元金均等返済

証書貸付の計算を教えてください。 借入金額 10,000,000 利率 年3% 貸...元金均等返済

銀行から5億円融資を受けた場合、利息、月々の返済額はそれぞれいくらになりますか?

ファイナンシャルプランナーです元金の返済は仮に30年での融資の場合月々の返済額は、1388888円ですそれに、元金均等返済であれば、仮に利息2%だと、最初の金利は月 833333円dす当初は、月々2百円程度の返済になりますよ

2013/9/22 07:55:28

住宅ローンに詳しい方に質問です。
今回1500万円の住宅ローンをすることにしました。
収入はまずまずあるので、15年固定、当初10年間の金利が0.98%で借りることにしました。
10年して住宅ローン減税期間が終了した時点で、そのときの残金(約500万円)になりますが、繰り上げ返済の予定です。
そのような場合に元利均等で借りるのがいいのか元金均等がいいのかわかりません。
ローン会社の説明では返済総額では両者の差は1000円程度でほとんど変わらないとのことですが、常識的に考えて1/3の元金の繰り上げ返済をするなら元金均等が有利と思いますが、どのようなものでしょうか?教えていただければ幸いです。

住宅ローン控除の還付1%が利率を上回るので、10年間はマイナス金利です。
したがって返せば返すほど損。
つまり、返済額の多い元金均等は損。

2013/2/21 23:02:48

借入金1200万を固定金利1パアセント、3年固定金利で借り入れします。
四年目から変動金利になりますが、繰り上げ返済をどんどんやっていくつもりです。
このケースでは、元利均等と元金均等どちらで借りるのが有利ですが何方か教えて下さい。
宜しくお願い致します。

どんなケースでも元金均等のほうがお得です、、支払う額が最初のころは多いですから。

2016/6/21 17:54:03

繰り上げ返済 お金の専門家の方!お金にも計算にも弱い者です。
昨年、1700万ほどのローンをフラット35(30年ローン)で組みました。
金利は当初10年は1.6%くらい、その後は2.6%だったと思います。
で、ここらで元金を減らすか?と思い、200か300万くらいの繰り上げ返済をしようかなと考えています。
しかし、元金が減ると減税分も減るとか、運用した方が得であるなどの話しもチラホラ聞きます。
色々な状況や、何を優先するか次第で判断は変わるものだとは理解していますが、こうしたお金の話しが得意な方、判断材料にするご意見などを聞かせて頂けたら幸いです。
損得だけでは考えていませんが、一体何がどうなら何なのか?といった事が難しくて理解しづらいのです・・・。
どうぞお願いします。

繰り上げ返済するなら変動のほうが金利が安く、効果があったのではと思います。
仮に繰り上げ返済をするのなら、早い段階で決断し、実行して下さい。
一切振り返らず、繰り上げに資金を集中し短期で完済して下さい。
中途半端はやめましょう。
なぜ早い段階かというと、銀行のローンはその殆どが元利均等返済方式で、利息を先にとられるからです。
返済予定表を見てもらえば分かると思うのですが、毎月返済額のうち最初のうちは元金よりも利息のほうが大きく、返済回数を重ねるほどその割合が逆転していくようになっています。
その多額の利息を払ってからよりは、払う前に元金を圧縮すれば、それに対する利息が小さくなるのは当然です。
よく借り換えの検討をする際に、いくら今の金利が高くても、例えば30年のうち残りが5年くらいだと、既に支払ってしまっている利息が多く、これから返済する利息のほうが、借り換え後の利息よりも少なくなるケースがあるからです。
住宅ローン減税も、所詮、支払った所得税等の還付ですから、払い込み税額が少ないと、あまり効果はありません。
十数万円を10年還付を受けるよりは、10年以内に1000万円以上を繰り上げ返済したほうが、効果は大きいと思います。
ただ、繰り上げを勧めているわけではなく、繰り上げ資金を資産運用すれば、そのほうが得をする場合もありますので。
あくまで、ほとんど利息のつかない預金にしておくよりはという前提です。

2012/12/13 04:09:28

元利金等返済?元利均等返済?元金均等返済?の違いを教えて下さい。
色々検索したのですが、「きんとう」の変換ミスらしきものもあってよくわかりません、、どなたか正確な違いを教えてください。
補足返済の方法に違いついては、大体は解るんですが、表題の「元利”金等”返済方式」でも「元利”均等”返済方式」どちらの検索でも同じ説明だったり、説明文中で”金等”と”均等”が変わってしまったりとか。
ちなみに実際にお金を借りるわけではないので、そちらはご心配なく。

メガバンクの用語説明でさえこんな感じです・・・↓www.mizuhobank.co.jp/direct/help/glossary/loan.html

元利金等・・・元金と利息を合計した毎回返済額を一定にした返済方法、返済が一定なので、計画が立てやすいといったメリットがあります。
1000万円・年利3%・30年返済 支払額 元金 利息 残高1回目 42160 17160 25000 99828402回目 42160 17203 24957 99656363回目 42160 17246 24912 99483904回目 42160 17289 24871 9931101元金均等・・・借り入れ金額を返済回数で割った金額を毎回返済額の元金とし、毎回の借入残高に対する利息分を乗せて返済する方法。
返済の始まりに返済額が元利金等より大きくなります。
上記と同条件1回目 52778 27778 25000 99722222回目 52708 27778 24931 99444443回目 52639 27778 24792 99166674回目 52569 27778 24792 9888889こんな具合です。
4回で元金が違ってきているのが分かります。
毎月の返済金額も減っています。
総支払額では元金均等のほうが少なくなります。
www.concierge-mem.com

