元金均等返済

金融の利子って例えば30万借りてて毎月の返済額が15000円だとするじゃ...元金均等返済

固定金利 元金均等返済借り入れ金額5800万円 金利1.659パーセント 借り入れ期間7年の支払い利息の計算式は?

利息は、その時点の元金残高に1.659%÷12ヶ月をかけたものになります。
元金均等であれば、最初の残高は5800万円で、そこから毎月5800万円÷(7年×12ヶ月)ずつ減っていきます。
n回目の返済時の残高は、5800万円 - (n回目-1)×5800万円÷(7年×12ヶ月) となりますので、n回目の利息は1.659%÷12ヶ月×{ 5800万円 - (n回目-1)×5800万円÷(7年×12ヶ月) }となります。
利息の総額は、5800万円×1.659%÷12ヶ月×(7年×12ヶ月+1)÷2 = 3407862.5円となります。
最初の回答者さんの回答は、元利均等返済の1回あたりの返済額の計算です。

2016/2/18 14:35:01

似たようなもう一つの質問の、「元金の4.83%」というのは、上に示した利息総額の式の
1.659%÷12ヶ月×(7年×12ヶ月+1)÷2
の部分の1.659%を1.364%に置き換えたら、0.048308333となりますので、それのことなのでしょう。>

住宅ローンを組むには、元金均等返済と元利均等返済のどちらがおすすめですか?

元利均等返済での総返済額>元金均等返済での総返済額となります。
ただし元金均等は当初返済額が多くなります。
それを払っていけるだけの経済的余裕があればその方が利息が少なくて済みますよ。

2012/2/3 19:05:44

元金・支払利息の計算方法(元利均等方式)についてマイホーム購入ローン元利均等方式借入総額 3000万円利率 3%(35年固定)返済期間 35年(420回)上記の条件の場合、 毎月の元金と支払利息はどのような計算式で算出するのでしょうか?下記のようになるようですが・・・毎月の支払総額 ¥1154551回目 元金 ¥40455利息 ¥750002回目元金 ¥40556利息 ¥748993回目元金 ¥40658利息 ¥74797

計算式は元利均等返済における毎回の返済額 = A × r /{1 -(1 +r)^(-n) }A:元金利率:r(年利/12で計算)返済回数:n借入総額 3000万円利率 3%(35年固定)返済期間 35年(420回)返済額 3000×(0.03/12) /{1-(1 +0.03/12)??2?}=3000×0.0025/{1-(1 +0.0025)??2?}?115455円

2016/8/6 06:24:58

毎月の返済額
= A × r /{1 -(1 +r)^n }
X回目の元金返済額
A×r(1-r)^(n-x)/{1 -(1- r)^n }
X回目の利息返済額
A×{1-1- r)^(n-x)}/}{1 -(1- r)^n }
全期間の返済額
A×「1 -nr/{1 -(1- r)^n }」
「ある時期 x 回までの元本返済額
(1- r)^n×{1 -(1- r)^(x) }/[{1 -(1- r)^n }×(1-r)^x]
>

??住宅ローン、元金均等返済と元利均等返済について。
元金均等返済の方が支払い金額が少なくなるみたいですが、ほとんどの人が元利均等返済にしてると聞きました。
ローン始めの時期は元金均等返済の方が支払いが多いのがデメリットのようですが、私の場合、月々一万円程の違いでした。
(たったの一万円くらい!?と思いました)今の時期の利息の少ない時期に多く利息分返してしまった方が得だし、総支払い金額が30万くらい少なくようですし、子供が大きくなってからの方がお金がかかるのにと思うので、元金均等返済でローンを組もうと思いました。
しかし、担当者の方はほとんどの人が元利均等返済ですよ!と元利均等返済を押してるように感じました。
なぜ!?と思いました。
みなさんなぜ利均等返済を選んでいるのでしょうか?私の場合元金均等返済を選んで大丈夫なのでしょうか?ローンについて本当にあまりわからないので教え頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

