グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とショッピングのリボルビング払いについて おばあち...グレーゾーン金利

グレーゾーン金利は、法改正されたのにパチンコのグレーゾーン換金が法改正されないのは、なぜですか??縮小するとか気にする必要もなく縮小すればゲーセンに吸収合併させりゃいいのにね?

誰も国会議員に法律改正を申告しないからです。
貴方でも近くの国会議員の事務所に行って話をして来れば、行動は始められますよ。

2016/11/22 20:08:57

グレーゾーン金利をバカでもわかるように説明してください

今までの金利は、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律で制限されていました。
「出資法」は、年利29.2%を超える利息でお金を貸すことを禁止「利息制限法」は、元本10万円未満の利息は年利20%、10万円以上100万円未満の年利は18%、100万円以上は年利15%にするように定められています。
この2つの法律で利息の上限が違っています。
「利息制限法」以上「出資法」未満の金利は「グレーゾーン」と呼ばれています。
利息制限法よりは高い金利だけど、出資法よりは低い、白でも黒でもない「グレー」ということですね。
このグレーゾーン金利での貸付は大手消費者金融などでも普通に行われています。
ところが、平成19年12月19日に「改正貸金業規制法」が施行され、グレー金利が撤廃されることになりました。
これにより、平成22年6月までに金利の上限が引き下げられることになります。
具体的には、現在の実質上の上限金利 29.2%が、 元金10万円未満 → 20% 元金10万円以上100万円未満 → 18% 元金100万円以上 → 15%となります。
すなわち、平成19年12月19日以前に契約した20%を超える29.2%未満の金利をグレーゾーンと呼んでいます。
これ以上高い金利は出資法違反となり刑事罰の対象です。
個人間での貸し借りは109.5%以下まで設定できます。
これも複数の方にお金を貸すと貸金業違反となり刑事罰の対象です。

2017/11/21 13:23:31

グレーゾーン金利は、法改正されたのにパチンコのグレーゾーン換金が法改正されないのは、なぜですか??縮小するとか気にする必要もなく縮小すればゲーセンに吸収合併させりゃいいのにね?

比較したければまず「グレーゾーン金利がなぜ禁止できたのか」調べたら?まあ>しかし、質屋業者は、現行でも、グレーゾーン金利の司法判断が割れていて、この金利帯で金銭を貸し出しをしているのが一般的である。
らしいけど。

2016/11/17 21:23:06

グレーゾーン金利ってどうなったの?2年前くらいにかなり騒がれたグレーゾーン金利って撤廃されたんでしょうか?たしか、去年くらいに新規借り入れは18%で既存利用者はグレーゾーン金利そのまま適用、そんなことはけしからんってテレビで吠えてた人がいたんですが。
その後が気になります。
ぜひ、よろしくお願いします

グレーゾーン金利が正式に無くなるのは、今年の6月20日以降です。
平成18年に貸金業法が改正され、スケジュールに則り段階的に改正が続いていますが、最後の段階(第5次施行)の期限が平成22年6月19日です。
それに歩調を合わせ、出資法も改正されます。
出資法の上限金利が引き下げられて20%となり、貸金業法ではみなし弁済制度が廃止になります。
これまでは利息制限法の上限金利(※)と出資法の上限金利29.2%(以前はもっと高かったこともある)の間に差がありました。
※利息制限法の上限金利 ~10万円:20%、10万円~100万円:18%、100万円~:15%貸金業者は利息制限法と出資法の間の金利に貸付金利を設定し、借主はこれに対する利息を任意に弁済しているから有効であるという理屈でした(=みなし弁済)。
この金利差とみなし弁済の(屁)理屈により、グレーゾーン金利が発生し、過払金を生み出すことにつながっていました。
平成19年頃から大手消費者金融は、第5次施行を先取りして、新規の貸付金利をグレーゾーン金利に引っかからない18%以下に抑えてきたので、過払金が発生する余地は少なくなりました。
法律のうえでは、現在でもまだグレーゾーン金利での貸付も可能であり、実際にしている金融業者も少なくないと思います(特に既存の貸付)。
しかし、今年6月の改正により、出資法の金利が引き下げられ、みなし弁済の制度も無くなると、グレーゾーン金利が発生する余地がなくなります。

