元金均等返済

住宅のローンを計画中ですが変動金利(35年)と35固定金利の2つにローン...元金均等返済

元金均等返済での返済利息をExcelで計算する方法を教えて下さい。
利息の総額の計算方法は分かったのですが、私は各年度毎の表を作成中です。
そのためn回から(n+11)回目までの合計を算出する式が知りたいです。
現在使用しているのは、OS Mac OS X 10.5.8 Office:Excel 2008 for Macです。
ISPMT(利率 期 期間現在価値)の「期」の部分に関してn回目からn+11回目の総和(1年間の合計)として、ある任意の1年間における支払い利息の総和を出せる計算式があれば教えて頂きたいです。
単純に1回目+2回目+3回目+...とやっていくしかないのでしょうか?誰か助けて下さい。
よろしくお願い致します。
補足補足です。
Excelで計算式にしたいので利率、期間、借入額などから導ける式を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

n回目の残高N,n+11回目の残高Q,年利をAとすると(N+Q)*6*A/12=(N+Q)A/2で計算可(電卓)補足を受けて エクセルでの算出方法不知。

2011/1/7 14:33:11

無知ですみません。
金利とはどういう計算になるんですか?イマイチ 理解できなくて。
今、勉強中でして。
例えば3000万円を金利2.4% 35年で返す場合、利 子分はいくらになりますか?元利均等返 済は元金の3000万円と金利分の総額を均等に分割して返 済するんですよね?あってますかね… 元金均等返済の利子分のことがよくわからなくて。
残金にかかる利子 なんですよね?計算の仕方が分かれば理解できますか?補足またまた無知ですみませんどういう計算で105047円になるんでしょうか?

住宅ローンのお話でしょうか?元利均等返済とは、元金の返済分と利子を合わせた毎月の返済額が一定(均等)ということです。
元金を均等に返済するとか、利子の額が一定ということではありません。
利子というのはその時点の元金の残高を元に計算されます。
年利2.4%の場合は、その12分の1である0.2%が元金残高にかけられて利子となります。
毎月の返済額を(仮に)10万円としましょう。
最初の返済では元金残高3000万円に0.2%をかけた60000円が利子となります。
月返済額10万円のうち60000円が利子相当分となり、残りの40000円が元金の返済に充てられます。
そのため、翌月の元金残高は3000万円-40000円=29960000円となります。
二回目の返済では元金残高29960000円に0.2%をかけた59880円が利子となります。
月返済額10万円のうち59880円が利子相当分となり、残りの40120円が元金の返済に充てられます。
そのため、翌月の元金残高は29960000円-40120円=29919880円となります。
この過程を契約時に決めた年数だけ繰り返すわけです。
上の例では計算しやすいように毎月の返済額は10万円としましたが、返済が終了したときに元金残高がぴったりゼロになるよう、毎月の返済額が決められます。
元金3000万円、年利2.4%、返済期間35年であれば毎月の返済額は105647円です。
毎月105647円の返済を続ければ、月に0.2%(年利2.4%)の利子を取られたとしても、3000万円の元金残高が35年後にはゼロになるということです。
上に示したとおり、毎月の返済額は一定(均等)でも、その中に含まれる元金返済充当額と利子は毎月変わります。
毎月の返済額を求めるにはちょっと複雑ですが添付の式のようなかたちになります。
ご提示の例ですと、3000万円×(2.4%÷12ヶ月)×{ (1+2.4%÷12ヶ月)^(35年×12ヶ月) } ÷ { (1+2.4%÷12ヶ月)^(35年×12ヶ月)-1 } = 105647円となります。
ここで^の記号はべき乗(累乗)を表します。
毎月105647円の返済ですから、35年間では総額で105647円×12ヶ月×35年=44371740円の返済です。
そのうち3000万円が元金ですから、残りの14371740円が利息の総額となります。
こんな計算するより計算シミュレータを使った方が楽ですよ。
こちらや、keisan.casio.jp/exec/user/1352481269こちらをご利用ください。
keisan.casio.jp/exec/user/1366788609何かのお勉強中ならこんな式は覚えることはないですよ。
この式のうち、右辺の借入額より右側(利率×…の部分)は、資本回収係数と呼ばれるもので、資格試験などではこの部分が表(利率毎、年数毎)として与えられます。
その表から該当する数値を読み取って、それに借入額をかければ毎月の返済額が求まります。
<補足を受けて>どういう計算で105647円になるかは上に示したとおりです。
どうしてこのような計算式になるか、またその計算式を電卓を使ってどうやって計算するかは私の知恵ノートを参照してください。
難しいですけど。
<追加>元金均等返済のことも聞かれていたのですね。
見逃していました。
失礼しました。
元金均等返済は、元金を均等に返済していく返済方式です。
さらにそれに利息を追加して返済しなければなりません。
利息の額は、元利均等返済と同様にその時点の元金残高に月利(年利の12分の1)をかけて計算します。
元金が3000万円であれば、それを返済回数420回(=35年×12ヶ月)で割って毎月の返済分を計算します。
すなわち3000万円÷420回=71429円が毎月の元金返済分となります。
毎月その金額の元金を返済するので、元金残高もその額ずつ減ってゆきます。
月利を0.2%とすると、最初の返済の利息は3000万円×0.2%=60000円です。
ですから最初の返済では、71429円+60000円=131429円返済しなければなりません。
それによって翌月の元金残高は29928571円になります。
二月目の利息は29928571円×0.2%=59857円ですから、二月目は71429円+59857円=131286円返済しなければなりません。
これを35年間続ければ元金残高がゼロになります。
利息の総額は、3000万円×0.2%×(420回+1)÷2=12630000円となります。

