元金均等返済

緊急です‥。住宅ローンの金利について質問させて下さい。無知でお恥...元金均等返済

住宅ローンの件ですが元利均等返済方式と元金均等返済方式では、どちらが支払い総額が少なくなりますか?

同じ金利で同じ期間だと「元金均等」の方が総額は少なくなります。

2015/2/1 21:46:11

消費者金融への返済について。
一年前で借入金残高が25万円でした。
現在の残高が21万円です。
一年間で4万円しか減っていませんでした。
毎月9千円ずつ返済してます。
有名な消費者金融ではありません。
高金利なのでしょうか?こんなに減らないものなんでしょうか?どこかに相談した方がよろしいでしょうか?無知で申し訳ありませんが、分かる方教えてください。

年利18%、返済が3年ですとそんなものです。
法律上認められる最高金利に設定されているようです。
元利均等返済ですと総返済額は約33万円くらいです。
初めの1年はほとんど金利を返済しているようなものです。
残高21万円ですので、元金はあまり減っていないのが理解できるでしょう。
今更全額一括返済してもあまりメリットはないと思います。
初めから借りないほうが身のためです。

2014/7/2 15:45:33

住宅ローン 変動金利と固定金利について質問です。
借入額、2600万の予定です。
私は固定金利(フラット35で現在2%を切る感じです)の方が安心だと思っていますが、銀行の変動金利(団信込みで0.7%な感じです)との返済総額を比較すると、やはりすごく損をしてしまう気がします。
銀行さんは「普通の方の金利はもっと高い店頭金利の方ですよ。
この金利が提示できるのは一部の方です。
フラット35は変動金利での借入れ申請が通らない人がするものですから、この変動金利で借りないともったいないですよ。
」みたいな調子のよいことを言ってきます。
でも私は銀行から、ある程度の返済能力があると判断されて最初に甘いエサ(極端に低い変動金利)で釣られ、これから変動金利がぐいぐい上がってもちゃんと銀行の利益になるように誘導されているようで恐いです。
お客に変動を勧める銀行マンの方は実際にご自分の住宅ローンを組まれる時、金利はどうしているのでしょうか?まさかお客に変動を勧めておいて、自分たちは固定なんてことしてるんでしょうか。
あとフラット35は変動金利での借入れ申請が通らない人がするものって…そんなの本当ですか?

0.7%っていうのは、店頭金利から何%優遇された金利で、その優遇はいつまで続くのでしょうか?例えば店頭金利から1.7%優遇されて0.7%になったものだとしても、1.7%優遇は最初の3年だけ・・・とかだと、ちょっと考えちゃいます。
でも1.7%優遇が完済まで続くのなら、全く悪くないです。
多分本当に、団信込みで0.7%はごく一部の人へ提示できる超優遇金利だと思います。
(0.75%までしか聞いたことないから)そして、ここ10年以上は変動金利で組んだ人が結果的には得してるのも、フラット35は比較的、審査が通りやすいのも事実です。
ご自身では、今後景気はどうなるとお考えですか?これから景気がガンガン上がると考えているなら、変動金利は避けるべきでしょうし、例えば半分だけ1300万円分、固定特約にしておくとか、対策を講じれば良いと思います。
また、繰上返済の計画はどのように立てられてますか?景気がガンガン上がると考えていて、繰上返済しないご予定なら、フラット35という選択肢も良いと思いますが、どんどん繰り上げ返済をしたいと考えてる方の場合、勿体ないです。
フラット35でなくて変動~固定15年程度にするべきかと思います。
銀行員が自分でローンを組むときも、景気の動向やライフスタイルと相談して決めるので何を選ぶかは、それこそ人それぞれなんですが、今は元金均等返済 + 変動金利 + 必死で繰上返済する という人が多いような気がします。

2013/11/10 00:10:33

住宅ローンで悩んでます。
主観で結構ですのでアドバイス願います。
なお、前提条件は追記欄に記載します。
①元利均等か元金均等か②変動金利か10年固定か15年固定か【前提条件】・借入金額2500万円。
返済期間35年。
・変動金利は0.725%。
10年固定は1.1%。
15年固定は1.4%。
・新築マンション購入に伴う借入。
住宅ローン減税の適用可能(10年間)。
・現在40歳。
年収800万。
妻・子供(5歳)の3人家族。

1 元金均等、現在検討中の金融期間で取り扱っておられるから、悩まれているのだと思いますが、今金銭的に苦しくないのであれば、こちらの方が総返済額が減りますから。
2 10年固定。
繰上げで10年程度で完済可能ですから、そう考えると最長でも10年固定。
もっと早く完済できそうであれば、変動でもいいかと思います。
我が家は元金均等で借り入れしました、今はあまり金利が高くないので実感がないかとも思いますが、繰上げ返済100万程度でも、毎月の返済額は減ります。
4%での借り入れでしたので、100万に付5000円ほど毎月返済額が減りました。
今、お子様にお金もかかりませんし、年収から考えると、楽な返済かと思います。
団信との兼ね合いなどもありますが、年間100万程度は最低でも繰上げように貯蓄可能と考えると、10年で控除が切れた際に完済可能です。
ですから、実際されるかどうかは固定金利の変更の時期に決定されるとしても、その際仮に金利がかなり上がっていれば、完済可能なはずですから、10年固定がいいかなと思いますよ。

