元金均等返済

ローンの金利について。車のローンを300万円借りて5年で返済する場合...元金均等返済

政治経済の問題で計算の仕方が分からないので教えていただきたいです!問.1000兆円の国債残高を返済する場合、次の条件のとき、一年間の返済額を答えなさい。
返済期間50年 金利1% 【元金均等返済】A.1年目 B.10年目 C.30年目 D.40年目途中の式もあるとすごく助かります!回答お願いしますm(__)m

年間の元金返済額は 1,000兆円/50年=20兆円、年払い1年目20兆円+2000兆円*0.01=30兆円10年目 20兆円+820兆円*0.01=28.2兆円30年目 20兆円+420兆円*0.01=24.2兆円40年目 20兆円+220兆円*0.01=22.2兆円

2016/7/5 20:29:47

回答ありがとうございます!
あと三行目の2000兆円はどうやって出したか教えていただきたいです(^-^;>

2600万住宅ローン繰り上げ返済の質問です。
今年5月に新築のマンションを購入しました。
遺産が入るため、ローン返済年数を短くする目的で早速繰り上げ返済したいとおもっていますが、10年間の軽減税率を考えると、いつ・いくら繰り上げ返済をした方がお得なのか分からず困っています。
アドバイスを頂ければ幸いです。
購入 2015年5月ローン 35年(固定30年 1.65%・のち変動5年)元金均等返済夫年収600万(妻の年収300万は別)遺産 1000万投資に回す考えは無しとし、繰り上げ返済を優先的に考えたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

繰り上げ返済をするという前提で還付金は1%です、金利はそれ以上、つまり還付は受けていますが、その差額0.65%の金利を支払っている状態です。
1650円の金利を支払いながら1000円の還付を受けている、その1000円の還付を受けるために差額の650円を支払っている、。
と記載すればわかりやすいでしょうか。
今、ほぼ満額の還付を受けているかと思います(簡易計算ですが)1 このまま待って返済すれ総返済額は約3350万2 1000万すぐに繰上げして期間短縮にすれば、総返済額は約2840万 返済期間が約18年3 10年後に1000万繰り上げ返済して、期間短縮すれば、総返済額は約3080万。
、期間が約21年ですわたしならば、すぐに繰り上げ返済して期間短縮を選びます。

2015/7/1 10:05:30

すぐに繰り上げ返済をした方が良さそうですね!
私も短縮がいいです。
分かりやすくありがとうございました!>

民間住宅ローンで元利均等返済ではなく、元金均等で返済されてる方いてられますか。
してられる方はなぜ元金均等返済にされてるんですか。
理由を是非教えて下さい。
補足回答寄せてくれました3名様どうもありがとうございます。
どれも良い回答なので投票できめさしていただきます。

知人が元金均等返済で返済中です。
元金均等返済は初期10年ほどは返済額が利子分の返済額が多くなるためある程度収入が無ければ厳しいのですが、金利情勢にもよりますが元利金等返済よりも最終的な返済額が1,2割減らせるのが特徴ですので。
特に金利上昇局面では先に元金を減らしたほうが威力があるのではないでしょうか

2007/5/16 05:27:03

住宅ローン返済方式の基本的な質問です。
www.hownes.com/loan/sim/repayment.asp↑のページでローン計算が出来ますが、例えば借入1500万円で2%全期間固定、元利均等、30年間返済だと毎月返済55442円、総支払額19959321円、借入と金利、期間は同条件で、元金均等だと毎月返済66666円、総支払額19512394円となります。
この後者の「元金均等」は、よく見る図で言うと元金の長方形に利息の三角形が乗っている返済で、支払開始ほど返済額が高く、最後の方は少なくなっていく と言うものだと思いますが、このページで表示される毎月返済額は、総支払金額を平均化、つまり今回の試算だと360で割ったものとも違う値のようです。
元金均等での返済の場合、何年目はどのくらいで、どのくらい下がっていく と言うのを計算する方法はないのでしょうか?また、どちらの方式で返済するかは借り手が自由に選べるのですか?初歩の初歩で恐縮ですが、お教えください。
よろしくお願いいたします。

keisan.casio.jp/exec/system/1256183644こちらのページに数字を入れてくださいね、基本どちらの方法でも借り入れ可能で、本人が選べます。
ただ、元金均等方式を取り扱っていない金融機関もありますので、これは調べるしかないです。
わが家も元金均等方式で借りました、目に見えて返済額が減りますので、返済しているという気分になりますし、繰上げの高価がはっきりとわかりますよ。

