元金均等返済

ローンで、毎月返済する元金は上がり、毎月利息は下がる名前はなんと...元金均等返済

自動車のローンで元利均等返済自動車ローンを組みたいのですが元利均等返済この元利均等返済 とは どんな意味になるのでしょうか?*当方真面目に質問しています質問と関係のない回答をされた場合通報させて頂きますお前バカか?そんな事はここで質問するな!等の回答もご遠慮下さい。

毎月の元金+利息の支払いが一定

2018/6/10 11:55:52

カードローンの返済方式について。
元利均等方式、元金均等方式、リボルビング払い、残高スライド返済など…色々な返済方式があることを知ったのですが、どう違いがあるのか、どの方式が自分に合っているのかが難しくてよくわかりません。
毎月一定額は払うことができ、時々繰り上げ返済するときもある場合どれがいいのでしょうか?無知なのでこれだけの情報でいいのかわかりませんが、質問あれば返信しますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

>毎月一定額は払うことができ、時々繰り上げ返済するときもある場合どれがいいのでしょうか?一定額返済ってことなら、元金均等以外の支払いは全て当てはまります、、繰上返済はその会社の約束事なので支払い方法に影響を与えるものではないです、、とはいえ、カードローンで繰上返済を認めてない会社は知りません、、なので、元金均等以外であればどれを選んでも、大丈夫かなと思います、更に細かな違いは既にコメントにあるとおりです。

2016/5/29 12:28:29

変動金利で元金均等で住宅ローンを借りた場合支払い総額が元利均等より多くなる場合はありますか?

あります。
滅多にありませんが..元金均等の特徴は、残高が多い初期に、元金返済額が高いことです。
※その分、返済額も高いですが..『金利が下がった場合』と言っても、どんな場合でも、という訳では ないようです。
残高が多い初期は、通常 元金均等の方が元金返済額が高いのですが、がくっと金利が下がると、初期でも元利均等の方が元金返済額が高くなります。
このような場合、元金均等の方が総支払額が高くなります。
とは言え、実際に有るかと言えば、無いと思います。
理由は、今後金利が上がっていくであろうことと、他の質問にもある通り、変動金利の場合、金利は滅多に下がりません。
銀行マンがお勧めすることから分かる通り、変動金利は、銀行が損しないようにするものです。
変動金利の金利は、上がるしか ないでしょう。

2017/4/8 00:18:25

ありがとうございます!実は元利均等か元金均等で悩んでいます。トータル3千万の物件を買い、土地先行ローンで先に2千万土地を固定金利で借りています。残りの1千万を変動金利の元金均等で借りたいと思っていますがやはり元利均等の方が125パーセントルールがあるのでそっちの方が安全なのでしょうか?>

公務員は住宅ローンなどが元本から減っていくみたいですが本当ですか?

元利均等払いにするか元金均等払いにするかの違いだけでしょう。
誰だって銀行と借入契約をする際に、何れか選択契約できますよ。
元利均等払いは、全回を通じて毎回同じ金額を支払いますが、元金均等払いは最初の方が返済額が多く最後が少なくなる方法です。

2015/7/4 08:10:39

元利均等返済か元金均等返済で迷っています。
新築マンション購入の、住宅ローンの診断をお願いします。
中央三井信託銀行借入 1940万で、事前審査が通りました。
本審査を前に、元利均等返済か元金均等返済で迷いに迷っています。
どちらがいいと思いますか?また、固定金利指定型の5年固定 金利1.7%(優遇後) か、固定金利指定型の2年固定 金利1.55%(優遇後)のどちらにしようかも迷い中です。
併せてアドバイスをいただければ、幸いです。
よろしくお願いします。

