債権保全

これは迷惑メールですか? 少し前に来たメールなのですが、怖くなって...債権保全

世間知らずで申し訳ありません。
どなたかわかる方いらっしゃいましたら、ご教示下さい。
昨年父が亡くなり、何件か債権があるみたいなのですが、いくら貸していくら返済されているのかが詳しい書類がないので相続した私と母はわかりません。
個人で貸していたのか自営業だった父は会社で貸していたのかもどうなのかもわかりません。
私達はそのような状況なので一切の債権回収は行わないと決めていました。
しかし、債務者の一人から過払い請求をする為の資料集めと見られる証拠保全という申立を起こされました。
しかし、証拠と言ってもその債権者がから、父が受け取ったであろう小切手5枚総額300万。
と抵当権設定した建物と土地の書類でした。
抵当権にかんしては先程も申した通り貸した額面がさだかではないなので、抵当権抹消の手続きにも相続人である私達は応じました。
その時無知な私達は弁護士の言われるまま一切の債務はない事も認める債務不在証明書にもサインもしてしまいました。
お互いにこの方が良いと思った私達は馬鹿だったと。
今に思って思います。
債務者側にも領収書等は残っていないようです。
返済は直接家にきて返済していました。
なので銀行の取引記録もありません。
多分ですが、今回の申立は返済した帳簿などの記録を求めていたのだろうと思います。
実際はそのようなものはありませんでした。
貸した金額も証拠となるものがないので相手の主張した金額で申立するだろうと思っています。
ただこのような状況で過払い請求ってできるものなのか?と言う事と相手の弁護士に言われるがままにサインした債務不在証明書のサインした書類は取り消しの申立はできるものなのか?どなたか宜しくお願いします。
補足正確にいうと抵当権抹消は証拠保全申立の前に応じました。

1.事実確認小切手と抵当権設定契約書を対象物とする証拠保全申立書が相手方から送られてきた、あるいは証拠保全決定書謄本が裁判所から送付されてきた、ということですね?保全の対象物として記載されてないなら、相手が帳簿などの記録を求めていたとは思えません。
質問者さんが何故、相手の目的が過払金請求だと思うのか気になるところですが、相手が以前に過払金の返還を要求してきたのでしょうか。
2.債務者側は過払い金請求(不当利得返還請求)が可能なのか質問文からだけではちょっと分かりませんね。
金銭消費貸借契約について不当利得返還請求する場合、2つのパターンが考えられます。
一つは、有効な契約だが利息制限法に違反する利息を取っていたため債務者が多く払いすぎており、払い過ぎた分を返せと債務者が主張するもの。
いわゆる過払い、不当利得に基づく利得金返還請求ですね。
もう一つは、債権者が異常な高利を取っており契約自体が違法無効なので、返済額の全額を返せと債務者が主張するもの。
たとえば、闇金を相手にするようなケースですね。
後者はよほど悪質なケースですので、質問者さんの父が普通の商売人なら問題となるのは前者でしょう。
前者の場合、相手は民法703条に基づき、以下の事実を主張立証する必要があります。
①金銭消費貸借契約が成立したこと(1)金銭を返すという合意(2)金銭の授受②利息制限法の上限を超えて利息を払ったこと仮に貸主が利息制限法違反の高利で貸していた場合で、相手方に上記①②に該当する証拠があれば、過払金の返還請求は可能でしょう。
相手が弁済の領収書を持っていれば②の証拠になりますが、なくても相手方の方で帳簿等をつけてれば、なんとかなる場合もあります。
相手方が上記の証拠を必要とする理由を考えると、①(2)金銭授受の証拠がないのかな…?3.債務不存在証明書についてこの証明書についても内容を見てみないと何とも言えませんが、「サインした質問者さんと相手方との間において」、「現在は」相手の債務が存在しないことを確認するものであれば、覆すのは難しいでしょう。
判断能力のある大人が内容を確認してサインしたわけですから。
ただ、会社の相手方との間に債務が存在しないことまで含む内容だったり、将来も債務が存在しないことなどを内容とするのであればその部分については意味を持たないことがあります。

