貸出金利

財政の役割と限界 財政の機能には民間から一定の資金を集めて公共財を...貸出金利

質問です。
景気が悪い、とは具体的にどのような状態のことをさしているのでしょうか?また、日本に限らず景気が悪くなると、国民に生活でどのような影響を与えるのでしょうか?

人はGDP伸び率が0%から3%に上がると景気が良くなったと感じるが、6%から3%に下がると景気が悪くなったと感じます。
景気が良いというのは皆がお金を沢山使って沢山のお金が循環することですが、経済成長率が3%上昇すると循環するお金が3%増え成長率が3%低下すると循環するお金が3%減るからそう感じるのです。
日銀は循環するお金を増やそうと金融緩和をしましたが銀行は金利を下げても借り手が居ないので日銀に預金しようとする。
日銀は銀行の預金を減らすために金利を払うのではなく金利を取るマイナス金利を導入したので銀行は貸出金利をほぼ0%にした。
それでも借り手は現れない。
それは誰もがお金を必要としていないからであり、お金を借りてでも買いたいものがない、企業もお金を借りてまで設備投資をする必要が無いということです。
現在は成長率がほぼ0%ですが、0%なのになぜ景気が悪いと感じるのか。
成長率が0%と言うことはモノの消費が買い替え需要だけということになります。
買い替え需要だけで他に買うものが無ければ人は余ったお金を貯蓄に回します。
企業も設備投資をする必要が無いので余ったお金を貯蓄に回します。
お金が貯蓄に回ると循環するお金が減るので景気が悪いと感じるのです。
景気が悪いと税収が減るので、社会福祉やインフラ整備の予算を削らなければいけなくなります。

2018/1/18 16:58:44

至急です!大学のテストのことです!明後日テストがあります!公定歩合引き上げ銀行の資金調達コストが上昇すると、( 1 )が減少し、結果として通過量が減少する。
かっこに入る言葉わかる方いらっしゃいますか!?(>人<;)

問題文そのものがいろいろ取れますので、よくわかりませんが、こんな内容になるかと思いますよ◆ 「銀行からの貸出」 あるいは 「資金の供給」貸出金利が上がると、企業や個人は借入をしにくくなりますので、当然民間銀行からの貸出量(資金の供給)は減少することになり、結果として市場に流れるお金の流通量が減少することになりますので…

2013/7/20 21:12:32

仮に日銀が物価上昇率2%を達成したら、金融緩和はやめると思いますか?

日銀の出口政策が怖いね。
金利が上がるんだろうな。
円高になって、やっと輸入食材を使っている食料品は値が性って来るだろうな。
インフレとは逆行するだろうな。
金利が上がるから、まあ~大変。
既発国債は暴落やから、国債固有率の高い銀行等はヤバいね、保険会社もね。
新発国債は買いたたかれるな(金利が高い)から、返済に又買いたたかれる国債をボンボン発行しなければアカンね。
要は、借金額は急膨張するね。
ああ~~この線からも大増税時代はまだまだ来るね。
市場貸出金利も高くなるから、それを超えるリターンが保障されない限りはあらゆる経済増殖運動活動は止まるし、後退もするだろうね。
だから、麻薬打って一時的に良い気持ちになっても、辞めると断末魔の苦しみが待っていそうだね。
安倍ちゃんと黒田君は、麻薬をやめても屁ともしない足腰しっかりした経済基盤を、そうね1~2年以内で築けんのかね。
俺は、それがイメージできないんだがね。
多分安倍ちゃんは最初からムリと踏んでいたんではないの。
大増税路線を敷きたいがための芝居で、ついでに人気を取ってこれを利用して簡単には日本を右傾化させるのが目的ではないの。
右傾化ね。
恐らく対中国や韓国を意識してもだろうが。
防衛的右傾化か、天皇陛下万歳的な右翼的右傾化かまだ分からんです。

2014/1/7 14:19:09

金利と債権金利や債券の関係について教えてください。
FXは、金利や債券とも関係が深いらしいと学んだんですが。


どうしても、長期金利の上下で債権が売られていくのか、買われていくのかが理解できません。
どなたか、教えていただけますでしょうか?