2007/5/24 10:03:46

教えて下さい。
40万円を、14.5%の年利で3年借りた場合、月の返済額は、どの位ですか? 教えて下さい、お願いします。

元利均等返済で、月々13768円(最終回のみ13781円)です。
※元金均等返済なら、月々11249円(最終回)~15944円(初回)です。

2017/7/7 13:29:26

住宅ローンの支払には元利均等と元金均等がありますが、シュミレーションをしてみると借入可能額に差がありすぎて怖いです。
たとえば年収500万で計算してみると借入可能額に800万も差が出ました。
実際に申し込むときに元金均等を選んでしまったために、審査に落ちる人も多いのでしょうか。
www.flat35.com/simulation/simu_03_2.html

年収に対する年間返済額の割合で審査されると銀行から、教えてもらいました。
年間返済額(他のローンも含む)÷年収です。
25%までなら大丈夫だそうです。
銀行のパンフレットに書いてます。
元金均等だと初年度の割合で審査されるので、ご自分で確認してみてください。

2013/3/29 10:22:45

中京銀行多目的ローンと中古車販売店提携のジャックスのオートローン。
どちらを選ぶべきか迷っております。
以前質問させて頂いた車を購入する運びなんですが。
当初、車屋の提携のジャックスでは金利9.8とたかかったので、銀行で融資してもらおうとジャックスは断り、中京銀行に仮審査を申し込んだところ。
本日仮審査に無事通り、明日本契約に伺う手はずです。
その旨を、車屋に報告すると、ジャックスが金利を3.9に下げるのでジャックスで契約してくれないかとの提案がありました。
中京銀行の多目的ローンの固定金利だと、5.3。
変動金利だと3.9なので条件的にはいいと思いますが。
しかも、ジャックスで通すと、現在所有してる車が車検が近い(7月初旬)ので車検切れまでに納車間に合わなければ台車を用意すると、待遇が一転しました。
ネットでジャックスについて先ほど軽く調べてみたところ、アドオン式がどうのとゆうのが目に付きました。
その辺りを踏まえた上でも最善の選択としては、銀行の多目的ローンを利用するのが得策でしょうか?重ね重ね質問致しますが、どうかお知恵をおかしください。
補足回答ありがとうございます。
銀行のマイカーローンはエコカーにしか適用できないそうで、それで多目的ローンにした次第です。

アドオン方式とは、金利計算方法の1つで、「実質年率」と「アドオン」の2種類があります。
アドオン方式は貸付金額に貸出期間と利率をかけて算出した利息額に、貸付金額を合わせた総額を割賦回数で均等分割して、1回の返済額を決める金利計算方法をいいます。
この方式は、毎月の返済額や利息の計算が簡単に出来ますが、毎月返済をし、借入れた元金が減少しても、利息は減らないものとして、当初借入れた元金を基準に利息が計算されているので「元利均等返済」や「元金均等返済」に比べ利息負担は割高になってしまい、実質金利負担は表面金利を上回ります。
「元金×アドオン年率=総支払金利額」例えば、アドオン率5%、借入れ額100万円、返済回数を10回とすると、支払い金利の総額は100万円×5%=5万円となります。
返済回数が10回ですので、借入れ額100万円と金利の総額5万円を足し、10回で割ります。
105万円÷10回=10万5千円つまり、合計で105万円返済するのですが、これを実質年率で計算すると約11%なります。
アドオン率が3%でも実質年率で計算すると5.5%です。
この為、現在はアドオン金利の表示は禁止され、実質金利の表示が義務付けられています3.9%の金利は実質金利なのか確認しましょう

2012/6/19 15:58:40

金利計算について、教えて下さい!サラ金にて、50万円借入し、毎月13000円を5年間返し続けました!これって?いくらの金利を払った事になるんでしょうか?借りてから、返済一辺倒です!よろしくお願いします。

>いくらの金利を払った事になるんでしょうか?知りたいのは利率でしょうか。
借入元金:500000円総支払額:13000円 × 60ヶ月 = 780000円支払利息:780000円 - 500000円 = 280000円概算年利:19% (※元利均等返済の場合)<※参考: 年利18%ならば 約12700円/月 年利20%ならば 約13250円/月>こんな感じになろうかと思います。

2013/6/28 09:22:20

証書貸付の計算を教えてください。
借入金額 10000000利率 年3%貸付日 H24.08.08据置期限 H24.12.11最終期限 H29.12.11元金返済方法 毎年6月11日、12月11日に元金均等償還利息支払方法 元金の返済日に後払い・月割問題がH25.12.11の償還元利金はいくらか?元金と利息、それぞれの計算式と答えH26.12.11付で全額繰上償還。
①繰上償還元金②繰上償還に伴う利息↑それぞれいくらか。
延滞元利金はない。
それぞれの計算式と答え早めに教えてください!!よろしくお願いします。

最初の償還はH25.6.11で、H29.12.11までの10回で元金10000000円を均等に償還しますので、一回あたりの元金償還額は1000000円です。
据置期限のH24.12.11までは利息がつかず、その翌日から半年あたり1.5%(=3%×6ヶ月÷12ヶ月)の利率でその時点の元金残高に対してつきます。
>H25.12.11の償還元利金はいくらか?>元金と利息、それぞれの計算式と答えH25.12.11までの償還回数は1回ですから、H25.12.11時点の元金残高は9000000円になっています。
利息は、9000000円×1.5%=135000円です。
元金償還額1000000円と利息135000円を合わせると1135000円になります。
>H26.12.11付で全額繰上償還。
>①繰上償還元金H26.12.11までの償還回数は3回ですから、H26.12.11時点の元金残高は7000000円になっています。
>②繰上償還に伴う利息利息は、7000000円×1.5%=105000円です。
繰上償還元金7000000円と利息105000円を合わせると7105000円になります。

2012/9/15 22:32:41

-元金均等返済

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験