2013/11/14 00:33:12

ローン返済の時の利息が謎です。
あるカード会社で約47万円借金しています。
金利18%です。
リボ払いでの返済です。
毎月1万5千円返済していますが、請求書を見ると元金8千いくらで利息が7千いくらでの1万5千円返済ということ。
ちょっと計算が合わないかも知れませんが、そんな中身です。
以前あるカード会社の返済内容も同じでした。
それって、47万円借りてリボ払いだから47回返すんですよね?なのに1万5千円中半分くらいが元金でもう半分くらいが利息みたいな感じで納得が出来ません。
借りた金額の倍、返してる様におもいます。
そしたら金利50%じゃないんですか?私が知らな過ぎてバカなんでしょうか?金利のこと、計算の事バカな私にも分かりやすく教えてください!現在3社から総額約150万円の少額の借金返済で毎月8万円の返済に困りおまとめローンを考えています。
生活にもかなりの支障があり自己破産も考えましたがおまとめローンがあると知りやってみようと思った矢先の疑問でした。
また利息のせいで倍額返済する気がする感覚になるのかな?と。
ちなみに、借金は亡くなった夫が私名義で作った借金です。
幼い子供がいるので少額でも大変なのです。

あなたの勘違いしている回数で完済するには元金均等払いで月々1万円+利息を払わないといけない事くらいは理解するでしょう。
1万×47回は47万円なのだから。
借金だから当然だけど利息が付きます。
元金返済分の1万円と発生する利息を毎月返せば47回で間違いなく終わる。
利息は残高に対して毎月発生するから返済初めが一番高く、最終回は150円程度しか利息は付かない。
↓47万円×18%÷365日×31日=7185円が最初の利息。
1万円×18%÷365日×31日=152円が47回目の利息。
既に46万返済しているから。
これなら納得できるのでしょう?あなたの間違いは、契約上の約定返済の最低金額を元利均等払いで支払っている事です。
1万5千円の返済なら計算式で解ると思うけど確かに半分近くが利息。
でもこれでは真っ当な返済計画とは言えません。
何回で終わらせたいから幾ら返済しなければいけないのか?を正確に計画して初めて完済が見えるのです。
返済1回目に17185円返済していれば翌月は46万に対して利息発生で利息は152円減ったのだから納得できないなんて思いもなかった事でしょう。
金融機関はより長期に利息負担をさせたいのです。
だから約定返済で無理なく返済などとアピールし元金が減らないような返済を設定するのです。
おそらく契約上の最低返済額は残高次第で減っていきます。
返済金5千円減った場合はもっと元金の減りが少なくなるから更に長期返済となります。