一般に、長期金利とは、10年物国債の流通利回りを指します。
(表面)利率2%の国債なら、額面100円につき年間2円の利息を受け取れるということですから、国債の流通価格が100円なら、単純に利回りを計算すると、2÷100=2%です。
もし、価格が99円になれば(99円まで売られた場合)、利回り=2÷99=2.02%。
反対に、価格が101円になれば(101円まで買われた場合)、利回り=2÷101=1.98%。
このように、国債(債券)の利回りは、価格が上昇すると低下し、価格が下落すると上昇します。
長期金利の上下で債券が売られたり買われたりしているわけではなく、売られたり買われたりすることで長期金利(国債の流通利回り)も上下しているのです。
なお、長期金利が銀行などの長期の貸出金利という意味なら、長期貸出金利のほうが国債の利回りを参考に決めれれています。
ずっと以前は、長期信用銀行が発行する利付金融債が長期(貸出)金利のベースになっていましたが、長信銀という形態がなくなってしまったため、ベース金利は国債にシフトしたそうです。
通常、国債の利回りが一定水準上下すれば、長期金利も改訂されます。
ご参考になれば幸いです。

2012/10/8 12:46:34

おとといのECBの金融政策発表文は次のようになっていました。
At today’s meeting the Governing Council of the ECB decided that the interest rate on the main refinancing operations and the interest rates on the marginal lending facility and the deposit facility will remain unchanged at 0.75% 1.50% and 0.00% respectively. the interest rate on the main refinancing operations、the interest rates on the marginal lending facility、the interest rate on the deposit facility とはそれぞれどのようなものでしょうか?

この日の理事会では、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.75%に据え置くとともに、下限金利の中銀預金金利もゼロに、上限金利の限界貸出金利も1.50%にそれぞれ据え置くことを決めた。
(ロイター)1)リファイナンス金利:債務者が債務返済のために、債権者から新たな融資を受ける際の金利のこと。
主要政策金利の1つとされる。
リファイナンス金利は、各国の中央銀行が決定する。
なお、主要政策金利には、リファイナンス金利の他に、公定歩合や預金金利、レポ金利などが挙げられる。
(weblio.jp)2)中銀預金金利:デンマーク国立銀行は、民間銀行が預けている当座預金(準備預金)のうち、法定額を上回る部分の金利を、政策金利に合わせて上げ下げすることが多い。
ふつうはこの預金金利の水準が、銀行間で資金を融通し合う際の金利の「下限」となる。
国際的な金融機関は、持っているお金を金利が高い国に回して稼ごうとするため、政策金利や当座預金の金利が引き下げられると、その国の通貨が売られやすくなる。
(朝日新聞)3)限界貸出金利:限界貸出ファシリティ(〔英〕marginal lending facility、〔独〕Spitzenrefinanzierungsfazilitat)は、欧州中央銀行が決定する利子率の一つ。
欧州中央銀行におけるオーヴァーナイトの貸出金利である。
すなわち、銀行は、日中、欧州中央銀行からの貸出によりいつでもキャッシュ(リクィディティ)を調達できることになっており、営業終了時の貸出残高に対して限界貸出ファシリティの利率が課せられる。
貸出高は、担保とされている有価証券の範囲内である。
限界貸出ファシリティは比較的高金利で、銀行は他のより有利な資金調達先を探し、それがない場合に欧州中央銀行の貸出に頼ることになるため、実質的に市場金利の上限として機能するとされる。
この意味で、実質的に市場金利の下限として機能するとされる預金ファシリティの対概念となる。
(欧州経済新聞用語解説)ご参考まで。

2013/3/9 08:31:25

銀行間貸出金利の過去10年間くらいの推移表が見たいのですが、何方か知りませんか?

銀行間貸出金利の方は分かりませんが、日銀の無担保コール翌日物の推移なら以下にあります。
ameblo.jp/yukarig/image-10178730348-10120282046.htmlこれで代用できませんか・・・?

