元金均等返済

元金均等返済の、割賦利息の計算方法を教えて下さい。 元金均等返済の...元金均等返済

元利均等返済、元金均等返済についてお尋ねします。
2500万の住宅ローンを組み、当初20年固定(8月現在 金利1.04%)で仮審査は通っています。
銀行からは元利均等をすすめられましたが、よく調べてみると総額支払いでは元金均等のほうが低く魅力を感じています。
今後の支払い予定としては10年後に繰り上げ返済500万、以降、毎年70~100万ほど繰り上げ返済できればと思っています。
家族構成は夫38歳(公務員)、妻43歳(看護師求職中、1年後復帰予定)、7歳、0歳の四人家族です。
子供が小さいうちに、毎月の支払額は高くても金利を早く返す方法でいいのか、わからなくなってきました。
詳しい方、アドバイスをお願いします。

(あくまでも個人の主観なのですが…)自分も最初元金均等返済を目論んでいましたが、初年度の返済額が結構高くなる割には5年後10年後の残高が言うほど変わらないなぁ…と思って結局元利金等返済にしましたただ、それほどのハイペースで繰上返済する予定でしたら正直どちらでもあんまり変わらない気はします序盤の返済額増加を許容できるかどうか、最終的には好みの問題じゃないでしょうかちなみにこのサイトで簡単なシミュレーションができますので↓ご参考にwww.reifa.jp/loancalculator

2017/8/25 21:52:43

元利均等返済と元金均等返済の特長について、あまり有名でないものを教えてください。
元利均等の方が返済計画が立てやすいとか、返済額が多くなるとかは聞き飽きたので。
例えば僕の考えたのだと・元金均等返済は最初(序盤)に返済する額が多くなる(すぐ手許にキャッシュをたくさん用意する必要がある)。
事業をするにあたって貸付してもらう場合だと、すぐにキャッシュを回収できるプロジェクト・即効性のある事業、既存事業の事業拡大を狙う場合に向いている。
逆に新規事業は信頼形成やイメージアップに時間を要するため向いていない。
・元金均等返済だと今日の低金利時代における金利上昇のリスクヘッジができる。
元利均等だとその性質から元金分の返済が後回しにされるため元金が多く残り、そこに金利上昇分が乗っかるのでさらに払う金額が多くなる。
あたりでしょうか。
ぱっと思いつくのはこれぐらいです。
最初の資金繰りが悪くなるのは重要だと思うんですよね。
若くして住宅を購入する際、ただでさえ資金繰りが悪いのに序盤にキャッシュを多く要する元金均等返済を選択するのはナンセンスだと思うんですよね。

元利均等返済のほうが返済計画を立てやすいとは言えない。
元金均等返済であっても最初に返済した元利金の合計がピークで、毎月返済が楽になる。
加えて元金返済が早く進むので、最終的な支払利息に大きな差が出るので良いことづくめです。
シミュレーションして初回返済が問題ない金額なら迷わず元金均等返済にすべき。

2018/6/14 06:29:32

元利均等返済、元金均等返済について質問です。
元利均等返済は毎回の返済額がかわらず、元金の分が増えていっているのに、なぜ利息が減って行くのですか?利息とは、その都度の返済額に応じて利息額が決まるのだと認識しております。
どなたか、教えていただきませんでしょうか。

元利均等返済は毎回の返済額が一定ですよね。
で、毎回元本を少しずつ返しているので当然元本は減ります。
利息は「残っている元本に対して発生する」ので元本を返せば翌月支払う利息は減ります。
つまり、払わなければならない利息も毎月毎月減っていくと言うことです。
で、減る利息と元本を合わせて一定額にするように返済するなら、毎月返済分に占める利息の割合が減っていって、元本の割合が増えるんです。
いいですか。
その月に返済する元本に対する利息じゃなくて「残っている元本全部に対する利息」です。
だから毎月利息も減るんです。