2014/11/3 13:12:01

住宅ローンの事前審査、本審査共に何とか通過したんですが、本審査申込書の金利選択区分の変動金利か固定金利の選択、返済方法の元利均等返済か元金均等返済かの選択はJAの担当者が記入しました。
後々、申し込書のコピーをもらい見てみると、変動金利 元利均等返済に丸印が付いていました。
JAの担当者には、35年で当初10年固定で元金均等返済にするつもりという事を伝えていたので尋ねると、金銭貸借消費契約の時にきちんと、決めて頂けますので大丈夫です。
と言ってたんですが。
大丈夫なんでしょうか?宜しくお願い致します。

金消契約の時には、契約書が出来ていると思うので、契約書が出来る前に伝えないとダメだと思います。
が、JAがどうなのかは分からないので、JAに確認するしかないのではないでしょうか?そして、やはり、金消日で大丈夫と言われたら、そうなのでしょう。
(でも、きっちり、返事をした人の名前を聞いておき、必ず希望通りの金利で組んでもらいましょう)

2015/9/1 21:22:17

ご回答頂きありがとうございます。契約書というのは、金銭消費貸借契約の契約書ですよね?確かに、金消契約までには、伝えないと、書類作成上おかしいですよね。再度の質問にお答え頂けましたら、ありがたいです。本審査で元利均等、変動金利に選択されていても、最終決定では、ないという事で、大丈夫でしょうか?宜しくお願い致します。>

銀行の金利がいくらか知りたい。
決算書2期分と決算月の残高および支払利息の金額がわかっていますが、銀行の金利がいくらなのかどのように計算すればよいでしょうか?期中は約定弁済のみとの仮定です。

毎月返済で元金均等払いで金利の変動は無いという前提で、金利(%)=当期中の支払利息総額÷前期末と当期末の借入金残高の平均×100

2011/5/2 10:47:54

住宅ローンのオススメ。
今年の12月に新築一戸建てに引っ越し予定です。
三井住友銀行で本審査が通っています。
優遇はマイナス1.5%です。
ネットで住宅ローンの口コミをみるとメガバンクや地方銀行などはネット銀行に比べて保証料も金利も高め。
なので住信sbiに出したところ、本審査が通ったのですが減額がありダメでした。
それで今新生銀行かイオン銀行が金利が安くいいかな?と思っているのですが、どうでしょうか?またオススメの住宅ローンがありましたらおしえてください。
フラット以外でお願いします。

新生銀行がトータルコストで安くて良いんじゃないでしょうか。
審査は比較的厳しいですけど。
三井住友なら元金均等返済が可能なら理想なんですけれどね。

2013/9/14 15:19:39

住宅ローンのことで相談させてください。
以下のスペックの共働き夫婦で新築マンション9000万円を購入するのは無理があるでしょうか。
払っていけるか不安でして、住宅購入のご経験のある方、詳しい方にぜひ相談に乗っていただきたいです。
住宅購入金額 9000万円頭金1500万円の予定夫(34歳)年収 1200万円妻(33歳)年収 750万円 今後も働くつもり子供1人(1歳)2人目も欲しい現在の貯蓄 1800万円くらい今は家賃20万円の賃貸に住んでおり、そろそろ購入したいと思っていますが、払い続けられるかとても不安です。
よろしくお願いいたします。
補足皆さま、さっそく回答ありがとうございます。
いくつかご質問いただいた点に補足いたします。
・都心駅近なので高額物件です。
・通勤や保育園の都合で他のエリアは考えていません。
・現在、車などのローンはありません。
今後も車を持つつもりはありません。
・浪費癖はなく、今は年間500万円くらい貯金できるペースです。
・特に不安なのは、今後子供の教育費がいくらかかるか分からないことです。
・都心の駅近物件なので、返済がキツくなったら売れば良いかなと思っています。

