貸出金利

借入の変動金利について。都銀からの借入です。 ベースレートは短期プ...貸出金利

マクロ経済学から見て1.財政政策、金融政策をどう達成させるか 2.紙幣需要関数、投資関数について説明を分かりやすく教えてもらえますか補足IS曲線が右肩下がりの背後に投資関数が関係すると聞いたんですがどういう意味ですか説明して戴いた文の中に「IS曲線が右肩下がりの背後に投資関数が関係」の事を含めていただけますかざっくりとした質問で申し訳ないですが宜しくお願いします

※補足回答 字数制限で、無理。
「市場金利の減少関数」と書いてある通り。
漠然としていて、どうお答えしていいのか、判然としないのですが財政政策・金融政策をどう達成させるか、というご質問ですけど、型どおりに言うなら財政政策とは、政府が財政支出、課税政策、公債発行政策等を通じて、財市場・雇用市場に影響を与えようとすること、金融政策とは、主として中央銀行が、市中銀行への貸出金利(いわゆる公定歩合・基準貸出金利といわれるもの)を上下したり、公開市場操作(いわゆる買いオペ・売りオペ)を通じて短期金融市場に影響を与えること、などをさします。
2. 「紙幣需要関数」とありますが、本当に「紙幣」需要でいいのでしょうか。
貨幣需要の間違いでは?おそらく、貨幣需要の間違いだと思いますから、そちらでお答えします。
多くの教科書では、貨幣需要を3つの動機に分けて区別しています。
取引のために必要とする取引需要不確実な将来の支払いに備えての予備的需要投機目的による資産需要(投機的需要)このうち、取引需要は、国民所得が増えれば、それだけ貨幣の必要量も増えると考えます。
もしも貨幣供給量が一定の下で、国民所得が増加すれば、貨幣市場がひっ迫して金利が上昇するでしょう。
逆に、国民所得が一定の下で貨幣供給量が増えれば、金利が下がります。
予備的需要は、将来の不確実性に備えてものですから、その増減に直接経済そのものとのつながりがあるとは言えないのですが、将来に対する不安が一定の時、貨幣を保有することは、その貨幣を投資に回した時に得られたであろう収入を犠牲にして保有していることになります。
また、一般に所得が増えれば、いざという時の備えとして貨幣を保有しようという気持ちも、強くなる、と言われています。
そのため、予備的需要も、国民所得の増加関数、金利の減少関数と考えられています。
投機的需要は、資産価格の裏面としての金利に関係しています。
たとえば、額面が1000円で、満期まで1年の国債が金利5%で発行されていた場合、年間の金利収入は50円です。
しかし、市場金利が10%の時、つまり、市場で1000円を運用すれば年間で100円の収入を得られるとき、国債をこのままの値段で購入しようという人はいません。
額面1000円の国債は、市場では、500円に下がってしまうでしょう。
(金利が50円なので、500円で買えば年利10%になる。
)金融市場には多くの経済主体が参加していますが、多くが、金利収入自体より利ザヤを目当てに行動している人たちです。
そうすると、近い将来債券価格が上がりそうだ、と思えば多くの人が債券を購入します。
逆に債券価格が下がりそうだ、と思えば、債券を売って、貨幣のまま、手元に置いておき、その後、債券価格が十分に下がって、債券価格が上昇に向かいそうになるまで貨幣のまま、保有し続けるでしょう。
こうして、将来の債券価格が下がりそうだ、という人たちが債券を一時的に貨幣に替えて持っていることを投機的需要といいます。
そうすると、債券価格が低いとき=金利が高いとき、は(今後、債券価格が上がるだろう、と思う人が増えるので)貨幣を手放し、債券を購入しようという人が増えます。
その一方、債券価格が高い時=金利が低いとき、は貨幣の需要が高くなります。
特に、あまりにも債券価格が上がりすぎてしまい、誰も、債券を購入しなくなると、貨幣をいくら発行しても、その貨幣はすべて投機的需要に飲み込まれてしまい、全然、債権(貸付)として、運用されなくなってしまいます。
こうした事態を「流動性のわな」と呼びます。
貨幣需要関数は、もっぱらこれら3つの動機により説明されます。
どれも国民所得の増加関数、金利の減少関数であることには違いありません。
投資関数ですが、これは、「資本の限界効率表」といわれるものと、関係しています。
なお、「資本の限界効率表」という言葉は、もともとJMケインズという人が用いたのですが、もしかしたら、「投資の限界効率表」というほうが、今は一般的かもしれません。
いずれにせよ、次のような意味です。
現在、投資家(ただし、実物投資を実行しようとしている企業家のことを指す)の目の前に、複数の投資案件が存在している。
投資家は、いったいどのプロジェクトを実行するだろうか。
当然、それぞれのプロジェクトの将来の期待収益率を比較して、期待収益率の良いものから実行してゆくであろう。
投資を実行するための資金は、金融市場から調達することになるので、もしも、期待収益率が、市場金利より低い投資は実行されない。
つまり、市場金利が、実行される投資の期待収益率の下限を画することになる。
したがって、市場金利が低いほど多くの投資が実行される。
そこで、金利と、実行される投資プロジェクトの金額を結びつけると一つの関数ができる。
これを投資関数といいます。
そして、投資関数は、市場金利の減少関数となるわけです。

