繰上返済手数料

住宅ローンの繰上返済についてです。 2007年7月に2000万を5...繰上返済手数料

ローンの一括返済について夫の両親が経営していたお店をたたんだ際に借金がありローンで支払いをしています。
その残ったローンを支払っていましたが残り少なくなってきた為一括で支払おうと考えています。
現在毎月31500円を支払っています。
夫がローン会社に問い合わせたところ、残りちょうど1年の12回だそうなのですが、それを一括で返済となると手数料として94500円を追加で支払ってくださいと言われました。
手数料がかかるのは仕方ないと思うのですが、問い合わせた際に一括支払いされるならいつ支払われても手数料94500円は変わりませんと言われました。
もし例えば残り2月分だとして、それを一括で支払う時も94500円も払わらければいけない条件のローンだそうです。
そんな種類のローンってあるのですか?あるからローン会社の人も説明したのだと思いますが(笑)周りの知り合いに聞いても聞いたことないな?と言われまして‥。
どうぞよろしくお願いします。

一括返済手数料が94500円なのでしょう。
たとえば繰上返済手数料が31500円というのはよくありますがこれは繰上返済をするたびにこの金額がかかります。
同様に一括で完済するならいつ返済しても94500円がかかるということです。
これは残利息ではなく手数料ですからね。
利息なら残り回数が少なくなれば減りますが、手数料は減りません。
なお、事業用のローンなら契約内容は様々です。
中には途中で一括返済すれば「違約金」がかかる場合もあります。
これがないだけマシですよ。

2013/11/21 14:35:51

住宅ローンの選び方住宅の購入を考えているものです。
抽象的なことしか書けなくて申し訳ありませんが、住宅ローンの選び方でアドバイスをいただけたらと思います。
例えば、住宅財形+SBIモーゲージのフラット35がお勧め!など。


今現在の状況・住宅財形はりそな銀行とあさひ生命の2種類が選択できる。
今現在はしてません。
・4000万までの物件を購入予定。
・車のローン等はありません。
・給料の振込先はUFJです。
・共働きです。
・今現在は賃貸です。
※できれば、全期固定金利で繰上げ返済手数料無料を希望しておりますが、総体的にもっとかしこい方法があればアドバイスお願いいたします。
勉強をはじめたばかりで、なにぶん要領を得ていなくて申し訳ありませんが、経験なども含め回答をよろしくお願いいたします。
補足補足します。
夫の年収:500万円私の年収:400万円貯金:二人合わせて800万円ほど子供なし。
年齢:両方今年32歳収入:すこしづつではあるが上がっていく

まだ先の話というコトなので漠然と認識しておけば結構なレベルですが、「全期間固定金利」「繰上返済手数料無料」の条件で探す必要はないでしょう。
この2つは矛盾しています。
→全期間固定金利を選択するなら繰上返済はせずに余剰資金は他にまわす、貯蓄・運用する方が合ってます。
(全期間固定金利は繰上返済ナシを想定した金利なので繰上返済手数料が無料でも、繰上返済したらその分、金利を無駄に払うコトになります。
もったいないです)繰上返済手数料無料を選択なら、当初に20年なのか、25年なのか完済時期目標を決めて、その期間固定金利を選択する方がいいです。
(もちろんベストは20年なら20年契約にするのがいいのですが、ここでは35年契約をベースに話をしています)オススメというのは万人にとってこれがオススメというのは存在しません。
感覚的に自分はこっちの方がいいかなというのも充分オススメのポイントになります。
従って、赤の他人のオススメを鵜呑みにするより、納得いくまでいろいろ確認してご自身でオススメと思えるものを選択した方がいいでしょう。
とはいえ決めきれない時にで「AとBはどちらがいいと思いますか?」と相談されたらいいでしょう。
ちなみに住宅財形はどちらでもいいと思います。
利率、利便性、対応の良し悪しなどで決まられたらいいでしょう。
またご夫婦の収入が多いので、奥さんが定年まで働くつもりなら、物件のランクをもっと上げる。
または長期固定にせずに変動を選択して繰上返済を定期的に行って早期に完済するなどを選択した方が総体的にはもっといい方法だと思います。
また家を購入したいという希望がある以上、過度なぜいたくはせずに購入資金を今まで以上に貯めていきましょう。
二人に900万なら年間300万くらい貯めるつもりでいいと思います。
いろいろ、考えやご事情があるでしょうが、基本的に・借りる額は減らす・返済期間は短くする以上のかしこい方法はありませんので。
「いかに借りる額を減らすか」「いかに返済期間を短くするか」を基本とした考え方でいきましょう。