2014/2/10 12:23:57

ローン返済の得策方法について只今、1000万円 35年 変動金利2.475%(1.4%優遇→実質1・075%) 元金均等返済方法 月払い(ボーナス支払いなし) にて借入してます。
(ネットバンクにて繰上げ返済・全額繰上げ返済手数料なし、保障料戻し手数料3150円)5年以内の返済が可能です。
35年にした理由は借入期間分の火災保険に入れると言うメリットからです。
年末の控除を経てから翌年に繰り上げ、もしくは全額返済をしようかと思うのですが、ローン残高を残しつつローン控除を受け、他銀行の3年定期金利0.7%に預けて満期後の年明けに全額返済をしたら得なのでしょうか。
控除後金利0.075%の金利支払い部分と定期金利0.7%の収益を比較してどちらが得策なのか教えて頂けませんでしょうか。
宜しくお願い致します。
補足【訂正】 一部繰上げ返済の際の保障料戻し手数料3150円 全額返済手数料(3年以内2100円5年以内1050円5年超無料)保障料戻し手数料8400円 いずれもネットバンク上にての返済・変動金利の場合のみ。

元金均等返済とのことで、その年支払う金利が簡単に計算出来ます。
前年度ローン残高に金利をかければ出てきます。
前年度残高仮に1000万円とすると1000万円×0、001075=107500その年の年末ローン残高、1000万元金均等35年返済すると1年間支払う元金は285714円なので、9714285円(昨年度末1000万円とした時)となり、ローン控除が1%とすると9714285×0、01=97142<所得税(最大所得税)なので107500-97142=10358(実質利息負担)こんな感じで数字返済予定表の数字をあてはめれば計算出来ます。
実質利息負担が少ないのでローン控除を受けて5年後でもいいですね。

2010/5/12 18:45:22

リフォームローンの本人振込みについて教えてください。
ほとんどのローンは支払先(≒リフォーム会社など)へ直接支払われますが、本人に振り込まれるタイプはオリコ以外にありますでしょうか?

えっ?どう云う事ですか?通常のリフォームローンは、その借入銀行が借入金額の中から必要経費(ローン手続き料・保証料・抵当権設定登記費用など)を差し引き、ローン借入者の毎月の支払引き落としをする口座へ一旦入金があります。
それからご本人様がリフォーム会社へ工事代金を振り込み、または現金引き出し後に現金支払いします。
後は毎月ローン支払い返済の金額(元利均等か元金均等+利息)を借入年数に応じ支払登録口座から引き落としされます。
ですから、ローン借入時に銀行からリフォーム会社に直接入金する事は無いと思いますが?借入時点でリフォーム会社に支払するように手続き(振込依頼書の事前記載)をして有れば別ですが。
ですから、「直接リフォーム会社に振込支払」の方が稀です。
銀行は振込みを勝手にする事は有りません。
必ずご本人からの振込依頼書が有る事を確認して振込している筈です。
銀行貸し出し(抵当権設定登記他手続き完了後)⇒ローン借入御本人口座⇒振込依頼書記入⇒リフォーム会社。
ローン借入登録口座⇒毎月の支払引き落とし(現行支払)⇒支払完了⇒抵当権抹消必要書類・借入金銭消費貸借契約書の送付⇒ご本人に依る抵当権抹消登記。
が、どの銀行でも普通です。
(抵当権の抹消は物件を抵当に入れた場合のみですが。

2014/9/17 05:11:15

元金均等払いの繰上げ返済について金利の有利な繰上げ返済の方法があるのでしょうか?住宅金融公庫より借入し8年が経過、残額1400万円程となっています。
<当初の借入>◆借入額:1900万円◆借入期間:35年◆金利:2.75%(1-10年目)、4.0%(11年目以降~)間もなく10年間の2.75%金利期間終了が近づいており、11年目からは4.0%金利期間に入ります。
当初借り入れる際に「元金均等払いの繰上げ返済は、4.0%金利期間(11年目)以降に行うほうが10年以内に繰り上げ返済をすると、1-10年までの低金利期間の払い込みとなり、本来11年目以降の金利期間を早めてしまう」とのアドバイスを受けました。
これって、本当でしょうか?