2011/5/2 16:14:13

マイナス金利についてマイナス金利とは日銀にお金を預けるのを防ぎ、企業に融資し経済を潤わせるのが目的。
といった感じだとテレビで見ました。
そこで質問なんですが、各銀行(三菱UFJ三井みずほetc)は日銀にお金を預けなければいけないのですか?それと銀行は各銀行は日銀にも企業にもお金を融資することはせず、銀行で所有しているよいうことはできないのでしょうか?初歩的で、意味のわからない質問かもしれなく申し訳ありません。
ご回答お願いします。

そのテレビの解説は、経済学の教科書通りですね。
テレビのコメンテーターさんには悪いが、そりゃ間違い。
そんなことはあり得ないし、日銀もそんなことは言っていない。
まあ、この世で信用してはいけないものコンテストをしたら経済学の教科書というやつは、1位にはならないかもしれないけれど、相当上位に行く。
日銀でも連銀でもいいからオペレーションマニュアルや報道用解説を読んで、それと教科書を読み比べれてみろ、と言ってやりたい。
まず第一に、いくら日銀当預の金利をマイナスにしようとどうしようとそれを下ろして、企業の貸し付けに充てるなどということは絶対に行われない。
なぜなら、それは銀行のやることではないから。
別の言い方をすれば、そんなことをされて困るのは企業。
いったいどこの企業がそんな「現金」を欲しがるのか。
企業が使うお金は預金通貨といって現金ではない。
小売業者であって、売上を現金で受け取る企業でも、その日のうちに現金は銀行に預けてしまい預金に替える。
銀行が預金を使うのは、貯金のためではない。
小切手や手形の決済のため。
つまり、企業は支払に現金という危険で扱いにくいものを使うことを極力避けて、預金通貨を使おうとする。
そして預金通貨というのは民間銀行の負債であって、日銀の負債ではない。
仮に銀行が、日銀当座預金を払い戻して得た現金を企業に貸し付けたところで企業はその現金をそのまま預金し、そして月末の小切手や手形の決済、或いは給与振り込み使うだろう。
そうして銀行に戻った現金を銀行はどうしたらいい?過剰な現金を抱えている銀行にはペナルティーが課される(後述)。
申し訳ないが、そのテレビの解説はまったく企業財務や銀行業務の実務というものを理解していない。
まず、銀行が日銀当座預金を保有しているのは、まあ、現金支払いの準備という意味も全くないわけではないが(あんまりない)、第一には銀行間の決済のため。
要するに、現在社会では上記のとおり、企業間の決済に現金が使われることは稀。
大部分は、銀行口座間の資金移動で決済が行われる。
従って銀行には、絶えず他の銀行への送金依頼が舞い込むわけだが、この送金を処理するための道具が日銀当座預金。
各銀行が日銀に当座預金口座を開設していることで銀行間にまたがる送金依頼を処理できる。
また、納税や罰金支払いのため政府に送金する際にも、日銀当座預金が使われる。
A社が納税するときには、契約銀行であるX銀行の預金口座から納税額を引き落とす。
そうするとX銀行は日銀に通知して、X銀行の日銀当座預金口座から政府預金口座へ同額を資金移動する。
こうして日銀当座預金は、銀行業にとって必要不可欠なものであって、これをなくすことはできない。
企業が必要とするのは現金ではなく銀行預金だ、というのは上に書いた通りだが、実は、企業は銀行からお金を借りるとき、現金を受け取ることはない。
自分の預金口座に振込んでもらうだけ。
振込むといっても、実際には預金残高の数字を増やすだけだから銀行にとっては、元手となる「資金」は必要ない。
銀行は、「無から」預金通貨を生み出す。
ところが、銀行がそうやって勝手に預金通貨を増やし続けては混乱のもとになるので、「法定準備制度」と言うきまりがある。
これによると、銀行はお客の預金残高の一定パーセンテージに相当する日銀当座預金を保有していなければならない。
これがつまり銀行が最低限保有していなければならない日銀当座預金残高ということになるわけだ。