2009/7/3 14:32:13

住宅ローンの繰上返済について現時点で、借入れ残高:370万円金利:1.85%毎月の返済額:22236円(利息込)ボーナス払い:なし金利が変動しないものとして、毎月10000円を繰上返済していくと、あと何年で返済出来ますか?繰上返済に関する手数料はかかりません。
宜しくお願いします。

現在残存期間は16年くらいだと思います。
毎月10000円を繰上返済するということは毎月32236円返済するのとほぼ同じですからそこから計算すると残り約11年半になります。

2010/6/27 09:31:55

2つのローンの繰上げ返済について夫婦それぞれが住宅ローンを組んでおります。
このたび、繰上げ返済で100万円を予定してますが、どちらかに100万円を返済するのと、50万円づつ返済するのとどちらが得になりますか?内訳です(両ローンとも、残り33年で10年固定金利2.2%です)※夫・・・残債1900万円(月々68000円の返済)※妻・・・残債600万円(月々23000円の返済)※元利均等で期間短縮になります※繰上げ返済手数料は無料です以上、宜しくお願い致します。

繰上返済手数料無料とのことですが,保証料の払い戻しの手数料はどうでしょうか?・保証料を最初に払っていない(保証料無料のローン)・保証料が金利上乗せタイプ・保証料払い戻し手数料も無料のいずれかに該当するなら,どのように返しても損得はありません.もし保証料の払い戻しの手数料がかかる場合は,2つに分けると手数料が2回分戻り額から引かれてしまいますので,若干損します.また,住宅ローン控除を利用されている場合は,ご夫婦の所得税等の納税額を考えて,めいっぱいローン控除が活用できるように返した方が良いと思います.(既にめいっぱい活用できる状態であれば,どちらにどれだけ返しても変わりません)なお,銀行によって期間短縮を行う場合の端数の処理が異なり,それによって若干の損得が出るかもしれませんが,気にするほどの大きな差はでないかと思います.2つのローンへの返済に関して,わたしのサイトでシミュレーションできるものを公開していますので,よければご利用ください.繰上返済でいくら総支払額が軽減できるかわかります.loan.mikage.to/loan/なお,保証料の戻り額の計算はできません.(計算式が公開されておらず,銀行に聞いても教えてくれないようなので・・・)正確な金額を知るには,ご利用の銀行でシミュレーションしてもらうのが確実です.

2009/1/9 21:40:38

住宅ローンについて質問です。
現在ローン残高2000万、返済期間残り13年、金利1.175%で三井住友銀行です。
借り換え検討先はSBI銀行で、金利0.65% 共に変動金利です。
一般的には手数料含めると金利1%以上の差や、ローン残が10年以上などありますが、上記のケースの場合借り換えの方がお得でしょうか? 正直SBI銀行の方が手間がかかりますが、自動車ローンもSBI銀行のローン残高があると1%の金利優遇もあり、かなり悩んでおります。
詳しく方、何卒宜しくお願い致します。

結論から言うと借り換えをしない方が得になる可能性が高いです。
金利引き下げを行うと利息としてではなく、登記費用や印紙代、保証料、繰上げ返済手数料、司法書士への報酬などの諸費用が発生します。
金利引き下げによって支払利息が減ったとしても、1.175%からの引き下げでは、その他の諸費用が嵩み、借り換えメリットは最大限享受できない可能性のほうが高いです。
1.175%の金利水準でしたら十分に優遇された水準であるので、敢えて時間をかけて借り換えなどを行う必要はないと思われます。
因みに繰上げ返済も視野に入れているのであれば、支払金利の軽減効果も薄れ、借り換えをすると逆に損をすることも考えられますのでご注意を。
家計の見直しを検討中なら、1.175%以下の水準で運用している積立金などでの一部繰上返済をすることを強くおすすめします。

2014/12/5 16:23:26

住宅ローンについて詳しい方教えていただけますでしょうか?先日テレビで、蛭子さんが「利息と言うものが勿体ないので、家も一億キャッシュで購入した」と言ったら、周りの方達が「住宅ローンを使うと、減税があるからお得ですよね」と言って、キャッシュで購入するよりも、ローンで購入した方が得と言うような雰囲気の流れに、蛭子さんも困惑して「本当ですか?」と言っていました。
個人的には、減税があろうとキャッシュで購入できれば利息は払わずに済むわけですから、キャッシュ購入の方が得ではないかと思ったのですがその辺に詳しい方、お教えいただけませんでしょうか?付随して、住宅ローンを組んでいる場合、利息が減るので10万でも20万でも払えるなら前倒しで返済をどんどん返した方がいいと知り合いに教えられました。
手数料なんて、一度飲みに行くのを我慢すればよいこと。
それよりも少しでも前倒し返済した方がよい。
と教えられました。
その方が堅実なのでしょうか?何となく少し金額がまとまったら返済というイメージがあるので。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示ください<m(__)m>