2015/2/19 21:36:58

住宅ローン控除等を最有効活用するためのローンの組み方について教えて下さい。
以下が前提条件となります。
◯購入物件:中古マンション(自己居住用)◯購入時期:年内◯物件価格:4900万円◯購入時諸費用:400万円(仲介、引越、各種手数料、税金等)◯夫:税引前年収880万円正社員38歳◯妻:税引前年収350万円派遣社員35歳(今のところ子供はいませんが、そろそろ欲しいと思っていますので産休の可能性もあります)◯検討中のローン:住信SBIネット銀行20年固定(利率0.81%)35年ローン◯現在貯蓄:夫婦合算で1800万円以下のパターン位かと考えております。
①夫単独で4900万円のローンを組み住宅ローン控除の終わる10年後に貯蓄分にてできる限り繰上げ返済②夫4000万円、妻900万円のペアローンを組み①同様10年後に貯蓄分で繰上げ返済。
その間妻が産休に入った場合は妻のローンは貯蓄分で繰上げ返済。
③900万円は物件購入時に頭金を入れ、夫単独で4000万円のローンを組み10年後に貯蓄分で払えるだけ繰上げ返済。
妻が産休に入る可能性という不確定要素がある以上③が一番妥当かとも思いますが、住宅ローン控除の仕組みがまだよく分かっておらず①でもよいような気もします。
どの組み方がよいかアドバイスいただければ幸いです。
もちろん①②③以外のご提案もありがたいです。
また、住宅ローン控除以外にも有効な方法がございましたらご教示いただければ幸いです。
20年固定で1%をきっているのがネット銀行位しかなさそうなのでなかなか相談できずに困っています。
よろしくお願い致します。

住宅ローン控除を最大限に使いたいのならば頭金0で4900万円全額住宅ローンを組むことをオススメします。
業者から購入するのか、個人の方から購入するのかで住宅ローン控除の上限金額は異なりますが現在の上限は年間40万円です。
そのため奥様の産休という不確定要素はあるものの奥様とのペアローンを考えた方がよいでしょう。
(金額のバランスも重要です)住宅ローン以外にお得な方法は、元利均等より元金均等返済を選ぶ、ローンはできる限り短く組んで利息の負担を抑えるなど様々な方法があります。
10年後にできるだけ繰り上げ返済をするという選択肢もよいのですが、お子様がいらっしゃる場合ちょうどその時期から教育費にお金がかかってくるため手元の資金が減少するというリスクも存在します。
上記のオトクな方法と同様にご質問者様にとってベストな選択肢かどうかは別問題になってきますので一度家計全体の今後の見通しを立てたうえでローンの返済方法をお選びになるとよろしいかと思います。

2016/10/16 16:59:55

中古マンションは個人の方が売主なので最大200万なのですね^^;
ここを勘違いしていました(400万だと思っていました。)
とすると産休に入ってしまうかもしれない(まだ予定はないですが)妻の分(源泉徴収税額7万)はあまり考えず、頭金を多く入れて借り入れを少なくした方が安全かもと思いますがいかがでしょうか?
また、購入・入居時期が12月のため今年の減税分は受け取れることから、妻のローンは700万に抑えて変動金利(年利0.45%とか)で借りた上で産休や金利変動の際は繰上げ返済してしまうといった感じでしょうか?>

ローン、借金における元本とは??100万円を年利10%で借りた場合、年間の利息は10万円ですよね?これを3年間で返済するとして、利息は3年間で30万円になるということですか??または、返済していった場合、その返済によって減った元本に利息が掛かるのでしょうか??説明が拙く申し訳ありません、補足等しますのでご回答お願いいたします。

分割で返済する場合、元金均等、元利均等の2つの返済方法があります。
元金返済は毎月の返済額が一定ではありません。
例)借入元金 100万円 金利10%の場合 返済回数 元金 元金部分返済 利息 返済額 1 1000000 27777 8333 36110 2 972223 27777 8101 36878 3 944446 27777 7870 35647 元金返済は毎月の返済額が一定です。
例)借入元金 100万円 金利10%の場合 返済回数 元金 元金部分返済 利息 返済額 1 1000000 23934 8333 32267 2 972066 24133 8134 32267 3 951933 24334 7933 32267という風になります。
利息は債務残高に対してかかります。

2017/5/18 13:27:57

また質問です

元利均等払いの返済額Xは、借入額A(240000円)、利率r(6%/12=0.5%)、返済月数n(6)とすると、公式で(A*r*(1+r)^n)/((1+r)^n-1)=(240000*0.005*1.005^6)/(1.005^6-1)=40700円となり返済総額は40700*6=244200円です。
6ヶ月程度なので、公式なしで解説すると、24万円を6ヶ月で返すと元金の返済月額は24/6=4万円返済完了までの利息は、1ヶ月目・・・240000*0.005=1200円2ヶ月目・・・200000*0.005=1000円3ヶ月目・・・160000*0.005=800円4ヶ月目・・・120000*0.005=600円5ヶ月目・・・80000*0.005=400円6ヶ月目・・・80000*0.005=200円利息合計・・1200+1000+800+600+400+200=4200円元利合計・・240000+4200=244200円返済月額・・244200/6=40700円

