債権保全

債権者取消権についてです。 詐害行為取消権では、被保全債権が詐害行...債権保全

至急の相談です。
今朝、銀行から「催告書」が届きました。
「債権管理課」と言う部署から配達証明で届きました。
発信人は「独立法人 住宅金融支援機構」で上記代理人はローンの引き落としがされている銀行の債権管理課が記載されていました。
残元金が記載されていて、5月25日までに貸付残元金と利息及びに延滞遅延金を払う旨と期限までに払込みのない場合は「やむを得ず法律上の手続きを取るのでご承知おき下さい。
」と記されていました。
主人は自営業ですが、単身に近い状態で地方にいるため、書類はまとめて送ったり内容を見てもらうようにしていて住宅ローンに関しては遅れているのがわかっていましたので必ず銀行に随時断りを入れる様にお願いしていて、大丈夫という事だったので信用していたのですが…。
不景気で業務運営が大変になり、数少ない社員の方にも退職してもらって私も仕事を手伝い、やっと未払いだったお給料の支払いも終わってまだ未払いの年金や税金の問題を抱えてはいますが、何とかこれからだという時にショックを受けています。
無知な自分も反省していますが、遅延ローンの分と利息を払っても、既にどうにもならない状態なのでしょうか。
支払いは6ケ月遅れているということです。
もちろん、元金の2000万近いお金を用意出来る筈も無く私が出来る事といえば遅延分を(多分100万~150万位)何とか親類に頭を下げて借りられるかと言う程度です。
銀行への連絡ですがGW中なので、今日は出来ないと思いますが主人が連絡しない様であれば妻の私が連絡しても受け付けてもらえるのでしょうか。
債権管理課の事務管理部長の名前が記載されているのですが、電話番号の記載がないのでもう連絡も無駄なのかとは感じていますが、口座のある銀行に問い合わせても良いか悩んでいます。
同じような経験のある方、上記の様な情報に詳しく助言をいただける方の回答をお待ちしております。
補足催告書の内容ですが金銭貸借抵当権設定契約証書に基づく貸付金について再三の催告にもかかわらず払込がないので契約証書により貸付残金の全部と利息及び延滞損害金等を5月25日までに払込下さい、期限までに払込がない場合には法律上の手続きを取りますと記載されています。
主人は長期出張中なので、先ずは延滞しているローンの金額と延滞損害金を確認するために、私が銀行に出向くのが良いでしょうか。

メガバンクの融資担当課長(債権保全担当)の経験者として。
銀行からの督促状ですが①期限の利益喪失通知ではないですね②債権移転通知ではないでしょうね6ヶ月延滞のため最後通告です通常はこれだけ延滞していれば期限の利益喪失手続に入りますあなたの取るべき道は①期限の利益喪失を受けて自宅の担保物件を競売にかけてもらうこと ただし、これの手続が最後まで行くのは早くてもこれから6ヶ月はかかり ます まして、その間延滞利息は14%/年で計算されます ご自宅が幾らで落札されるかです それによっては、残債が残ります 自己破産等法的処置をしない限り、すべて債務はチャラではありません まして、税金、年金等の未払い分はあなたの自宅競売配当金で優先充 当されます②次に、親族から現在の延滞分を借り入れする 貸していただける親族はありますか あれば、一応これで延滞分は解消することが出来ます ※ご質問について今後の考え方ですが①まず↑の②の方法を取られることです②そして、親族で面倒見てくれる(貸してくれる)のであれば、5月6日に借 り入れの窓口となった銀行に出向き現状を話し、延滞解消のできる日程 を話してください ただし、その日程は5月25日までに解決が条件です③それで、一応銀行は延滞が解消されますから、強制的な執行は出来ま せん、ご安心ください※次にあなたが取るべき道です①今後延滞なく返済は出来ますか? ↑の方法はそう何回も取れないと思いますが できればいいのですが?②どうも無理である、自信がないとのことであれば、この際原点に戻る意 味から、自宅を売却することによって借り入れを解消することです③競売による解決と自己売買による解決では、相当の額が違ってきます 勿論、自己売買のほうが有利ですね他のかたが書いている銀行に勝手にしろ、自宅差し出せは無責任ですねただ、あなたのご主人は銀行では(失礼ですが)ブラックにのっています慎重な対応が必要ですね人生いつでもやり直しが出来ますが、競売委された方はそれなりの重荷にはなりますねいかなる方法を選ぶかは、ご主人とあなたです【補足から】今までの督促書(催告書)を見なければ確定的なことはいえませんが、内容証明書は始めてですか場合によっては、従前の催告書で期限の利益の喪失がなされている場合もあります法律にもとづく手続の内容がわかりませんが、競売に付すのか、期限の利益喪失手続のかとかです。
>主人は長期出張中なので、先ずは延滞しているローンの金額と延滞損害金を確認するために、私が銀行に出向くのが良いでしょうか。
そのとおり、6日に銀行に行って下さいそれにより、延滞債権(とどこっている分)を支払えば今後今までどおり返済でいいのか?それとも、全額完全に払わなければならないのか?を確認してくださいその状況で再度ご質問していただいても結構です質問をご指名いただいても結構ですご主人にご連絡していただいて、銀行に行く前にお考え方もまとめておいてください