2013/1/25 12:23:12

会社を経営しています、最近銀行が不動産の紹介とかいい投資信託があるんですよとか、自分からしたら全然魅力を感じない投資案件をさもリスクがほぼないということをくどくど話して、進めてきます、そんなにリスクなくて儲かるのならなぜ銀行が自分でやらないのですか?と言いたいところですが、これから将来的に融資を頼もうということもあるのでなるべく遠回しに断るようにしています、銀行って企業に融資してなんぼなんじゃないんでしょうか?確かに金利が低くて儲けが少ないのはわかりますが、今のままでも決算情報見れば数十億、数百億円規模で純利益が出ているじゃないですか!! 一般人からほぼタダ同然で借りてきている何千億円というお金を数%の利回りで運用するだけでどれだけ利益が出るんですか? 最近の銀行員は本当にクズです、会社の見方になるどころか足を引っ張るようなことしかしてくれません、会社としてこのような銀行とどう付き合えばいいでしょう? こんな銀行とは手を切った方が得策でしょうか?

>>銀行って企業に融資してなんぼなんじゃないんでしょうか?こんな時代はとうの昔に終わりました。
企業への貸出金利が1%を切るような時代に突入しているため、端たカネを貸してもコストの方がかかる逆ざやになるなんて事もあります。
銀行を乗り換えても大小こそあれ本質は変わりません。
確かに銀行の本業は融資である事には間違いないですが、長引く低金利政策によって銀行経営は火の車です。
文句は銀行に言うよりも、低金利政策を続ける国家にもあるとも言えます。
投資信託は売った瞬間に1?3%の手数料が入りますし、アパートローンも3%以上の貸出金利が取れるため、銀行はそういう所に注力しています。
同じ1000万円という金額でも、・企業へ0.7%で融資しても1年で7万円・投資信託を購入してもらえば30万円・アパートローン金利3%で組ませれば30万円の金利収入が毎年入ってくるこの状況で銀行が、タダ同然で会社の味方になってくれるとは思ってはいけません。
ただそれでは質問の答えになっていないので、将来への融資(資金調達)を見込んで取れる方法はいくつかありますが、①ギブアンドテイクという言葉通り、清濁併せ呑みお付き合いで少額で投信を購入する②ある程度の規模の会社なら、証券会社に私募債(社債)の発行を依頼し、その社債を家族、親戚、社員、取引先に購入してもらう③規模が小さい会社で、かつ少額(200?500万円)程の資金調達なら、ソーシャルレンディングやクラウドファンディングを利用し直接出資者を募るなど方法はいくらでもあります。
①の場合も、ただ購入するのではなく、「銀行さんも苦しいのも分かるけどね。
もし〇〇円貸してくれたら、考えなくもないんだけどな?」など、カマをかけ牽制しながら会話するのもポイントです。
貿易や海外から原料や物品を仕入れてくるような会社なら、「為替優遇や為替予約を考えてくれ」というのも手段です。
銀行は上手く使うも手を切るのも結局は貴方(貴社)の腕次第なので、賢く付き合ってみてください。