こんにちは旧公庫のステップアップ金利、怖いですね。
まず、ご質問の回答ですが、そのとおりです。
期間短縮型の繰上げ返済は、次回返済分の元本からどんどん元本部分を返済に充てていくため、当初の低金利の元本部分の返済回数がその分減るため、10年後(=121回目の返済元本)の到来が早まる仕組みになるためです。
個人的なアドバイスですが、もしお手元にある程度の資金があり、今後金利が上がるのは確実なわけですから、今の時点で早々に住宅ローンの借換をご検討されて見てはいかがでしょうか?借換の際に、本来繰上げ返済を検討していた資金を元本部分に投入して、ローンの残債務自体も圧縮するという方法で。
いまは、低金利の時代です。
恐らくメリットは出ると思われます。
次のようなサイトで色々な銀行の住宅ローンの金利などが調べられますので、ご参考になさって下さい。
@住宅ローンwww.at-homeloan.com/気に入った銀行を数社選んで、直接最寄の支店に電話で相談して見ましょう。
恐らく、借換メリットの試算表を作って欲しいといえば、作成して郵送してくれるはずです。
そして、今はネットでなんでもできる便利な時代ですので、気に入った銀行があればネットで仮審査をしてしまってもよろしいかと思います(勿論無料です)。
以上、ご参考になれば幸いです。

2009/6/17 14:22:11

ローン返済について。
長くなるので簡単に書きますが、アプラスやジャックスのローン残債を銀行のカードローンで支払って完済させるメリットってないですよね?住宅購入関連の費用です。
・7211円×残り175回(アプラス) ・21200円×残り80回(ジャックス) 銀行カードローンの利率は年9.6%と14.5%です。
ちなみにですが、14.5%の銀行で住宅ローンを組んでいます。
銀行の返済シミュレーションでやってみても明らかにこのままのローンで返済したほうが早く済むのですが(月の支払額や支払い回数を現状と同じでシミュレーションした場合)、何か他によい方法があればと思い、質問させていただきました。
現状カードローンからの借り入れはありません。
年収450万から500万、一人暮らしです。

金利だけ考えている人はメリットはありません。
借換えして何回で完済するのか?その時に幾ら払うのか?返済計画を立てたのか?約定返済ありきの返済では完済は見えません。
カードローンの多くは元利均等払いだからそんな返済方法では元金が減りません。
元金均等払いで返済し元金返済分を固定、プラス利息の返済で決めた回数で完済を目指す。
このような計画を立てないと借金で借金は無くなりません。
でもその年収で2つで300万の債務なら自己破産も現実的ですけどね。

2014/11/29 10:10:36

住宅ローンの返済について元金均等返済と元利均等返済では、後者を選ばれる方が多いとききます。
借入額が2000万そこそこの場合、総返済額の点で、両者に差は思ったより差はでないようでした。
元金均等返済は、後半が楽ができるのですが、中盤が元利均等返済より月額返済額が高くなりますよね。
元金均等返済は避けた方がよいでしょうか?

それぞれにメリットデメリットがあり、ご家庭ごとのライフプランもあるでしょうから、どちらがいいとは言い辛い部分はありますが、個人的には、元金均等返済は、総返済額はお得な分、少々扱いが難しいようなイメージがあります。
適合性が高いのは、子育てが終わっている世代でしょうか。
もし、元金均等返済で、変動金利や、当初固定終了後に変動金利を選ばれる場合は、急な返済額上昇に備えて、家計や貯金に余力を持たせるほうがいいとは思います。
元利金均等返済の変動金利選択時に適用される、5年ルールと(5年間返済額が変わらない)125%ルール(5年後も、返済額は125%を超えない)は元金均等返済には適用されません。
金利の上昇→即返済額の上昇に繋がるわけです。
しばらくは金利が大幅に上がる気配は感じられないものの、念のため、無理のない返済プランに設定し、返済額上昇時の貯蓄もしておいたほうが無難かと思います。

2009/10/8 22:35:43

緊急です‥。
住宅ローンの金利について質問させて下さい。
無知でお恥ずかしい限りですが、教えていただけたら幸いです。
今新築一戸建てを購入予定です。
不動産屋に行き、気に入った物件がありました。
そこで2300万の住宅ローンで金利がフラット35というものを勧められ、金利が1.88%とのことでした。
この1.88%の金利というのは、一年でかかる金利でしょうか?それとも毎月の返済額に1.88%かかるのでしょうか?年収410万円、2180万円の住宅を購入予定なのですが、この場合フラット35で毎月いくらぐらいの返済になるか計算の仕方を教えていただけたら助かります。
本当に無知で申し訳ありません。
不動産屋に聞けば良かったのですが今急に思いつき気になり質問させていただきました。

毎月の返済額はこのようなサイトで簡単に計算できます。
毎月約75000円くらいですね。
loan.kyo-situ.com/住宅ローンの1.88%という金利は、「年利」で、要は1年間の利率です。
ローンは毎月返済ですから、1.88÷12=0.157%が一月当りの利率で「月利」となります。
2300万円を一月借りると、2300万円×0.157÷100=36110円利息だけで、当初一ヶ月あたりで36110円が掛かるとなります。
そして、35年間で返し終えるように、元金を分割で返すわけです。
ちなみに、仮に、最初の月に利息の36110円①と元金50000万円②を返したとすると、翌月は元金は2295万円ですから、2295万円×0.157÷100=36031円が翌月の支払い利息となります。
②を調整し毎月の返済額が同じ金額になるようにした返済方法を「元利金等返済」。
2300万円÷12月÷35年=54761円で毎月②を一定とした返済方法が「元金均等返済」です。
元金が早く減る方が、支払う利息の総額は少なくなりますが、当初の返済額が多くなるので、現実は「元利均等返済」を使う方が多いのです。

2012/10/13 10:27:40

-元金均等返済

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験