2015/5/23 01:05:48

回答ありがとうございます。証拠保全はあいてが申立したものです。父は以前金融業を営んでおり、記憶では平成数年前に廃業しています。今回の債務者も20年来の知り合いです。書類は直接裁判所の方が持って来て、直接手渡されました。検証物の目録は小切手約束手形手控え手帳、ノート類とてなってました。相手方は父に払い出した小切手の耳しか持っていないようです。これを振り出しお金を父に借りていたようです。保全申立には保全の必要性という項目があり過払い金の請求準備を行っている事が書かれます。正直、実際父がいくらの金利で貸していたのかもわかる資料は一切ありません。相手方にも証拠となるものもないので証拠保全を申立したようです。疑問は過去10年の過払い金請求を父がなくなってから行うのは何故か?実際不法な金利で借りていたのら、父は昨年無くなったので生きている時になぜ過払い請求してないのか疑問です。>

信用金庫、地銀志望の大学三年です。
宅建を持っているのですが、いまいちどんな時に役に立つのか理解できてません。
融資の際に自分の知識としていかす程度でしょうか?役にたった体験談、宅建を所持していた事で出来た業務がございましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

基本的に宅建の本来の業務を銀行や信金で出来る訳ではありませんので、あくまでその法令や周辺知識を活かす、ということになります。
お書きのように融資では土地や建物を住宅ローンや運転資金等を貸付するときに債権保全のため担保に取り、抵当権ないし根抵当権を設定したり、火災保険に質権を設定したりします。
また、債権回収の際、様々な法知識が必要になるので、宅建で勉強する民法や借地借家法、不動産登記法や都市計画法や建築基準法、農地法などの知識が役に立ちます・・・

2016/3/5 20:14:22

AはBに対して500万円の貸し金債権を有している(弁済期到来)。
BはCに対し売買代金債権1000万円を有しているがそれ以外にめぼしい財産はない。
Q. aはbに代位してcに対して売買代金債権(弁済期到来)を取り立てようとしているが、(bのcに対する債務は履行済み)、いくら取り立てることができるか?またaはcに対してこの金銭を自分に引き渡すよう請求できるか?債権者代位権の問題です。
よくわからないのでおしえてください。

判例では被保全債権である500万円の範囲でしか請求できないとされています。
aはcに対して金銭を引き渡すよう求めることができますが、cはaに支払わず事実上の債権者であるbに支払うこともできます。