>利息は払わずに済むわけですから、キャッシュ購入の方が得ではないか基本的な考え方は、これであっています。
ただし、技術的には、以下のように住宅ローンを借りることにより、メリットを出すこともできます。
(繰上返済手数料等は考慮していません) <例>・2015年2月に4000万円 変動0.6% 35年で住宅ローンを借り入れる ・2025年2月(ローン控除期間終了後)に一括繰上返済する この場合、10年間のローン控除額は、約342万円になります。
一方、10年間の利息支払額は、約208万円になります。
この差は約130万円となり、これが表面上のメリットとなります。
ただし、住宅ローンを借入れる際は多額の費用がかかります。
保証付住宅ローンの場合、保証料を含め大体100万円程度かかります。
つまり、130万円から諸費用100万円を差し引いた約30万円が実質的なメリットとなるわけです。
なお、保証付でない場合、保証料がない分融資手数料はかかりますが、もう少しメリットが大きくなります。
ここでのポイントは、以下の4点です。
①変動金利等できる限り低い金利で借入れる(1%を大きく下回ること)②控除期間を過ぎたらすぐに一括返済する③ローン控除をできるだけ大きく受けるため、返済期間を長くする④借入にかかる諸費用をできるだけ少なくする(保証のない住宅ローン)こうすれば現在の金利水準なら、敢えて住宅ローンを利用することで、メリットを出すことが可能だと思います。
ただし、変動金利の場合、向こう10年も低金利が続く保証はありません。
途中でローン金利が上昇した場合や、10年固定を利用した場合は損をするケースもありますので、あまりお勧めできません。
なお、団信があるので、早く死んだ場合はキャッシュで払うより相当なメリットになるという意見をよく耳にしますが、こうした考え方で安易に多額の負債を抱えるのは、そもそも考え方がチャラすぎると個人的には思います。
まあ、人それぞれですが。
なお、2つ目のご質問についてですが、基本的には、前倒しでどんどん返した方が有利になります。
これは、残高が少ない方がその分利息負担が少なくなる、という極めて単純なことです。
「少し金額がまとまったら返済というイメージ」は繰上返済がかかることを想定した少し時代遅れな考え方です。
今は繰上返済手数料がかからない銀行が殆どですから、「ローン控除を無視すれば」、どんどん返してしまうのが有利になるのです。
例えば、4000万円、30年、全期間固定1.9%で借りたとします。
①毎年100万円を10年間、合計1000万円繰上返済した場合、 利息支払総額は約777万円です。
②10年後にまとめて1000万円繰上返済した場合、 利息支払総額は約891万円です。
②-①=114万円、つまり100万円以上の開きができるわけです。
ただし、ローン控除期間中で、金利が1%未満の場合は、その間は繰上返済を行わない方がメリットが出る場合がありますので、こちらも慎重に検討した方がいいでしょう。

2015/2/4 11:04:55

とてもわかりやすい説明を頂き、ありがとうございます!!
こういう分野が苦手な私でも、とても良くわかりました。
もっと早く相談しておけばよかったです・・・・
子供にお金がかかる時代に購入したので、10年固定にしてしまい・・
それが終わる年数にきて時すでに遅し・・・
でも、繰り上げ返済をする決断が出来ました。
細かく例を挙げて計算までしていただいて
本当にありがとうございます!!>

娘が留学するにあたって、アメリカへの送金方法はどんな方法がありますか?それぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。

どのくらいの年数か、送金する金額分かりませんが、以前娘が長期留学したときの経験から参考まで。
年間授業料などまとまった金額なら、海外送金手数料より円を米ドルに両替するコストに注意しましょう。
1.YJFX//card.manepa.jp/ 、VISAデビットカード(UFJ楽天、スルガ、ジャパンネット、あおぞら、りそな銀行)などがお得です。
長期に渡る留学なら、これからの円ドルレートの変動に気をつけましょう。
先に説明した方法やマネパカードである程度まとめて米ドルに替えておくことで、ある程度対応できます。
1年未満なら、紛失・盗難に備えて2枚以上の海外ATMで利用できるカードがあれば十分だと思います。
そのほか、緊急時にはSBIレミット www.remit.co.jp/MainVisitorsHome.jsf?menuid=1 ならパスポートだけで米ドル現金を受取れます。
当時の経験や自分自身の経験から海外送金に関するブログを運営しています。
よろしければプロフィールからのぞいてください。