2010/2/16 09:51:54

グレーゾーン金利の話が出たのは確か2007年頃だと思います...お恥ずかしい話ですが、グレーゾーン金利の話題が出る前(金利29%)にノーローンにて契約し現在に至ります。
自転車的に、返しては借りるの繰り返しで現在に至ります。
グレーゾーン金利の見直しが2007年頃に有ったと思うのですが、私の場合はとちゅで金利が変わっているのでしょうか?それとも、契約時の29%を維持されているのでしょうか?ノーローンに問い合わせると早いと思うのですが、どなたか情報をお持ちの方いらっしゃいましたらご教授願いいたします。
元金は130万です。

グレーゾーンというのが元々違法なので当時から裁判になれば全部無効ですよ利息制限法が先に制定されているのでグレー自体勝手にサラ金とかマチ金が設定してるもので一部の日賦金利以外は無効で今堂々とグレー金利で商売してるのはヤクザ金融だけですね本屋でちょこと六法とかで利息制限法をみれば金額によって10/15/20と金利は昭和以前から決まっていたので時効でなければ払い過ぎた利息も返してもらえますよ♪詳しくは役場の無料法律相談所とかで聞いてみて

2015/4/25 01:39:17

グレーゾーン金利を擁護した政治家って、消費者金融から言わされてたんですか?以前、法律では利息は約20パーセントにも関わらず、約29パーセントまでは法的に処罰されることはないというグレーゾーン金利が存在していました。
その規制を巡って国会で討議されていましたが、ある政治家がこんなことを発言していたのを覚えています。
「法的金利を20パーセントへ下げることには私は反対だ。
なぜなら、金利を下げてしまえば消費者金融の審査が厳しくなってしまい、お金を借りたい人たちがお金を借りれなくなってしまうからだ。
」 ……というものでした。
この発言て、一見お金を借りたい人たちのために発言してるように見えますが、実際はグレーゾーン金利を維持していたい消費者金融から融資を受けるなどしていて、消費者金融側の反対論を言わされていたのでしょうか?この政治家は消費者金融の代弁者であり走狗となり果てていたけれど、消費者金融の利権を守るためとは言えないので、お金を借りたい一般人を擁護するような言葉に見せかけていたのですかね?普通に考えるなら、一般人を擁護するなら、グレーゾーン金利を廃止するのを支持するはずですので。
お金を借りれても暴利で金を返せずに家族ぐるみで首を吊るよりも、お金を借りれずに起業の夢をあきらめる方がまだマシなはずだとも思うので。
長くなりましたが、この政治家の発言は皆様銅思われますか?ぜひ皆様のご見解をお聞かせください。

法定金利は20%と決まっている。
グレーゾーンは、49.5%から始まったはず。
もちろん、自民党政権が法案を通したのです。
でもね、グレーを認めていながら、今更「過払い金」と言うほうが不正義です。
サラ金がすべて、銀行系列に入って、個人のリストが大銀行の手に入ったから、もうサラ金は御用済みというわけ。
ちなみに、蛇足ですが、政治家は、悪魔。
言うことは、すべてウソです。

2018/3/5 13:54:18

「グレーゾーン金利」を放置して黙認した警察に落ち度はないのですか?過払い金返還についてです。
業者、契約者が双方が合意した金利で貸借契約が結ばれて、契約が実行されました。
のちになってグレーゾーン金利は違法だという判例が出て、過去にさかのぼって過払い金が返還できるという流れになっています。
グレーゾーン金利での契約は全国各地で広く一般的に行われ、CMやティッシュ広告にも金利が明記されていることからも明らかなように違法行為という認識ではなかったはずです。
もし違法だというのであれば、過去にこの違法行為を黙認して取り締まらなかった警察に落ち度があるはずです。
また監督官庁である都道府県や財務局からも適切な指導がなされるべきだったと思います。
感情論で「サラ金=悪」と断じて思考停止してしまう一般市民が多いですが、法治国家のあり方としてこの過払い金返還ブームまでの流れについてかなりの「無理」が見受けられます。
どうお考えですか?