2011/5/3 14:59:12

自己破産手続き中です。
各社に受任通知を弁護士に送ってもらってます。
弁護士からは3月、4月の生活費の内訳を用紙に記入して、送ってくれと言われておりました。
ところが本日、楽天カード経由で、 裁判所から出頭命令の通知が来ました。
弁護士に連絡をしたら休みみたいです。
これは差し押さえ決定ですか?

破産決定前に楽天が債権保全のために抜け駆け訴訟をしたんでしょうね。
でも、大丈夫ですよ。
受任通知到着後の訴訟は却下されるのがオチですから。
楽天お得意のいやがらせです。

2018/5/8 22:19:46

一般企業で債権管理、与信管理業務(債権保全、倒産対応、得意先の審査等)に従事しているものです。
最近、自分に法律の知識が不足していると感じることが多く、何らかの方法で勉強したいと考えております。
具体的には、行政書士の資格取得に向けた勉強を考えているのですが、仕事に役立ちそうでしょうか。
そのほかにおすすめの資格等があればご教示いただけますとありがたいです。
尚、もともと税理士の資格取得を目指していましたが、合格は2科目のみで挫折していますので、あまり難易度が高い資格取得は考えていません。

DVDの位置付けは補助教材です。
最初から順番に視聴する必要はありません。
わからないところだけ集中して視聴して下さい。
全く知識がない状態で視聴しても時間がかかるだけで過去問を解けるようにはなりません。
過去問を後回しにするのは一番下手な学習法です。
問題演習に重点を置くのでなく、今は知識を詰め込む期間です。
サンドイッチ学習法1、過去問を領域別に解く(心理留保、制限無能力者、無権代理、詐欺、強迫、等)2、過去問を3分で解いたら、すぐ解説を読む。
年度別の過去問を解く段階ではありません。
3、2の過去問の範囲について、テキストで該当ページ、単元、章を読み、過去問を解くのに必要最低限の知識を確認する。
時間があれば前後のページを読んだ方がいいのは言うまでもありません。
心理留保の過去問を解いたら、すぐにテキストで心理留保のページを確認、無権代理の過去問を解いたら、すぐにテキストで無権代理のページを確認というように規則正しく学習を進めていきます。
同じ会社のテキスト、過去問であれば配列、学習順番は同じ、対応していますので、民法であれば総則から順番に学習を進めて下さい。
4、何も見ないで、1の過去問をもう一度解いて下さい。
正解することを確認するだけでなく、各選択肢を見て、間違いの肢はどこが間違いのかを言えるようにして下さい。
わからないところはテキストでもう一度確認して下さい。
これが1サイクルの学習法です。
ある程度、学習が進んで民法全体の学習が終了した時点で、今度は年度別過去問(平成28年度、平成27年度・・ 直近5年分)を解いて下さい。
8割以上正解で合格レベルに到達で、この段階で一応民法は達成、完成です。

2017/1/18 21:03:41

債権についての質問です。
特定物債権を被保全債権として詐害行為取消権をすることができるかについての考えですが、判例では認められていますが、学説では否定されています。
これについて私見を述べるとしたらどのように述べればよいでしょうか。
解答お願いします。

判例の立場理解している?学説は本当に否定説が通説あるいは多数説か?まずはそこから勉強しないと。
というか、判例の立場をきっちり理解しているかを書かせる問題だぞ。

2015/7/30 05:03:30

”債権者代位による差押え”についてなのですが、Wセミナーのオートマチック民法Ⅰで” AがBに対して確定判決ををとり、BのCに対する債権を差し押さえても、BのCに対する債権の時効は中断しない。
この場合、時効が中断したのは、 AのBに対する債権の方だけなのである。
”とありました。
債権者代位では行使している債権に対して消滅時効は中断するとあります。
下の図で言うと、甲が自己の債権を保全するために、乙の丙に対する債権を代位行使した場合乙 → 丙 の債権だけが消滅時効中断する甲↓↓↓乙 →→→ 丙これは理解できるのですが、 乙→丙の債権を代位行使で差押えすると消滅時効が中断するのは甲→乙の債権になるのはなぜでしょうか?そして乙→丙の債権は差押えという時効中断事由が発生しているのに中断しないのはなぜでしょうか?よろしくお願いします。