2009/10/12 20:44:45

住宅ローンについて。
フラット35にも元利均等と元金均等の返済方法がありますか?変動金利、固定金利、固定期間選択型の場合も元利均等と元金均等の返済方法がありますか?補足ちなみに、2000万元金借りて20年返済をくむと決めたして、20年返済で元利均等と元金均等を選ぶってのは変ですよね?元金均等のほうが早く返せることになるので、それだと20年より早く返せますよね?それか20年という期間は同じで、元金均等は最初は多く返さないといけないけど、あとあと元利均等より返済額が少なくなるだけですか?

補足について:>20年返済で元利均等と元金均等を選ぶってのは変ですよね?>元金均等のほうが早く返せることになるので、それだと20年より早く返せますよね?20年と決めて毎月決まった額を返していくだけなら、返済期間はそのまま20年。
これは元利も元金も同じです。
ちがうのは、「毎月の返済額」と「最終的に支払う利息の総額」です。
>20年という期間は同じで、元金均等は最初は多く返さないといけないけど、あとあと元利均等より返済額が少なくなるだけですか?そのとおりです。
早く返すなら、繰上返済するしかないです。
念のため、元利金等と元金均等の説明です。
元利金等は、借入期間中の毎月の支払額がずっと同じにすることができる支払い方法です。
毎月同じ額の支払いでいいので、変動金利で将来金利が上がってすぐには払わなくてもいいのがメリット。
変動金利や短期固定金利ローンだったら普通はこっちを選ぶと思います。
元金均等は、20年間「元金の返済が同じ」なので「元金が早く減る」ので「利息」の支払いが少なくて済むのがメリットです。
毎月の支払額も元利金等より多いので、借入できる金額が少なくなるなどのデメリットがあります。
ただ金利が変わらない固定金利で借りてて早く返したくて年収比でも余裕がある人はこちらを選んでますね。
裏技としては、元利金等で借りて、元金均等で払うのと同じ額で毎月返済することです。
元利均等の安心感をもちながら、元金均等で払うのと同じように利息を少なくすることができるので、毎月やあるいは半年に一度くらい繰上返済するのが面倒でなければこの借り方・返し方がお勧めです。
----------------->フラット35にも元利均等と元金均等の返済方法がありますか?あります。
選べますよ。
>変動金利、固定金利、固定期間選択型の場合も元利均等と元金均等の返済方法がありますか?ほとんどの銀行では選べます。
ただし、りそな銀行など一部の銀行は元利金等しか選べませんので銀行にもよります。

2014/3/18 23:04:42

無知ですみません…ショッピングローンが\60万あります。
金利18%です。
月に1万ずつ返していく場合、利息はいくらつきますか?また、返済額をあげれば利息は減るものですか?補足元金1万です。
ちなみに5年程借りては返してます。

元金均等返済の場合、利息の総額は次のような式で計算できます。
利息総額=借入額×月利×(返済回数+1)÷2これに数値を当てはめると、利息総額=60万円×0.18/12ヶ月×(60万円/1万円+1)÷2=274500円返済回数は60回で、利息の総額は274500円。
最初の利息は9000円で、返済毎に150円ずつ減ってゆき、最終回の利息は150円になります。
仮に返済額を1万5千円に増額すると、利息総額=60万円×0.18/12ヶ月×(60万円/1万5千円+1)÷2=184500円返済回数は40回で、利息の総額は184500円。
最初の利息は9000円で、返済毎に225円ずつ減ってゆき、最終回の利息は225円になります。
-補足-ショッピングローンの場合、日割り計算かもしれませんが、その場合、計算が面倒になるので、月割で計算しました。
参考値としてみてください。

2010/10/31 00:01:55

ローンの金利について。
車のローンを300万円借りて5年で返済する場合、金利が3.5と5.5だと返済する合計金額はいくら違ってきますか?あと、ボーナスなしで毎月の返済額はいくらといくらになるのでしょうか?

金利3.5%月約54000円返済利息5年270000円程度金利5.5%月約64000円返済利息5年420000円程度です。
元利均等返済か、元金均等返済のどちらかによっても多少は誤差があります。
ローンシュミレーションのサイトがあるのでご自分でやってみては?

2016/3/11 04:36:20

-元金均等返済

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験