まず、5年固定35年返済の場合で元利均等と元金均等を比べると次のような関係になります。
金利のパターン_____5年後の残高__5年間の返済額__5年間の利息__初回返済額5年1.7%(元利均等)__17817183___3792906___1610089___632155年1.7%(元金均等)__17142857___4437738___1580595___75952元金均等を選ぶと利息は30万円ほど少なく残高の減りも早いですが、その分当面は毎月の支払額が多くなりますので、毎月の資金繰りに余裕があると見込まれる人には良いと思います。
逆に、とりあえず当初の支払額を少なくして余裕ができたときに繰上返済しようと考えている人や、返済額が毎月同じ額にしておきたい人などは、元利均等返済のほうが良いと思います。
次に5年固定と2年固定の比較ですが、ここでは元利均等を前提とします。
5年固定と2年固定の関係は以下のようになります。
金利のパターン______5年後の残高__5年間の返済額__5年間の利息5年1.7%(元利均等)____17817183___3792906___16100892年1.55%→その後1.55%__17762174___3703675___14658482年1.55%→その後2.05%__17870671___3875513___17461842年1.55%→その後2.55%__17973022___4054868___20278902年1.55%→その後3.05%__18069275___4241551___23108252年後の金利が0.5%程度だけ上がった場合でも5年固定のほうが有利なことが分かります。
ちなみに、5年固定1.7%と5年後の残高が等しくなるパターンは「2年1.55%→その後1.8%」です。
同様に、返済額が等しくなるパターンは「2年1.55%→その後1.812%」で、利息額が等しくなるパターンは「2年1.55%→その後1.808%」です。
2年後の金利が0.25%以上上昇するような状況は大いにありえますので、個人的には2年固定1.55%よりは、5年固定1.7%のほうが有利なように思います。
但し、中央三井信託銀行の住宅ローンは、固定期間中の繰上返済は手数料がかかる一方で、金利リセット時の繰上返済は手数料が無料という商品なので、繰上返済を頻繁に行いたいような場合は、より詳細に検討したほうが良いかもしれません。

2008/5/13 12:56:01

カーローンについて半年ほど前に200万のローンを組んで車を買いました。
月々の返済を少なくして、貯まり次第一括で返済するつもりのため、期間は10年にしています。
ローン会社に確認したところ、金利分を足した金額しか教えてもらえなかったのですが、途中で一括返済する場合、例えば2年目に一括返済したとすると、残り八年で払うはずだった金利は払わなくてもいいという認識で合っていますでしょうか?初めてローンを組んだため、知識がないので、わかりやすく説明して頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

例えば2年目に一括返済したとすると、残り八年で払うはずだった金利は払わなくてもいいという認識で合っていますでしょうか?←合ってますが、手数料前払い形式のローンは払い戻ししてもらう考え方になります。
手数料(金利)前払い型あなたの計算方法のローンの払戻金が78分法を用いた一括返済の払戻金が有る場合はdefcon1.click/2017/05/28/で、計算できます。
又、他には銀行系で特に多い元利均等返済方式やあまり無いけど元金均等返済方式等有ります。
keisan.casio.jp/exec/system/1256183302ここが、参考になります。

2017/6/29 21:55:49

車のローンについて現在ローンを組み、車の購入を考えています。
ローンの仕組みなど分からないことが多いのでどなたかご教授いただければと思います。
現状全くと言っていいほど知識がございません。
私の勝手な想像の中で間違っている部分があれば教えていただきたいです。
まず購入を考えている車を200万円とし、この車はオークションでの購入とします。
中古車買取サイトで、その車の相場価格(販売価格ではなく売却価格)を調べた結果、200万だとします。
つまり比較的安く購入できたということです。
銀行などでローンを頭金なし200万円60回払いで組んだ場合、金利8%であれば、返済総額が約243万円になります。
ボーナス返済無しの場合、月々約4万円の支払いです。
ここでもし、2年間、24ヶ月分を払った状態で売却するとします。
243万円のうち、24×4で96万円返済したことになります。
残りは147万円となるわけです。
ここで、通常ありえないとは思いますが、車の売却価格が落ちてなかったと仮定した場合、200万円で車を売却し、ローンの残額に充てるとすれば、単純計算で53万円手元に残ります。
これは損してますか?考えられるデメリット・53万円残ったとしても今までの返済96万円を差し引けば、43万円は失うことになる。
考えられるメリット・頭金がなくても200万円の車を2年間乗れる。
・決して得はしてないが、手元に53万円が残る。
これは合ってますか?ローンを組んでいる車を売却するのは手続きが必要とありましたが、もしカーローンではなく、通常の銀行ローンで借りて、現金で車を一括購入した場合は名義も本人になり、売却も自由ということですか?長文になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

