元金均等返済

?長文?住宅ローンに借り換えについて。 以前にも似たような質問をさ...元金均等返済

銀行から1000万借り入れします。
15年返済で元金均等又は元利均等返済のどちらかにしますが5~8年で繰り上げ返済する予定です どちらがお勧めですか?

どちらがいいかはあなたの資金状況次第かと思います。
単純に15年で借りて元金均等か元利均等かで比較するなら、元金均等の方が総支払額は少なくなります。
これは途中で繰り上げ返済する場合も変わりません。
ただ、元金均等は当初の支払額が高くなります。
金利2%で計算すると元金:72000円、元利:64000円ぐらいの差になります。
この額を支払つつ、繰上げ分の資金を貯めれるなら元金均等でいいのではないでしょうか。
(元金均等は支払額が減っていくので後の方は楽になりますが)更に言えば、元金均等の当初支払額と同額を払い続けられるのであれば、元利均等で返済期間を短くして、15年の元金均等の当初支払額と同額程度にした方が総支払額は減ります。
資金の使い道が書いてありませんが、住宅ローンでしたら減税もあるので、一概に残債を減らすのがいいとも言えません。

2015/2/6 16:08:07

abcdeの値を教えてください!ある金融業者から20000円を1年複利の年利10%で借り,1年経過するごとに返済して2年で完済するとする. このとき,元金均等返済の1年後の返済額はa円, 2年後の返済額はb円であり, 元利均等返済の毎回の返済額はc円である.返済額が自然数ではない場合,小数第1位以下を切り捨てて端数については無視すること.また,端数を無視した返済額における利息の総額をそれぞれ求めると,元金均等返済の場合はd円元利均等返済の場合はe円である.

分割で返済するのに利息が複利ということはありえない。
質問設定自体が荒唐無稽。

2014/11/29 17:46:09

金利何パーセントでしょうか。
元金300万円月返済額24500円ボーナス時+80000万円 年二回期間10年元金均等返済

そんなのローンシュミレーションでやればすぐ出ますよ。
元利均等でボーナス払いも月割りと一緒でアバウトに元利均等で計算したらちょうど実質金利10%くらい。
ホントに元金均等(毎月とボーナス時の返済額が残高によって変わる)ならもっと高いですよ。

2018/4/23 03:42:13

住宅ローン 銀行選びに2社で最終的に迷ってます‥この度、マイホームを購入し頭金を除いた2500万の住宅ローンを組む予定です。
家族構成は夫(会社員)30代・私(専業主婦)・子供二人です。主人の年収は900万です。入居が今夏で今月中にローン契約を終了させたく、三井住友信託銀行とソニー銀行の仮審査を通し両銀行共審査がおりたところです。
両銀行とも繰り上げ返済のし易さ・金利が比較的低い事から選びました。今日の金利上昇の可能性の報道を見ると‥ひとまず3~5年の固定ローンがいいのかな?と考えています。
10年の固定ローンの方がいいでしょうかねぇ(こればっかりは結果がでないとわからない事ですが)両銀行の違いは保証料の有無ですが、無いソニーは金利にその分乗ってるイメージです。あとは三井住友信託銀行は元金均等の返済方法もあります。会社員の我が家としては返済額が一定が同じの方がいいのかなと思いつつも、返済額は少ない方がいいなぁと言う思いもあります。一応、手元にもある程度は貯金はあります。我が家に向いている住宅ローンはどちらに思いますか?本審査を前にして、すごく迷ってます。

三井住友信託銀行の10年固定、そして元金均等返済をお勧めします。
三井住友信託のアドバンテージ、ソニーに勝るメリットは何より元金均等返済ができる点です。
ご存知のとおり元利金等より総支払額がかなり少ないです。
元金均等返済を扱う銀行はまだまだ少ないので、これは大きなメリットです。
年収900万円で家族構成などを鑑みれば、まず元金均等返済は決して無謀ではありません。
最初の返済額が最も高いですが、完済まで毎月ずっと減り続けます。
www.nomu.com/loan/story/05.htmlお子さんが大学進学等の頃には返済額はかなり低くなっているでしょう。
保証料もご指摘のとおり、無いのは金利に乗っているからであってソニーのアドバンテージではありません。
金利については、先の事は誰にも分かりません。
ただリスクをヘッジする観点から長期固定物を私はお勧めします。

2013/7/1 20:03:48

住宅ローンのことで質問です。
元利均等返済(高くなっても125%までと補償)と元金均等返済だったらどっちがよいと思われますか?