2018/4/14 07:27:19

なぜ中国が利上げするとドル高になるのですか?解説お願いします。

中国の利上げにより、貸出金利は上昇します。
したがって、企業は金の調達コストが上昇するため、経済の抑制要因となります。
中国の株にとってはネガティブ要因になります。
一方、ドルは最近大きく売られていました。
この背景は弱い経済環境に加え、住宅の差し押さえ問題や、11月の金融緩和がほぼ織り込まれてきていることがあげられます。
他の通貨は円も含め、ドルに対して大きく買われており、市場はドル売りにかなり傾いていたといえます。
同時に、米国まで含めた株式や、商品市場もかなり上昇していました。
いわゆるリスク選好型の市場であったということです。
しかし、中国の利上げによりリスク選好の市場心理を冷やした為、ほとんどの市場が逆の動きとなり、株や商品は暴落。
ドルに対して強かった通貨も売られました。
特に中国と関連の高い資源国、オーストラリアの通貨が弱くなりました。
最も、中国の利上げがドル高をどんどんサポートしていくとはまだわかりません。
中国は、G20を前にこの決定を行うことで、協調の姿勢を見せたかったのかもしれません。

2010/10/20 12:03:09

日本が公定歩合を引き下げることのメリット・デメリットを教えて下さい。
アメリカが金融緩和による金利引き下げをしてから久しいですが、金利引き下げによって景気が良くなるなら、なぜ、日本も金利の引き下げをしないのでしょうか?何かしらのデメリットがあると思われます。
お分かりの方、ご教示下さい。

今現在、アメリカ(FRB)の政策金利は0.25%です。
日本(日銀)の政策金利は0.10%です。
すでに日銀の方がずっと政策金利が低いのです。
一般に政策金利と貸出金利、預貯金金利などの各種金利はスライドします。
閉鎖市場の金融理論では、政策金利を下げれば貸出金利も下がり、設備投資が増えて経済が活性化されるとしています。
しかし現代のグローバル市場は閉鎖市場ではありません。
今の日本に資金需要があるでしょうか……?この経済成長率が低迷している中で、あなたはどこに設備投資しますか……?経済成長率とは、企業の平均収益率に比例するのです。
収益の上がらないところに設備投資はしません。
すると、資金需要がないのに利下げや量的緩和をしたら、その資金はどこに流れるのでしょうね。
当然ながら、金利の高い国への投資に流れてしまうのです。
国内市場の流動性はまったく膨らみませんから、デフレ脱却は不可能です。
FRBは今、QE3の縮小と終了、さらには利上げを模索しています。
今日の朝刊では、アメリカの4~6月期GDPが前期比4.2%増だそうです。
結論します。
今現在、日銀がさらに利下げしたところで高い人件費などが災いして国内の資金需要がありません。
資金需要がないのに利下げをしても、ジャパンマネーが海外に流出するだけでデフレ脱却には結びつきません。
以上が国家レベルでのデメリットでしょう。
しかし企業サイドから検証すると異なります。
資金需要は何も国内だけではありません。
新興諸国や輸出先への設備投資、あるいは経済成長が見込める各国への直接投資などによる収益拡大が見込めます。
以上は企業レベルでのメリットでしょう。
下に2000年から2010年までの日米デフレーター指数の推移と政策金利の推移のグラフを掲げます。
上段はデフレーター指数の推移で日本がピンク、アメリカが水色です。
右肩上がりはインフレ、右肩下がりはデフレです。
下段は政策金利の推移で、日本は赤、アメリカは青です。
日銀の公定歩合は、1990年には6.00%でした。
1995年には0.50%に下げられ、以後、ずっとゼロ%台で推移しています。
それに対してアメリカは最高で6.5%、リーマンショック前も5.5%前後に推移しています。
2000年に6.5%を記録したのはITバブルによるものです。
そのバブル崩壊を受けて急激な利下げを実施しています。
しかし2002年には終息し、2004年まで緩やかな利下げで対応しています。
ところが2004年6月期からは急激な利上げに転じています。
これはジャパンマネーを含む海外資金の流入によっています。
ジャパンマネー流出の傍証としては、アイスランドでの円建て住宅ローンが挙げられるでしょう。
アメリカでは利上げとともに金融機関も貸出金利を上げなければならず、高い金利が得られるサブプライムへの融資に走ったのです。
そこへ日銀が2006年と2007年の2度に亘って利上げしました。
業界では日銀がさらに利上げするのではないかとの憶測が流れサブプライム破綻、リーマンショックへと推移しています。
以上がITバブル崩壊から復興、インフレ加速、リーマンショックへと至る経緯です。
……過去に学びましょう。

2014/8/29 18:43:43

金融機関に勤めている人は、黒田総裁が早く辞めることを願っていますか?