243万円のうち、24×4で96万円返済したことになります。
残りは147万円となるわけです。
ローンの残額に充てるとすれば、単純計算で53万円手元に残ります。
←違います。
あなたの計算方法のローンの払戻金はdefcon1.click/2017/05/28/で、計算できます。
109544円がさらに手元に戻ります。
(一般的な一括返済手数料30%を差し引かれたと仮定して)又、他には銀行系は特に元利均等返済方式や元金均等返済方式等有ります。
keisan.casio.jp/exec/system/1256183302ここが、参考になります。
これは損してますか?←あなたが感じるところなので損していると思えば損していますが得していると思えば得しています。
以下はそもそもが違いますので、何とも言えません。
もしカーローンではなく、通常の銀行ローンで借りて、現金で車を一括購入した場合は名義も本人になり、売却も自由ということですか?←あなたの選ぶローン契約によります。
※所有権留保がローン契約の約款に記載されている場合はできませんが留保が無い場合等売却出来るローンも有るということです。
いろんな種類のローンが有るので、あなたが思うローンが組めるのかをお調べになられた方が良いと思います。

2017/6/15 22:03:30

ご回答ありがとうございます。
とても参考になりました。
特にローンを一括返済するとなると、手数料が一般的に30%もかかってしまうことは知らなかったです。
確かに損得は個人の考えですね…>

金利の計算について教えてくださいものすごくはずかしい話なのですが、ぜひ、わたくしにもわかるように教えてください。
例えば、変動金利で、4000万円を35年ローン、変動金利の0.57%で借りたとします。
定率計算、定額計算そういった違いはあると思うのですが、ここでいう金利0.57%というのは年利ですよね。
なので、1年目 4000万円の元金に対して0.57%=約23万円二年目 減った元金例えば(そんなに減らないと思いますが)3500万縁の元金に対して0.57%=約20万円・・・・・みたいな形で、35年間で計算したものが、よくシミュレーションサイトで出てくる計算結果と思っていれば良いのでしょうかちなみにイオン銀行のシミュレーションサイトで上記の条件でやったところ、総支払金額4413万円利息合計413万円と出ました。
(ボーナス支払い無し)質問2シミュレーションサイトの下に諸費用ランというのがあり、そちらに112万円という数値がでましたが、これがいわゆる事務手数料2.1%や保証料といったものの合計だと思うのですがこちらは、ローンの中には組み込まれないつまり、キャッシュで事前に払うということなのでしょうか。
一般論で良いので教えてください。
また、良く言う、実質金利というのはこの、諸費用を含めての計算をしたものを言うのでしょうか。
いま、地銀のローンを検討しているのですが実質金利というのが出ていないため、どうしたらそういうのがわかるかなぁと頭を悩ませています。