理屈としては、元金均等が有利ですが、一般的に元利金等で返済し、お金をためて繰り上げ返済します。
125%ルールも元金が減れば怖くないです。
元金を減らし、返済期間を短縮しなければ返済額は減ります。
返済に余裕があれば、返済期間を短縮すればいいんです。

2016/3/10 20:33:10

回答ありがとうございます。125%ルールって、金利が125%まで補償されると思っていたのに、返済額の保証だったんですね。勉強になりました。>

住宅ローン減税と繰り上げ返済について住宅ローンを2016年に4200万・変動金利0.8%(団信込み)35年ローンで組みました。
建物は長期優良住宅。
私の家族構成は夫36歳・年収600万(手取り425万・子供1人扶養)、妻・年収550万(手取り380万・扶養なし)、子供小学校1年生の3人暮らしです。
本題ですが住宅ローンの減税を受けて10年目から繰り上げをするか今から少しずつ繰り上げ返済をするかで悩んでいます。
繰り上げ返済は年間100~120万円くらいを見込んでいます。
(期間短縮型)減税額も大きいのですがこまめに繰り上げをするのか11年目から貯蓄した分を含めて繰り上げ返済をするのかでどちらがメリットがあるかをご助言いただけますと幸いです。

元利均等返済の繰上返済について解説します。
元利均等返済の場合、月々11万円の返済額だとしますと、月々11万円の返済額の中で元金と利息の部分が分けられます。
元利均等払いの場合、住宅ローン返済開始の当初の方が利息を返済する割合が多いです。
繰上返済とは、元金と利息を繰上返済するのでなく、あくまでも元金のみを繰上返済することになります。
元金を繰上返済することにより、その元金に対しての本来支払うべき利息を支払わなくて済みます。
住宅ローン返済し始めて後半に繰り上げ返済をするよりも、利息の返済割合が多い、住宅ローン返済し始めた前半の時期に繰上返済をした方が、余分な利息を払わないで済みます。
従って、繰り上げ返済の効果は、11年目以降よりも、早い段階で繰上返済した方が得と言えます。
文章で説明すると少々判り難い言い回しで申し訳ございません。
但し、今回は、長期優良住宅で住宅ローン控除があることを考慮して計算しますと大きな差が出ないようです。
画像の図をご参照ください。
また、今あるキャッシュを繰上返済に充当して手元のキャッシュが無くなることもリスクと言えます。
繰上返済する場合、そのリスクのバランスを考えなければなりません。
繰上返済する場合、手持ち資金(預貯金)の殆ど全てを繰上返済に充当せずに、中学受験や高校受験、若しくは2人目のお子様の誕生など、今後10年間に想定されるライフイベントを考慮して、最低限ご自身の手元にいくら必要かを考える必要が御座います。
その余剰資金を繰上返済するという方法がよろしいかと思います。
もはや、ご質問者様の考え方で決めてよろしいレベルだと思います。
曖昧な回答でスミマセン!

2017/6/26 17:23:30

20年金利固定の住宅ローンを考えております。
目指せ繰り上げ返済15年を予定しているのですがその場合、下記のどちらがオススメですか?「元利均等毎月返済」 、「元金均等毎月返済」

元金均等が得手数料を考慮しながら、まとまったお金があったら一部でも繰上償還をする方が得

2012/4/30 20:20:49

元金均等返済と元利均等返済について教えてください。
今度、約3000万の住宅ローンを組むことになりました。
現在、ふたつの銀行から承認されています。
地方銀行は返済方法が元利均等返済のみで、大手バンクは元金均等返済での返済となるそうです。
金利は、地方のほうが、大手よりもさらに「0.025」優遇してくれます。
ローンは変動金利を選択しています。
この場合、どちらの銀行を利用したほうがいいでしょうか?金利0.025の差では、返済額はほとんど変わらないそうですが…。
また、元利均等返済と元金均等返済では、どちらのほうがトクでしょうか?調べてもよくわかりません…。
申し訳ありませんが、教えてください。
また、みなさんが同じ状況なら、金利優遇が大きい地方銀行と大手バンク、どちらを選びますか?ご意見をお願いします。
よろしくお願いいたします。