ところが、日銀当座預金には(通常は)金利が付かないので銀行はなるべく保有残高を減らそうとする。
そのため、場合によっては上記の「法定所要準備率」を守れないことがあり得る。
銀行は、そうしたことが起こらないように「インターバンク市場」と呼ばれる銀行間の貸し借りの場で日銀当座預金を調達してくる。
多く持ちすぎている銀行はこの市場で運用している。
この時の金利が「コールレート」と呼ばれるもの。
実は、この法定所要準備に相当する日銀当座預金には、金利はついていない。
これは従来もついていなかったし、今後もマイナスなどにはならない。
黒田さんが日金総裁になってから「異次元の金融緩和政策」と言って日銀当座預金をめちゃくちゃ増やす政策に出た。
というのは、上記のとおり、日銀当座預金残高が銀行が貸出によって増やすことのできる預金通貨の上限を決めている、と思われたので(実際にそのような効果があるかについては疑問も多い。
おいら自身は否定的)、これを増やせば貸出も増えるはずだ、というわけ(貸出金利も下がるし)。
しかし上記のとおり、銀行は、余った日銀当座預金をインターバンク市場で運用して利益を得ていたので日銀当座預金が増えすぎると今度はインターバンク市場の金利が下がりすぎうまくないことが起こることが予想された。
だから所要準備を上回る日銀当預については0.1%の金利を付けることにした。
なお、日銀当預の新規発行は通常、国債など銀行が保有している資産の買い取りによって行われる。
日銀当預に金利が付かないままだと銀行が、こうした資産を手放すはずがなかったので日銀当預に金利を付けた、という面もある。
さて、今回のマイナス金利政策なのだが、日銀の発表によると次のようになる。
①所要準備に相当する部分はゼロ金利。
所要準備の他に、政策的に設定されている諸「基金」に相当する部分も、ゼロ金利。
②従来、「異次元の金融緩和」政策によって増やしてきた日銀当預分については従来通り+0.1%の金利を支払い続ける。
③上記①、②を超えた部分については-0.1%の金利。
つまり、従来からため込まれてきた日銀当預には一切、マイナス金利は関係ない。
従って、一部で言われているような「日銀当座預金を下ろして企業への貸出へ回す」ということは、上記のとおりそもそも不可能なのだけれど、仮に可能であったとしても、行われるはずがない。
日銀自身は、「限界収益」つまり今後新しく取引される部分の金利が市場全体に影響するのであってすでに発行された部分は無関係、というスタンスをとっている。
マイナス金利が付くのは今後発行される部分が中心であり、従来からの部分にはほとんど関係ない。
新しい部分がマイナス金利であれば、それだけで十分効果があるはずだ、という説明になっている。
いずれにしても「銀行が日銀当預を下ろして企業に貸し出す」などという馬鹿げた話は全く出ていない。< br />なお、銀行がマイナス金利を嫌って日銀当預から払い戻しを受け現金で保管した場合についてだが、日銀は、過剰な現金準備を保有している銀行がある場合にはその過剰な金額を上記①の「基金」部分から控除し、マイナス金利の対象とする方針を公表している。
従って、現金にして保有する、という選択肢は、基本的には銀行に残されていない。

2016/2/2 14:30:31

銀行は預金と融資を繰り返してお金を増やしていくと習ったのですが、一方でお金が増えすぎるとお金の価値は下がり、逆に物価が高くなるとも習いました。
では、銀行が融資できる金額には限りがあるのですか?当たり前のことだったらすいません

銀行は信用創造により貸出を行います。
つまりお金を創り出して貸出することができるので、理論的には無限に貸出を行うことが出来ます。
しかし当たり前のことですが、すべてのお金を借りたい人に貸すわけではなく、銀行が返済可能だと判断した人にしか貸しません。
また物価が安定するように中央銀行が売りオペ・買いオペを行い金利を上下させ、信用創造をコントロールしています。

