貸出金利

経済学を勉強し始めたばかりの者です。 金本位制では、銀行がお金を刷...貸出金利

近年の日本がマネタリーベースを盛んに増やしていることについて、お尋ねします。
私の理解では、下記の通りです。
素人なので間違っている可能性があります。
まず日銀が札をいっぱい刷って、各銀行にお金をいっぱい貸すよと、でも銀行としては借りても返さないといけないものを無駄使いできないから貯金して微々たる利子を得るだけ(つまりは国債を買う)すなわち、政府が金をいっぱい借りられるようになる。
借りたら返さないといけないが、金がなければ、また借りて返済すれば良い。
これは実質的には日銀引受と同じだと思うのですが、なぜいまだに現金の価値の希薄化(インフレ)が殆どおきないのでしょうか?

ちょっと違いますよ。
日銀が札を刷るわけではなくて「日銀当座預金」という民間銀行が日銀に開設している預金口座の預金残高を増やすんです。
(その際には、買いオペレーションと言って銀行が保有している国債を買い取ることになります。
国債の対価として預金を各銀行の日銀当座預金口座に振り込む――要するに数字を増やす――わけです。
)そうすると民間(具体的に誰のことかはよくわかりませんが)のインフレ期待(近い将来インフレになるという予想)が発生する。
インフレ期待が発生するとなるべく早めにもの(何かよくわかりませんが)を購入するようになる。
特に期待実質利子率が低下するので投資が増える。
「期待実質利子率が上昇する」というのは一般に貸出金利というのはゼロ以下には下がりません。
ですが物価上昇率はゼロ以下になり得ます。
大雑把に名目金利-インフレ率=実質金利と考えた場合、物価が下がり続ける場合、つまりインフレ率がマイナスだった場合、たとえ名目金利がゼロ近傍だったとしても実質金利は高いことになります。
しかも名目金利がそれいより低くなりえない以上、物価の下落率が激しくなるほど実質金利が高いことになります。
ですからインフレ率が高くなる(あるいは少なくともプラスに戻す)ことで実質金利を引き下げることが可能になる、と考えられていたのです。
(ここで「インフレ率」という言葉が「期待インフレ率」を指すのか、事後的な、実際に発生したインフレ率を指しているのかでちょっと理解にずれが出てくるかもしれません。
現在の経済学では「期待インフレ率」と考えられているようです。
ですから当初のもくろみとしては日銀当預の増加→インフレ期待の発生→投資の増加→銀行融資の増加→実際にインフレが発生という経路になります。
(銀行は、日銀が刷ったお札をお客さんに貸出しているわけではないので銀行の貸出の増加と日銀の発行する通貨(紙幣・日銀当座預金)の額の間には法定準備制度を除けば、量的な結びつきはありません。
法定準備制度とは銀行が発行している預金残高と保有している日銀当座預金残高の間の比率を一定の値以上に保つことを言います。
銀行は日銀が発行した通貨をお客さんに貸出しているわけではなく、自分の負債である預金を増やすことで貸出していますので、貸出に先行して日銀の通貨が必要なわけではなく、後から法定準備を守るのに必要な日銀当座預金=準備預金をかき集めればいいのです。
)上記の金利と同じことは賃金についても言えます。
地域ごとに「最低賃金」が法律で定められていますが、これは「名目賃金」です。
物価が低下し続けると「名目賃金」は一定でも「実質賃金」は上昇し続けることになります。
逆にインフレ率が名目賃金上昇率を上回れば、実質賃金は低下することになる。
そうなれば企業の期待収益率が向上し、これがまた投資・雇用の増加に結びつく。
こうしたことが黒田日銀発足時に黒田氏やら岩田氏などによって強く主張されていたことでした。
ご質問の中で誤っているのはまず日銀がお札を刷って、それで銀行が国債を購入している、という点です。
日銀がいくらお札を刷った(実際には上記の通り日銀当預を発行するわけですが)ところで銀行はそれを日銀から借入れようとはしません。
日銀当預を増やすには少なくとも国債と同等の金利を日銀当預(超過準備)に払うことで、日銀が銀行から国債を買い取っているのです。
そうでなければ銀行は国債を日銀に売ったりしません。
銀行にしてみれば、国債を持っていても日銀当預(超過準備)を持っていても同じことです。
だから日銀の異次元緩和にも協力できた。
また、日銀が超過準備を発行することで銀行は国債を買い取ることができた、ということに関して言うと、実はこれは金融緩和とは関係ないんですよね。