元利均等返済だとして考えます「毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで均等となる利息の算出方式。
」ここで問題になるのは毎回の返済額がどのように算出されるのか?ということです。
当然ながら返済額はn年で元金4000万が完済できるように設定する必要があります。
1回目の返済では元金残額は「4000万×1.0057-毎回の返済額」です2回目では、「4000万×1.0057×1.0057 - 毎回の返済額×1.0057 - 毎回の返済額」です。
3回目では「4000万×1.0057×1.0057×1.0057- 毎回の返済額×1.0057×1.0057- 毎回の返済額×1.0057×1.0057-毎回の返済額」です。
n回くりかえした後の元金残高は「4000万×1.0057^n - 毎回の返済額×1.0057^(n-1) - 毎回の返済額×1.0057^(n-2) -…- 毎回の返済額×1.0057 - 毎回の返済額 」となります。
これがちょうど0円になればn回で全額返済できたことになるので「上の式=0」となるように計算すると毎回の返済額は4000万×0.0057×{1.0057^n÷(1.0057^n -1)}となります。
nに35を代入すると、1.0057^35≒1.22であるため、1264363円です。
35年間の総支払は44252705円となります。
だいたいシミュレーションと合致しますね。
月払いで計算するともっと正確になります。
上記の計算は「元金残高に利息率をかけたものがその月(あるいは年)に払う利息になる」なおかつ「決められた回数で元金が払い終わる」ように毎回の支払額が決定されているのです。
参考urlnote.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133975次に実質金利についてですが実質金利とは物価の変動あるいは貨幣価値の変動を考慮した金利です。
実質金利は名目利子率-インフレ率で算出されます。
もし毎年10%のインフレが起こっていくなら毎年、借金の残額が10%づつ減っていくのと同じ効果があります。
10%のインフレ=10%の貨幣価値の低下ですからね。
日本は失われた20年間、デフレーション下にありました。
実質的に金利が高くなっていたのです。
借りた時には大した金額じゃなくても、貨幣価値が高まるせいで負担が重くなります。
デフレから脱却するために政府と日本銀行は2013年からインフレ・ターゲティング政策を行ってインフレ率2%を目標に掲げています。
政府はインフレ率の指標としてコアCPI(生鮮品・食品を除く消費者物価指数)を使っています。
他の指標としてはGDPデフレーターや東大物価指数なんてのもあります。
こうしたデータから見るに、効果はそれほど芳しくないもののデフレ脱却の傾向が見えてはいます。
最後に、現在の金利は日銀のゼロ金利政策によって低い水準に抑えられています。
しかし、インフレ率2%が達成され、景気が過熱気味になってくると日本銀行は金融政策の出口戦略を考え始めます。
今後35年間に金融引き締めが一度もないと言いきることはできません。
したがって、実質金利を考えなくとも変動金利ですら予想することは困難です。

2015/7/22 17:17:52

三井住友信託銀行で住宅ローン組まれた方、何が決め手でしたか?直近で住宅ローンを申し込みますので、信託銀行2つ、地方銀行1つに説明を伺ってきました。
変動タイプで申し込み予定ですが、信託銀行2つの金利は同じ、地方銀行は0.05%低かったです。
金利だけでみると地方銀行が良いですが、三井住友信託さんだけ元金均等返済のローンの組み方があったり、内容も幅広い印象がありました。
三井住友信託さんでローンを組まれた方や、お詳しい方、決め手など教えて下さい。
よろしくお願い致します。

私は三井住友信託でお願いしましたが、その理由としては金利が0.775で一番低かったからです。
それと、元金均等と元利均等とを選択できる点も他とは違って良かったですね。
司法書士も独自の司法書士を指定してこないですし。
(指定してくる金融機関はけっこうあります)繰上げ返済もパソコンを使って無料でできますし、保障料も元金均等でお願いしたので、元利金等の金融機関より安くすみました。
保障料0円の金融機関もありますが、そういう場合、たいてい事務手数料が保障料と同額程度かかります。
繰上げ返済をすれば、保障料は戻ってきますが、手数料は帰ってきません。
なので、逆に保障料を取られるところのほうが私は良いと思っています。
(繰り上げ返済をすると保障料は戻ってきますが、その都度手数料がかかりますので、ある程度まとめて返済するほうがお得です)自分がどの住宅ローンを選択するかは自分が繰り上げ返済しそうなのか、元金均等は、支払金額が高めになるので、それを払えるのか・・・などを考慮して選ばれるのがいいと思いますよ。

2012/8/20 13:50:53

ローンで、毎月返済する元金は上がり、毎月利息は下がる名前はなんといいますか?元利均等返済でしょうか?

月々の支払いが一定なら元利金等返済です。
返済額の内訳が最初は利息多めで徐々に元金が多くなります。

2017/9/14 21:22:43

元金と利息を合計して毎月の返済額が同じであれば元利金等返済ということでしょうか?>

-元金均等返済

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験