「グレーゾーン金利」を放置して黙認した警察に落ち度はないのですか?についてお答えします。
まずグレーゾーン金利とは、利息制限法に定める上限金利と出資法に定める上限金利の間の金利のことを言います。
ここで、利息制限法はあくまで民事上のルールを定めた法律である一方出資法は違法な利息を課した業者に刑罰を加えることを目的に作られた刑法の一種です。
警察が取り締まり活動を行うのは刑法にある罪が認められる場合のみですので、たとえ民事上無効な金利が課せられたとしてもそれだけを根拠に警察が活動することはできません。
ちなみに「グレーゾーン金利は違法だという判例」というのはおそらく最高裁平成18年1月13日第二小法廷判決のことを言っていると思うのですが、正確にはグレーゾーン金利そのものを民事上無効であるとかあるいは刑事上違法であると言ったわけではありません。
この判例は貸金業法というまた別の法律についての判断を示したものです。
Wikipediaで「グレーゾーン金利」と検索すれば、詳しい情報が載っていますよ。

2010/9/13 12:08:13

出資法が改正されてグレーゾーン金利が撤廃されていますよね。
つまり、利息が2割以上の金利は違法ということですか?

出資法条は業者の場合2割「超えると」アウト。
利息制限法上は、元本によって15%超えで違法、18%超えで違法、20%超えで違法の3段階ある。
じゃあ、グレーゾーンはちょっとだけだけど残ってんじゃねぇかよ!と思いますね。
これについては、国は「行政指導などを通じて実質的にグレーゾーンが生じないようにする」ってな感じのことを言ってました。
まぁ、現実に、現在ではグレーゾーン部分で商売している正規業者はいないようです。

2015/3/4 16:52:16

グレーゾーン金利は、法改正されたのにパチンコのグレーゾーン換金が法改正されないのは、なぜですか??縮小するとか気にする必要もなく縮小すればゲーセンに吸収合併させりゃいいのにね?

まー御公儀とズブズブだからでしょーね。

2016/11/17 12:37:04

グレーゾーン金利とショッピングのリボルビング払いについておばあちゃんの事で質問です。
本人は仕事をしていましたが、鬱病で入院の診断が出て、仕事も失いました。
カードの支払いに支障があります。
内容は主にショッピングのリボルビング払いですが、これにはいわゆる「グレーゾーン金利の返還請求等はあてはまりませんか?またあてはまらない時には、どのように解決したら良いでしょうか?総額は50万円ほどですが、本人には高齢もあり解決が難しいです。
教えてくだされば幸いです。
どうかお願い致します。

グレーゾーン金利の返還請求はキャッシングだけです。
ショッピングはリボでもグレーゾーン金利の返還請求はできません。
(そもそもグレーゾーンがありません) カード会社により異なるので一概には言えませんが支払いに関しては状況を説明しカード会社に相談すれば、相談にのってくれる場合があります。
内容については、支払金額や支払総額、手数料の金利を下げてくれる場合もあります。
基本支払相談は本人が行わなければならないので、本人から連絡する必要があります。
費用があれば弁護士や司法書士に依頼する方法もありますが、今の状況では難しいと思うので、あなたが同席で連絡し、可能であればカード会社に本人から代理で交渉することに同意する旨伝え代わりに話ができる場合もあります。
上記はカード会社判断になるのでどうなるということは回答できません。
他に、破産してもよければ、申立を直接裁判所に申立すれば費用は小額ですみます。

2011/3/31 00:59:49

-グレーゾーン金利

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験