以前は政府が国債を発行するとき、さらには税金を徴収するときには常に行われていることです。
と言いうのは昔は日銀は夜間の日銀当座預金の供給額を銀行が法定準備を守れるぎりぎりの水準に維持していました。
以前は超過準備には金利は付いていませんでしたから銀行も収益を生まない資産の保有量を極力減らしたいという思惑があり超過準備はほとんど保有していませんでした。
こうした状況の下で納税や国債発行が行われると日銀当座預金が一斉に政府預金に振替えられる(民間の日銀当座預金口座から政府預金口座へ預金が移動させられる)ため、銀行は法定準備を守れなくなってしまいます。
ですから納税が集中する時期や国債が新規発行されるときにはそれに先立ち、あるいはそれと同時に日銀が買いオペを行うことで市場に日銀当座預金を供給していました。
そうしないと国債発行はもとより納税さえ不可能だったのです。
(今は超過準備には国債同等の金利が支払われており、銀行は多額の超過準備を保有していますから、この点でそんな問題はありません。
)ですから法定準備制度がある限り、付利なしの状況で国債発行や納税の度に日銀が買いオペをするか、超過準備に金利を支払うことで常時銀行を超過準備状態においておくかはともかく、「実質的に日銀引き受け」と言われてもそうせざるを得ないのです。
なぜインフレが起こらなかったのかについてはいろいろな学者さんたちの説があるようですが、製造業の現場の立場で言わせてもらえればマネタリーベース(特に超過準備)を増やすことでインフレを予想し、そんな根拠によるインフレ予想(が、仮にあったとしても)に基づいて投資を増やす、なんて甘い行動はとっていない、ということです。
(そんなことをしたら株主総会で吊るし上げを食らう。
)もしもインフレが予想されるなら、自分の売上を拡大すべく、一層の原価低減に励むことでしょう。
(これは簡単に日銀当座預金増加によるインフレ期待の効果をくじくことでしょう。
)今は70年代の様に原価の上昇を簡単に製品価格に転嫁できる時代ではない。

2017/8/11 08:48:15

銀行は貸出金利をどのように設定しているのでしょうか?情報生産活動との関連で説明をお願いします。

銀行や郵便局は燃えない貯金箱という感覚で、預金や定期預金をしても殆んど無一文の利息しか付きません。

2016/6/22 02:52:54

前払式証票の発行者は未使用残高が1000万以上の場合、その1/2以上の金額供託が必要とありますが、金融機関との保全契約で保証料を払うことで供託に変えられるともされているのを知りました。
ですが何故保全契約を行うと供託に変えられるのかがチンプンカンプンです。
仕組み並びに保証料はどれぐらい必要であるか教えて頂けますでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

保全契約は基本的に供託に代えて不履行の自体のときに供託に代えて支払うというものです。
保証料率は一般的に貸出金利並のようです。

2015/9/22 23:17:49

マイナス金利では、なぜ貸出金利が下がるんですか?補足日銀に預けてもマイナスになってしまうので、それをカバーして少しでも銀行にとっての収益を確保するために、貸出金利を上げるのが経済合理的なんじゃないでしょうか?

銀行が日銀に預けたら金利がマイナスになってしまうので、それよりはマシになるような低い金利を受け入れて貸し出すからです。

2016/3/18 15:25:25

基本的に、企業側に資金需要がないのです。高い金利で借りなくても、お金は間に合っていますから、それを借りてもらうには銀行は金利を下げる必要があります。つまり、現状の金融市場は借り手市場なのです。>

【アベノミクス】長期金利(国債10年もの)って今後どうなると思いますか?アベノミクスがはじまり、円安、株高傾向が続いています。
アベノミクスが成功するかどうかは、名目GDP成長率の上昇とともに、長期金利の安定が不可欠だと思います。
GDPが増加しても、国債金利が上昇して財政が悪化してしまえば元も子もないと思うので。
そこで、長期金利(10年もの)の数字を見てみると、意外にも2013年はじまって以降むしろ下がっています。
ひとまず安心というところでしょうか。
www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.htmlインフレ予想が強まると、金利が上昇する!財政破綻だぁ!って言ってる人もいますが、いまのところ上がるどころか、下がっています。
みなさん、これってなぜだと思いますか? 日本のデフレはそこまで根深いってことでしょうか? それとも今後上がるのでしょうか? 賃金が上昇するなど実体経済が上向き、経済成長が軌道に乗るまでは長期金利が安定してくれればいいのですが、このあたりどうなんでしょうか?補足回答ありがとうございます。
補足しますと「安定」というのは、「これからも低金利で推移してもいい」と言っているのではなく、「急激に上昇することなく、景気回復とともに緩やかに上昇してほしい」という意味です。
誤解を招く書き方でした。