9000万35年借入で金利1%の元金均等返済初月約29万頭金1千万で8000万35年借入で金利1%の元金均等返済初月約25.7万世帯年収約2千万なので、銀行の計算上は返済負担率30%と辛めにしても48.75万/月まで支払えると思われてますので十分な返済能力が有るご年収だと思います。
ポイントは、お子さんをもう一人欲しい=あなたが働けない期間が約1年前後は有るという事です。
極論、ご主人単体のご年収でも返済負担率30%計算で30万/月までは返済出来る計算です。
出来ないのであれば、浪費又は何等かの支出が多すぎると判断します。
様々な月の支出を見直して下さい。
で、本題ですが、ご主人お一人のご年収でも十分に返済可能な借り入れ金額だと判断します。
又、あなたお一人の返済負担額30%計算では月額18.75万までです。
※車等のローンが無い前提です。
もし、他にローンが有れば貯金で一旦0円にして、借りないようにしながら生活できると思えば買っても問題ないと判断します。
※2頭金1千万で8千万借入1%元利均等返済では約22.6万の毎月払いになるので、20万のお家賃のマンションにお住まいなのであれば楽勝でしょう。
おススメは貯金から頭金1千万入れて800万から引っ越し代等費用をザクっと200万位使い、600万貯金が残ればイザと言う時にも動かせるお金が500万を超えているので安心だと思います。
そして、8千万借り入れてあなたも働いている時は、50万ずつ、ローンを払っているつもりで、仮にご主人の収入が無くなったとしても、あなたのご年収で返済出来るで有ろう19万位までは100万たまる毎に毎月の支払金額を下げる方向で前倒し返済で計画し、その時点からは今お住まいのお家賃を下回ってますから、今よりも貯金がしやすいでしょうし、一旦へこんだ貯金を1000万まで戻し、貯金が1000万超えた時点から100万たまる毎に前倒し返済(支払い期間短縮の方)でご返済なされば宜しいのではないでしょうか??ここで、返済シュミレーションすれば前倒し計画もしっかり立てられるので良いと思います。
keisan.casio.jp/exec/system/1256183302

2017/7/16 19:44:34

詳しくご説明いただきありがとうございます。ローンの組み立て方など大変参考になります!
ちなみにどうすればそんなにお詳しくなれるのですか…?!>

中央三井信託について教えてください。
急いでいます!!中央三井信託の住宅ローンで元金均等で返済を考えているのですが…元金均等ができないとこもあるという事と、もし元金均等にできても金利が上がる可能性があると不動産屋に言われました。
・中央三井で元金均等での返済は可能ですか?・もし元金均等にした時にどのくらい金利が上がりますか?不動産屋経由で調べてもらっているのですが、今からシュミレーションしてみようと思ったので質問してみました。
宜しくお願い致します。

元金均等返済は可能と思います.www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_02.htmlに>返済方法として、「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」のいずれかをお選びいただけます。
と記載されています.元金均等にしても元利均等に比べて金利が上がることは無いはずです.逆に,保証料を最初に一括で支払う場合,少し安くなる可能性があります.(変わらないかもしれません)元金均等の場合は,ローン開始直後は返済額が増えますので,そのことと間違えているのかもしれませんね.----追記します.上のように書きましたが,もしかしたら元金均等だと金利優遇がされない,という可能性もあるかもしれません.元金均等を選ぶ方は非常に少ないようなので,そういった金利優遇キャンペーンの対象になっていない可能性はあるかもしれません.