金融機関勤務です。
黒田総裁がどうであれ、マイナス金利だけはやめていただきたいです。
貸出金利が低くなり本業収益が悪くなっています。
金融機関だけのメリットで言っている訳ではなく、プラス金利になるような政策を行い、勤労者の収入が増え、金利が高くなっても困らないような形になって欲しいと切に願います。

2018/3/18 22:17:11

銀行ではどういう人が出世しますか?東大卒だとどうですか?>

公定歩合(基準貸付利率)について質問です(1)公定歩合に連動して市中銀行の金利が決まるのはなぜですか?(2)1994年以降の金融自由化で公定歩合が市中銀行の金利に直接影響を与えなくなったのはなぜですか?

1.昔は、日銀が公定歩合を換えれば銀行はそれに基づき貸出金利や預金金利を連動させていました。
日銀の指揮の下、銀行は公定歩合に従って預金金利は一律横並びできまっていました。
貸出金利はリスクの高低で差がありますが下限金利である公定歩合にプラスαでした。
当時の大蔵省(現在の財務省)が日銀を中心に銀行を完全に管理していたのです。
2.バブル崩壊後、金利がゼロになると公定歩合の存在意義がなくなりました。
ゼロ金利で動かなくなったからです。
企業は借入どころか返済に走っていたからです。
金融自由化の中、大蔵省も海外特にアメリカからのプッシュもあり金融自由化に踏み出したのです。
銀行の裁量で貸出や預金の利率を決めらるようになったのです。
しかし、ほとんど横並びであることには変わりありません。
銀行という保守的な業務ということもあり目立った動きが取れないのです。

2015/12/17 12:05:05

以前は日銀が連動させるよう指示していたけど、意味がなくなったのでやめたのですね。回答ありがとうございました>

財政に関する質問です。
主に戦前期においてなのですが、日銀の赤字国債引き受けとグラウディングアウトの関係がよくわかりません。
買いオペとは違って赤字国債引き受けは市中金融機関に金が流れなく、政府に直接金が流れてしまうから、相対的に市中が資金不足になり、金利が上昇し、民間の投資を抑制してしまうということでしょうか?また赤字国債引き受けによって確実にクラウディングアウトは引き起こされるのでしょうか?

戦前の日銀引受によるクラウディングアウトの例は聞いたことがないのですが、基本的に国債を直接引受しても市場の金利とは無関係で、連鎖的なクラウディングアウトは発生しないはずです。
クラウディングアウトはあくまで国債発行によって市中の金を大量に吸い上げた結果の金不足(もしくは国債金利上昇に連動した銀行金利上昇)で発生するものですクラウディングアウトは財政発、もしくは金融機関発の貸出金利上昇による投資減退ですから、要するに金融機関が自主的判断で(預金率や貸出量の増減とは別要因で)金利を上昇させないと発生しません市場で国債を取引しそれが増大した場合は、国債の供給増加によって国債金利が上昇し、連動して銀行の預金金利が上昇し、ペイするために貸出金利も上昇し、という動きを見せるわけですが、中央銀による直接取引であれば国債金利は自由ですし、市場にはなんら影響を与えないため銀行貸出金利が上昇するのもおかしい話になります考えられるとすれば増刷によるインフレ懸念からの自主的な金利上昇でしょうかね。
あなたの言うところの相対的な市中資金減少のこと。
ですがこの場合市場の流通通貨は減りませんから、これは多分に銀行のさじ加減一つということになります。
タイムラグはありますが、政府支出が拡大するのですから民間の流通通貨も増えるし、それが貯蓄にも回ればむしろ預金金利の低下=貸出金利の低下圧力になるはずです赤字国債を発行するだけではクラウディングアウトはおきません。
古典派によるクラウディングアウト理論なら常に発生すると言われてましたが、実際は経常が赤か黒か、失業率がどれだけあるか、そういった事情が「猶予」として働くためクラウディングアウトはなかなかおきません。
実例は日本政府が毎年発行している国債ですね。
40兆円規模で市場から吸い上げているのにクラウディングアウトは発生してません。
これは市場の資金需要がそもそもなくて、貸出原資である銀行預金が「はじめから余ってる状態だから」です。
余ってるものを吸い上げても市場の金は足りているし、銀行の預金も余ってる状態なので貸出金利が上がらず、当然クラウディングアウトも起きないわけですまた政府支出の拡大に伴うクラウディングアウトは、瞬間的な市場の金不足を演出するものの、その後タイムラグをもって好景気を引き起こすことも多々あります。
たとえば81年のアメリカのレーガン政権による大減税と支出拡大でクラウディングアウトが起きましたが、政府支出の拡大に伴って82、3年には「アメリカの復活」とまで言われる好景気となっています