2015/3/29 14:59:42

ご丁寧な説明ありがとうございます。とても参考になりました。ブログも今から見せていただきますね。>

資金の運用について、アドバイスをお願いします。
今年の3月に、住宅ローンで新築を購入しました。
ローンは、地方銀行から、変動金利0.975%、35年で3400万円借入、月々7.8万円と、ボーナス月に10万円を年2回支払っています。
引っ越しや、外構工事、必要物資の調達も済み、整理したところ、およそ500万円の余裕資金がありました。
この500万円のうち、100万円は現金で貯蓄しておき、残りの400万円の使い道について考えております。
ローンの返済期間の短縮より、ローンの月々払いの減少に向けて考えようと思っており、以下の4つのいずれかで考えております。
1、残りの資金を全額繰上げ返済同じ地銀で残りの資金を繰上げ返済し、月々負担を減らします。
メリット…手数料がほとんどかからない、手続きが簡単デメリット…金利はそのまま試算すると、月々9000円の負担減2、SBI銀行に借り換え借り換え時の手数料を差し引き、残りの資金をマイナスした額、つまりローンを3100万円で組み直します。
メリット…金利が安く(0.444%)、保障が厚い(金利上乗せ無しで、厚い保障)デメリット…手数料がおよそ100万円必要、手続きが面倒試算すると、月々14000円の負担減3、残りの資金を株式に投資し、配当金でまかなう比較的、都銀など比較的安定している株を購入し、配当金で月々負担を減らします。
メリット…株価に変動がなければ元本を減らさずに返済額が減るデメリット…元本、利回りの保障が無く、不安要素で精神的に疲れるみずほ銀行だけで試算すると、400万円の投資で年間10万程度、つまり月々8000円の負担減4、1と3、2と3の組み合わせでリスクを分散する同じような経験をして成功した方、失敗した方、他にも、良い運用方法があればご教授いただけたら幸いです。

借りて半年もしない内に、借り換えだの繰上だのを考えているのは何故でしょう。
「当初の方針を守り、フラフラしない」ことは、表面的な損得よりも重要ですから、少なくとも直近の選択肢は③しかありえません。
それを一旦横に置くとしても、まず①はない。
普通預金でも0.1%、学資保険などで+20万ぐらいは確定的に増やせますし、住宅ローン控除を考えると、1%より金利が高くても、借りていた方が得。
減らした毎月の返済額を繰上返済に回したとしても厳しいです(「10年後の繰上返済」や「その際に運用や住宅ローン控除分も繰上返済に回せる」ことを失念すると、0.9%ぐらいが境界線になりますが)団信もありますので、今の金利なら繰上返済するメリットがありません。
借りていた方が良いです次に②ですが、軽減効果が手数料100万より多いので、やった方が得。
ただし、上述の理由により、(金利が低いので尚更)繰上する理由がないです。
よって手数料も含めて3500万で借り換え(できるかどうかや、住宅ローン控除額はご自身で確認してください)あとはリスクをどれだけ許容できるかです。
投資の知識はないに等しい私でも、10年前に適当に始めた投資信託で1.5倍程度には楽に増えています。
投資は絶対の確証がない以上、強くは勧めませんが、「借りて三ヶ月しかたっていないのに、がむしゃらな繰上」はさすがにありえないです

2017/7/1 17:20:43

住宅ローン(固定)で2000万円借りて、月々20万円返済するより、毎月「10万円+繰り上げ返済10万円」した方が 総返済額は少なくなりませんか?

あまり変わらないと思います。
数十万程度。
(繰上返済手数料は考えずに)資金が費用な時は、繰上げをしなければ良いだけですので、後者の方が返済や生活は楽だと思います。

2013/6/11 17:48:34

住宅ローンの繰上返済についてです。
2007年7月に2000万を5年固定1.9% 30年でローン組みました。
それから予備生活費等のけて200万貯金ができたので繰上返済しようと考えています。
銀行に連絡をするとあと3年たったときに繰上返済したら手数料も少なくなるから その時でもいいと思いますと言われました。
今なら手数料は21000円です。
1年に100万ぐらいは繰上返済用に貯金できます。
このタイミングでの繰上返済か、あと3年貯めてからの方がいいのか 迷っています。
どちらがいいでしょうか。

元利均等での支払いで試算。
24回終了時残高1899.1万円ここに200万円の繰り上げ返済を行うと残高1699.1万円で69回目の残高です。
即ち45回支払短縮となります。
128万円利息カット。
手数料2.1万円なんて鼻糞ですぞ!!

2009/7/7 13:02:06

-繰上返済手数料

© 2020 頭悪い人が大金を持つとどうなるか実験