2009/3/21 23:00:40

住宅ローンの返済方法でお聞きします。
元金均等返済の方が最初は返済金額が多いので大変だけど利息の金額は元利均等返済に比べて全然違うと聞きました。
まだまだ頑張りがきくうちに少しでも多く借入元金を返済したいなと思ってます。
私が個人的に両方をシュミレーションして比較してみると利息が半分以下なんですけどこんなに違うものなのでしょうか?

> 私が個人的に両方をシュミレーションして比較してみると利息が半分以下なんですけど計算間違ってます。
エクセルでシュミレーションすると、たとえば、100万円を30年、3%で借りた場合。
元利金等だと総支払利息: 約51.7万円元金均等だと総支払利息: 約45.1万円金利がどれだけ上がっても、倍半分にまで差が出ることはありえません。
それはさておき、元金均等の方が利息が少ないのは当然です。
最初の数年間、元利金等よりも毎月の返済額が多いのですから。
ということはつまり、毎月の返済額が少ない分、元利金等では貯金できます。
それを繰上返済の原資に充てれば、元金均等返済と元利金等返済の差はたいしたことありません。
(手数料は除く)まったく繰上返済をしないという前提でシュミレーションすると、返済方法による総支払利息の差は広がります。
しかし、繰上返済をするという前提で考えるなら、総支払利息に差がつくのは、返済方法ではなく、”何年で完済したか”と”繰上返済のタイミング”です。

2007/1/18 19:37:34

住宅のローンを計画中ですが変動金利(35年)と35固定金利の2つにローンを分けようと思っています。
現在変動金利1.225%と35年固定金利2.820%(通期)の場合、どのような割合とするのが最も良いのか教えてください。
長期的な安定性と低金利を組み合わせるため、今の計画では半分ずつにしようと思っています。
例えば2000万円の借入ならば、1000万ずつです。
が、それが本当に妥当であるのかわかりません。
統計的、理論的にはどのくらいの割合にするのが最も安定的で支払いも低くなるでしょうか?また、繰上げ返済を行っていく場合、変動と固定のどちらを優先的に返済して行ったほうが得でしょうか?変動1.225%、固定2.820%の場合、変動の安い金利の方を金利の安いうちに返済したほうが良いのか、固定の高い金利の方を優先的に返済し、金利の高い残金を減らした方が良いのでしょうか?回答をよろしくお願いします。
借入は元金均等返済を予定しています。
また、繰上げ手数料は0円です。

どういう分配が支払が低くなるかは,統計的・論理的には求められません.金利がどうなるかは予測ができないためです.ですので,・どこまで変動金利のリスクをとれるか・将来の金利をどう予想するかによって決めるしかありません.最も安定的…とするなら全額固定になるでしょうし,最も支払を低くする,ということであれば金利次第です.個人的には,全額変動金利が一番低くなるのではないかと考えていますが,本当にそうなるかはわかりません.過去の金利推移はこちらにありますが,ここ10年くらいは超低金利が続いており,いつこの状況が終わるかによるかと思います.loan.mikage.to/graph/primerate.html繰上返済をどちらにするのがよいかも,金利の動向次第です.もし変動金利がこのまま低金利であれば,固定に繰上返済した方が有利になります.逆に変動金利が大きく上昇するようであれば,変動金利に繰上返済した方が有利です.実際にシミュレーションして比較してみた例がこちらにありますので,よければ見てみてください.loan.mikage.to/tips/prepayment_selection.html元金均等返済もこちらでシミュレーションできますので,変動・固定の割合を変えたり,金利を変動させたりして,どのくらい返済額に影響が出るのか,どのくらいの金利上昇までなら大丈夫なのか,確認されると,何がよいか判断しやすくなると思います.loan.mikage.to/loan/

2009/10/5 08:36:13

-元金均等返済

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験