長期金利の上昇というのは、普通は景気の改善、拡大とともに起きる現象です。
景気が改善するというのは、つまりは企業収益が増えて国の税収も増えるということですから、それ自体は歓迎すべきことでしょう。
そして景気の改善=好景気=GDP成長率の上昇を意味しますから、GDPが増加すれば一般的には金利も上がります。
今年に入って長期金利が下がっているのは、アベノミクスによって日銀が大胆な金融緩和に動くと読んだ投機筋が、国債の先物買いを進めているからです。
金融緩和で日銀がさらに国債を買い増せば、国債価格は今よりも上がっていきます。
従って、価格が上がる前に国債を買って上がった後に売れば、投資家は国債の取引で売買益を手にすることができます。
また実際に売らなくとも、国債価格が上がれば、投資家は保有資産の含み益が増えることになります。
そうしたことを見こんで投資家や投機筋が積極的に長期の国債を買っているため、国債の長期金利は下がっているわけですしかし今はそうした理由で投資家が国債を買っていますが、もし今後アベノミクスの狙い通りデフレ脱却と景気回復が実現すれば、まず期待インフレ率が上昇して民間の長期資金の需要が高まり、それを受けて貸出金利が上がり始めます。
また景気の回復に合わせて、不動産投資や証券投資の利回りなども上昇します。
そうなれば投資家は、金利が低い国債を売って資金を他の投資対象にシフトするようになるので、景気が回復すれば必然的に国債価格(市場で取引される国債の価格)は下落して、国債の金利は上がることになるわけです。
また景気が回復して長期国債の利回りが上昇すれば、確かに新発国債の金利も上がって国の財政負担は重くなりますが、しかし既発債の利率はすでに確定していて市中金利の上昇後も変化することはないので、よほど急激な上昇(たとえば5%や10%の上昇など)でもない限り、たとえ金利が上がったとしても、即座に国の財政負担(利払い負担)が急激に増加するというわけではありません。
国債金利の上昇による国の財政負担の増加は、金利の上昇が中・長期にわたって続くことで初めて深刻なものになります(時間がたてばたつほど、新発国債の発行額や既発債の借換え金額が増加するため)。
このように長期金利の上昇というのは、通常は景気の回復とともにもたらされるものであり、従ってたとえ金利が上がったとしても、その分景気が上向いて利払い費の増加以上に国の税収が増加すれば、財政運営上はなんら問題はないということになります。
しかし、こうしたいわば「良い金利上昇」とは別に、経済や国の財政運営に悪影響をもたらす「悪い金利上昇」というのも存在します。
それは国(政府)の国債発行残高が急増して、中央銀行が国債を間接的(中央銀行は国から直接国債を買うことができないため)に買い支えるという事態が生じた時に起こる可能性があるとされています。
そのような事態になると、中央銀行が国の財政赤字の穴埋めをする「財政ファイナンス」が事実上行なわれることになり、国の財政赤字や国債発行額に歯止めがきかなくなります。
そうなると、将来の国債価格の暴落を予想して投資家が保有国債の投げ売りに走るので、景気が回復していないにもかかわらず、国債の金利は急上昇することになります。
日銀がこれまで、国債買い入れ金額の大幅な増加について消極的だったのは、こうした「悪い金利上昇」が国の財政運営や景気に与える悪影響を懸念していたからだと言われています。
アベノミクスによる大胆な金融緩和が、はたして「良い金利上昇」と「悪い金利上昇」のどちらをもたらすのか、それともこれまでと同じように、結局金利は上昇せずに終わるのか、それはこれからの状況の推移を見てみないと断言は出来ないと思いますが、私個人としては、結局金利は上がらない(つまりデフレ脱却を実現することはできない)という可能性が(今後4、5年のスパンで考えれば)一番高いのではないかと考えています。

2013/3/24 21:47:11

過払請求できるかの質問です。
ある銀行に50万借りていてその返却方法は3万を7月と1月にはらうというものですが、利子ばかり払い続けて10年くらいになります。
こういう案件は過払い請求できるのでしょうか。

半年間に利息相当分3万円を払うのなら年に6万円計算ですから、利息は年利12%です利息制限法ではあなたの借りた金額の上限は年18%ですから、過払いは発生しません元々銀行は利息制限法以内の貸出金利が義務付けられていますので、貸出金利が過払いがを発生する事は一切ありません。

2016/7/2 10:01:30

↑のアホ
>>一回に3万円返せる収入があるなら、毎月3万円返していっちゃどうですか?
半年に1回、利息分て書いてあるだろ
↑も↓二人もココはアホしかいないのかwww
>

お願いします。
簡単なザックリしたお答え方でお願い致します。

質問が2点あります。
一点は日銀の金利が一般的に低いと言われる数値まで下がると、銀行はお金を日銀からかりやすくなる。
すると、銀行が多くのお金で企業に融資できる。
これであってますか?二点目は日銀に何故、銀行がお金を貸したりするのですか?お願いします!