2016/12/17 23:27:06

住宅ローンについて質問です。
元金均等返済と元利均等返済どちらがいいのか悩んでます。
保証を無駄にしない為にも繰上返済をしないのなら元金均等返済保証を気にせず繰上返済をしたいのなら元利均等返済繰上返済するかしないかで選んだ方がいいですか?ちなみに祖父母ともに、がんで亡くなっているので隔世遺伝?で将来的にがんの心配をしています。
補足既に回答頂いた方々ありがとうございます。
夫婦共に正社員で30代後半です。
ですが子供がまだ小さいので今の内に高い金額を返せるように元金均等返済の方がいいのか?と思っています。
ボーナス払いをせずにまとまった金額が貯まったら期間短縮で繰上返済するつもりなのですが、それだと保証が勿体無いと言われた事が気になったので質問させて頂きました。

我が家は元金均等返済です。
毎月多少は返済額が減りますし、繰り上げ返済すると金利が高かった時代なので、払わなくて済む金利負担額が返済額以上でした。
面白いように総返済額が減っていきました。
保証をきにするのであれば、繰り上げ返済の際に期間短縮方法を選ぶという事もできます。
今どちらでも借り入れ可能ならば、今、10年後、20年後、どの時点で家計にお金が必要なのか考えてみれば?今必要ならば、元利均等返済 今の負担を少なく。
10年後必要ならば、元金均等返済。
余裕がある今返済して置く。
うちは、共働きであったことと、子供がまだいなかった事、車などで、お金が必要なのが10年以上後だったので、今、負担が多い方法をえらびました。

2018/4/10 15:39:48

保証が勿体無いと言われた事
つまりは、団信ですね
ただ、長期で返済すると、団信保険料。保証料なども支払う必要が出ます。
どちらが得になるかは最終的に完済して、亡くなった時にしかわかりません。
個人の判断によりますので。
繰上げで早期に完済するつもりならば、手持ちの現金がなくなりますので、あなたの死亡保障をある程度確保する必要もあります。
仮に完済してすぐに貴方が亡くなった場合の、保証額や奥様の収入などを計算もすればよいかと
うちは、繰り上げ返済して手持ちが少ない場合に子どもを育てるのが可能計算までして、繰上げしましたから。
旦那が死んだら、妻が死んだら、これだけ生命保険が入って、遺族年金がいくらで、、、という感じです。
お子様小さいうちに返済したほうが楽ですよ。差額分はそのまま貯蓄されてください。
>

住宅ローンで元利均等返済と元金均等返済を比べた時、早めに繰り上げ返済をするつもりなら、元金が減りやすい分、支払利息も減りやすいので、元金均等返済のほうが有利ということで、あってますでしょうか?

間違いです。
2000万を1%、20年で借り、3か月目に200万を繰上返済した場合、総支払額が減るのは、元金均等:375823元利均等:410988理由は、以下です。
元利均等は、初め 利息が多く、元金返済が少ないが、元金が減っていくに連れ、上記が反対になります。
元利均等は、初めの利息が多いため、総支払額が多くなるのが特徴です。
が、早めに繰上返済すれば、初めに支払う利息が減るため、この分のメリットが かなり出ます。
繰上返済しないと、元金返済額が 元金均等より元利均等の方が多くなるのは 123か月目になります。
3か月目に200万を繰上返済すると、元金返済額が元利均等の方が多くなるのは97か月目になります。

2017/11/1 02:37:29

元金均等返済と元利均等返済について元金均等返済の方が総返済額は少ないのに、元利均等返済を皆さんが選択する理由は何ですか?諸費用がないからですか?

こんにちは。
元金均等返済は返済スタート時の月の返済額が高く、若くて収入が少ない方には厳しいでしょう。
収入の上昇に伴って返済額が減っていく形になるので、当初10?15年は返済負担が大きすぎると思います。
私は昨年アラフィフでローンを組みましたが、娘の大学の学費が高く、2年後には2人分になりますので、やはり元利均等払いを選択しました。
2人の娘の卒業後は年間200万円程度は繰上げできるので、それによる利息負担減少と返済期間短縮をする計画です。
収入の増加とともに支払額も増える生命保険の様な構図が自然だと思いますので、ローンの元金均等返済は選択しづらいと思いますよ。

2016/3/18 19:01:14

元金均等返済と元利均等返済は「個人間の金銭消費貸借契約」においてはどちらを採用するのが一般的でしょうか?...借りた金を返す場合の元金均等返済方式と元利均等返済方式ですが、銀行などでローンを組む場合の話はよくこのにも出てきます。
(後者、つまり元利均等返済方式でいくことが多いようですね・・・)両者の違いについては、調べることである程度は理解できました。
ただ、まったくの個人間で金銭消費貸借契約を結ぶ際の契約書(別紙として計算書の添付など)においては、どちらの方式が採られることが多いですか?