債権者甲が、債務者乙の第三債務者丙に対する債権を差し押さえた場合、甲は「(乙に対する)権利の上に眠っている者」ではないことが明らかになりますから、甲の乙に対する債権が中断します。
他方、乙は、何ら時効中断措置を講じておらず、乙は「(丙に対する)権利の上に眠っている者」のままですから、乙の丙に対する債権は中断しません。

2015/7/24 07:00:40

回答ありがとうございます
それはわかるのですが、ただ債権者代位で行使するのと
代位行使で差押えの場合で中断する債権が違うのはなぜか?
というのが私の質問ですm(_ _)m>

債権者代位権について被保全債権が金銭債権の場合は、債務者の無資力を要件とするが、特定債権保全の代位は無資力要件は不要。
特定債権とは特定の給付を請求する債権、登記請求権等とありますが、そもそも債権自体、特定の他人に対しての一定の行為とあります。
特定債権の理解が不十分なので、区別が出来ません。
どなたかご説明よろしくお願い致します。

ものすごく簡単にお答えするとこの場合には・お金払えば済む→ー般債権・特定の動作を必要とする→特定債権とするとわかり易いと思いますまた「特定債権とは、金銭債権以外の債権をいう」と覚えても良いかもしれません

2015/3/4 07:45:14

AはB社に(代表者C)事業資金を貸し付けた。
AがB社に対する債権を保全するためにとりうる手段はどのような方法があるか。
B社にはB社が所有する土地倉庫(在庫商品あり)D社に対する未回収の売掛金があり代表者C自宅マンション、自動車を所有している。
どうぞお知恵を貸してください( ; ; )

抵当権の有無も不明ですが、無いなら不動産に代物弁済予約でも付けては?金銭貸借は公正証書契約にして即時執行可能にする。
代表個人も当然連帯債務。
抵当権は競売に付す権利を保持するだけなので、時間がかかり面倒。
自働車は動産ですからモノが移動すればどうにもなりません。
せめて質権設定程度。

2014/7/18 15:21:34

仮差押えはは将来の金銭債権の強制執行を保全するためですよね?不動産についても仮差押えはできると書いてあったのですが、不動産て金銭債権ですか?よくわからなくなってきました。

金銭債権を払って貰う為に不動産を仮差押えするんですそれでカタがつかづ給付の精求の訴訟に勝てば、その仮差押への順位で本物の差押えの登記になりますそして差押えに基づいて強制競売その代金から当初の金銭債権の弁済を受けるって流れです

2016/5/28 16:11:17

特定物債権(特定債権ではない)を被保全債権として債権者代位権の行使はできますか?

債権者代位権はできます。
詐害行為はできないはず

2017/12/17 03:04:21

債権者取消権についてです。
詐害行為取消権では、被保全債権が詐害行為の前に成立している事を要するが(最判昭和33年2月21日)、調停によって毎月一定額を支払うことと定められた将来の婚姻費用の分担に関する債権は、詐害行為当時いまだその支払期日が到来しない場合であっても、詐害行為当時、当事者間の婚姻関係その他の事情から、調停の前提たる事実関係の存続がかなりの蓋然性をもって予測される限度において、すでに発生した債権とし、詐害行為取消権が成立する(最判昭和46年9月21日)。
上記の状態がどんな例かわかりません。
毎月の支払い債権の成立あとに詐害行為が起きたのでしょうか?例をあげてご教示よろしくお願いします。

離婚調停で、たぶん元旦那が元奥さんに婚姻費用を払わなきゃならないという調停が成立したとして、その後に元旦那が新しい奥さんに財産全部をくれてやったとします。
じゃあ、行使できる被保全債権は、詐害行為までに成立してる債権だけかというと、それじゃあ元の嫁さんが可哀想すぎるので、調停で予見していた将来の支払い分も被保全債権として扱いますよ、ということ。

2015/1/27 13:20:51

ZACさんいつもありがとうございます。
この、調停で予見していた将来の支払い分も被保全債権として扱いますよ、ということの部分は
将来の子供の養育費とか、元の奥さんが子供と生活するためのの自宅の維持費とかそういうものでしょうか?
それが調停で将来予測されるものと言う見解ですか?
>

-債権保全

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験