我が家も元金均等方式でかりました。
今はかなり金利が安いので、どちらで借りて、返済額に関してはあまり差がないかと思います。
元金部分の返済額は、毎月かわりますよ。
年収に対しておおくかりられる方が多いので、そのような場合元金均等方式では、借入額が少なくなります。
たとえば我が家は(15年ほど前の話ですが)、当時の年収では、1600万しか借りられず、2本立てにして両方とも元金均等方式で借りいれて2000万かりました。
でも元利均等方式だと、2000万以上を一か所から借り入れ可能でした。
(当時の金利は4%です)。
今の金利だと、1本で借り入れ可能ですが子どももいなかったし、子供が生まれればお金がかかりますから、子供が小さいうちに繰上げでどんどん返済して元金を減らしておきたい、と考えて、元金均等にしました、総返済額では数百万の差がありましたし、もともと、10年で完済する予定でした(実際5年で完済)また、将来借り換えするにしても、この場合だと、確実に元金が減っているので、借入額が下がるということも考えました。
元利均等だと、最初の数年は元金殆ど減りませんから。
貸し手にしてみれば、たくさん借りてほしいのと、金利を設けたいというのがありますし、(どちらも元利均等のほうが多い)、借り手にしてみれば、ほとんどぎりぎりで借りられている方が多いので、たくさん借りたいというのがあります。
現在返済可能とお考えならば、元利均等のほうが、最終的に安くなりますし、毎月元本が減るのがわかりますから、お勧めですよ。

2014/2/17 09:23:57

【ローン】元金均等返済と元利均等返済の違いを教えてください。

1200万円を金利1.0%、期間10年(120ヶ月)で借りるとしましよう。
◯元金均等1200万円を120回で割った額、毎月10万円づつ返済していきます。
利息は残高に応じた分を1ヶ月分支払います。
結果、利息は当初1万円からだんだん減ることになります。
元利合計の支払額も、初回をピークに減っていきます。
◯元利均等借入額、金利、期間を逆算し、毎月の元利合計の支払額を固定します。
メリットは借入当初の返済負担を抑えられること。
元金返済を将来に繰り延べるイメージ。
なので最初のうちは元金部分がなかなか減りません。
手元資金に余裕があり、借入額もさほど大きくなければ、元金均等にすべきかも。
大きな金額で、返済負担を抑えたいなら元利均等です。
ただし、個人ローンについては元利均等が一般的。
元金均等方式のローンを取り扱っていない銀行もあるかも。

2015/11/17 06:55:33

住宅ローンの元金均等返済と元利均等返済のメリット、デメリットを教えてください。
3000万の借入れを35年で変動金利0.975%だと、TOTAL40万くらいしか変わらないような?返済に余裕があるなら元金均等返済でしょうか?補足元利金等で繰り上げ返済してもTOTAL支払はあんまり変わらないですか?

take0157さん>住宅ローンの元金均等返済と元利均等返済のメリット、デメリットを教えてください。
元金均等返済のメリット:元金の減少が早いので支払利息の総額が少ない。
終盤の負担は少ない。
デメリット:初期のころの返済額が多いので初期のころの負担が大きい。
元利均等返済のメリット:返済額が常に一定。
デメリット:初期のころ元金がほとんど減少しないので支払利息の総額が多い。
>3000万の借入れを35年で変動金利0.975%だと、TOTAL40万くらいしか変わらないような?私の計算では29万412円の差でした。
>返済に余裕があるなら元金均等返済でしょうか?そうでしょうね。
追伸安倍さんが首相になったら、変動金利は危険かもしれません。
早時期に固定金利に変更していくのが賢い選択かもしれません。
補足への回答>元利金等で繰り上げ返済してもTOTAL支払はあんまり変わらないですか?元利均等払いは、元金均等払いに比べ、繰り上げ返済の効果は大きいです。
どちらにしても、トータルの支払利息額は減少します。
ただ、金利が低い場合は、元金均等も元利均等もトータルの利息はあまり差はないです。
金利が高くなると、差は開いてきます。

2012/12/12 11:24:50

元金均等返済の定義(元金部分)について元金均等返済で例えば借入金100万円で10回払いの場合、通常であれば、1回ごとの償還は元金10万円+利息だと思いますが、1~9回の償還が5万円で最終回が55万円という場合も元利金等返済というのでしょうか?補足すみません訂正です。
>元利金等返済というのでしょうか? 元金均等返済というのでしょうか?