>まったくの個人間で金銭消費貸借契約を結ぶ際の契約書・・・・そうであれば元金均等返済だと思います。
個人間であり返済をする側、返済を受ける側ともに経緯が明確になり、これが一般的です。
元利金均等返済は返済する側としては、毎月が一定額であり楽ですが、元金の減少が進みません、初めの内は利息部分の支払が多く元金部分の返済は少額となります。
元金均等であれば返済した分は元金が目に見えて減少します。
結果としては余り差はありませんが、双方が分り易い方法がいいと思います。

2015/7/8 13:05:43

元利均等返済と元金均等返済の違いを分かりやすく教えてください!590万の車です。

元利金等返済は返済額(元金+利息)が同じです。
先に利息の方を多く払うことになるので初期は元金がほとんど減りません。
ですから、現金均等返済と比べると返済総額が多くなります。
元金均等返済は元金の返済額が一定で、それに利息が加算されます。
ですから返済開始が一番返済額が高く最後になるほど安くなります。
考え方としては、元利金等返済は、借り入れ期間の利子と元金を均等に割って払うと考えてください。
元金均等返済は、元金が毎月一緒で残債分の利息がプラスされると思ってください。
元金均等返済は、毎月同じだけ元金が減るので後になればなるほど利息が少なくなります。
そのため、毎月返済額が変わってきます。
逆に元利金等返済は先に借り入れ年数分の利息を支払います。
ですから、利息を払い終わるまで元金が大きく減らないのです。
ですが、毎月一定の金額の返済なので予定が立てやすいです。

2017/5/19 17:23:56

元金均等返済と元利均等返済の違いを教えて下さい元金均等返済が元金が均等であり元利均等返済は元利が最初の段階で払う額が高く、元金が減るにつれて払う元利が減っていくんでしたかね?

元金均等は毎回払う元金が一定額で、それに利息が追加された金額が毎回の返済額です。
だから、最初のうちは元金がまだ多く残っているので、利息が多く「返済額が多く」なります。
回を重ねると返済額自体が減っていきます。
元利均等返済はこの返済額自体が毎回変わりません。
ただ最初はやはり元金が多く残っているので、返済額に占める利息の割合が多くなります。
だから「最初は利息ばかり払っている」と言われます。
回を重ねると利息の割合が減っていきます。
トータルで払う利息は、金利と返済期間が同じなら「元金均等」の方が少なくなります。
ですが初回の返済額が多くなるので、住宅ローンでは元利均等を選ぶ人が多いですね。
金融機関によっては元金均等を選べないこともあります。

2014/6/13 09:35:20

元金均等返済の、割賦利息の計算方法を教えて下さい。
元金均等返済の、住宅ローンの利息計算について教えて下さい。
ローン元からもらった返済予定表を見ているのですが、毎月の利息の算出方法がよく分かりません。
金利:1.27% (10年目以降は2.27%)現在の残元金合計が11160016円で、月々の割賦元金が51666円です。
次回支払い分の割賦利息は11811円となっています。
この11811円という数字は、どういう計算で出てくるのでしょうか?計算方法を教えて下さい。

元金均等返済の毎月の利息は、その時点の元金残高に月利をかけたものです。
月利は年利の12分の1です。
年利1.27%であれば、月利は1.27%÷12=約0.1058333%になります。
元金残高が11160016円であれば、利息はそれに0.1058333%(=0.001058333)をかけた11811円になります。
翌月は、元金残高が51666円だけ減って11108350円になるはずですので、その利息は11108350円×0.001058333=11756円程度になると思います。
元金残高が毎月51666円減りますので、それに比例して毎月の利息も51666円×0.001058333=55円(あるいは54円)ずつ減っていきます。
そして元金均等返済であれば、最後の返済回(いまから216回目)の元金残高は51666円ですので、そのときの利息も55円(あるいは54円)になると思います。
これからの利息の総額は、55円×216×(216+1)÷2=1288980円程度になると思います。
※毎月の利息はその時点の元金残高に月利をかけたものという計算の仕方は元利均等返済でも一緒です。

2012/1/28 02:30:54

-元金均等返済

© 2021 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験