2013/7/28 00:27:13

こんなメールが届きました(´・ω・`)無視していいですよね?訴訟開始通知) Web Service利用料未納超過における差押通告(通知人・WEB Payments顧問弁護団)-本状は、Google株式会社を主導とする複数社による合同民事訴訟案件となります-※申立ての趣旨 債権者が債務者に対して有する債権の執行を保全するため、債権額に満つるまで債務者所有の全財産(今後支払われる給与含む)を仮に差し押さえる。
本通知受信後、24時間以上対応を放置した場合、未納料金(798500円)全額分差押処分と致します故、ご了承下さい。
尚、本案内に沿って電子取引契約上にて定められる【合意特約解除】を行なって頂ければ、未納料金の支払いを免除する事が可能ですので、ご安心下さいませ。
現在貴殿[メールアドレス]においては、WEB上のコンテンツ提供Serviceに登録をされ、2週間の無料期間中に正規の解約処理を行わなかったために、サイト継続の利用意思があるとみなされ、月額の情報サイトの利用料金、並びにサポート費用等が発生し、現時点で未払いの状態になっており、滞納金として【798500円】の支払義務が課せられております。
この度Service管理元から、貴殿が本状にて速やかに解約の処理を行った場合は、現在発生してる滞納金を全額免除にし、訴訟等を取り下げると言うことで依頼を承っております。
こちらの和解案[合意特約解除]について下記手順にそってご対応をお願い致します。
↓申請の手続き方法↓継続利用の意思が無く未納分の支払い免除措置を希望する場合は、本状を閲覧後、本メールに「合意解除申請」と記入の上そのままご返信下さい。
申請受付後、貴殿の本人確認を行い、貴殿より電子上の署名を頂いた上で、合意契約により請求元との和解および円満解約が実行されます。
※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。
●よくあるご質問● Q. どうして自分のメールアドレスを知っているのか? A. 貴殿が利用する通信事業者に情報開示要求を行って取得しています。
Q. 他にも自分の個人情報を知っているのか? A. 今後、貴殿が何らかの 異議申し立てを行わない場合、 身元調査により取得した情報を 保有することになります。
身元調査により得られた貴殿に関する情報は、 インターネット上に誰でも見れる状態にした上で、 損害賠償請求権実行などの法的手続きをとります。
Q. 未納分は支払いをしないといけないのか? A. 支払い能力がある場合は そのまま手続きに進んで頂く形が最も簡潔かつ確実な方法となります。
ですが事情により対応が難しい場合、 和解の意思を本状から示して頂ければ穏便に解決ができます。
本通知はその為の通知であり、 貴殿の意思の表明は当方にて対応致します。
Q. いつまでに意思を表明すれば良いのか? A. 本メール受信後、 24時間以内に必ず連絡を行ってください。
Q. 知らない、身に覚えがないのだが? A. サービス管理元から引き受けた案件を調査した上で通知しています。
既に貴殿には催告通知を過去数回行っておりますが何らの意思確認が取れておらず、また信用情報機関へ登録がある為、 身に覚えがない等と無視を続けられた場合、 貴殿の財産に不利益が発生します。
嘘をついたり、しらを切ったりした場合、より悪質な利用者だと判断され損害賠償が上乗せされる場合もあります。
Q. このまま無視するとどうなるのか? A. 連絡がない場合は、世帯主、 勤務先、親族、知人の順に調査をかけ請求を行います。
貴殿が逃亡する可能性のある実家、 勤務先、友人知人宅等に優先的に 書面通達を実施し、貴殿の代わりに取り立てを行います。

>こんなメールが届きました(´・ω・`)無視していいですよね?貴方が身に覚えが無ければ迷惑メール類の架空請求詐欺メールなんですからこのメールは貴方にだけに宛てたメールでは無いのですが何時、何処のサイトでの何の請求なのか具体的には何も書いてありませんよね?架空請求メールは不特定多数に無差別に配信してる詐欺メールの定型文なのですが下手に架空請求業者に連絡(メールアドレス宛て)をするのは貴方の個人情報を渡す事に成りかねないので返信したりしないで無視して放置してください債権の譲渡については債権者が債務者に通知しないと有効ではありませんが本当の債権申立てならば通常は手紙や内容証明郵便裁判所からの支払催促について郵便で特別送達で届くもので電子メールなんて届く事はありませんですから相手はこちらの身元を知らずに機械でランダムにメール等を送られているだけなのですが相手先には個人を特定出来る情報は知られてませんので決して連絡はせず無視してください(債権回収会社になりすましている可能性もありますね)また債権回収会社が出会い系サイトやアダルトサイトの利用料等をメールで請求やお知らせをする事はありませんまた有料番組未納料金だの電子消費者契約通信未納料金等と称するものを請求する事もありませんこう言ったメールは不特定多数に送られていると考えられますので債権とか弁護士とか書かれてると何にか大変な事になっているのでは?と貴方が心配になってしまうかも知れないのですがこれは架空請求の迷惑メールなのですがもし本当に支払い義務がある請求ならば契約書や裁判所の支払い命令が発行されているのでキチンと法律に則った請求をされますしかし架空請求メールは極端に言えば支払ってもらえればラッキーと言う様な詐欺のスタイルなので架空請求メールの詐欺に遭遇してしまった時の対処は無視をしていた所で何をされる事もありません貴方から連絡すると個人情報を知らせる事になり架空請求の業者の目的は金銭の詐取がその大部分で個人情報の収集もその目的の一つでもありメールが届いても返信したりお金を支払ったりしないでくださいまた貴方が心配になって電話をかけて貴方の個人情報を聞こうとしているのですが自らカモになる必要はありませんよ