前略 一点目は合っています。
現在、日銀のゼロ金利政策により、日銀から市中銀行への貸出金利が引き下げられていますので、連動して市中銀行から民間企業への貸出金利も下がります、そのため民間企業は借りやすくなり流通通貨量は増加します。
二点目は、「日銀に市中銀行がお金を貸す?ことはありません。

2015/4/1 22:35:30

【韓国経済崩壊】米国FRB、量的緩和縮小決定//www.news-us.jp/

経済の成功失敗の定義は色々あるかと思いますが、「韓国」というマクロで見た場合、ストック(積み上げた富)は、まだまだ先進国に及ばない。
トイレットペーパーも流せない。
まあ、何百年と植民地からの富を蓄えた先進国や、金銀が算出した日本と比べるのは酷ですが。
フロー(現在の稼ぎ)で言えば、莫大な貿易黒字、所得収支、サービス収支はトントン、世界的に見ても非常に順調です。
ただし、韓国内での分配は最悪です。
北朝鮮を見れば分かるように、折角儲けた資本を皆で分け合わずに、王様と奴隷に二極化してしまう民族のようです。
なので、国として豊かになっているにも関わらず、韓国民の多くは、格差を感じて豊かさを実感できない。
まあ、対外的な借金やデフォルトではないです。
そっちは多分大丈夫(粉飾してなきゃ)。
崩壊するとしたら、内部からです。
貧富格差の対立、地方対立、思想対立、優秀な人材の韓国脱出、内部からグダグダになるでしょうね。

2013/12/22 18:53:44

金利についてのレポートなんですけど1000文字くらいで金利について教えてください。
お願いします。

資金の使用料もしくは賃借料。
利子と同義であるが,慣用では利子が抽象的な観念であるのに対し,金利は現実の資金市場で具体的に成立している資金の使用料もしくは賃借料であり,その資金が貸倒れになる危険に対する保険料や資金の借手の信用調査,担保物件の管理に必要な経費に相当する手数料も含まれている。
金利は元本である資金の使用料,賃借料として支払われる金額自体をさす場合と,使用料,賃借料として支払われる金額の元本に対する比率をさす場合とがあるが,後者の場合は利子歩合とも呼ばれ,通常は資金の使用期間を基礎にした年利率,月利率または日歩によって表わす。
金利は資金の需給関係によって決り,資金の貸借の当事者,その使途,貸出期間などによりさまざまな金利が生じる。
金利の代表的なものは中央銀行が市中金融機関に資金を貸出すときの金利である公定歩合,市中金融機関相互の間で貸借される大口の短期資金の金利であるコールレート,市中金融機関が受入れた預金に対して支払う金利である預金金利,市中金融機関が企業や家計に資金を貸出す場合の金利である貸出金利などである。
また資金の貸出期間の長短によって金利は長期金利と短期金利に区別され,通常前者は債券の利回りによって,後者は手形割引の割引歩合によって,それぞれ表わされる。
だってさ☆

2018/1/16 11:50:57

ありがとうございます >

経済学を勉強し始めたばかりの者です。
金本位制では、銀行がお金を刷るタイミングは金が入ってきたときで、金が入ってきたらそれと同じ価値だけお札を発行しよう、ということになると習いました。
ということは、金が出たときには銀行のもとに帰ってきた札を破棄することになりますか?金がない状態で札がその分増えれば、金と札のバランスが悪くなってしまうのではと疑問に思い、質問させていただきます。

準備率というが基本的にイコールではありません例えば準備率が10%なら金保有10に対して紙幣は100まですれます金保有が8になったら準備率が8%になるわけです尤も銀行側もある程度の準備率を確保したい、としますその場合は例えば貸出金利を引き上げますするとお金を借りたい人が減る、銀行から出て行くお金が減り、銀行にお金が貯まるわけです紙幣とは銀行の負債でもあるからですこの辺は経済カテのリッキーさんが見たら発狂するほどひどい説明ですが、勘弁してください

2015/10/3 12:25:10

-貸出金利

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験