

2015/9/8 06:44:32

分かりやすい回答、ありがとうございます!>

信用情報(ローン審査)にお詳しい方にお伺いします。
先日、日本信用情報機構に自分の情報の開示請求をしたのですが返済総額変更という注意情報が記載されていました。
キャッシングをしていた長い契約の1件のクレジット会社があったのですが過払い金請求をしようかと迷っていた時に、過払い金請求で事故情報を載せられるケースがあることを聞き、「過払い金請求をしようかと思いましたがブラックになるのは嫌だから少しまけてもらいませんか?」と相手のクレジット会社に電話したところしばらくして元金の80%で完済という提示を受け完済しました。
それが2年前の話なのですが今回、住宅ローンを組もうか迷っていたので今回情報開示してみるとH23、426 返済総額変更というのが載っていました。
軽はずみで浅はかの行為だったと反省しておりますがもうどうにもなりません。
これがもちろん事故情報である事は解りますが住宅ローンなどは5年経過後の方がよろしいのでしょうか?試しにNTTカード(キャッシング機能付)を申し込んでみたらカードが送られてきました。
お詳しい方教えてください。

↓にまたバカが回答しているけどJICCのHPには「5年を超えない期間」と明確に書いているので5年経過すれば当然消されるし、万が一消えていなかったら消してもらうことができる。
さて、返済総額変更の情報自体がブラックとして扱われるかは金融機関によるので何ともいえない。
カードが作れたからといって住宅ローンも問題なしとは限らない。
5年末のがベターだと思う。
ちなみに過払い自体は正当な権利なのでブラックにはならない。

2013/7/16 17:13:58

日本学生支援機構の奨学金についてです。
確認書兼個人信用情報の紙で、親権者が書く欄があるのですが 母親は手が不自由のため書けません。
この場合、父親が書くべきか生徒(私自身)が書くべきか どちらが良いのでしょうか。

本来は、同一の筆跡だと受け付けてもらえません。
ですが、お母様が全く字が書けない状態であるなら、お父様の代筆が可能です。
お父様がお母様の名前を署名し、名前の後ろに『(代筆)』と付します。
その上で、障害者手帳等のコピーを付ければ大丈夫です。

2016/6/28 00:32:15

日本学生支援機構の奨学金についてなんですが、連帯保証人、保証人について、いわゆるブラックリストと言われる信用情報機関に名前が載っていたり、過去に破産したことがある人はダメでしょうか?また連帯保証人な収入の下限などはあるのでしょうか?

保証人は原則父母ですから、ブラックリストでも破産経験者でもなれると思います。
あなた本人にも父母にも収入がない、または少ないから奨学金が必要になるのですから。
ですが、連帯保証人については、難しいかもしれません。
連帯保証人はあなた自身が返済できなくなったときにあなたに代わって返済義務が生じますから、それができそうにない人は連帯保証人になれないでしょう。
民法では、保証人を選定する責任をお金を借りる人(あなた)に求めています。
あなたに保証人としての能力がある人を選定するように求めているのですから、あなたが、その能力があると判断しなければ保証人に立ててはいけません。
支援機構側からは収入の下限などを示してはいませんが、現在の収入を証明する書類を出さなくてはなりません。
ブラックリストに載っていたとしても現時点で返済できそうな収入があればよいのではないかと思います。
しかし、自己破産の経験者だと、ある程度の期間(7年ぐらいらしい)信用情報機関に残る(いわゆるブラックリスト)ようですから、支援機構が照会した場合は、別の人を連帯保証人とするように請求されるかもしれません。
~勝手に追記~上の回答者様のご指摘通り、連帯保証人が原則父母、保証人が4親等以内の人でした。
ご指摘ありがとうございました。

2011/4/27 10:30:07

-日本信用情報機構

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験