正式な名称として存在する訳ではありませんが、業界用語では「テールヘビー(最終回しわ寄せ)」と呼びます。
「テールヘビー型の元金均等返済」で通用すると思います。

2010/10/29 16:31:37

リボ返済(リボ払い)と元金均等返済(分割払い元金均等方式)何が違うのですか?

リボ払いは毎月のリボ残高に対して、1ヶ月分の手数料を支払う方式です。
来月いくら支払うかは自分で決めて、翌月またリボ残高に対してリボ手数料がかかってきます。
残高が無くなれば翌月以降の手数料は発生しません。
これに対して分割払いは何回払いか決めて、毎月の手数料の合計を、支払い回数で均等分割して支払います。
リボ払いは返済額を少なくすれば、借入期間が長くなって、手数料が大きくなります。
分割払いは毎月の返済額が決まっているので、長引くことはありません。
リボ払いは途中で返済額を増やして、手数料を減らすことが出来ますが、分割払いは早く返したくても、残高と手数料の全てを一括で返すしかありません。

2018/1/13 09:36:58

住宅ローンの場合(元利均等返済と元金均等返済)、どちらがトータル的に得策でしょうか?無知で申し訳ありませんが、ご教授下さい(30年ローンを予定しております)

元金均等の方が、どう計算しても総返済額は少なくなりますしかし返済開始から返済完了まで、毎月一定の元金を返済する必要があり、そこに残金に対する金利分が乗るため、返済開始当初が一番返済額が大きく、月日が経つにつれ徐々に元金が減った分だけ金利が減り、毎月の返済額が少なくなっていくという特徴があるため、借入直後のまだ収入が少ないときに返済額が大きいという厳しさがありますしたがって一般的なサラリーマンにあるような、年功序列とまでいかなくとも、歳を取れば徐々に給料が上がるだろうというケースでは、返済開始当初が最も厳しく、返済できなくなるおそれがあるというデメリットがありますそれを解消するのが元利均等です毎月の返済額を一定にしたうえで、返済当初は元金が少なく金利分が多いけれど、返済当初の返済額を制限して着実に元金を返していくというもので、そこで貯金できる余裕があればある程度まとまったら繰り上げ返済するというのがよくあるパターンです上手に繰り上げ返済していけば、元金均等まではいかぬとも、返済総額の差はかなり小さくなると思いますよ参考www.nomu.com/loan/story/05.htmlなお、同じ借入金額の場合、収入が少ない場合やギリギリの場合には、元金均等では返済当初の返済額が収入に対して大きくなりすぎて、審査が通らない場合もありますが、元利均等なら大丈夫という場合もありますので、ご自身の収入と借入金額により、元利均等なら借り入れ可能でも、元金均等では借りられない場合もありますのでご注意を

2016/2/21 21:42:25

金融の利子って例えば30万借りてて毎月の返済額が15000円だとするじゃないですか?それで電話で確認したら何年後かには利子もほとんど0で元金だけを返すって言われたんですけど最初に年率18パーセント分を支払うってことですかね?それってなんか、ひどくないですか?

借入金の返済方法は、何種類かあります。
代表的なのが、元金均等返済と元利均等返済です。
元金均等返済とは、毎月同じ元金の金額を返していきます。
元利均等返済とは、毎月返済元利金合計が同じ金額を返済します。
この何れの方法でも、利子の計算方法は、借入残額に年利を掛けて計算します。
ですから、最初に利子をまとめて払うということではなく、最初はまだほとんど返済していないので、借入残額が多いため、利子も多くなるということです。

2016/9/25 17:35:24

-元金均等返済

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験