2017/10/2 18:31:00

抵当権者と抵当権設定者の違いを教えてください。

ある人(A)が他の人(B)に対して債権を有している場合に、Aが債権を保全する目的のために、Bの所有する財産に対してAが抵当権を設定したとき、Aのことを「抵当権者」と言います。
また、Bは「抵当権設定者」と呼ばれます。

2017/11/11 14:21:12

分かりやすい説明ありがとうございます。>

他人の住所地はわかっているが本籍がわからない場合本籍地を知るためにはどのような資料をとりよせたらいいでしょうか。
補足gtd6226さん正当な理由がある場合他人の住民票の写しがとれると思うのですが、どうなんでしょう。

>正当な理由がある場合・・はい、そうですね債権者として裁判所が認めてくれた場合などに限られますけれど債権回収・債権保全のため ・相続手続、訴訟手続等にあたって、国または地方公共団体の機関に、法令上、提出する必要がある場合・リコール第三者による請求の場合は、その請求が「正当な理由」であることを証明する資料が必要取得した住民票の写しの「提出先」がある場合は、提出先を記載することも必要原則、該当者本人のみの世帯一部の写しで、世帯主・続柄は記載できません。
本籍の記載も、本籍の記載を必要とする正当な理由があると認められる場合のみ

2014/1/23 10:13:38

債権者代位権について。
教科書に、債権者代位権の行使の条件の一つとして、「債務者が無資力であること」が必要である。
ただし、「代位権が転用される場合にはこの限りでない」、とあります。
ただし書き以降の「代位権が転用される場合」とは具体例でいうとどのような例があるのでしょうか?

「債権者代位権の転用」とは、特定債権を保全するために代位権を行使する場合のことです。
① 土地が、A→B→Cと譲渡されたが、登記がまだAにある場合、CがBに対する登記請求権を保全するために、BのAに対する登記請求権を代位行使することができます。
但し、直接C名義に移転登記手続を請求することはできません。
② 無効登記の抹消請求③ 指名債権が、A→B→Cと譲渡されたが、債権譲渡の通知が行われていない場合には、Cは、BのAに対する通知請求権を代位行使できます。
④ 土地の賃借人Aは、賃貸人であり所有者であるBの不法占有者Cに対する物権的請求権を代位行使することができます。
このような場合は、金銭的な資力とは無関係ですから、無資力要件は不要です。

2010/9/28 18:31:10

債権者代位権と詐害行為取消権について下記のとおりとなっているのはどうしてでしょうか。
よろしくお願いいたします。
記※債権者代位権の行使→離婚に伴う慰謝料請求権(債務者の一身に専属する権利)…対象外→財産分与請求権(債務者の一身に専属する権利)…対象外※詐害行為取消権の行使→離婚による財産分与(債務者の一身に専属する権利)…不当に過大、財産処分に固くしてなされた財産処分である場合は例外的に対象→遺産分割協議(債務者の一身に専属する権利)…対象補足zac18617様からの件で。
いずれにしましても、債権者代位権、詐害行為取消権、それぞれの目的は「債務者の責任財産保全」という点で、共通しているので、同様のものとなってもよいように思うのですが。
ポイントは、「裁判所の関与」というところでしょうか。

債権者代位権は弁済期が到来している債務者が責任財産保全に必要な行為をしない場合に、債権者が代わって行使する権利ですから、債務者の財産管理権への不当な干渉は避けるべきで、一身専属権について行使させないのは当然です。
詐害行為取消権は債務者の責任財産を散逸する詐害行為が行われた場合に裁判上で取り消す権利ですから、債務者の財産上の法律行為であれば一身専属権であっても取り消せます。
裁判所の関与により実質的な公平が担保されることと、身分行為の陰に隠れた詐害行為を見逃さないためです。
[補足へのご回答]今から権利を行使するのと、やってしまった不当な行為を取り消すのと、が本質的な違いです。
やってしまった(一応有効に成立した)行為の取消だから、裁判所が関与する必要があるわけです。