元金定額と元利定額では元利定額のほうが借り手にとって優れた方式だと思います。
一般に元金定額のほうが総支払額が少なくて得と言われています。
allabout.co.jp/gm/gc/10609/2/しかし、これは同じ金利で同じ年数の支払いとした時の話です。
リンク先の例では初回の支払いが元金定額では158333円、元利定額では126481円になっています。
月に158333円支払える能力があるのであれば、月々の支払いが158333円になるように支払期間を短縮して最初から最後まで158333円支払う元利定額にすればそちらのほうが総支払額は少なくなります。
要は月々の支払いを多くするほど支払期間は短くなり総支払額は減るのです。
元金定額のデメリットとして初期の支払いがきついと言われますが、私の考えでは逆に支払いが進むにつれ勝手に支払額が減ってしまうことがデメリットです。
払えるのであればどんどん払うのが金利を減らす一番有効な方法です。
追記具体的な計算例が過去の質問にありました。
こちらを参考にしてください。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q149114529?...

2011/10/29 20:45:10

金銭消費貸借契約書の書き方について教えて下さい。
第1条【金銭消費貸借契約】甲は、乙に対し、本日、金〇〇〇〇万円を貸し付け、乙はこれを受領した。
第2条【返済期限・返済方法】乙は、前条の借入金〇〇〇〇万円を、平成〇〇年〇〇月から平成〇〇年〇〇月まで毎月末日に金〇〇〇〇円宛〇〇回に分割して、甲の指定する金融機関に振り込んで返済する。
第3条【利息】利息は年〇〇パーセントとするこの第2条の毎月返済の金額の書き方がわかりません。
分割した金額を書く事はわかるのですが、元利均等返済の場合は元金を分割した金額なのか 元金+利子を分割した金額なのかがわからなくて困っています。
詳しいかた教えてください。

元利均等返済は元金+利子を足した返済方法ですが、毎月の元金の返済を引いてから利子を出します。
そのため全ての月数計算も必要になります。
金利は年利計算で良いですが、電卓での計算はほぼ無理だと思いますので「ローン電卓」がお勧めです。
若しくはパソコンのExcelにてローンの関数を引いてコンピューターに計算してもらうと良いですよ!全計算はこんがらがります(笑)。

2013/10/25 20:59:59

?長文?住宅ローンに借り換えについて。
以前にも似たような質問をさせていただいてますが、条件が変わったので再度質問させていただきます。
【現状】借入先:フラット35残り借入金額:約2810万 残り返済期間:32年2ヶ月毎月の返済額:約84,000円(ボーナス月は+46000円)金利:当初 1.510% 8年目~ 1.810%返済方法:元利均等その他:機構団信加入(完済までの団信支払額およそ180万) 【検討先】①借入先:地元の信用金庫借入金額:2890万(借り換えに伴う諸経費を含め、持ち出し費用を0にする)諸経費:合計 798610円 融資手数料 546210円 登録免許税 115600円 司法書士手数料 40000円 印紙代 20000円 ローン融資手数料 32400円 不動産担保調整手数料 32400円 抵当権解除費用 12000円金利:30年固定 1.29% 残り2年変動毎月の返済額:約92000円(ボーナス払い0の試算)その他:団信込み(死亡、高度障害のみ保障)②借入先:モーゲージバンク(フラット35)借入額:2860万円(諸経費上乗せ)諸経費:合計 510698円 融資手数料 112400円 初回団信料 92300円 初回返済金 85798円 印紙代 20200円 その他司法書士へ支払う登記費用等 約200000円金利:全期間固定 1.02%(今月実行の場合)毎月の返済額:約86000円(ボーナス払い0の試算)その他:機構団信料別途 約180万円(死亡、高度障害のみ)果たしてこの条件で、借り換えするならどちらがいいでしょうか?メリットがあるのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

回答いたします。
練馬で建築と不動産をやっています。
借り換えがどこが一番とくかでお答えします。
フラット35の元利均等返済から元金均等返済がベストです。
理由を若干説明します。
どの金融機関も金利の話しかしないと思いますが、金利は日銀が決めるので何処も大して変わりません。
それより元金均等返済を持っているのは住宅金融支援機構のフラット35だけです。
この方法は将来の不安経済を一番反映する返済方法だからです。
借りた元金を一定額返済し、利息がどんどん減る仕組みなのです。
元利均等返済は最初の返済は利息だけ支払っているので元金は一切に返していないことになるのです。
従っていつまでも返しているように見えますが全く違うのです。
確認してみてください。

2016/9/9 13:45:07

-元金均等返済

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験