2017/1/25 03:10:39

なぜ中央銀行は中間目標を長期金利としているのでしょうか?大学の授業で長期金利の上昇→貸出減少→預金減少→マネーストック減少という流れを習いました。
しかし、貸出減少がなぜ預金減少に繋がるのかが理解できません。
どなたか解説お願いいたします。

銀行が貸出をすることによって、預金は作り出されるからです。
これが信用創造と呼ばれる、銀行が持つ機能です。

2015/7/19 19:45:32

なるほど!
信用創造は別の文脈で習ったのでここで繋がるとは思いませんでした
納得です!
ご回答ありがとうございました!
>

政治経済についての質問です今の金融政策に無担保コール翌日物金利が重要な役割を担っていると聞いたんですが、その金利を変動させることでどういう効果が出てくるんですか?仕組みがよく分かりません…

高校の政治経済の授業なのか、大学の入門経済学のレベルの話なのか大学の教授の特殊講義レベルの政治経済学のなのか、その辺で、答え方も変わってくるんですけどね、高校の政治経済学或いは大学の入門経済学レベルの話であるなら、とりあえず、一般的に市場金利というものはその高低によって企業の投資水準(および家計の消費支出)に影響を与えることが出来る。
で、無担保コール翌日物金利というのは銀行間で資金を融通し合う市場なので、もっとも短期(ほんとは日中ものというのがあるけれどそれを除けば)で、もっともリスクが小さい。
そして、取引の期間が短いもんだから、もっとも頻繁に変動する。
より長期の銀行の貸出金利は、この無担保コールの金利を下限として期間やリスクに応じて上乗せされることで決まる。
逆に、銀行が預金者から預金を集める場合には、これより低く金利が設定されることになる。
つまり、無担保コールが預金金利の上限、貸出金利の下限を規制するわけだから、これを上下すれば、当然これらの金利も変動する可能性が高い。
従って、これにより、企業の投資や家計の消費支出に影響を与えることが出来る、とされている。
本当かどうかは、よくわからないが、教科書的には、そうなる。

2015/8/3 08:58:02

借入の変動金利について。
都銀からの借入です。
ベースレートは短期プライムレートと連動長期貸出金利です。
利率は1.995% ← これは高いのでしょうか?

情報が少なすぎてなんとも・・変動で、長期貸出金利?通常、変動金利は、利率は半年ごとに見直されます。
元利金等でしたら、支払い金額は5年一定で半年ごとに元金と利息の内訳割合をかえるわけです。
なので、スタート金利が安くても、半年後と見直しですので・・。
どちらかというと、優遇がどうなのか、という方ですね、みるのは。
たとえば△1.5%とか△1.6%とかが通期優遇(ローン最後まで)なのか、最初だけ手厚くてあとは優遇が下がってしまうのか。
都市銀行ですと、変動のベースが2.475%とかが多いですよね?銀行の店頭の電光掲示板みたいなのに出てるやつです。
で、優遇△1.6%だと0.875%で借りられる、って事ですよね・・。
もちろん審査はありますが、店頭のポスターだけでなく、優遇は聞いてみるべきです。
1.995%ていうのは、固定ではなくて?すみません、いまひとつ読み取れませんでした・・。

2011/6/4 15:39:34

-貸出金利

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験