2017/2/20 12:23:28

1~4の中で適当でないものを選ぶのですがどれが答えか分かりません問題は政府や中央銀行の役割に関するものを選ぶものです1.政府が、公共財を提供することによって果たしている機能は、資源配分の機能とよばれる。
2.政府が、所得税の課税や財政支出などで、人々の経済格差を調整することによって果たしている機能は、所得再分配の機能とよばれる。
3.日本では、中央銀行は、公開市場操作などの金融政策により、物価を安定させる役割を有する。
4.日本では、中央銀がが、市中銀行における預金金利を、直接、決定している。
自分が思うには1と2の文章は正しいと判断しましたがあとが分かりませんどなたか分かる人は教えていただけませんか

こういうのは、だいたい「なぜかはっきりと言い切っているもの、わかりやすく2択にできる表現を含むものが怪しい」と判断してかまいません4がアウトですなにがおかしいか?「直接」と言い切ってるのがアウトです中央銀、日本なら日銀が市中銀行の預金金利を決めている、というのが本当ならどんな状況になるか?三菱東京UFJ銀行にある日、日銀から書面が届きます。
そこにはこう書かれているのです。
「貴行(銀行のこと)の長期預金金利は来月から月利1200%とすることに決定しました。
そのように動きなさい」と大変ですね、来月から三菱東京UFJ銀行は100万預金されたら一ヶ月で利子を1200万円つけねばならないのです。
どうやっても破産ですねおかしいでしょ?預金金利というのは、もちろんそれぞれの銀行が自分たちで決めているのであって、日銀がとやかく言う権利はありません日銀ができるのは各種介入によって「間接的に」預金金利を操作することだけです。
だから無意味に言い切っている4が間違いです直接に、という言葉はわかりやすく間接的に、との2択でしょ?このようにわかりやすく2択にできる文言は1?3にはありませんですから、迷ったら4を選ぶのが確率としては一番正しいですまぁ、これが日銀当座預金の利率だ、って意味なら4は正しいですが…3は、公開市場操作、つまり売りオペ買いオペの影響を問う問題です。
売買オペは、直接的には銀行の貸出金利と通貨量に影響を与えます。
たとえば買いオペで現金を市銀になげれば、市銀はその金を貸し出すために貸出金利を低下させます貸出金利が低下すれば企業はそれを借りやすくなり、事業コストが削減できるので物価を下げることができますというわけで「公開市場操作は間接的に物価を操作し安定させる役割を果たせる」と言えます3については「間違いとはどうやっても言えない」ので、この問題の出来がクソでない限りはこれが誤りではありませんつまり「問題製作者が意図しなくても間接的に物価安定に寄与するではないか」「公開市場操作など、と言ってるから公開市場操作以外で物価安定をやっていれば不正解とは言えないはずだ」という話になるわけですそういうツッコミは問題製作者も嫌なのです。
だから「?など」と書いてあるようなものは基本的に「誤りとは言い切れないから正しい」という判断になるわけですね。
不適切なものを探す場合はね(適切なものを探す場合は「正しいとは言い切れないから不正解」になります)

2017/12/18 22:45:45

財政の役割と限界財政の機能には民間から一定の資金を集めて公共財を供給する( a )、累進税率や社会保障制度により不平等を是正する( b )、有効需要の刺激などの( c )などがある。
( c )は不況のときに公共投資や減税により需要を増加させる一方、民間の設備投資を押しのけてしまう( d )や、国債の増発が将来の増税で賄われることが民間から意識される結果、政策の効果が失われる( e )といった負の影響もある。
また公債残高が増加すると歳出構造が硬直化したり、( f )が上昇するなどのリスクもある。
<語群>1 失業 2 資源配分 3 所得再分配 4 財政政策 5 クラウディングアウト 6 企業 7 リカードの中立命題 8 貸出金利 9 長期金利

答えa 2b 3c 4d 5e 7f 9

2012/8/8 23:04:56

-貸出金利

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験