2014/4/5 11:48:31

抵当権と質権について質問します。
民法学習初心者です。
不動産登記の仕事に携わっていて疑問に思ったのですが、建物とその底地の土地両方に抵当権が設定されていることが多いですが、建物には抵当権、底地の土地には質権が設定されていることがあります。
質権の場合質権者が占有権を持つので、債務者はその家には住めないわけですよね。
素人考えではその債務者は自分は住めない家のローンを抱えている状態かと思われ腑に落ちません。
土地の方が質権になっているのはどういうケースが考えられるのでしょうか。
よろしくお願いします。
補足『この質問内容から察するに、「借地権にたつ家」を前提としているのでしょうか?』とのことですが、すみません知識不足ではっきりわかりませんがそうだと思います。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
この質問内容から察するに、「借地権にたつ家」を前提としているのでしょうか?、追記そうなると、借地権所有者(借地権者)が、銀行などのローンを利用して、自宅を建てる場合において、銀行は債権保全の目的から、底地に対して「質権」を設定するようです。
本当ならば、底地にも抵当権を付けたいところですが、底地は地主の所有物なので、抵当権は付けられませんので、質権を設定しているのです。
私も詳しくありませんが、たぶんそうです。

2013/9/14 23:17:50

これは迷惑メールですか?少し前に来たメールなのですが、怖くなってしまい少し対応してしまいました。
その後も性別などを答えるメールが来ました。
(第一次電子通達)処分:月額利用料未納による滞納処分差押え期限:平成27年10月5日(月) 20時まで原告側の弁護団は、通知に対して一切の返答がない為、仮差押申立ての手続きを開始する事をここにお知らせいたします。
以下、申立てを裁判所に提出原告側弁護団代表弁護士 遠藤忠※申立ての趣旨債権者が債務者に対して有する債権の執行を保全するため債権額に満つるまで債務者所有の全財産(今後支払われる給与含む)を仮に差し押さえる。
※申立ての理由被保全権利債権者は債務者はネット上にて、利用規約を同意の上で電子契約を結んだ。
利用規約上の申請手続きの未完了により発生した料金の支払が発生。
且つ、再三の連絡にも手続きも未完了の上で料金も未納。
保全の必要性債権者は上記の利用料金の支払いを目的とし出訴すべく準備中である。
再三の連絡にも応答がなく音信不通であった債務者は債務の執行を免れるために財産を隠匿しようと企図しているようである。
giff.7zg3s9zeiawom.com/qmm9CBA5703i_a2f0016AUR43hUF50Bbd93-o...----------------------------------※重要※貴方においては、以前登録された総合情報サイトにて、二週間の無料期間中に退会申請を行わなかったために、サイト利用継続の意志があるとみなし、無料期間終了後、月額の利用料金が発生しております。
滞納金金額:【869000】円支払い期日:本通知後24時間以内上記記載の仮差押手続きについては、訴訟前提の手続きの為の措置であります。
貴方が本メールを閲覧したにも関わらず一切の連絡がない場合、悪質な踏み倒しと判断し、刑事告訴も行ないますので十分にご注意下さい。
滞納金の支払いが終わりましたら、仮差押手続きは取り下げる事と致しますのでご安心下さい。
【滞納金のお支払いができない場合】本件について、未払い分の滞納金の支払いができない場合、登録されたサイトを退会処理を行うことで全額免除可能となっております。
尚、現在ですが、貴方様においては、信用情報機関に悪質な滞納者として登録されております。
退会処理を行うことで発生した滞納金がなくなりまして、信用情報機関に登録されてる滞納者情報も削除となります。
つきましては、滞納金の詳細を確認して頂き、滞納金等の免除を希望する場合は、下記URLより退会申請を行って下さい。
退会申請をされましたら、折り返しこちらから退会についてのご案内を送りますので必ずご確認下さい。
▼滞納金の詳細と退会申請はこちらからgiff.7zg3s9zeiawom.com/qmm9CBA5703i_a2f0016AUR43hUF50Bbd93-o...本通知は配信専用の為、直接返信することはできません。

大概迷惑メールです。
こんな重要なことをメールで送らないです。
電話番号がかいてあっても電話してはいけません。

2015/10/3 15:58:12

はい、わかりました!
回答ありがとうございます!>

-債権保全

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験